玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

タグ:奈良 ( 210 ) タグの人気記事

元興寺文化講座

天気予報の通り 夕べから急に季節が変わった。
吹く風の冷たさに あの酷暑はすっかりなくなったようだ。
d0330311_5435766.jpg

本年 秋・冬の文化講座が始まった。
1回目は「古代の舟」川遡る舟と海往く船
薬師寺と唐招提寺の間で見つかった井戸枠と思われていたものは丸木舟だったのではないかという話からはじまった。
当時は 物の運搬は川が頼りだっただろうから舟は絶対に必要なものだったのだろう。「之(是?)船主富福来」と書かれていたそうだ。この解釈も元興寺文化財研究所内でも意見が様々のようだが こうして議論する人々は楽しいのだろうなぁと夢が広がる。
d0330311_5574726.jpg

住んでいる身近な場所のこと、ワクワクしながら聞き入った。
中でも 今、住んでいる所ではなく子供の頃、住んでいた辺りは砂地だった。この近くまで海だったとは聞いていたが 若江、菱江などという地名がある。「江」「津」が付く場所が多いという。江は入り江、津は船つき場だろうか。
戴いた資料の中に 古い地図があった。こんな所まで海だったのかと改めて思う。だから これに繋がる川を遡って 色んなものが運べたのだ。

この講座から ちょっと横道に逸れるかもしれないが 自然を把握するためにも 古い地名をしると良いことに気が付いた。
ネットで調べると、「地名を付けるとき、その土地の状況を考え、自然と共生していた人々は、いつ、どこで洪水や地滑りが起き、どこに住めば安全か、どこに作物を植えればよいか、といった適材適所に対する土地勘があったと考えられ、地名はその土地の履歴を凝縮している。古い地名は、地盤を知るための格好の材料」だと出ていた。

この講座は月1で4回開催される。全部参加出来るか自信がないけれど また、暫く楽しみが出来た。

d0330311_6194258.jpg
お寺で こんな人達を見かけた。
古代衣装を着てのガイドのニュースを見たように思うが この日はレッスンだったのだろうか?
私の勝手な推理は当たっていないかもしれないが こんなことにも秋を感じる。


もう、出てこないのかと思っていたフラワーボックスから ニョキっと伸び出したアルビフローラと思われる花が開花した。
d0330311_6245845.jpg

一晩で20センチほども伸び、横からも もう一本。
ダイヤモンドリリーの球根と共に植えたので どっちの花か判らないが ちょっと嬉しい開花だ。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-26 06:27 | 奈良 | Comments(18)

仲秋の名月

d0330311_528447.jpg

夕べは 粗、全国的に綺麗なお月様が見られたようだ。
夕食後、空を見るのが大好きな夫が「出てるぞ!」と。ちょっと雲が・・・  あの雲が行ってしまうまで待って、と。
d0330311_5292358.jpg

雲が去った後の お月様は煌々と輝いている。
立派なカメラでは ウサギさんも写るのだろう。
d0330311_5294690.jpgTVでも中継していた。
東京から スカイツリーと満月、これも絵になる!
大阪では日本一のノッポビル「あべのハルカス」の上に輝く満月が新聞に出ている。

奈良では慈光院 でお茶会、斑鳩の里ではお能や狂言、唐招提寺、松尾寺、信貴山朝護孫子寺での仲秋茶会、など数多くの観月の催しがある。
数年前には 猿沢池で行われる采女祭(リンクあり)に出かけたが・・・
今年は 何処へも行かなかった。

家のベランダからもよ~~く見えた。

旧暦の8月15日の この日は必ずしも満月とは限らない。一昨年、昨年、今年は3年連続でピッタリ満月だったが 来年以降は少しだけ欠けた名月の年が続き、次に満月と重なるのは8年後になるそうだ。
暦通りでないのが自然なのかもしれない。


d0330311_6133891.jpg

お月見といえば これ!!
関西の月見団子は これなのだ。
関東とは ちょっと違う。
昔は サトイモなどの畑作物の芋類と豆類をお供えしていたが、何時の間にか月に似せて作った丸い団子が多くなった。和菓子屋さんが勝ち、八百屋さんが負けたのかなぁ?
バレンタインのチョコや お寿司の丸かぶりなど その業者の売り込みじゃないのかな?
d0330311_614173.jpg

こんなのもあった。これも和菓子屋さん。
商売!商売。
こんな時に 儲けなくっちゃ!
[PR]
by souu-3 | 2013-09-20 06:26 | 雑記 | Comments(24)

台風一過

d0330311_13241124.jpg

昨日とは打って変わったような 真っ青な空には雲一つない。
d0330311_13263479.jpg

d0330311_13264976.jpg

リクもアイも 台風の間、散歩は勿論 庭にも出難く閉じ込められた反動だろうか、今日は何度も外に出たがる。
朝は 随分涼しかったが お昼間は暑い程なのに 特にアイは家に入ろうとしない。テキサス生まれで暑さには強いのだろうか?燦々と輝く太陽に気持ち良さそうにしている。


昨日の早朝は風雨が強く 眠れなかった人も多かったようだ。私はそうなるだろうと早めに床に就いたが よく眠ったらしい。4時頃締め切った窓の隙間風だろうか「寒い!」と思って目覚めると 強い雨風が打ちつけていた。
4時なら もう起きても良い時間。TVを付けても殆どのチャンネルは放送していなかったが 身支度をして朝の用事に取り掛かった。
お天気カメラというのか 定点観測カメラなのか 嵐山の渡月橋がずっと放映されていたが この時間 既に川の水はスレスレまで増えていた。
夜が明ける頃、多分全国ネットで放送されたのだろう。橋を越え中ノ島が浸水している様子が映し出されるようになった。
同窓会で何度か使った「錦」は如何なっているのだろう。
渡月橋近くのお扇子屋さんは?
そうそ、桂に住む友達は?
気になる人が 次々浮かぶ。
d0330311_13274571.jpg

家に一番近い川も こんな状態だった。
数年前?数十年前には道路が冠水したり 床下、床上浸水もあった。
家の前の道路が冠水したことや 子供の頃、大阪で家の塀が倒れたり 昔の家は縁側から吹き上げる風に畳が浮き上がるのを座って重り代わりになっていた、なんて経験はあるが それ以上はない。
道路だけでも後の掃除が大変なのに 家屋が倒壊したり浸水したら もうこの齢になると立ち直れるのだろうか?
最近、河川の改修や池の工事などで水の流れは良くなった。
その分、様々な川が流れ着く大和川は満杯だったようだ。
皆さん ご無事だったのだろうか?

d0330311_14103525.jpg


台風で外出しなかった間、次の展覧会の作品を仕上げた。今夜にも表具屋に手渡そう。

d0330311_13281352.jpgパネルに仕立てる心算であるが 来年の干支「馬」に
韓愈の雑説 「世有伯楽、然後有千里馬。千里馬常有。而伯楽不常有。故雖有名馬、祇辱於奴隷人之手、駢死於槽櫪之間、不以千里称也」
=世の中に伯楽(馬を見分ける名人)がいて、初めて千里を走れる名馬というものが見出されるのである。千里の馬というものはいつもいるのだが、伯楽はいつもいるわけではない。名馬がいたとしても、ただの奴隷人の手によって粗末に扱われ、ほかの駄馬と一緒に死んでいき、千里を走る名馬と誉められることがなく終わってしまうのである=


この詩を 又また自分勝手な解釈で短くし英語で書いてみた。
英語!それは私の苦手なもの。
また、ネットのお世話になったが「翻訳」というのが色々ある。
日本語→英語で試し、逆に その英語→日本語にすると トンデモナイ解釈になったり これが一苦労だった。
合ってるのか間違ってるのか判らないが まぁこれくらいでと妥協した。

英語に強い人に見ていただくのは恥ずかしいので ちょっと不鮮明な写真であるが その方が良いだろう。
詩の部分を少し浮き上がらせ 馬は下に添えたようにしたい。
また、表具屋泣かせなことだ。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-17 14:40 | 書道 | Comments(20)

古民家

d0330311_14133156.jpg

予報は曇りから雨というものの 考えられないような良い天気だったのに 急に雨が降り出した。
午後、扇風機もかけていないのに何処から寒い風がくるのかと思っていると突風が吹き出した。
外へ出てみると東の山は全く見えず 上空は気持ちの悪い雲が垂れ込めている。天気予報を信じ 朝、7時過ぎに買い物を済ませたのは正解だった。

d0330311_15503735.jpg

この日、夕方 いつも見る生駒山とは思えない風景だった。

各地で色んな被害も出ているようですが 皆さんは大丈夫でしょうか?

さて、今日は・・・
古民家が移築されている場所がある。
d0330311_14323225.jpg
d0330311_1433021.jpg
d0330311_14332057.jpg

江戸時代の民家11棟が「町家」「国中(奈良盆地)」「宇陀・東山」「吉野」に分けて移築されている。
町家では 19世紀前半に建築された米屋、大和高田市の旧鹿沼家、18世紀前半建築の高取の旧臼井家、この高取は城下町で半商半農的な町だった。この臼井家は 酒・醤油の販売を営む傍ら大年寄も努められていた。
国中集落は 旧萩原家、旧吉川家、赤土家離座敷、旧西川家土蔵など。
宇陀・東山集落は 重要文化財である旧岩本家、19世紀前半に建てられた室生村の農家であるが 竪穴式住宅を そのまま上にあげた形になっている。ここには古代人の智恵が続いている。他に旧松井家、八重川家など。
吉野集落では 旧前坊家や 十津川村の農林業・旧木村家。主家は文政4年に、納屋、表門は19世紀中頃に建築されたもので 山の傾斜地にへばり付くように建てられていたものだ。

d0330311_14333785.jpg


これらの古民家では かまどを利用してご飯と汁物が頂ける「かまどランチ」や 大和の茶がゆを作る様子を見ながら味わえる催しなどもある。
また、この古民家で地歌舞やハーモニカライブなどもある。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-04 16:02 | 奈良 | Comments(14)

三本の矢

予期しなかったことだが 昨年、偶然見つけた矢田坐久志玉比古神社(去年の記事へリンクあり)へ1年後の同じ日に行くことになった。

d0330311_542397.jpg

とても長い名前の神社であるが「ヤタニ(イ)マスクシタマヒコジンジャ」と読み、祭神は櫛玉饒速日命とその妃神の御炊屋姫命。
d0330311_5494764.jpg

こちらの方が思い出して頂けるだろうか?
d0330311_5524465.jpg

これで 如何だろうか?
航空の神様という方が判るだろうか。
d0330311_654434.jpg今回はガイドさんの説明付きで歩いた。

← このように書かれているようだ。

その上には源田実氏の書額「航空祖神」が掛けられている。
源田実氏は自衛隊の初代航空総隊司令第3代航空幕僚長で参議院議員でもあったので 一時期 TVでお目に掛かったことがある日本海軍航空隊の第一人者だ。


航空の神様といわれるのは 天孫降臨に先立って 饒速日命(にぎはやのみこと)が天磐船に乗って降臨した時に 三本の矢を射たが その矢が落ちた所と言われている。
d0330311_853264.jpgd0330311_864618.jpg

一の矢(左)は この神社から南へ500mほどの田圃の中にあって 私有地だそうだ。この碑以外には特に何もない。
二の矢(右)は この神社の中にある。

それより北へ500mほど行くと 三の矢が落ちた場所がある。
d0330311_8481420.jpg
d0330311_924101.jpg
ここには「伝承邪馬台国想定地」という石碑が立てられている。この文字は吉田泰一郎書となっている。前々の市長である。

初めに、河内国の河上の哮峰(いかるがのみね)に天降られ、大和国の鳥見の白庭山(境内)に遷り住まわれた。哮の峰では祭祀を営まれたが、宮居とされず、再び天磐船にお乗りになり、大和の天空を駆け巡りながら 「吾が宮居の地に導き給え」の祈願とともに矢三本を放たれたという。

こうして放たれた矢が落ち地を「矢田」と呼び、この神社を「矢落神社」と呼ばれるようになったと言われている。

古い話は 些か混同していることもあるようで何を信じるかは夫々だと ガイドさんも言われていた。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-01 05:31 | 奈良 | Comments(16)

金魚すくい選手権大会

d0330311_2210953.jpg

暑い今年の夏も 我が家の窓辺を飾るこんな元気者!

多肉植物ばかりではなく 元気な人たちが金魚のふるさと大和郡山に大勢集う。
d0330311_22142938.jpg毎年8月第3日曜日は「全国金魚すくい選手権大会」が催される。今年で19回目。
今年の参加者は一般の部553人、小中学生の部337人、団体戦262チーム、当日参加者:計1,676人
第1回目の平成7年の参加者は 一般の部458人、少年の部238人だったので多くなっている。
全国有数の生産量を誇る特産の金魚を活用した町おこしとして1995年から開催しているが、一般、小・中学生に分かれた個人戦と、団体戦があり、水槽に泳ぐ金魚を専用のポイ1枚で3分間にすくった数を競う。

私がいつもお世話になっている整骨院の先生方は毎年参加されている。3人一組の団体戦で 前日の県予選は軽くクリアし 全国大会にも参加され準決勝まで進んだそうだが 入賞までは中々厳しいようだ。
中腰で腰や足も疲れるようだが 今日、整体してもらった先生は そうなる前にポイが破れたとのこと。残念!
紺屋町にある金魚道場も知られるようになり 熱心に練習されている。この道場主は入賞者の中に名前があった。


毎朝、沢山の朝顔が咲くようになったが その中に植えておいた夕顔が 2,3日前から咲き始めた。
d0330311_22474715.jpg

真っ白な花は これから長く咲き続けるだろう。
[PR]
by souu-3 | 2013-08-20 22:50 | 奈良 | Comments(10)

阿礼祭の一日

d0330311_718114.jpg

古事記を口伝したとされる稗田阿礼を祭る賣太(めた)神社で阿礼祭が催された。
同じ日、京都では五山送り火の行事があり全国から人が集まっているだろうが この阿礼祭は殆ど地元の人だけかと思っていたら 神奈川や名古屋からという人にも出会った。
阿礼祭は 昭和5年 児童文学者の久留島武彦氏が、アンデルセンに匹敵する「話の神様」は稗田阿礼が最もふさわしいと全国各地の童話家の協力を得て始められ、今年で84回目である。
日本最古の歴史本、古事記の編纂に携わった稗田阿礼の遺徳を偲んで行われる祭事で、毎年8月16日に開催され稗田の舞の奉納の後、地域の子供たちが阿礼様音頭、阿礼祭子どもの歌を奉納し、童話の読み聞かせなども行われる。
今年は輪読会も この日に開催され、前回このメンバーで行った天の香久山で輪読出来なかった部分なども あの日を思い浮かべて読んだ。

当日の様子を動画に纏めた。


阿礼様音頭は 地元の小学生に混じり3歳児も参加したが その足取りの可愛さに見ている人たちの頬は緩みっぱなしだった。
[PR]
by souu-3 | 2013-08-17 07:46 | 奈良 | Comments(16)

やまとの夏祭り

d0330311_1483675.jpg

この時期、日本中には何万発という花火が打ち上げられたり何万人もの人が見物に訪れるところもあるだろう。
そんな立派なものではないけれど 市内に住む人たちは この時間になると集まってくる。
暑さを忘れひと時を楽しむ。
1発の花火が打ち上げられると 少し間が空き また、1発という花火だったように思うが 年々そんなこともなくドンドンと打ち上げられるようになった。何尺玉という立派なものがなくっても夏の夜空を彩る。
準備や交通整理など裏方さんの御苦労は大変なものだ。
今年も静止画は上手く撮れないので動画にした。



リクの嫌いなものは 一に雷、二に花火。ド~~~ンと地響きするあの音は人間の何倍も大きく聞こえるのだろう。じっと我慢の30分、もうお終い!?と思った時間も長く感じるのだろう。


=原爆の日=

あれから68年、当日を知らない人が多くなってきた。
偉そうなことは言えない。私も後に知っただけであるが 私の弟子に当日の事をハッキリ覚えている人が居る。
昨日は丁度お稽古で来宅され 何度か聞いた話だが この日に聞くと又違って聞こえる。
当時、5才だった彼女は爆心地から8Kか9Kほど離れた場所に居たそうで 直接の被害はなかったが 地響きと あの閃光を知っている。すぐ、近くの防空壕へ入るように促された時、おばあちゃんが降ってきた黒い雨に「石油を撒いて火を点けるんだ」と言った。勿論、その方の想像だろうけれど恐怖はどれ程だったことか。
その後の記憶はないそうだけど 気が付けば その家には避難してきた人がイッパイいたそうで 従姉妹のお兄ちゃんは背中一面に火傷をおっていたそうだ。その子の手当てをお母さんがされ 団扇で扇ぐのが子供だった彼女の役目だったそうだ。
その話は何度聞いても辛い。彼と一緒に遊んでいて原爆の方を向いていた子は亡くなったようだ。子供が目の前で このような体験をする。この原爆を落とすことを指令した人は知っているのだろうか?
戦争は決してするべきではない。
[PR]
by souu-3 | 2013-08-07 05:07 | 奈良 | Comments(10)

笑顔

d0330311_5582930.jpg

鎮宅霊符神社の狛犬さん
何時も行く獣医さんから奈良町への坂道の途中にある この神社は何度も通っているのに中へ入ったことがなかった。
「jp3pzd's photo diary」さんが載せていらっしゃったので 初めて入ってみた。
d0330311_6143198.jpg

笑顔は良い!
あ!この狛犬さん 笑っているのではないだろう。
「コマイヌサン ア コマイヌサン ウン」私は小学校で習った。(何を習ったかで年齢が判るらしい)阿吽の「阿」形なのだろうけれど 狛犬さんは近くでよ~く見かける割には何も知らない。

「笑」
d0330311_6164648.jpg以前にも載せたことがあるが 巫女が手をあげ、首を傾けて舞う形で 「若」と同じく神を楽しませている。(若は口(さい)を加え祝詞を唱え祈る形)
d0330311_9262963.jpg竹、艸はふりかざした両方の手の形と言われる。
夭(よう)は くねらす、身をくねらせて舞う形
「笑」の古い字形は ⇒ こんな形に出来る。この字は書作品に書きたいという人が多い。
私も数年前 こんな刻字作品を作った。小さい物で他人へのプレゼントに都合がよく 手土産に持参したことがある。その人は今、この世に居ない。
あの作品は如何なったのだろう?他の荷物と一緒にゴミになったのだろうか。今はそんな時代だ。

今年の夏は長い。笑ってばかりいられない日々ではあるが 笑う事をみつけて 今日からの8月を乗り切りたい。



この神社の隣には
d0330311_1032220.jpg

こんな所がある。
奈良町からくりおもちゃ館。平成24年4月、「松利」という料理屋の離れだった建物は明治23年頃に建てられた旧松矢家住宅で 土地と共に寄贈され開館したもので からくりおもちゃは奈良大学名誉教授の鎌田道隆氏より寄贈を受けたものなのだという。
d0330311_1054051.jpg

鞦韆人形といい、砂の落ちる力で二人が回転するように出来ている。砂は箱の中に入っているので外からは仕掛けが判らないが 砂がなくなるまで回転し続ける。鞦韆(しゅうせん)とはブランコのことであるが鉄棒をしているようだ。
時々、入れ替えもあるが手にとって遊んだり庭に建てられた体験工房で おもちゃを作ることも出来るとか。

この辺りは「陰陽町」という
「時を司り 暦を作っていた陰陽師たちが住んでいたところからつけられた町名。庶民が最初に手にした暦といわれる奈良暦(南都暦)が作られていた。町内にある鎮宅霊符神社は陰陽師の神と仰がれる。天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)を祀っている。」
と、書かれていた。

おまけ
[PR]
by souu-3 | 2013-08-01 04:25 | 奈良 | Comments(24)

空蝉

d0330311_13262158.jpg

蝉の賑やかな合唱の中を自転車で走る ε=ε=ε=

空蝉も あっちこっちで見かけるようになった。羽化の様子は前ブログに何度か載せた。今、見直してみると あの時のような感動もなくそれ程綺麗だとも思えないが そのうちの1つにリンクしておこう。

=追加=
d0330311_6153162.jpg夕べ、庭に出した犬の足を拭いてやろうとしたとき、何かが落ちた。
見ると羽化したばかりの蝉だ。
勝手口に吊るした雑巾にまで羽化の場所を求めて・・・
そうか!勝手口に植えていた木槿を切ってしまった。今まで この木に抜け殻が沢山くっ付いていたから不自由な思いをさせているのだろうか?
まだ柔らかい羽の蝉を木に移しておいたが 朝、居なくなっていた。無事飛び立ったのだろう。

d0330311_13574053.jpg1週間後 封切られる「風立ちぬ」を見に行こうと思っている。
アニメーション映画は殆ど見ていないが TVでも色々な事が放映されている。今回のキャッチコピーは「生きねば」であるが 『もののけ姫』では「生きろ。」、『千と千尋の神隠し』では「『生きる力』を呼び醒ませ!」、『ハウルの動く城』では、「生きる楽しさ、愛する歓び。」、『崖の上のポニョ』では、「生まれてきてよかった。」だったそうだ。

劇中で飾られている書の中で、特に宮崎監督のお気に入りなのが良寛さんの『天上大風』なのだそうだ。
この有名な書は「地上には風が吹いていないように思えても、天の上には大きな風(御仏の慈悲)が吹き、見守ってくれている」と解釈されたりしているが 良寛さんは子供にせがまれて凧に書いたと言う この詞 どんなことを考えていたのだろう。

「音」にもこだわりがあるそうだが 出来るだけ苦心された所まで見てきたいと思う。

d0330311_14244419.jpg

風といえば 月草さんのブログに書かれていた「矢沢宰」の詩を暑中見舞いに添えてみようと・・・

d0330311_15123435.gif


d0330311_14392818.jpg
暑い中を出かける事を割けるようになった夫を連れ出す為と 手抜きの誕生日祝い
d0330311_14405992.jpg

以前 ここの本店である清澄の里のことはリンク先にある(料理はこちら)が 今回は奈良町の築130年の古民家を改築した「粟」ならまち店 蔵の部屋でいただいた。
やまと牛の柔らかく美味しかったこと!
これで 又1年元気で暮らせるかな?

d0330311_14582838.jpg帰りに 吉野のいしいの柿こーりと冷やし柿を購入。
つい1週間ほど前にも買ったが この時期冷たい物がツルッと喉を通っていく。
冷たいものばかり食べていると胃には優しくないと思いながらつい!
先日、スーパーで買い物をして急いで帰ろうとした所 出口近くで元弟子2人に出会いお喋り。3,40分も喋っていただろうか、アイスクリームが・・・((+_+))
気にはなっていたが 失敗!失敗!
[PR]
by souu-3 | 2013-07-13 15:15 | 奈良 | Comments(26)
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31