玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年齢はただの数字

d0330311_19585824.jpg

一年に一度の展覧会も無事済ませ、最後に反省懇親会が催される。その時間まで少し時間があったので近くのショッピングモールへ行き本を購入した。
「人はいくつになっても、美しい」
新聞広告で見てあったので 店員さんに伝えて すぐ買う事が出来た。
著者は1928年生まれ88才のイギリスの人。世界最高齢のスーパーモデルさん。歳を取るとシワもシミも増え身体も弱ってくる。それでも年齢を重ねても美しく輝いて見える人がいる、
beauty という単語を辞書で調べると、美しさとは様々な資質の組み合わせで 見た目にも 心にも 五感にも喜びをもたらす。と出ていたそうだ。
表面上の美しさだけを指すのではないと。
老いは誰もが通る道、成長は選んだ人が通る道。という諺があるそうだ。
自分を年寄りだと思わないとも書かれている。年齢ばかり気にせず だからと言って過信も出来ないけれど背筋を伸ばして生きていこう。







[PR]
by souu-3 | 2016-08-29 13:14 | 雑記

青史会書道展

d0330311_18471246.jpeg

今回のテーマは「動」ですので、心という詩を書きました。動かそうと思えば足も手も動かす事は出来るが人の心を動かすのは難しいという詩です。
もう一点は一方的に見ていただくだけでなく参加してもらえる展覧会にしたいという考えもあり動く文字を作成してみました。
d0330311_9255117.jpg

みんなで作る合同作品は一昨年使ったものの再利用ですが好きな言葉-文字を半紙半分サイズに書いています。私は赤の冷金箋に「喝」とパピルス紙「なるようになる」と書きました。これらの作品を書いている頃は、なるようにしかならなかった。辛い時期でもありました。
会場には最終日のお昼頃から居ります。



-



[PR]
by souu-3 | 2016-08-25 19:09 | 書道

オリンピック

d0330311_13434030.jpeg
オリンピックはリオから東京へバトンタッチされました。
OBRIGADO!
今回の閉会式は素晴らしかったですね〜
あのイベントの会議は1月に始まっていたという事ですがいよいよ次は東京で開催されるんだと実感するものでした。
それ程興味のある方でもない私でも思うのですから選手は心新たにファイト!と思ったのではないでしょうか。国を代表してプレッシャーも大変なものでしょう。
4年後、また世界中の人々が感動出来るものになるよう願わずにはいられません。

obrigadoは男性が使う言葉らしいですね。女はobrigadaなんですってー
日本語も 難しいけれどポルトガル語も難しいですね。


パソコンが壊れたようです。こんな事でお茶を濁して〜〜
失礼します。




.
[PR]
by souu-3 | 2016-08-23 14:41 | 雑記

誄歌(るいか)

d0330311_8362599.jpg

少しずつ朝晩は秋の気配も感じるようになってきました。 
関東地方は曇りや雨が多いようですが こちらはまだまだ厳しい暑さが続いています。

去る16日は天武天皇がこれまで天皇家の歴史を記した「帝紀」、氏族の伝承である「旧事」に「虚偽」があるので稗田阿礼に「誦習」を命じ、古事記が誕生したといわれています。

時有舎人。姓稗田 名阿礼 年是二十八。為人聡明 度目誦口 払耳勒心。即 勅語阿礼 令誦習帝皇日継及先代旧辞・・・

「阿礼」さまを祀る賣太神社のお祭り「阿礼祭」でした。

d0330311_8551034.jpg


例年なら 祭典、稗田の舞、地元の子供たちによる 阿礼さま音頭等々見ることが出来ますが これらの行事の後 古事記輪読会のメンバーは倭建命(ヤマトタケルノミコト)誄歌を奉納することになり 当日になって練習や打ち合わせがあり 見る事も 写真の1枚も撮ることも出来ませんでした。

誄歌とは死者の生前の徳をたたえ、その死を悼む歌のことです。

午後、一旦リクや夫のことが気になるので帰宅、2時からの輪読に臨みました。
忙しかったけれど 良い1日でした。

19日からブロ友さんたちの写真展が開催されているというので午前中の仕事を終えて出掛けました。
d0330311_19285044.jpg元そごうだった建物にスーパーが入り その中にある奈良市美術館での開催ですが 初日という事もあり大勢の人が熱心に見ておられました。
実はお逢いしたこともなく ブログを拝見しているだけで本名もしらない。会場にいらっしゃる筈だけどお顔も判らないのです。
受付で芳名録に記入し susatanさまへ souuと記入しておきましたがお気付きでしょうか?
あちらさんも私を全くご存知ない。
やっぱりお目に掛かるのは無理でした。
作品はいつも素晴らしいなぁと思いながら拝見しているので判るかと思ったのですが 見れば見るほど迷って4人の内の何れかではないかと思いながら見せて貰ってきました。

d0330311_19421754.jpg
この建物の入り口に 広目天が展示されていました。
今年2月 平城宮跡で開催された大立山まつりに使われ その後、近鉄奈良駅に展示されていた広目天さん。
四天王の中で筆を持ち巻物?に何か書こうとしている。これだけで一番親しみを感じている。単純な私です。
平安時代以降は違った物を持っているそうだから この時代の物が好きってヘンですが また、時間を作って戒壇院の四天王をゆっくり拝観したいと思います。
が、
今はこんな所に・・・
ちょっとビックリ!でした
大きい物だから何処でもと言う訳にも参らずあっちこっちに。かな?
落ち着くところがあれば良いですね。 








[PR]
by souu-3 | 2016-08-19 09:08 | 奈良

ツバメの塒入り&大文字焼き

d0330311_7341965.jpg

ツバメは冬期、台湾やフィリピンなど暖かい南国で越冬し、春になると繁殖のために日本に戻ってきます。
4月頃から民家の軒下などで子育てを始め、巣立ったヒナと親ツバメは河川敷のヨシ原などに集まり、集団で夜を過ごす「ねぐら」を形成します。
ここ平城宮跡・大極殿のすぐ側にあるヨシ原には5万羽とも言われるツバメが塒にしています。
日没頃、あっちこっちから集まってくるツバメは夕陽を背に上空を旋回し 葦に止まって眠ります。



8月15日は奈良大文字焼きの日です。
ツバメが静かになった20時 高円山では「大」の字が浮かび上がります。

d0330311_745155.jpg

日本一の大きさと言われる「大」 
終戦記念日に「送り火」の意味をこめて1960年に始まった行事です。

d0330311_748732.jpg

我が家の2階の窓からも少々角度が違う大文字は見えますが 今年はこれまで3人の兄弟を見送ったこともあり もう少し近くから祈りたいと出かけました。
もっと近くへ行ければ良いのですが真っ暗になって帰る不安もあり お誘い戴いた人たちとご一緒させてもらいました。





[PR]
by souu-3 | 2016-08-16 07:54 | 奈良

しずく

d0330311_831375.jpg

お盆は お寺のお参りの都合で12日から1日早くご先祖様をお迎えしている。
d0330311_8344940.jpg普通、13日の夕方で良いのだろうけれど 我が家では12日朝から迎え火を焚く。
オガラを燃やしたその煙に乗って、先祖の霊が家に帰ってくるといわれているので 宗旨や地方にも依るのだろうけれど 私はそう信じて毎年「お帰りなさい!」と祈りながら焚いている。 
今年は義妹の新盆。独身を通し 自分で買った家も処分した今、喪主を務めてくれた弟の所が良いかもしれないが 久しぶりに両親と我が家に迎えたいと思った。実際には来てくれているのだろうか?
焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿にオガラを入れるのだが 祇園の都おどりのときに貰ったお皿が目に留まっただけの代用品だが、煩い姑さんではなかったのを幸い 何事も適当である。
d0330311_853099.jpg義母からは何も教えられなかったこともあり お寺などで教えられるように おままごとのようなお膳は用意する。
蓮の葉に 7種類の野菜などを供え、お膳は義母のお葬式の時に教えられたことを40年ほど続けている。
こちらは5~7種類 海山里の精進料理(煮物)、ご飯、汁、豆、漬物を決められたように並べる。
至って 質素なものであるが お迎えの時とお送りする前だけで その他はティータイムも含め我々と同じものを 供えている。
これが正しいとは思わないが 両親の孫たちも成人した頃から兄弟も帰省しなくなったので気楽にお給仕している。
私も帰省する家もなく 混雑する暑い最中 何処へも行かない。

そこでパソコンのメールマガジンなどで見かけたカメラの広告のようなものだろうけれど こんな撮り方もありますよ、というのを真似てみた。
d0330311_16364123.jpg


d0330311_9155066.jpg暑い時だから「しずく」というのが目に付いた。
「自宅で出来る、不思議フォトにトライ」というので辿ってみた。
真似っこにはなっていないだろうけれど 暫く遊んでみた。

以前、紫陽花でやったのと大して変りがないようだが
スポイドで そっと水を置くが転げ落ちてしまう。
そりゃぁ地球には引力があるんだもの
落ちて当たり前
花びらの上に滴を並べるって中々出来ない。
 
ここに光が必要だ
と、思って朝の陽が輝く場所を探す
が、花の色が地味だったり 咲いている花が少ない時期
無理がある。

あ!自宅で・・家の中でやるんだ。
と思ったが 切り取るほどの花もなし。

1枚目の画像の一部分を切り取ってみた
これが左のもの。
そんなこと言われなくっても
「判ってます!」   ハイ!ごめんなさい。


昨日、あ、もう一昨日になる誕生日。朝一からメールやFacebook、blogで祝っていただき有難いことだった。

d0330311_936416.jpg

が、夫は至ってこのような事には無関心。
娘も母の日、父の日、敬老の日?と その度にはねぇということだろうか?
「めーいっぱい人生を楽しんでね^ ^
今年は哀しい別れが続いたけど、、
大切な人や動物が逝く時、必ずメッセージを残してくれるんだよって、
ある方から言われた事がある。
自分達はまだ生かされてるんだから
人生の最終ゴールは死では無く
どんな人生を生きるかが大切だと
教えられた。
だから。。
毎日が当たり前じゃなく
毎日生きてること事態に感謝して
どーせなら
健康で、楽しいことして、仕事して、
誰かの為に貢献が出来て、また明日を迎える
そんな人生が良いねっ^_-☆

お父さんから誕生日祝って貰ってくださいまし(笑

また秋に帰る時、ゆっくりごはんしようね^_-☆」

こんなメールだけ。

仕方ない!自分でケーキ買ってこよう。





[PR]
by souu-3 | 2016-08-13 09:50 | 雑記

祝日

d0330311_8201916.jpg

初めての祝日
この日は・・・

私の誕生日!祝日になったのです。

d0330311_8323038.jpg

こんなに暑い日に生まれたのです。お盆参りの予定を変更してもらったり大変だったのよ!って何度も言われました。予定より早く生れたのでしょうか?聞いたことはありません。
お腹の中で暴れた子は男の子だと期待されたのですが・・・

d0330311_8354890.jpg

裏切りました。
次女でした。

d0330311_8375678.jpg

お昼間の暑さは記録に残るほどかと思われる高さです。
朝の光は少~~し柔らかくなったように思います。

d0330311_8473687.jpgもう ちょっと
もう少し

秋はそこまで近づいている

と、信じたい!

だけど
今日の最高気温36℃
明日 37℃
今週は こんな調子。

d0330311_905689.jpg


2~3日前
1日を終えて
向うの山に沈む太陽
1日が無事に終わり

見上げる空には
細い月が
無事を悦んでいるのかな

細い ほそいお月様

天皇陛下も「老い」を感じていらっしゃる御様子
庶民と・・   平等に?
なんて
烏滸(おこ)がましいことか。

「烏滸」は、後漢時代の中国で黄河や楊子江に集まるやかましい人たちを指して、と語源辞典に出ていたけれどカラスも何処かの国の人も賑やかだ。語源は不明らしいが当て字かな?






[PR]
by souu-3 | 2016-08-10 09:25 | 雑記

リオ五輪

d0330311_16235344.jpg

6日は朝から大忙し!と、言ってもTVで広島の原爆の日の中継を見、引き続いてのオリンピックの中継を。
途中、暑くならない内に、いや朝から暑いけれど ここ数日午後は雨が降ることが多いので早めに買い物に行く。
d0330311_16292475.jpg

開会式はいつも その国のその時を精一杯の演出で華々しく。今度の聖火はどんなんかな?みんなの期待を裏切らない新しい試みがなされている。
今回も 昔の東京五輪で坂井青年が駆け上がったように聖火台まで一気に駆け上るのかと思いきや ちょっとユックリ あのサンバのリズムのようではないなぁと思っていたら そこから華やかな演出になっているではないか。
日本団の入場を見てから買い物に出たので 良い所もあったのだろうけれど帰ってから この聖火の場面が見られた。

途中、カンボジア国籍を取得しオリンピックを目指した猫ひろしの笑顔がTVに映し出された。目的の為 頑張る人は多いが こんな形で頑張る人もいるのだ。

いろんな頑張り方はある
d0330311_16421154.jpg

リクだって 益々調子が悪くなっている足を引き摺ってでも家の中では一生懸命歩いている。
少しは立つことも出来ていたが 最近 特に右足はブラ~ンとして全く力は入っていない。
d0330311_16482284.jpgd0330311_16483346.jpg

1日中、大方 二匹ともエアコンの効いた部屋で こんな調子だけど。

d0330311_20551169.jpg

この日は 当市の「やまとの夏祭り」があり20時から500発と規模は小さいが花火大会が催された。
d0330311_21212815.jpg
大和郡山と云えば「金魚」そんな花火も3回ほど上がったが上手く撮れず これは?ミッキーのようなネズミにも見えるが・・・
d0330311_21215025.jpg
こっちは何?まさか「筆」じゃないよね??
態々出かけるのではなく家の前でご近所さんとワイワイ楽しく見られるのも良いものだ。






[PR]
by souu-3 | 2016-08-07 05:21 | イベント

マンホールの蓋

d0330311_818217.jpg

マンホールの蓋には地域の観光名所などが描かれたものが多い。
様々なデザインの由来などを写真と共に紹介する「マンホールカード」が今春全国28の自治体で発行され 第2弾として40自治体が発行した。
この第2弾で わが市も金魚のマンホールのカードが発行された。

d0330311_819533.jpg

市の広報誌、わが市は「つながり」というが毎号、市長が「てくてく城下町」という記事を書かれている。
下水道について皆で考えるために設立された全国ネットワーク「下水道広報プラットホーム」の企画だそうで 身近にあり大切なものであるから もっと関心を持つようにと言う事だと思われる。
市役所内ではなく 少し離れた下水道推進課の窓口へ行った人にのみ無料配布されている。

暑い中、自転車で行ったが 中へ入ったのは初めてだった。
災害時に必要な物なども展示されていたので 日頃気になっていることを聞いて来た。
トイレ問題はボランティアに行った阪神大震災で感じていたが あれから21年 随分進化しているらしい。

d0330311_855424.jpg

咲き出したサギソウは日に日に数を増やしている。
サギソウ!鷺草 
d0330311_904121.jpg古い甲骨などにはないが説文解字には このように書かれている。
この鷺は路と鳥 この由来は色々あるようだ。
その由来は どれも成る程とは思うが後で付け足した感ありという気がする。
そこで・・・何度も掲載したが
d0330311_951392.jpgd0330311_952882.jpg左は「草」右は「艸」
草は 艸の俗字と言われている。
d0330311_972668.jpg
艸はたった1本なら良いが 我が家の庭のように沢山 生えるのは困る。
色々な「艸」の字がある。

『ちょっとビックリニュース』

d0330311_932643.jpg

京都四条大橋の袂にある「東華菜館」でボヤがあったらしい。 この写真は2010年に行った時のものだが 古いエレベーターは手で開け閉めするものだ。
ここの地下で爆発音があり焦げ臭いというので消防へ通報されすぐ消されたようだが 原因は「ヤモリ!!」
電気基盤に触れショートしたのだろうと言う。ボヤで済んで良かったけれど何が起こるやら!

d0330311_9102018.jpgd0330311_916105.jpg 
大阪の地下街は 梅田だけではなく心斎橋・難波も危ない!と朝刊に出ていた。
「想定外」だというが この右の写真は昭和30年代の中之島公園だ。
これを見ている者にとっては 難波だってあり得ると思う。
あの頃より地下街は 蜘蛛の巣の如くとは言わないまでも 縦横に広がっている。
少しずつ広がって行った頃から知っている者には ある程度 出口も判るけれど初めて訪れた人や外国の人は大変だろう。
大阪都構想も良いけれど「想定外」なんて気楽な事を言ってる場合ではないんじゃない?






[PR]
by souu-3 | 2016-08-04 07:29 | 文字の成り立ち・漢字

誕生の地

d0330311_617836.jpg

花も 予期せず開花して喜ばせてくれるものもあり 待ちに待ってやっと咲いてくれるものもあり・・・
このサギ草は後者だ。数年前ブロ友さんから教えられ水苔だけで栽培し球根を増やすと良いと。お蔭様で沢山の葉っぱが茂り大きくなってきた、茎も伸び始め 随分焦らされたが蕾が付いても中々開花しなかった。
やっと!やっと一輪  二輪と 咲き出した。伸びた茎は20本はある。夫々に2~3の蕾が付いている。一度には開花しないだろうから 長く楽しめるのかもしれない。

d0330311_7512182.jpg

先日来、覚えているご先祖様のことを書きとめているが 私が生れ幼少を過ごした大阪は 戦火に遭い幼い記憶とは程遠い。写真と言うのは そういう記憶を呼び覚ます材料になる。
何もかも焼けてしまった我が家に幼稚園の卒業アルバムが残っている。ちょっと不思議だが こんな砂場らしきものがあったらしい。
後に大きな屋根が見えるが広教寺(願教寺)というお寺があり 大きなイチョウの木や真宗(親鸞聖人)の銅像(場所はここだったかは?ですが)があったようだ。
d0330311_7581644.jpg

大阪での仕事の後、ここへ寄ってみる。
当時の家から それ程遠くない所に市電が走っていた。今は路面には自動車が行き交い電車は地下に。当然!市電って何年前って言われそう。
d0330311_8181998.jpg

今は こんな感じ。
我が家の後は何処?
市電の停留所は「岡崎橋」と言ったことは確か。
幼稚園の跡地らしき場所から 左程の距離はない。
d0330311_9424174.jpg
d0330311_941593.jpg

この小学校は廃校になったことは知っていたが、その一角にあった幼稚園も当然ながら廃園になっている。
跡地には 阿波座センタービルが建っていた。
当時、大阪市西区には 16の小学校があったが現在は8校らしい。この辺りは業務ビルとマンションばかりだが 入居された人たちが高齢になり若い人と入れ替わり小学生が増えていると そこに住む友達は言う。
ここへも その友達が一緒に行ってくれたが その友とは母親同士が同じ小学校に通っていた。母を通じての友達ではない。「世間は狭い」判った時には驚いた!

d0330311_856163.jpgこのビルの前には薩摩堀公園があった。
この公園は1953年(昭和28年)に出来たらしいが公園内には皇紀2600年記念の「八紘一宇」の石碑があった。 戦前に地区内のどこかの公共空間に置かれていたものが、公園整備後に移されたのではないかと言われる。
薩摩堀は、江戸時代のはじめに豪商・薩摩屋仁兵衛が開削した堀川で、ここには薩摩からの船が出入りし、堀端には南国物産を扱う商家が並んでいたそうだ。
現在は全て埋め立てられているが堀川が巡らされ、船運が主体の町で四国との行き来が盛んだったとずっと以前講演会で聞いたように思う。

三菱商事、東京三菱銀行、日本郵船などの業務は西区から始まったそうで「三(みつ)」の字は大阪西区の3本の川に由来するようだ。
土佐堀、江戸堀、京町堀、阿波掘、薩摩堀、立売堀(いたちぼり“いたち”は伊達藩の読み替えとも)長堀、堀江、道頓堀など「堀」の付く地名がある。






[PR]
by souu-3 | 2016-08-01 10:39 | 大阪・京都
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31