玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

3月

d0330311_5343294.jpg

先日、こんな新聞広告が目に留まった。
あれから50年、この日の事 よ~~~く知っている。大阪・キタの堂島に地下街が出来た日。
恐ろしく月日の経つのが早い!


2日置きに書いた3月のブログもネタ切れ!
3月はお葬式に始まりお葬式に終わった。義理(夫の妹と姉の夫)とは申せ兄弟姉妹とのお別れの時期になった。
明日からの4月は気持ちを切り替え前へ歩みたい。







[PR]
by souu-3 | 2016-03-31 05:32 | 雑記

朝ドラ 最終週 &お城まつり

d0330311_8533329.jpg

d0330311_993575.jpg


TV番組を見ていても 年度末だなぁと思う。
アナザーストーリー 「あさが来た」という放送があった。
去年 見に行った肥後橋の会社で開催された=大同生命の源流"加島屋と広岡浅子”=でも当時の活躍ぶりが判るようになっていたが あの時代に女性がよく頑張ったものだと思う。

その広岡浅子さんがモデルでもある「あさが来た」が今週で最終回を迎える。
毎日見ているものが終わるのは いつも寂しい気持ちではあるが そんな事を繰り返し又次の朝ドラに熱中している。

d0330311_1964297.gif


郡山城で開催中の「お城まつり」は期間中色々なイベントがある。27日は「時代行列・白狐渡御」
源義経や静御前、戦国武将も登場する「子ども時代行列」や昭和初期からの伝統行事である白狐渡御は 子どもたちが、白衣に狐の面をつけて練り歩く。
源九郎稲荷神社から白狐ばやしに合わせて市内を練り歩いた。



30年以上も前になるが 我が子も白狐のお渡りに出たことがある。


d0330311_197232.gif



新聞に掲載されていた「脳トレ川柳」

啓蟄や共に私も外へ出たい 99才
めがねふくあしたが見たい日の恵み 95才
留守居婆隣の婆と桜餅 101才

御長寿3人娘が詠んだ川柳を選んでみました。雨の日は家で川柳を作り、晴れの日は外に出て体を動かし、人と会うことです。と、講評にあった。

この中でも「留守居婆隣の婆と桜餅」が好きだ。
私も101才になったあかつきには お隣さんと桜餅を食べられるようでありたい。\(*^▽^)/★*☆♪







[PR]
by souu-3 | 2016-03-28 06:09 | 雑記

お彼岸さん

d0330311_10113471.jpg

お彼岸も過ぎ 奈良も桜の開花宣言が出された。

d0330311_1012439.jpg

市内のお寺の彼岸会に桂文我さんが来られるというので ここのお寺とは何も関係ないがお邪魔した。
d0330311_10143086.jpg

光慶寺(額には光慶精舎)という浄土真宗の立派なお寺だ。お寺の前はよく通るが中に入ったのは初めて。
彼岸会法要であるから 念仏偈-真宗宗歌ー法話ー落語ー恩徳讃と進められた。
我が家は真言宗だから「南無大師遍照金剛」であり実家は浄土宗だから「南無阿弥陀仏」なんだけど このお経は久しぶりのような気がした。

不謹慎かもしれないが落語目当てだった。
d0330311_10304452.jpg

文我さんの落語は20年余り前、雀司時代から何度も聴きに行った。大変な勉強家だと思うが その日の来客に合わせて演目を考えるという。まくらで住職さんとの会話もあり このお寺が秀長時代に出来 郡山の2度の大火にも遭ったことなどを聞きだし話は進められた。
「算段の平兵衛」と「はてなの茶碗」を続けて演じられた。どちらも米朝師匠を思い出す。

郡山の落語もあるらしい。が、怪談話だから夜の方が良いと。いつか聴いてみたい。

d0330311_10513847.jpg


d0330311_1412216.jpg
d0330311_1421657.jpg

先日、TVで「而今」が話題になっていた。

「而今」
今、この一瞬というほどの意味のようだが 最近、この一瞬を大事にしていきたいという気持ちが強くなった。
余命がどれほどか判らない、病に怯える人が身近にいると気になる。他人事ではない。一瞬、一瞬を大事にしたい気持ちになる。
そうかと思うと  而今は「にこん」とも「じこん」とも読まれているが「ニコン」といえば・・・
「キャノン」が思い浮かんだ。
気楽だとお思いでしょう?
キャノンの名前の由来は 何故か60年も前に亡父が「観音」だと言った。 創業者の吉田五郎氏が、信仰していた観音様から名付けられたらしい、35ミリカメラを「KWANON 1号」と名づけたことにはじまり「CANON」として商標出願したそうだ。
そこで ニコンも?
と、思ったが、日本光学の略称「Nikko」が元になっているそうだ。

而 d0330311_13461062.jpg頭髪を切って、結髪をしない人の正面形。雨乞いをするときの巫女(ふじょ)の姿、
この字の上に 雨冠を付けると
「需」雨を需(もと)め、需(ま)つことを示す字、濡・儒はその系統の字である。

d0330311_1352230.jpg
蓋栓の形であるが、その意味に用いることはなく、時の今昔の意味に用いる。このような使い方を「仮借」の用法という。
d0330311_1424985.jpg
郡山城の桜は 今年いっぱい天守閣石垣の工事で 随分桜の木が伐られた。
満開になっても ちょっと寂しいかもしれない。

例年、線路脇の枝垂れ桜が満開になり お城周りのソメイヨシノが咲く。
今年は中の桜が早かったのか 枝垂れ桜が遅かったのか?

粗、同時進行のような気がする。

寒暖の差があり また、寒の戻りのようで 満開までゆっくり楽しめそうな今年の桜。

さぁ どんなお花見が出来るのやら?









[PR]
by souu-3 | 2016-03-25 06:07 | 奈良

エベレスト・神々の山嶺

今月は是非観たい映画が2本、同じ日に封切られた。

d0330311_16193542.jpg


大昔、山が好きだった。
と、言っても日本アルプスも白馬岳から唐松岳へ登ったくらいで 毎週六甲山に登っていた程度だが 当時は山の映画がよく封切られたので それで我慢という感じだった。
あの頃は お茶会に着物を着て出掛ける時とリュックを担いで出かける時の母の顔つきが違っていた事を 感じながら・・・我慢をしたのではなく登れる実力がなかったのだ。

d0330311_16273481.jpg

中国へ行くことが多くなった2001年 雲南へ行った。この写真は集合写真の表紙にあったものだが・・・・

d0330311_1630633.jpg

こんな山に登った。
一歩一歩歩いて登ったのではなくバスとロープウェイで 4506mへ。
2000m辺りで みんながゆっくり歩くので「メンドクサイなぁ」なんてセッカチは階段を駆け上がった。
息切れがして初めて酸素が薄い事に気が付く。日本で酸素ボンベを購入して行ったが空港で没収された。ここからまだまだ高所に登るのに。
玉龍雪山は5596m ここはまだ未踏峰。梅里雪山は6740m。
d0330311_1632945.jpg

北半球で最も南に位置する氷河だが 氷河の色の美しさは一生忘れられないだろう。

この梅里雪山より 更に高い8,848 mのエベレスト
そのエベレストで撮影された映画。
スタッフ・キャストが標高約5200メートル地点まで登り、氷点下の気温の中、呼吸をするのも大変な地上の空気半分の山。そこまで行くのにも空港から10日もかかる現地での撮影は大変だったようだ。
その大変さが伝わり迫力満点、感動の映画だった。
暖かい座席に ゆったり座って見せてもらうのが悪いような気さえする。些か疲れるほど力が入ってしまったが良い映画だったと思う。






[PR]
by souu-3 | 2016-03-22 05:13 | 雑記

部首

d0330311_13471161.jpg

毎朝のウォーキングコースである佐保川の堤防のミモザが満開である。
d0330311_1349846.jpg

イタリアでは「ミモザの日」というのがあるらしい。
男性が日ごろの感謝の気持ちを込めて、妻や恋人、身近な女性にミモザの花を贈る習慣があるそうだ。
家事や育児から解放され、夜遅くまで女友達との食事やおしゃべりを楽しむ日なんだそうだけど いつかこんな日が日本でも流行るだろうか?
願わくば なるべく早く そんな日が来るように。

d0330311_15542219.jpg
散歩から帰ってきた夫が こんな花を手に・・・
公園では開花したらしい。

春!
はる
ハル

もうそこまで春が来ている


d0330311_14174024.gif


6月の展覧会の作品が粗、出来上がり その次、いや更にその次の作品を準備しようと本を読んだりネットで資料を集めたり・・・
そんな先まで?と思われるだろうが この夏には何時も頼んでいる表具屋が廃業することになり それまでに小さい作品なら仕上げておけば良いかと思っている。
40年も付き合った所なので ツーと言えばカーと通じ思うように仕上げてくれる。無くなると不便だ。

調べていて・・・
部首のことが気になった。

長年、使っている字書。今更!と思われるかもしれないが。
「慶」の部首は?
「聞」は?
は广(まだれ)ではない。心の部にある。も鬼が部首だ。
は門ではなく耳に・・
部首は 私が愛用する字通に214部首、康煕字典と同じである。
ある程度 覚えるしかないのかもしれないが 五万字(康熙字典)に近いとも八万五千字(中華字海)とも言われる漢字。 日本で認めている漢字でも、1万7千字だと言う。
これだけの漢字を把握するのは大変だ。
その部首が もっと判り易く分類されると字書を引くのも楽しく 楽になるのではないだろうか?







[PR]
by souu-3 | 2016-03-19 05:45 | 文字の成り立ち・漢字

アラハン

アラハンとは「アラウンド・ハンドレッド」つまり100歳前後の高齢者のこと。
d0330311_11205666.jpg先日、TVでも紹介されていたが 100才前後の方で活躍されている人が結構いらっしゃる。
この本の著者 篠田桃紅さんも103歳。
1冊目の「103歳になってわかったこと」はベストセラーになっている。その後に出た「103歳ひとりで生きる作法」を購入した。
1冊目の方には「人」は支え合っているとは言うが古代文字を見るとひとりだと。古代の「人」は一人で立っていた。
元々は書家であったと記憶しているが現在の作品は書ではなく墨による抽象画である。
齢と共に線は頼りなくなるが この年齢でこの線が引けるのは健康でもあるからだろう。
「私は初めから自分が全知全能だなんて思っていない。出来ないのが当たり前だと思っている。優れているとは思っていないが劣っているとも思っていない」この気持ち絶対大切だ。
「私などは 生活上、人の役にも立たないことをやってるのかと考える事もしばしばで どれだけ墨を無駄にし 紙を無駄にし・・・」ほんとに本当に その通り 同感だ!


アラウンドは、……前後、およそ……ごろの意味。
①「アラハタ」・・・ティーンエイジャーのうち15歳以上、24歳まで (Around20)
②「アラサー」・・・25歳以上34歳まで (Around30)
③「アラフォー」・・・35歳以上44歳まで (Around40)
④「アラフィフ」・・・45歳以上54歳まで (Around50)
⑤「アラカン」・・・55歳以上64歳まで (Around還暦)
⑥「アラセブ」・・・65歳以上74歳まで (Around70)

d0330311_6151058.jpg

大阪環状線・桃谷駅近くに こんな桜が咲いていた。
ヤマザクラだろうか?赤茶けた葉っぱも出ている。

d0330311_6153569.jpg

また、この近くに豊川稲荷大阪別院・観音寺(堂ヶ芝廃寺跡)がある。
豊川稲荷は神社ではないが商売繁盛の神として知られており境内の参道には鳥居が立っている。
狛犬さんならぬ 狛狐が大きい。阿吽の阿のお稲荷さんが笑っているように見え 思わずこちらも笑顔になる。

d0330311_615501.jpg

ここの桜も こんなに膨らんでいた。(3月13日)
何時咲くのだろう。








[PR]
by souu-3 | 2016-03-16 09:22 | 雑記

サラリーマン川柳

d0330311_12563152.jpg

修二会のクライマックス12日。今年は土曜日で大混雑(東大寺発表2万4千人)だろう。
朝は霜が降り辺りは真っ白だったが快晴になり、花も犬も陽光を楽しんでいる。

d0330311_135525.jpg

眩しい!

お水取りの間、こんなに暖かいのは珍しいのでは?
ずっと以前、お水取り大好きだった友が カイロを一ぱい身に着けて一晩頑張った。
あの友も昨年 天国へ旅立った。この時期になると・・ イヤ何かある度に思い出す。思い出をいっぱい残してくれた。

d0330311_13123390.jpg

6月の展覧会ではあるが 事情があって早めに書き上げたいと このところ、早朝に書いている。
書く文を決め、構想を練り 今は仕上げ段階だ。
日本書紀から書くことは2月28日に掲載したが その部分よりやや多くした。

d0330311_17362931.jpg

d0330311_17365184.jpg奈良の記紀万葉プロジェクトは2012年~2020年を3つのフェイズに分けステップアップしていく目標設定になっているが 今年 古事記から日本書紀へと展開されている。
古事記は「古事記かるた」が作成されたが 日本書紀は「すごろく」が作られた。
早速 購入してみた。
勿論、子供も親しめるようにということではあるが 大人も難しい本を読む前に こうして親しむのも良いかもしれない。

ーイザナキ イザナミの国生みー
ー天岩戸神話と八岐大蛇退治ー
ー 「宝ものをあつめよう」ー
ーヤマトタケルの九州遠征・東征ー
ー大王たちの古墳ー
ー聖徳太子なりきりー
ー大化の改新リアル体験ー
ー壬申の乱対決ー
ー藤原京と日本書紀づくりー
の8つのすごろくがある。


d0330311_17143298.gif


〇〇生命が募集している「サラリーマン川柳」いつも乍ら面白い。

サラリーマン川柳 
39,551句の中から選ばれた100選の中から 気に入ったものを・・・
 
「福沢を 崩した途端 去る野口」
ホンに!ほんに お札は崩したくないけれど 羽が生えて飛んでいってしまう。

「辞書にない 難読難解 生徒の名」
最近 子供の名前は読み難い。競書に出す子供の名前を校正するのは大変。

「キャラ弁が 恥ずかしすぎて 外で食う」
折角、可愛いお弁当を作ってるのに・・・
お父さん!恥ずかしがらないで召し上がれ。

「カーナビよ 見放さないで 周辺で
そうですよね。近くまで行ってるのに 判らない?!

「自撮りした 写真見るのも 自分だけ」
う~~ん

「じいちゃんが建てても孫は ばぁちゃんち」
「何作る?今では俺から 妻に聞く」
「馴れぬ家事 夫にあげたい 努力賞」
「マイナンバー国より厳しい 妻管理」


女が強くなったのか、男に威厳がなくなったのか?
昔のお父さんは堂々としていたなぁ

日本男児は表現が下手なのか?
そりゃァ 「I LOVE YOU」なんて今更言われると「何か企んでるのか 悪いことした?」いや、死期が近いのか!なんて思ってしまうだろう。

12日封切られた「家族はつらいよ」

d0330311_1915512.jpg2013年に見た「東京家族」と同じ配役の映画、
近くの映画館には上映時間15分前に家を出るが殆ど思うような席に座れる。が、これは既に満席に近く夫と並んで座れる席は端っこだった。
それだけのことがある楽しさだ。我が家でも こんなことがあっても不思議ではない。極々身近なストーリー。
他人事には思えない。あっちこっちから笑い声も聞こえてきた。 久しぶりに楽しい映画だった。







[PR]
by souu-3 | 2016-03-13 05:55 | 雑記

賑わう奈良町

d0330311_5454377.jpg

いつものように犬のカテーテルを獣医さんへ貰いに行く前に銀行へ寄り 夕方の診察時間まで奈良町をぶらり。
行く度に店が増え賑やかになっている。
平成27年4月にオープンした築100年の町家「にぎわいの家」へ。
和室、茶室、蔵、通り庭、中庭、庭園を見ることが出来る。 延床面積 398.77平米。
d0330311_665518.jpg馬酔木が満開になっていた。

三つの座敷にある夫々の床の間、その内の一つ(1枚目の写真)には床框に神代築巨木が使われ 床柱は東大寺大仏殿昭和大修理屋根材を使用。特に目を引くのは 脇床前柱に二月堂だったん松明が使われていることだろう。
玄関先や庭にあるお松明は よく見かけるが床の間というのは初めて。
こんな使い方も出来るのか?
他に春日杉、桂神代吉木、西大寺欅吉材、などが使われている。
特に説明を聞いてこなかったので勝手な想像だが
100年前のままではなくリフォームされたのだろう?
ここでお茶会や竈体験、講談など色んな催しがあるようだ。

賑わい過ぎると奈良らしくなくなるが あっちこっちで色々新しい事が始まっている
奈良も確実に「動いている」
そんなことを感じる。

d0330311_913273.jpg


座敷の廊下から 離れへ続く この庭の眺めが私はお気に入り。
ここで ゆっくりしていたい そんな衝動に駆られる。







[PR]
by souu-3 | 2016-03-10 05:39 | 奈良

ポケットに奈良

d0330311_13221575.jpg
d0330311_13231741.jpgいつも この時期の奈良は底冷えがして
「もう少し!」と・・・
我慢の頃なのに 今年は暖かい。

この暖かさも2,3日

やっぱり
繰り返し

d0330311_13334717.jpg庭の花も咲き 蜂も蜜を吸うのに夢中だ。

毎朝、姿は見えないけれどウグイスの声が聞こえる。
日一日と上達するのが感じられる。

引き締まるような冷たさも悪くはないけれど 草も花も鳥も喜んでいるのを見るのは良いものだ。


d0330311_133847.jpg



先日、ブロ友さんにこんな冊子をもらった。

d0330311_13411946.jpgd0330311_134133100.jpg

知っているようで知らないのが住んでいる近辺かもしれない。
クイズ形式になっていて144問
正解は?2割もあるかな?
知っているけれど名前が出てこないなんてのも イッパイ!
唯、大和郡山市の問題8問は全問正解!
ヤレヤレ!!
1、片桐石州が父の菩提を弔うために建立したお寺
2、郡山城の主は?その人の墓所の名称は?
3、天空の守護神が御祭神である神社
4、「元の木阿弥」の語源でもある大名の名前
5、日本書紀の無事完成を祈願するために建立したお寺は
6、稗田阿礼の出身地であり阿礼を祀る神社
7、県の魚は鮎、アマゴ さてもう一つは?
8、平城京羅城門から藤原京へ南進していた幹線道は何と呼ばれていたでしょう?

答 (クリック!)
[PR]
by souu-3 | 2016-03-07 14:13 | 奈良

早春譜

d0330311_6104269.jpg


 春は名のみの 風の寒さや
  谷の鶯 歌は思えど
  時にあらずと 声も立てず
  時にあらずと 声も立てず 

d0330311_6131134.jpg
3月3日 お雛様の日
JR郡山駅前にあるグランドサンピア奈良のチャペルで 
~音deつなぐ 大和な雛まつり~のイベントが開催された。
いつも私が聴かせてもらうのはホールであるがチャペルでは随分雰囲気が違う。
1曲目の「ハレルヤ」素晴らしかった。動画は ここに 

このJR郡山駅は 大和郡山市にあり福島県にも同名の駅がある。駅はこちらが古いと聞くが「(関)郡山」福島県は「(北)郡山」と区別されているようだ。

アベマリア、フォスターメロディー・夢路より、草競馬、懐かしのケンタッキー、夕焼け、聞こえる他
最後に会場の人も一緒に 早春譜を。
季節にぴったりのこの時期に 懐かしいこの歌声は遠くまで響いたことだろう。


d0330311_7321552.jpg

福島県郡山市と違い小さな城下町である大和郡山の駅は古いものだったが 数年前橋上駅になり東出口が出来た時 このオーベルジュホテルといわれるこじんまりしたホテルとスーパーマーケット、マンションなどが出来た。
そのホテルの中にソフィ・バラ教会がある。

2月20日から開催されている「大和な雛まつり」このホテルにも展示されている。
d0330311_89419.jpg

d0330311_810573.jpg








[PR]
by souu-3 | 2016-03-04 08:17 | イベント
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28