玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

タグ:ペット ( 69 ) タグの人気記事

永慶寺

d0330311_13534511.jpg

暮れになると お墓詣りをして翌年の護持料を支払いに行く。我が家は元々夫の父が大阪へ出てくる時 次男である弟に全て託してきたらしく ご先祖からのお墓がなかった。夫は長男であるから父が亡くなった時 この地のお寺にお願いし50数年お世話になっているお寺は豊臣秀長の菩提寺でもあるが ここにはお墓は作れず 柳沢家の菩提寺である永慶寺にお墓を建てた。他に納骨をしたお寺もあり お付き合いが大変だ。

d0330311_14173858.jpg


永慶寺は宝永7年 (1711年) 甲府初代藩主柳沢吉保が、甲斐国躑躅ヶ崎に菩提寺として創建し享保9年 (1724年) 二代藩主柳沢吉里が大和郡山に国替えとなり、永慶寺も菩提寺として現在地に移った。
山門(1枚目の写真)は郡山城主であった豊臣秀長(豊臣秀吉の弟)の天正時代に郡山城の南御門として建築されたものを移築したもので大和郡山市の文化財に指定されている。

2枚目の写真は弁天門であるが 大抵、自転車で行くので この中へ自転車を止めてお詣りする。

d0330311_1457350.jpg


2008年、ブロ友さんで柳沢家所縁の方がここへいらっしゃった時、ご一緒させてもらった。
いつも閉まっている柳澤家仏間である香厳殿を拝見したのは 後にも先にも この時だけである。
今回のお墓詣りで この建物の横から入る建物内で 住職が書かれた書の作品を見せてもらった。春ごろ書いてほしいと頼まれたそうだが 残るものなので気持ちが入らないと中々書けないという事だったが 画仙紙2反(1反は100枚)使って これだけだという事だったが部屋に貼られたロープには沢山の書が掛けられていた。
「南無阿弥陀仏」もあったが「和敬清寂」「随処作主」「日々是好日」「一期一会」など禅語が殆どだったが勢いの良い元気な書は素晴らしいものだった。

この日は快晴だったが 翌日は朝から雨。
4,5日前から リクがくしゃみをよくする。d0330311_15211615.jpg風邪かもしれない、獣医さんへ連れて行こうかと思いながら d0330311_1538276.jpg検索したら「犬は風邪を引かない」とも出ている。そんな風に聞いたこともあるが「犬も風邪を引く」と出ているものもあり ホコリのアレルギーということもあると。
そこで丁寧に掃除をし、空気清浄器をリクの側に置くことにした。少し様子をみよう。
[PR]
by souu-3 | 2015-12-22 05:51 | 奈良

足の向くまま

d0330311_1726146.jpg

太陽が西に傾き始めると アイはお散歩に行こう!と急かせて来る。
こちらの都合などお構いなし。その上、今日はこっち、明日はあっちと 門を出た時から好きな方向へ一目散に走り出す。
犬は決まったコースを散歩するものだと思っていたが何を考えているのだろう。好きなようにさせると自分で考えるのだろうか?
d0330311_17263418.jpg

公園の木々も色付きはじめ夕陽に輝く。
足元の落ち葉が色とりどりで美しい。
50年ほど前、大台ケ原から大杉谷へ行った時、この美しい落ち葉に感動していると 横をすり抜けるように進む人たちが急いでいる事に何も感じなかった。
次の山小屋までの距離を考えなかった私たちの団体は迂闊だったのだ。当時、あの道は木こり道といわれ足場が悪く片側は崖だった。所々に吊り橋があり大変なコースだったのにノンビリし過ぎていた。
そのうち、陽が傾き・・・真っ暗になってしまった。みんな黙りこくって黙々と歩いた。リーダーが「ビバークしよう」と言い出した、
その時
遠くに山小屋の灯りが「点」と見えた。幻ではない。本当に見えたのだ。
その点に向かって歩いた。

小屋に着いたときの気持ちは忘れられない。
それからは山ばかりではなく 日暮れには敏感になった。

私の青春時代の忘れられない想い出だ。

d0330311_17264978.jpg
チョッピリ冷たくなった公園の滑り台。

誰も遊びにも来ない。


もうすぐ立冬、
今年は8日。

この日から暦の上では冬になる。



d0330311_2025687.jpg

【今月のカレンダー】

スセリヒメ(須勢理毘売命・須世理毘売命)
スサノオの娘、オオナムチ(大国主)が根の国へ来た時、お互いの一目惚れで結ばれた。
根の国での説話は、結婚相手の父から試練を与えられて、結婚相手の助言や手助けによって克服するという課題婚と呼ばれる神話の形式である。
オオナムジはこの試練をスセリビメの助けを得て乗り越え、正妻としたことにより、真に大国主になることができたといわれる。

春日大社の末社である夫婦大国社に祀られている。

[PR]
by souu-3 | 2015-11-04 17:54 | ペット

にゃんこ物語

d0330311_622191.jpg

ダイヤモンドリリーかアルビフローラが スッと伸びて蕾が少し開きかけてきた。名札が薄くなり読みづらいので古いブログを探すと 一昨年の9月26日に開花している。しかも白花だが この蕾では赤い。
名前も花の色も ???

我が家には いつもペットと呼ばれる可愛い小動物がいる。
幼少の頃は人間も食べるのが大変だったから犬も猫もいなかったが 戦後、毛糸を得るためだったようだがアンゴラ兎を飼っていた。これはペットではなく 毛を刈って毛糸と交換してくれる所へ母が持って行ってたようだ。
何時頃だったか斜め前の犬が 父が出勤した後、夕方まで我が家に入り浸っていた。その後、猫が・・・
当時は今のような飼い方ではなかった、絶えず数匹居たように思う。
母は 若い頃、猿や鳩なども飼っていたらしい。夫の実家でも義父は亡くなる直前まで犬の散歩をさせたり兄弟の中にはペットショップを経営していた人も居た。そんな環境の二人が結婚して出来た子供が 又、無類の動物好きになるのは 極当たり前だったかもしれない。 

d0330311_10203075.jpgこの映画が近くの映画館で上映されることを知ったのは いつだったか?
この日を ずっと待っていた。

「今まで気付かなかったことに気付くきっかけになるような映画になったらいいな」と監督さんが言われるように この主人公・元校長先生は堅物で偏屈、人付き合いが下手な先生、何か夫とダブる。猫は大好きだから この主人公とは大きく違うけれど 一人暮らしになったら あの世から「お父さん!大丈夫?」って叫ぶんだろうか?気になって成仏出来そうにない。生き方が スゴク不器用だ、と思う。
その頃には リクもアイも居なくなっているかもしれない。

たった一人で・・・
ちょっとシンパイ。

大好きだったヤンがいなくなって 一番ショックだったのは夫だ。20年も居た猫とは別れなければならないのは判っていても 自分との絆の深さは人一倍だった。

この映画の主人公でもある猫は この元校長の家ではミイと呼ばれていたが 朝ドラ「あまちゃん」で夏ばっぱの飼い猫カツエ役でデビューしたドロップ(メス・5歳)らしい。
猫が演技をするのかは判らないが 大した女優らしい。
こんなことは出来なくっても 家ネコはどこの子より可愛い!
そう思うから 大枚を叩いて獣医さんへ通い 常に様子を見ながら飼える?いや、飼っているのではなく一緒に暮らせるのだろう。

3日間の展覧会は あっと言う間に過ぎてしまう。
d0330311_80125.jpg12月に出品予定の奈良の画廊へ行った時、翌日から始まる展覧会の花の事を話題にしてしまった。そこに飾ってあった椰子を「使って!」と言って下さって お借りすることになった。
正直、持って行って持って帰るのは大変だった。おまけに「大きな球根持ってきたんセンセやったん」なんていう人が。ケッタイな仲間なんだから。球根やない、ヤシ!

d0330311_6143969.jpg片づけに行く前、「徹子の部屋展」を観に行った。こちらも最終日。大勢の人で賑わっていた。
あの方は 私より高齢であるが若い時と変わらない。机に置かれた原稿も眼鏡なしで読め、相手の声もよく聞こえているから あんな風にインタビュー出来るのだろう。スゴイなぁ!
1976年スタートした頃の事は よく覚えている。確かNYから帰国した徹子さんは活き活き活動を始められたように思った。私は子育て真っ最中だったように思う。
その番組が同一司会者によるテレビトーク番組最多放送のギネス世界記録になった。
続いたことも凄いが あの若さを40年間保ち続けるのも大したもの。それなりの努力があるからだろう。やっぱりスゴイ人なんだ。

[PR]
by souu-3 | 2015-10-13 06:25 | ペット

耳は1分でよくなる!

d0330311_832746.jpg

「元気ねぇ!」とか「え?そんな歳なんですか?」なんて言われて良い気になってはいられない。
身近な同年代の人の不調の話を聞くと その部分が不快に感じたり、朝起きた時 動きが鈍かったり痛かったりと体調が気になることが多くなった。
d0330311_83610100.jpg
d0330311_8362624.jpg

2人と2匹 みんな老齢といわれる一家である。
元気で動けないと この子達も生きては行けまい。
急な寒さに 炬燵布団はチョッと早いが上掛けの薄いのを掛けただけで落ち着く。

「耳は1分でよくなる!」こんな本に目が留まり買ってしまった。
脳は聞きたい音しか聞かないのだそうだ。その点、補聴器は音を選別して調整する働きは出来ないので聞きたい音も 聞きたくない音も拡大するから嫌な音が雑音のように聞こえ過ぎるようだ。
好きな音を毎日 耳にすることで 脳の働きが高まり聞こえづらさが解消していくらしい。自律神経が衰えると 聞く、味わう、匂うなど五感がマヒしてしまうので 普段、気にしないものに意識を向けるだけで研ぎ澄まされるそうだから こうして五感を整えると良いらしい。
動かなければ人間も錆びついてしまう。血液の循環を良くして出来るだけ長く元気で居られるようにしなければ。
それにも努力なしでは「ダメ」なんだろう。

d0330311_8372576.jpg
10数年続けているTV体操やウオーキングも楽しみ 何より心穏やかに過ごせるようにしよう。 
残り少なくなった余生は意識的に「努力」も必要なようだ。
[PR]
by souu-3 | 2015-10-10 05:43 | 雑記

明日この世を去るとしても・・・

d0330311_8262289.jpg

「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」
長い題名の本である。
常々、最後の日まで何かをしていたいと思っている私は この題名に惹かれて購入した。
丁度、昨日TVでMG(筋無力症)の人が「この世に必要とされているから生きているのだと思う」といわれていたのを見た。必要でない人はいない
生きている限り 誰かの役に立っている。居るだけで良い。10年以上、人の手を借りないと生きていけないリクだって 充分 人の為、犬の為になっている。
著者は医者であるが「病気になっても病人ではない」「ユーモアとはyou・moreなり」「コントロールできないことに一喜一憂しても疲れるだけ」 そうそう!と思う事がいっぱいあって アッと言う間に読んでしまった。

死ぬのは確実、いつ死ぬかは医者であっても判らない、とハッキリ書いてある訳ではないが 余命宣告をされたら「どのような理由で この数字になったのですか?」と尋ねてみて下さい、と。
一人ひとり個性があるように病気にも個性がある、特にガンほど個人差が出る病気はないと。曖昧な事は曖昧に考え、家族や友人と笑顔で過ごせる時間を大事にしては如何でしょうと書かれている。
私の両親はガンになり この世を去った。父の時は まだ子供だったが、母の時は そんな気持ちで見送れただろうか?母には宣告こそしていないけれど多分 この世を去る覚悟はしていた、ハッキリ判って逝ったように思う。残された方はだらしなかったかもしれない。

また、こんな事も書かれていた。
日記を付けることで一日一日を丁寧に生きられるようになる。書くという行為には心を外に向かわせる効果がある。著者は小5の担任に日記を付けるように言われてから ずっと、今はブログを書き続けている。と
この方は ブログで公開するのもよし。しかし、コメントは相手の反応に一喜一憂しないために受けない方が良いとされているが 私はコメントで知る事が多く有難いと思っている。今ではブロ友さんは大切な友達である。

d0330311_6281742.gif


d0330311_623445.jpg

昨日は 1日中雨が降り 涼しいのを通り越して寒い程。
こうなると毛の短いアイは この通り!
リクとは寒暖の感じ方が 随分違う。

d0330311_6255957.jpg

1羽だと思っていた鳩は2羽いた!

d0330311_113516.jpg

日に日に大きくなり フワフワした産毛がキジバトの毛並みになっている。
巣も狭くなって親が留守にしていることが多くなった。いや、2羽で留守番をしていることが殆どになってきた。その内、飛ぶ練習も始まるのだろう。
[PR]
by souu-3 | 2015-09-04 08:52 | ペット

生れました!

d0330311_5262145.jpg

厳しい暑さだった8月も あと僅かになった。
今朝はヒンヤリ。気持ちの良い朝だ。
「待てば甘露の日和あり」 まだ、油断は出来ないだろうけれど 辛い日がずっと続くわけではない。判っちゃいるけど その時は「もうダメか!」なんて大げさに思う。

お~~!タイトルの「・・・」
孫が生まれた!なんて話ではない。
先日からキウイの棚に巣作りをしていた「鳩」の誕生!
d0330311_5342554.jpg

8月9日から巣に座りっぱなしの親鳥は飲まず食わずなのかと思っていたら 2羽が交替し抱卵していることが判り ホッとした。
15日から17日で孵るという。17日目の25日「遅いなぁ」と言う私に夫は「遅れているんじゃないか」と。人間じゃないからお産が遅れるって?と思っていると お昼頃、小さいのが動いている。
動画で撮っておこうと近づくと 羽の下に隠す。
2羽で偵察に来た時から 半月余りの付き合いだから 信用されていないのだろう。
仕方がないけれど 子供は取らないよ!写真だけだから、と言っても通じない。
アイは 私の側でお腹を出してあられもない恰好で 何の警戒心もない。こうなるにはお互いの信頼関係が必要なのだろう。鳩との付き合いより遥かに長いんだからねぇ

動画も これから巣立ちまで撮っておこうと思う。
細やかな楽しみが出来た。
[PR]
by souu-3 | 2015-08-27 05:54 | 雑記

リクのひとりごと

d0330311_1082370.jpg

ピラミッドアジサイ・ピンキーウィンキーを植えたことも すっかり忘れていた。草むらの中に小さな白い花が咲いているのに気が付き、やっと思い出した。
そんなわけで肥料もろくに貰えず やっと咲いてはみたものの これ以上花は開かない。
ごめんね!
来年は 大きくなって綺麗に咲いてね。

7月も もうお終いの日になった。
1ヶ月の予定を黒板(白板です)に書く時、仕事以外 何も予定はない、と思っていたら獣医さん通いの日々だった。アイも抜糸まで あと6日、すっかり元気を取り戻した。

d0330311_10205647.jpg

以前にも益して引っ付き虫になったけれど 普通が良い。何もないのが一番!
草ボウボウになった庭の草刈りを手伝ってくれなくってもイイ!
お使いに行ってくれなくってもイイ!

何もないのがイイ。

ここから
リクにバトンタッチしよう。
d0330311_1026095.jpgボクも 特にすることもないのでゴロゴロしているだけだよ。
あのね、
d0330311_10282045.jpg

ボクが アクビをすると「大きい口やなぁ」と言われるけれど 猫は「可愛い!」んだって。
何が違うのかなぁ?

ボクは顔が長いので 口も大きいんだよ。
この写真 見てると眠くなってきた?お昼寝しても良いよ。

d0330311_11163534.jpgアクビって欠伸と書くよね。この「欠」は人が口を開いて立っている形だけど 口を開くって歌ったりするときもだろう。だから「歌」という字にも付いているよね。でも、説文解字にも「欠伸(けっしん)」する意味と書かれているんだ。
象形文字って こんな風に作ったんだね。

あのね、
皆さんもご存知の通り ボクは後ろ足が立たないんだ。オシッコも自分の意志では出ないんだよ。
4歳の時、椎間板ヘルニアになったからなんだ。あれから10年と4ヵ月。不自由だけど大丈夫!
アイと一緒にお散歩には行けないけれど 時々、ボクは乳母車に乗せてもらってアイは歩いて出かけることはあるんだよ。
人間はボクを見て にっこり笑うよ。
笑っている人は大好きだ!
お稽古に来るオバたんが お稽古中は大人しく静かにしているんだけど お昼になってもお喋りして帰らないと「ワン!ワン」ってカアさんの側へ行くようにしてるんだよ。ちょっと意地悪もするんだけど アイはそんなこと判らないから お稽古中も「抱っこ!」って言うんだ、だから「あっちの部屋に行ってなさい」って追い出されるんだよ。
ちょっと待てば良いのに判らないかなぁ?
要領悪いよね。

これって年の功って言うんだよ。
犬の世界だって人間と同じさ!


リクは何でもよく判っている。空気を読める、というのか ちゃんと判断して行動しているようだ。
アイが退院してきた日も アイを優先して私にくっ付くのを遠慮する。そんな気遣いが出来る。
14年も一緒に暮らしていると人間や犬の区別などない。
老いは感じるが 出来るだけ長生きしてほしい。

【追加】
d0330311_20211337.jpg


今夜は満月。普通の満月ではない。7月2日に満月を迎え 同じ月に2度目の満月。
月の満ち欠けは、平均29.5日のサイクルで繰り返されるので 同じ月に2度 満月を迎えることがあるが 意外にも3年に1度程度だという。前回は2012年8月、次回は2018年1月らしい。
このことを「ブルームーン」というそうだ。
[PR]
by souu-3 | 2015-07-31 11:25 | ペット

キョウイクとキョウヨウ

d0330311_7412682.jpg


昨日、こんな話をしてくれた人があった。
コンサートでの司会者の話だそうで「元気でボケずに長生きするには・・教育と教養だ」と言われたそうだ。
教育はキョウイク=今日行く、教養はキョウヨウ=今日 用がある、ことだと。
ボ~~ッと暮らしていてはダメだという事ではないだろうか?

行くところや用事があるのは 本当に幸せな事。それが残念ながら出来なくなるのが老いなのかもしれない。
が、ある程度、努力して これに近い暮らしをすることは出来るのだろうか?思いがけない事が起こるのが人生だから その心算だけでは如何にもならない事だってあるだろう。
そうならないことを願う・・・神頼みだけではダメかも知れないが何とか願いたい。


d0330311_8234827.jpgここに神頼みだけでは 如何にもならなかったのが居る。
先日、アイのオッパイにシコリがあるのに気が付いた。検査の結果、2週間の投薬で こちらは治くなった。
が、子宮蓄膿症になる可能性が大だからと手術することになった。
23日に手術し1泊入院、迎えに行くと大喜びだった。近くの公園でおしっこもしタクシーで帰宅、入院中もご飯は普通に食べ帰宅後も何時もと変わらないが 何となくいつもと違って静かだ。
エリザベスを付けて帰ると思っていたので以前、リクが使っていたのを持参したが 舐めなければ付けなくっても良いらしい。
その代り ずっと観察していることになる。頑張ってるアイを見ているのはタイヘン。何時も時間は何と早く経つのかと思っているが 今日は早く時間が経ってほしいと願う。今まで飼った犬は殆ど去勢手術や避妊手術をしている。今までも こんな風に心配していたかな?これも老いの所為だろうか。

More=広域連合=
[PR]
by souu-3 | 2015-07-25 09:10 | 雑記

駅長・たまちゃん

【たま駅長 天国へ】
d0330311_972871.jpg

1999年4月29日に 旧南海電鉄貴志川線貴志駅にすみついたトラ猫が産んだメス猫だが、2006年に和歌山電鉄に移管され翌年貴志駅の駅長に就任。たま駅長をモデルにした駅舎や電車ができるなど、ローカル線を元気づけてきた。16才、人間の齢では80才くらいだという。

この事がTVでも何度も放映され 新聞にも大きく取り上げられている。
アイは気に入らないのか?新聞を読んでいると ↑ この通り上に乗って見せてくれない。

夫は数年前 ここの子に逢いに態々和歌山まで出かけたことがあった。


d0330311_1429847.jpg

普段、寝つきは良い方で 結構、深い眠りなのだろう。朝は気持ちよく目覚める。

ところが夕べは一向に眠れない。
何にも心配事もない。
昼間 ゴロゴロ楽をし過ぎた?
いや、そんなこともない・・・
と、思う。

横になって眼を瞑っているだけでも良いと 夫は言うけれど、d0330311_14385467.jpg
私は
それが苦手。

何か出来る事はないかな?

作品を書くのは
ちょっと
シンドイ

PCも疲れそう。

まぁ
作品を書く用紙をカットするくらいかな?

夏の展覧会の本作品は「恋」だが

全体作品=合作=は
四角い箱に1人3点程の作品を貼り それを積み重ねてみよう。

d0330311_15251855.jpg

こんなイメージ。
出品者全員が 箱一つずつ担当すれば 何とか積むことが出来るだろう。

昨年は
d0330311_1527938.jpg

障子仕立ての屏風の後ろから灯りを照らしたものを作った。

d0330311_15305310.jpg

2000年には扇子を作り 組み立てた竹に並べた。数年同じ文字を違った書体で書いたり小さな額にテーマに沿った文字を書いたり Tシャツを作ったり・・・
与えられたものを書くのも大変だろうけれど 次は如何いうものにするか、考えるのも大変になってきた。
合作は今回で16回目、
些か ネタ切れだ。
[PR]
by souu-3 | 2015-06-24 15:43 | 書道

父の日

d0330311_545354.gif

google を開くと こんなのだった。
否が応でも 父の日であることを認識しなさい。と言われている気分になる。(*^▽^)/★*☆♪

昨日、友達に「婦人画報」はいつ創刊されたか知ってる?と聞かれた。
相当、古くからある、明治かな?
d0330311_5531665.jpgやっぱり!
明治37年創刊号が 付録?として付いていたという。
う~~ん 懐かしい、とは言えないが母が生れる前だから しる筈もない。
右から左に書かれていることには 意外に抵抗はないけれどルビがいっぱいフラれていて空間が少ないので読み難い。
新しく作られたのでも 当時の印刷のままでもなく スキャンされたものかコピーか鮮明ではないので 少々疲れるが当時を彷彿とさせる。

母が居たら・・・その年齢から考えると110年ほど前だ。
当時の人は どの程度の学力があったのか?
どんな人が 購読していたのか?
1冊 35銭とは・・・
また、ググってみた。
『「うどん・そば」は明治37年には2銭だったので、今でいうと約400円。カレーライスは明治35年頃で5~7銭だったそうですから、1000円以上ということになります。新聞購読料(朝日・朝刊のみ) 28銭 JR普通運賃(大阪-東京) 明治22年、3円56銭
朝ドラ「花子とアン」の 当時、上野-甲府間の運賃は、片道1円39銭ぐらいだったそうで、往復金額の2円78銭を現在の貨幣価値にすると、40,000~60,000円程度と言われています。8~10時間程度かかったそうです。』
当時は1銭が43円~100円と開きがあるので 判り難いけれど1400円~3500円って庶民には高くないかな?読んでいた人は庶民ではない?

【訂正】
この本は1冊25銭、送料2銭でした。35銭は「都新聞」の値段でした。

d0330311_7352185.jpg

第1巻第1号の目次
華族女学校の運動會、襷掛けの着物に袴、靴を履いた妃殿下や宮家の内親王などの写真が載っている。

d0330311_7504566.jpg

これからだろうけれど 蓮の花が咲き出した。=唐招提寺=

今朝の二匹
d0330311_7521850.jpg

新しくなったプリンターは 無線だから離れた所で操作すれば良いのだが パソコンとプリンターの用紙設定などが違うと 動いてくれないので何時も同じ用紙にプリントする人には良いのだろうけれど 写真や両面など使いたいものは 結局近くへ行かなければならない。

そんな時、2匹は側で眠っている。
梅雨が大暴れする今日、美術館へ行かなければならない。
う~~ん ちょっと・・・  ね!
[PR]
by souu-3 | 2015-06-21 08:01 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31