玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

タグ:展覧会 ( 41 ) タグの人気記事

イボタ蝋

d0330311_2012799.jpg

12月に入り2日~3日開催の仮名書展を見に大阪・高槻へ行く。
d0330311_2075110.jpg

26年前に亡くなった師匠の作品。この方も私も同じ師に手ほどきを受けた。懐かしい作品である。
d0330311_2012943.jpg

仮名作品は 額や軸ばかりでなく屏風、衝立、巻子、帖など料紙が華やかで 漢字作品より書く文字の数が多いので大変かもしれない。大作70点が並ぶ。

高槻へ大阪駅より新快速で17分、そこから京都へ13分、一度に用事をする方が良いかと時間設定をしたが昼食の時間がない。駅でホットドックを購入し電車の中で食べる。この歳になると こんな恥ずかしい事が出来る。
京都から地下鉄で四条へ。
d0330311_20431291.jpgクリスマスの飾り付けもされている地下街を大急ぎで歩き 目的地へ。

この日は 料紙の講習会に参加する予定だった。
書道用の用紙には蝋箋という紙がある。
これは、具引きした紙を版木の上にのせ、猪の牙で擦りだして文様を透かし出す。
これを年賀状用に加工する講習である。実は11月の予定だったが このような講習会への参加希望者は少なく取止めになったので 他の講座の時間に特別教えてもらえることになった。
猪牙(ちょき)を使って加工するのだが イボタ蝋という蝋を使って模様を浮き出す事も出来る。d0330311_20575829.jpg
イボタ蝋とはカイガラムシの一種・イボタロウムシの雄幼虫がイボタノキの枝の周囲に群生して分泌した棒状の蝋塊より得られる蝋だそうだ。
本来はロウソクの原料や家具の艶出し、碁石の艶出しなどに用いられるようだが これを使ってハガキに応用することが出来る。
下地は唐紙と同じように胡粉を引いてつくり、下地の出来上がったハガキの表を上にして模様を彫刻した木版の上に乗せ文様が出るように「イボタ蝋」で摺り出す。その上から、顔料を引き染めすると、文様部分が防染され、文様が現れる。

d0330311_2151148.jpgd0330311_2162171.jpg
蝋箋の新しい手持ちがないので 昔使ったものの一部分が右側のものである。 左は帰宅後ハガキに加工した物。

d0330311_2195753.jpg

この日は 雲母や胡粉なども使って可なりの枚数作ることが出来た。
ここへ年賀のご挨拶を書く。

もう12月!頑張らなければ・・・


【追記】
今年は手書きの年賀状を50枚ばかり書きました。これが最後になるかもしれません。ご希望下さる方がいらっしゃれば僭越ですがお送りします。非公開コメントに入れて頂ければと存じます。
[PR]
by souu-3 | 2015-12-04 21:32 | 書道

びっくりポン!や

d0330311_19493083.jpg

師走に入った1日 ハガキ展が始まった。
25日までとギャラリーの企画展ならではの長い会期である。展示もギャラリー任せなので一応確認というほどではないが覗きに行った。
作品は=ここに=(リンクあり)

d0330311_1957259.jpg

知り合いのSさんの作品と隣り合って展示されていた。この方は東京在住であるがギャラリーのオーナーの学校の先輩である。この展覧会は4回目で我々は初めての出品であるが この方は毎年、翌年の干支を書かれている。
来年は「申・猿」いろんな申が並んでいる。

書作品ばかりではない。絵や写真、歌や俳句など夫々の作品が並ぶ。

d0330311_2034292.jpg

一つずつ見ていくと・・・
え!?何?
というものが並んでいた。

我が弟が出品している(@_@;)

びっくりポン!やんか★*☆♪

ネット検索すると写真のコンクールで入選したのを見つけたことはあったが 同じ会場に出しているとは ??
しかも俳句まで。俳号まで持っているなんて知らなかった。
別に仲が悪い訳でもないけれど 弟というものは特別用事がないと電話もしない。お互い平和に暮らしているだけ。
カメラの事は知っていたが どんなのを撮っているとも聞いたこともない。子供の頃は そんなことはしていなかった。私は高校でカメラ部に所属し暗室も家に作ってもらっていた。俳句も勤めていた時 得意先のお付き合いで少し齧っていたが そんな事もなかった弟が・・・ねぇ!
ビックリや!

おまけに この時、ご主人が弟と写真のお仲間だと言われる方が会場にいらっしゃって 暫しお喋りを。
世間は狭い。
その方たちと明日から別の場所で写真展をするらしい。
主人と見に行く事にした。
d0330311_2022250.gif

今年最後のカレンダー
d0330311_20203488.jpg12月の女神さまは「トヨミケカシキヤヒメノミコト」
豊御食炊屋比売命
第33代天皇・推古天皇、日本初の女帝である。
父は29代欽明、母は蘇我氏堅塩媛(妃)、聖徳太子の叔母、息子の竹田皇子を亡くしたため婿の聖徳太子に賭けたが、その婿より長生きしてしまって皇位継承ができなかった。蘇我氏と協調関係を保ちながら、聖徳太子の死後も主導権を離さなかった女傑である。
御陵は大阪・南河内の磯長山田陵。祀られている神社は推古天皇社(奈良・大安寺)

古事記には この推古天皇までが載っているが「崇峻天皇の妹の豊御食炊屋比売命は 小治田宮(おわりだのみや)においでになって天下を統治なさること37年であった。戊子の年の3月15日癸丑の日に崩御なさった。御陵は大野の岡のほとりにあり 後に科長の大陵に遷し申し上げた」と記されている。
[PR]
by souu-3 | 2015-12-01 21:05 | 書道

作品展

d0330311_14183612.jpg

今朝、ウォーキングを終えて戻ってくると 1羽のカラスが全身を振り絞るように「カァ~ カァ~ ア~~!アーー!」と啼いている。大声を出しても 誰も寄ってこない。
そのうち、堤防の方へ飛んでいき
「あ~~~ アァ」と啼いた。真っ黒で大きなカラスは 時として恐ろしくもあり憎らしいとさえ思う事がある。
でも
今朝のカラスの鳴き声には 憐れさえ感じた。
あんなに頑張っているのに皆知らんぷり?

数日前には朝夕冷え込み 日中は暖かくなった。こんな年の紅葉は美しい。

d0330311_1433815.jpg

昨日は朝から 公民館の作品展示をした。こちらの公民館は この催しを終えると耐震工事で10ヶ月ほど閉鎖になる。例年より展示の数も少なく ちょっと寂しい感じがした。
皆さんは新しく作品を書いたが 私は初夏に美術館に展示した作品のメクリ(展覧会が済むと額から外して作品だけ戻ってくる)を出品しておいた。

それが済んで一旦帰宅し 夕飯の用意などして午後大阪での展覧会を観に行った。
d0330311_14392223.jpg大阪は本町にある 大阪産業創造館。
何時だったかも この建物の写真はUPしたことがある。
漕ぎ出す大阪の企業家をイメージしたアートモニュメント 「黄金のボート」
ボートが通った跡の波のゆらぎを表しているそうで大阪に根を下ろした企業家を表現しているという。

大阪の中小企業経営の支援施設としてセミナーや研修などが行われる大阪市経済戦略局の中小・ベンチャー企業支援拠点だそうだ。
このビルの中には大阪企業家ミュージアムがあり 現在放映中の朝ドラに出てくる大阪の恩人五代友厚が没後130年とかで展覧会が開催中である。
松下幸之助氏、小林一三氏、安藤百福氏などの展示があるそうだ。

その3階にあるマーケットプラザでの作品展である。

d0330311_14393982.jpg


ここ堺筋本町から地下鉄で森ノ宮、大阪環状線に乗り換えて桃谷へ行き 義兄が入院中の病院へ行った。

d0330311_1536614.jpg

窓からあべのハルカスが見える。

d0330311_15443794.jpg病人さんとも いっぱいお喋りして 姪の娘の結婚式の写真を貰ってきた。

結婚式は春のことで半年以上経つ。
来年の3月には2世も誕生することになり 病人さんも曾孫が出来る。
この子の誕生までには 是非とも元気にならなければならない。

病院を出た時は まだ明るかったが 秋は釣瓶落とし すぐ暗くなってきた。
夕飯の準備をしておくと気忙しくなく帰宅出来る。

駅に着いて家へ電話すると 夫は早くも食べているという。
急いで準備しておいて良かった!

予定の用事は全部熟すことが出来た。     ヤレヤレ。
[PR]
by souu-3 | 2015-11-07 16:13 | 書道

グループ展 輪書

d0330311_19312248.jpg

d0330311_19314260.jpg
このところ 快晴の日が続く。朝刊を取りに出ると空には星が煌めき あんなに真ん丸だったお月様が三日月になっている。
10月10日から始まる展覧会は 本来なら8日~13日であるが数年前から会期を3日間にしている。
場所は 大阪・道頓堀松竹座の前、ギャラリー香である。この建物の北側には道頓堀川が流れている。この4階での開催で こちらの都合で会期を短くしているが搬入日は決められた日にしなければならないので 本日都合の付く者で展示を終えた。

d0330311_19412436.jpg
今回は この2点。
今年も来年の干支を書くことにしたが「猿」は12年前にも探したが 中々題材が見つかり難い。谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」から「さる」を書いた。
この「ことばあそびうた」はメチャクチャ面白い。が、書くと同じ言葉、似た言葉ばかりなのでウッカリすると間違ってしまう。
その上、今回は筆に拘った。七面鳥の羽の筆で柔らかく書こうと淡墨で滲みを多くしてみた。
次に狸とイタチに羊毛が入った筆や固い山馬で書いてみた。結局、後の方になった。何だか諦められず七面鳥の筆も使いたい! 淡墨をパッパと飛び散らして模様にした。

もう1点はコリンスキーというシベリヤにいるイタチの毛の筆で観音経の一節を書いた。般若心経を書く人は多く「悟り」のお経といわれる。 観音経は「救い」のお経だとか。救われたい一心で、と言う程ではないが 40年程も前、私の仮名の師匠である桑田笹舟先生が作って下さった料紙、たった1枚残っていたものに書いた。普通、加工紙は置いておくと墨が乗らなくなる。ちょっとおマジナイをして。

最近、道頓堀界隈は外国の人がイッパイ。
d0330311_20414299.jpg

歩いていると 判らない言葉が飛び交っている。
d0330311_2045118.jpgたこ焼きも あの手この手で変わった物が作られている。
イイダコを丸々1匹入れた たこ焼きらしい。少し前、他のを食べたので味わってはいないが お味は如何なんだろう?

ここにも日本語でない文字が書かれている。

賑やかな道頓堀筋から 少し横道に・・・

d0330311_20544731.jpg
法善寺横丁。
夕方近く 路地には水が撒かれ夜の街にと準備が整った時間帯。

水かけ不動さんにお詣りして 夫婦善哉は食べなかったが その前を散策した。

最近の心斎橋筋や道頓堀は 私には落ち着かないが法善寺辺りは 昔とそれ程変わらないような気がして ちょっと歩いてみたくなる。

d0330311_211754.jpg ← こんなものがあった。

「吾唯足知」
全ての文字に「口」が付く。
京都・竜安寺にある蹲踞(つくばい)に刻まれている。それの現代版だろうか。
デザインが素敵だと思う。何だか気に入った。

[PR]
by souu-3 | 2015-10-07 21:30 | 書道

奈良町資料館

d0330311_2119264.jpg

この連休、私も人並みに お稽古もなく4連休だったが何も予定していなかった。
が、お葬式があったり ブログで知った情報などチョコッとしたことながら毎日出かけていた。
奈良町資料館で芸術祭が開催されていた。
古事記かるたでお馴染みの上村さんたちが展覧会をしていることが判り 情報収集をしていると 以前、陶芸を習っていた時 ご教授いただいた豆川先生も作品展示されていることを知った。同時に拝見出来る滅多にないチャンスだ。
d0330311_2153268.jpg

上村さんの作品は古事記の黄泉の国・伊邪那美が描かれていた。
実は「展示中の伊邪那美の屏風の裏面への展示替えをいたしました。六曲金屏風ですが、180度反転しての展示となり裏面を四曲屏風として展示しています。」って六曲が四曲って如何なっているのだろうと思い この目で確かめたくなった。
d0330311_21541611.jpg「後ろの壁面に小さな鏡を掛けていますので、見る角度によっては 金屏風側に微笑む国産み・神産みの伊耶那美と奥田表具店さんが大変立派で美しくよみがえらせて下さいました。
表面の金屏風の伊邪那美がチラリと鏡でうかがえるのは奥田表具店さんの粋な工夫です」とFacebookに書かれていた。

如何いう仕掛けなのか と興味があった。
六曲屏風とは「く」の字型が連続して蛇腹状に折り曲げて畳める屏風の形式で二曲は二枚、六曲は六枚が蝶番で繋がったものであるから 裏返すと四曲になる不思議と思ったが両端二枚は絵がなく折りたたまれていた。
鏡に写る伊耶那美の顔が美しい。

d0330311_21551131.jpg

習っていた先生とは申せ豆川先生の大きな作品を見た記憶がない。しかも20年近くお逢いしていなかった。が、お変わりなくお元気で活躍されているようだった。

この日も奈良町は賑わっていた。

d0330311_22331131.jpg

町家を改装したお店で くずきりを戴き暫し一服。
思いがけない時間を過ごすことが出来た。

d0330311_22364142.jpg


d0330311_2238726.jpg

わが市では こんな運動をしている。
奈良をリニアが通るかどうか判らないが 駅が出来るようにという事だが 何年先の事?
私は この世に居るのか?居たとしてもリニアに乗れるだろうか?
無理だろうなぁ!                   最初の写真は庚申さんの身代わり申
[PR]
by souu-3 | 2015-09-25 22:51 | 奈良

秋来ぬと・・・

d0330311_14175252.jpg「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」
そんな歌が浮かんでくる頃になった。

秋になると展示会などが続く。
6日は 地域の「ふれあいまつり」が催され、昨年まで展示されていた JA女性の会の作品が間に合わなくなったそうで、公民館のクラブの人たちの作品を出すようにということになり 急遽準備することになった。
押し入れや納戸の中から引っ張り出して来て・・・
 
数年前の干支を書いたものがあったが これはちょっとマズイ。「秋」と書き直して入れ替えることにした。

「秋」
d0330311_14271252.jpg正字はで、禾(か)+龜(亀)+火。は穀物につく虫の形である。
イナゴなどが発生して穀物を食い荒らすので 火で焼き殺し豊作を祈る儀礼をしたのだろう。
この甲骨文字は虫の類を火で焼く形だと思われる。

d0330311_1448473.jpg

d0330311_1449252.jpg場所は公民館の 会議室だから いつもと大した変りはない。
搬入時に 持って来れる人の作品だけで 少々淋しいが 何とか形を付けることが出来た。
 この行事は 22回目で地区の社会福祉協議会、自治連合会、JAなどの催しで ミニミニ運動会や地元中学校の吹奏楽、太鼓、カラオケ、歌謡ショーなどがあり 模擬店や餅つきなどもある。

餅つきには市長も参加され 搗きたてのお餅が販売された。
お天気があまり良くなかったので 夫は出かける気配もない。
何か、昼食になる物がないか?
焼そばは 多分お腹の調子がよくないと言うだろうから・・かやくご飯とお餅を購入して お雑煮を作ることにした。
一度、帰宅して作品の片づけに出かけたり、ちょっと落ち着かない一日を過ごした。

翌、7日は
d0330311_1531772.jpg

別の公民館のロビーに 先日 制作した刻字を展示した。
額に収めたり パネル仕立てにしてきた人など こちらも何とか形が付いた。
19日まで、中央公民館ロビー
[PR]
by souu-3 | 2015-09-07 15:45 | 書道

展覧会を終えて

d0330311_1413139.png

展覧会も無事終了した。
大勢の方に見ていただけ 思ったより楽しんでいただけたようでホッとした。
d0330311_13242553.jpg例年、添え花が派手になり些か気になっていたが 今回、箱を積みあげるのにどれくらい広がるか判らないので メインの大きな花は控えめにしていただくようにお願いしてあったようだが 全体に大人しくして下さったようだ。

反省懇親会の料理も秋っぽくなっている。
松茸の茶わん蒸し!
何処の松茸かはしらないが もう、そんな季節なのか。

寝屋川の事件が思いがけず いつも乗る大和路線(関西線)の河内堅上駅近くまで広がり驚いた。
何時もは快速であっと言う間に通り過ぎるけれど 展覧会場が各停しか停まらない為、この駅も停まりながら ここ2,3日通過している。
何とも複雑な気分で電車に乗っていた。
 
d0330311_1434225.jpgこの会の懇親会では ビンゴゲームがある。

今回、3等賞で図書券が当たった。→
又、来年の為に 本を買って勉強しなさいという事だろう。

1年後まで元気で又新しい作品を生み出さなければならない。
こんな繰り返しが何時まで出来るのか ちょっと不安はあるが そんなことが出来るのは幸せだ。


d0330311_14121593.jpg

今朝、濃い紫の朝顔が咲いた。
主人が見つけてビロードみたいだと喜んでいた。
お花の品種改良って どうして作り出すのかしらないが色も模様もドンドン新しいのが出る。子供の頃に植えていた朝顔とは随分違うように思う。

今年は戦後70年を初め色んな事の節目だった。
こうして振り返ると 世の中の移り変わりが身に染みて感じられる。
1964年のオリンピックと 次回のオリンピックでは競技場も随分替えなければならないようだが あの時はあれが最高だったように思う。
これと同じで 展覧会も年々変わって行く。これが楽しみでもあり苦しみでもある。
d0330311_14252681.jpg変わらないのは この山かもしれない。
でも、富士山は雪がある方が良い、なんて無理な事を思う。
先日、娘が飛行機で大阪まで来た。
家には帰らず 大阪まで出てくるようにというので 夫と久しぶりに出かけ、皆でランチ。偶には こんな時間があっても良いのだろう。

もう一つ替わろうとしているものがあり 些かテンヤワンヤしている。
市の中央公民館が12月1日から耐震工事に入り来年10月頃まで使えなくなる。
他の公民館でやる事は可能ではあるが ここに来ている人には不便だ。なるべく足場が良く簡単に場所の確保が出来、料金が廉いとなると探すのが大変。
やっと近くで少々狭いが ここならという場所を今日、決めた。ここ数か月 色々当たり考え、話し合っていたので ホッとした。
やれやれ!
[PR]
by souu-3 | 2015-08-24 14:46 | 書道

平野という街

d0330311_8475678.jpg

台風11号が熱帯低気圧になった土曜日の午後。JR大和路線は朝から動いていたが 大阪環状線が午前中運休になっていた為 遅れが出ていた。途中から色んな線が環状線に入り また出て行くのは便利なようで こんな時は不便である。
そんな日、夏の展覧会の作品を平野という所まで持参することになっていた。
台風で行けないかもしれないので作品は事前に送っておいたのだが。

d0330311_8535784.jpgこの場所は年に1回しか行かないとは申せ 何度も行っている場所である。
にもかかわらず何筋目を曲がれば良いのか・・・?
ウロウロしていると益々判らなくなる。 これ以上行くと行き過ぎとは判るが携帯で聞くことになる。「何処へ行けば良い?」なんてボケた老人だ。

この平野と言う所は70年前の大阪大空襲を逃れ古い町並みの面影が現在も残っている。
ということは、道幅も狭く住宅も密集して目印が少ない。お寺は非常に多いように思うが 電話でお寺の名前を言っても 余程知った人でないと判り難いらしい。

結局、目印のお寺でジッとしているように言われ迎えに来てもらった。
ヤレヤレ!
手数のかかること!

d0330311_9154690.jpg

大阪の東南に位置する平野は、大阪市内のどこよりも古く形成された町である。 東に大和、南に紀泉をひかえ、平安時代より交通の要衝として発展した。 戦国時代には 町の安全と自治をまもるため集落の周りを二重の堀と土居でめぐらし外敵の侵入を防いだ これが「環濠自治都市・平野郷」の成立である。とネットには載っていた。
中世より、近世にかけて各地と交易した平野商人の活躍は、朱印船によって海外に雄飛する大商人を生み出した。 また在郷町として綿、とくに繰綿の産地として全国に名をはせた。江戸期に完成した碁盤目の町割りや、夏祭りなどの伝統行事の数々も生活の中に定着し、大都市大阪の中にあって今なお 歴史が息ずく風土と景観をのこしている。とも出ていた。

随分、以前になるが この街歩きをしたことがあった。
上の写真は大念仏寺であるが ひと際目立つ大きなお寺だ。
d0330311_9242233.jpg

中に こんな珍しいものがあった。ネパールから贈られた「マニ車」経車である。
この中にはお経が入れられていて回すと お経を1巻唱えるのと同じ功徳があるらしい。

d0330311_925196.jpgまた、ちょっと隅っこではあったが筆塚があった。あまり存じ上げないが間 介浦先生25回忌の記念として「筆一本に生命托して 我生きたり」を刻した「筆塚」建立したようだ。

このお寺には 色々あったが 平野の街は「平野町ぐるみ博物館」と称して1993年から取り組んでいるミニ博物館運動がある。博物館といっても、施設や展示物を整備することを目的とするのではなく、運営者と訪問者とのコミュニケーションを通して、住民自身が楽しみながら地域を再発見しようとする試みで文化財に恵まれた平野を「町そのものが博物館」と評したことに因んで付けられたそうだ。
「へっついさん」ってご存知だろうか?
こういう物を展示した博物館などが並ぶ街でもある。但し、年中無休ではなく中には月に数回とか週に何日だけ開館していたりして フラッと行くと締まっていたりすることもある。

古くって面白い街でもある。

これで夏の展覧会の準備は一歩進み、秋のグループ展の案内状を皆さんに発送。心積りをしてもらい私もまた次へ動き出さねばならない。

こんな毎年の繰り返しが続けられるのは幸せなこと。 急にストップしなければならない時はいつか来るのだろうけれど それまで頑張りたい。
[PR]
by souu-3 | 2015-07-19 11:14 | 書道

梅雨とは申せ・・・

d0330311_19573645.jpg

今年は雨の日が多いように感じる。
台風も9,10,11号と3つも発生して数も多いのではないだろうか?
朝から降っているかと思うと 久しぶりに燦々と輝く太陽が出た。と入道雲がむくむくと広がっている。
いっぺんに夏が来たような・・・
かと思うと一転にわかに掻き曇り大粒の雨が降り出し 傘を差すのは違反になった自転車、合羽を着る間もなく大急ぎで帰宅、ということになる。
d0330311_2022242.jpg

d0330311_7475728.jpg


こんな日、いよいよ迫ってきた展覧会の作品を書く。
今年のテーマ「恋」は二転三転した。
面白い作品の方が良いのではと思ったり

イヤいや 平凡でも真面目に万葉集から恋の歌を書こうかと。
久しぶりに仮名作品をと、画仙紙まで買ってきて書き始めた、
が、やっぱり

d0330311_1458726.jpg
こんなものも書いてみたくなり

2点出すのも良いか、と。
それに皆で作る作品と都合3点書くことにした。
表具代も値上がりしている。1点は何もかも自分でやろう。
偶には時間を掛けてみるのも良いのではないだろうか。
Amour と書いた上に紙を載せ その部分を覗かせる。こんな表具を業者にやってもらうと最近は手間が掛かると値段が加算される。今まで随分無理を言ったが ややこしいのを黙ってやってくれた。
これも表具屋が代替わりになり 若い人たちが考えた事らしい。

これは、吉野の国栖の紙で 楮に桜の樹皮を炊きだして染めたものだ。柔らかいサクラ色の和紙である。残っている紙は使い切ってしまおうと大事にしていた紙も贅沢に使う事にしている。
この紙の製作者は昨年亡くなった。が、後継者の息子さんが頑張っている。 そうでない者は後腐れのないようにしておくべきだろう。

どんなものが展示されることになるだろうか。
[PR]
by souu-3 | 2015-07-10 21:18 | 書道

駅長・たまちゃん

【たま駅長 天国へ】
d0330311_972871.jpg

1999年4月29日に 旧南海電鉄貴志川線貴志駅にすみついたトラ猫が産んだメス猫だが、2006年に和歌山電鉄に移管され翌年貴志駅の駅長に就任。たま駅長をモデルにした駅舎や電車ができるなど、ローカル線を元気づけてきた。16才、人間の齢では80才くらいだという。

この事がTVでも何度も放映され 新聞にも大きく取り上げられている。
アイは気に入らないのか?新聞を読んでいると ↑ この通り上に乗って見せてくれない。

夫は数年前 ここの子に逢いに態々和歌山まで出かけたことがあった。


d0330311_1429847.jpg

普段、寝つきは良い方で 結構、深い眠りなのだろう。朝は気持ちよく目覚める。

ところが夕べは一向に眠れない。
何にも心配事もない。
昼間 ゴロゴロ楽をし過ぎた?
いや、そんなこともない・・・
と、思う。

横になって眼を瞑っているだけでも良いと 夫は言うけれど、d0330311_14385467.jpg
私は
それが苦手。

何か出来る事はないかな?

作品を書くのは
ちょっと
シンドイ

PCも疲れそう。

まぁ
作品を書く用紙をカットするくらいかな?

夏の展覧会の本作品は「恋」だが

全体作品=合作=は
四角い箱に1人3点程の作品を貼り それを積み重ねてみよう。

d0330311_15251855.jpg

こんなイメージ。
出品者全員が 箱一つずつ担当すれば 何とか積むことが出来るだろう。

昨年は
d0330311_1527938.jpg

障子仕立ての屏風の後ろから灯りを照らしたものを作った。

d0330311_15305310.jpg

2000年には扇子を作り 組み立てた竹に並べた。数年同じ文字を違った書体で書いたり小さな額にテーマに沿った文字を書いたり Tシャツを作ったり・・・
与えられたものを書くのも大変だろうけれど 次は如何いうものにするか、考えるのも大変になってきた。
合作は今回で16回目、
些か ネタ切れだ。
[PR]
by souu-3 | 2015-06-24 15:43 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31