玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

思いがけないこと

d0330311_5443277.jpg

d0330311_5451173.jpg
本薬師寺に咲く ホテイアオイ
午後、訪問した時は西日が射し逆光であったが 午前中に行かれた方が画像を送って下さったので差し替えることにした。
花の向こうに見える山は 大和三山の 
一つ 畝傍山である。
平城遷都に伴って寺は伽藍ともども西の京へ移築され、本薬師寺(もとやくしじ)と呼ばれるようになった。


d0330311_5543391.jpg

晴天に恵まれた土曜日の午後、橿原神宮にある奈良縣神社廰で大和学講座・神々の世界を学ぶの3回目『日本人の心のルーツ「古事記」と語り部の里「稗田」』が開催された。
d0330311_1113824.jpgこの催しのことは知らなかったが 予定をしていた方が行けなくなったので 私が行かせてもらうことになった。
d0330311_1142619.jpg

講師は賣太神社の禰宜さんである藤本眞喜子先生。
講演の30分前には殆ど会場いっぱいになるほどの盛況ぶりである。開会時間には いつものにこやかな眞喜子先生が入場された。

壬申の乱で勝利を治め即位された天武天皇が 帝紀と旧辞(くじ)の誤りを削り真実を定めて記録し 後世に伝えようと稗田阿礼に誦習されたという。その後30年が経過して元明天皇の御世になって太安万侶によって記録された経緯のある「古事記」は 漢文体では日本の古代を語ることはできないと生訓字(せいくんじ)と仮名に分けて使う 変体漢文体(倭文体)で書かれた。
冒頭の「天地初發之時於高天原成神名天之御中主神=訓高下天云阿麻・・・
「天地(あめつち)初めて発(おこ)りし時に 高天(たかあま)の原に成りませる神の名は 天之御中主の神=高の下の天を訓(よ)みてアマといふ」と態々読めるように記されている。

稗田のこと、賣太神社のことは ここでは省略するが 神社庁の方が「阿礼さまが男性か女性か」とはよく言われるが そんな話も出るかもしれないと挨拶で言われたのを受けて。
正直、今の時点では判らないが 女性だといわれるのは 話をするのはおばあさんが多いこと、神楽を舞うのは女だからという説。男性だといわれるのは 文章の中に「舎人あり」と書かれている、舎人は男性であるからという説があってどちらとも言えない、と。

また、「国生み」の語りがあった。いつもながら美しく優雅な読みにウットリしながら聞き入った。

この帰り、元薬師寺のホテイアオイを見に寄ってもらえた。この日は思いがけず聞くことが出来た講演会に思いがけないお花まで見ることが出来た。
d0330311_1732441.jpg

d0330311_1725028.jpg去る7月2日、うねび北小学校の生徒たちが 泥んこになって植えたホテイアオイが 丁度満開になった。
景観美化のため地元農家らでつくるまちづくり団体が 1999年から休耕田約1.4ヘクタールで栽培。今年は 約1万4000株の苗を植えたものである。

丁度、見ごろかと思われる薄紫の花は西日に照らされ美しい。
彼岸花は盛りを過ぎていたが 柿の実がたわわに実り色付き始めている。

春の花も良いが 秋もまた楽しい。



d0330311_16572932.jpg

翌 28日は奈良大学の上野誠先生の「大津皇子と二上山」の講演があった。
d0330311_1659065.jpg  伊勢神宮の斎宮であった大来(おおく)皇女は弟が罪を犯したことから任を解かれ都に戻っていた。その大来皇女の歌
「うつそみの人にある我や 明日よりは二上山を弟背と我が見む」
この世の人である私は明日からは もはや、二上山を弟と思って眺めていこう
大津皇子は二上山に葬られた。
「うつそみ」は「うつし(写)とおみ(臣)」
1時間の講演は あっと言う間である。

上野先生の新刊本に この「うつそみの人なる我也」と書いて下さった。

この本は眠くなるので不眠症の人が読むと良いなどと先生らしい冗談を仰っていたが プロローグに 折口先生への問いかけとして「まれびと」とは何か等々 まだ読んでいないが中々面白そうである。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-28 17:22 | イベント

苦難さる

d0330311_1952015.jpg

朝から青空が広がり 気持ちの良い気候になった。
何処からともなく金木犀の香りが・・・

d0330311_19532594.jpg

佐保川の鴨や川鵜、鷺たちを眺めながらのウォーキングの足取りも軽い。
昨日は夜中に降った雨で 水嵩が増し いつも川の中で魚を狙っている白鷺が岸に上がっていたが 今朝は早くも満腹なのか みんなノンビリしている風だった。

d0330311_2004046.jpgフウセンカズラが すっかり茶色くなり種がしっかり出来てきた。
今年はあまりにも沢山出来過ぎて こんなに要らないなぁと思っていると・・・
種を欲しいという人が居た。

幾らでも持って帰って!


これは
きっと
「あれ」を作るんだろう。

やっぱり

d0330311_20855.jpg





フウセンカズラの種は 白と黒で可愛い!

これを顔にして
「さる」
9つ並べて 苦難猿

南天の木に乗せて
「難を転じて 苦難去る」

d0330311_20122751.jpg

数年前、これを戴いて玄関に掛けている。

だから

今日まで無事に過ごしてこられたに違いない。

d0330311_20381416.jpg

数年前、山の辺の道を歩いた時、途中のお寺で花の手入れをされていた方に戴いた花が 今朝初めて咲いた。
何とか芙蓉と聞いたように思ったが 名前が判らない。
又、またネットのお世話になった。書き込んで20分ほどで数年の悩みが消え、教えていただけた。
d0330311_20394299.jpg

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)別名を高砂芙蓉というそうだ。
花の裏に筋があるというので見に行ったら 暗くなって花は開いていなかったが この通り。
「南米原産、本来は草本状低木の園芸用花卉です。寒さにも比較的強いので 道端、空地などに野生化しています。名前の矢の根梵天花は葉がやじりのような形をしていることに由来しています。花は白色で、中心部は濃い赤褐色をしています。花は一日花です。タカサゴフヨウの別名もあります。ムクゲに似た花です。 」とあった。
主人が「ムクゲに似ている」と言った通りだ。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-26 20:17 | 雑記

彼岸の中日

d0330311_8541057.jpg

「地球が秋分点を通過する日、黄道と天の赤道との2つの交点(分点)のうち、黄道が北から南へ交わる方の点のこと」を秋分点というとネット検索すると 余計ややこしくなるけれど要するに今日はお彼岸の中日、秋分の日である。
d0330311_8581894.jpgこの秋分の日は 殆どが9月23日であるが、1979年は9月24日で 22日となったのは2012年で116年ぶりだったらしい。
9月24日が秋分となるのは、21世紀中は一度もなく、22世紀も2103年と2107年の2回だけなんだそうだ。

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」の修行をする事で「悟りの世界」すなわち「彼岸」の境地へ到達することが出来るというものだそうだ。
彼岸の期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていた。と、これもネットに書かれていた。一応、忘れないように記しておこう。
d0330311_9221131.jpgお墓詣りも良し、運動会も良し、という気候であるが 我が家の寒がりさんは この通り⇒

例年より早めの秋の到来に合わせて 夏物の片づけ、秋冬の準備を始めた。
朝晩の温度と日中の温度差には 合わせ難いものがある。

郊外に住んでいると 遠くに出かけなくっても秋の花々とのふれ合いがある。
d0330311_928153.jpg

d0330311_9284176.jpg

d0330311_9285538.jpg

環濠近くには彼岸花が、通る道には萩、堤防には葛が咲き
d0330311_9442245.jpg

庭の青紫蘇、赤紫蘇にも花が付いてきた。

d0330311_946425.jpg

朝顔を植えた鉢に ちょっと違った芽が出て夏中伸びる!伸びる どこまで伸びれば気が済むんだろう?
花芽かと思うと また新しい芽が伸び出す。
ず~~と何だろう?と思いながら そのままにしておいたら秋になって 花びら5枚の星形をした花が咲いた。
葉っぱと花を切り取って誰か名前知らない?と聞いた。この切り取った時、匂いはないが乳白色の液が出た。これって又、毒があるのかな?
やっぱり ここで聞くに限る。 何の草花?掲示板
早いんです。教えていただきました。

「ガガイモ」
乾燥した葉、茎、種子を滋養強壮に用いる。生の茎葉や生果の汁を、解毒、腫れ物に、外用で患部に塗布したり 白い汁は、イボやヘビ、虫刺されに患部に塗布するらしい。また、種子の毛を傷口の止血に用いるらしいのに 葉や茎は有毒だという。 油いため、煮物にも使える。
食べることも出来るのに 薬にも毒にもなるという事なのか?
小心者の私は「毒」と聞くと使う?食べるなんてもっての外だけど 実が出来、種が出来るらしいので もう少し観察してみよう。

古事記に このガガイモが出てくる。
上つ巻「大国主神」=少名毗古那神=
故大國主神坐出雲之御大之御前時自波穗乘天之羅摩船而内剥鵝皮剥爲衣服有歸來神爾雖

故(かれ)、大国主神、出雲の御大(みほ)の御前(みさき)に坐(ま)す時、波の穂より天(あめ)の羅摩船(かかみふね)に乗りて、鵞の皮を内剥(うつはぎ)に剥ぎて衣服(きもの)に為(し)て、帰(よ)り来(く)る神有り

「天(あめ)の羅摩(かがみ)の船に乗りて」のかがみはガガイモのことである。果実のサヤに乗って小さな神様が来たとされていている。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-23 10:45 | 雑記

郡山城天守台発掘調査説明会

d0330311_1728832.jpg

6月の説明会から3ヵ月。天守を支えた礎石群が23石 東西方向に列状に3列見つかった。礎石がない位置には根石が残り1列に12~3石あったことが判った。 南北18m、東西15mの5階建て相当の建造物が想定される。その説明会が19日、20日に開催された。
d0330311_17475861.jpg

天守台まで上って発掘の様子を見学、上記の礎石などを目の当たりにし良好な状態で残存しているのを見ることが出来た。雨が降っても上手く浸み込んで雨水は溜まらないそうで この天守台の下はずっと石が敷かれているのか?明治時代に修理されたであろう周りのコンクリートらしき部分を取り除くと石垣が崩れる恐れがあるとの説明だった。
d0330311_19421858.jpg付櫓の地階石垣は広さの割に深く 下まで掘り下げることは出来なかったようだが その部分に入口があり 更に南から出入り出来るようになっていたのではないか。 その延長線の石垣には継ぎ足したと思われる部分がある。
現在 上り下りしている東側の部分(階段)は明治以降に付けられたものである。
天守と付櫓の連絡部の構造は不明。

北側には 城壁や城のまわりの土手の内側に設けた通路である武者走りがあった。


2枚目、3枚目の画像は説明会資料で 石垣部分は撮ってきたものであるが これまでこの前を何度通ったことか?こんなにはっきりした継ぎ目にも気が付かなかった。
説明を聞かなければ 何も判らない。知るって面白い。


d0330311_20225067.jpg

天守台上面に再建や修復の痕がないことから16世紀末の築造と判明した。

d0330311_203816.jpg

付櫓から出土した「金箔を使った瓦」
これは豊臣家に近い城のみで使用を許されたとされるが初めて見つかった。ちょっと小さいもので拡大鏡を通して この通り。

この日 TV局も重いカメラを・・・
d0330311_20254520.jpg

8Kくらいだと言われていたが ちょっと提げてみたが とても重かった。重労働だ。
この後、発掘を見ての感想をインタビューされた。上手く喋れなかったし「ボツにしてね」なんて言うまでもなく 1,2分の放送には全く登場しなかった。

 
また、
d0330311_2027285.jpg

小学校の頃、お稽古に来ていた子が こんなに成長して頑張っている。
すっかり成人して顔は判らなかったが名札で判り、声を掛けた。こういう再会は本当に嬉しい。

天守台から 
d0330311_20323612.jpg

大仏殿なども見えるが この日は東にイオンモールが。その右手マンションに遮られているが「この辺りに」(マンションの向こう側)我が家がある。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-20 00:26 | 奈良

女王卑弥呼・崇神天皇の陵墓

つい先日、仲秋の名月を愛でたように思うのに今朝の空には三日月が輝いている。
d0330311_518438.jpg

元興寺文化講座・秋季の講座が始まった。9月から12月まで 崇神天皇、日本武尊、神功天皇、仁徳天皇の陵墓の話である。
d0330311_526818.jpg今回は卑弥呼・崇神天皇の陵墓。
今回の資料の1ページ目は倭人伝[三国志魏書東夷伝倭人條(宋紹煕刊行)]で 当時、日本列島にいた民族・住民の倭人(日本人)の習俗や地理などについて書かれている。
当時の倭(後の日本)に、女王の都する邪馬台国を中心とした国が存在し、また女王に属さない国も存在していたことが記されており、その位置・官名、生活様式についての記述が見られる。また、当時の倭人の風習や動植物の様子が記述されていて、3世紀の日本を知る史料となっている。
可なり、詳しい記述があるが 解読には時間が掛かるので 卑弥呼のことが書かれている部分を主としての説明であった。
箸墓古墳に付いては シンポジュウムなどでも議論されているようだが 箸墓古墳に葬られているのは卑弥呼なのか?後継者の女王・台与(とよ)なのか?
箸墓古墳は埴輪の形状などからも 大型前方後円墳として最古のものと言われている。出土の鏡などの説明があった。
講師の水野先生は 文化財研究所の所長であり 発掘現場の立場での判断であろう。
箸墓は大坂山(大阪・柏原の国分の山(芝山)、亀の瀬の山の石を運んで造られたという。
国分や亀の瀬、箸墓の巻向、そう遠くない地のことで 話が判り易く面白い。

=贅沢=
[PR]
by souu-3 | 2014-09-18 06:18 | 奈良

板絵神像&桂文枝独演会

d0330311_13335678.jpg
d0330311_13341694.jpg薬師寺南大門を出た南に薬師寺を守護する休ヶ岡八幡宮がある。
社殿の西、前庭の西側にある座小屋は社殿とほぼ同じ時期の建物で、中世に始まった宮座が受け継がれている貴重な歴史文化遺産である。
寛平年間(889~898)に大分県宇佐神宮から現在地に勧請されたもので その脇殿に伝わる「板絵神像」は国立博物館に預けられているが、文化庁が復元模写したものを一般公開された。

14日は秋季大祭が開催され、今年はその日に合わせて座小屋「板絵神像」が初公開された。
この板絵は地元の22柱の男女の神々が 八幡大神をお迎えしている構図で やまと絵の技法で描かれている。
縦51㎝、横191.5㎝の板6枚に22柱(女神像6柱)が描かれ その背後には紅葉や松、柳、藤などが描かれている。

この日は大祭が厳かに執り行われ、子供たちによる奉納相撲がある。
d0330311_14102481.jpg

d0330311_14103964.jpg


その後、この板絵が一般公開された。
d0330311_14114236.jpg

d0330311_14115655.jpg

例に依って ゆっくり出来ないので 横からガラス越し(公開時はガラス戸は開けるそうだが上には上れない)に写真だけ撮ってきた。
実物は剥落や退色が進んでいるようだが 永仁3(1295)年の絵師法眼堯儼(ぎょうごん)が描いた当時の鮮やかな色彩で復元されたものだ。

d0330311_14242599.gif


この前日 13日、大和郡山では三枝時代から13回目となる桂 文枝独演会(師匠のブログにリンク)が催された。
d0330311_14262761.jpg
13回皆勤賞である。
今年も一般の販売日より早くメイト会員の発売日、誰よりも早く並んで 一番前の正面(A列 14番15番)のチケットを手に入れた。
弟子の三実、三語、三扇の後、文枝師匠の落語二席「友よ」「ハワイの夜」
ウクレレ落語といわれる「ハワイの夜」はウクレレを奏でながら歌の披露もあった。

丁度、郡山城の発掘のことが新聞に載った日で 豊臣秀吉の弟、秀長の話などがあった。
こちらは今週末に 又説明会がある。

昨年、古希を迎えた師匠の落語も年寄りの話が多くなった。
川柳のことも話していたが「万歩計 半分以上探し物」「体調が良いので 医者のハシゴする」など 年齢の近い私たちには共感が持てるが 若い人にはどんな風に聞こえているのだろう?
[PR]
by souu-3 | 2014-09-14 15:32 | 奈良

54,397人

d0330311_19553897.jpg


54,397人
もうすぐ敬老の日であるが 100才以上の方が54,397人いらっしゃるという。
いつ頃だったか ご近所に100才の方がいらっしゃって 市長が態々お祝いに自宅へ行かれたと聞いたことがある。それほど珍しいことだった。
女性が47,606人(87.5%)、男性が6,791人(12.5%)
断然 女の方が長生きなんだ。外を歩いていらっしゃる方で殿方も多いとは思うが やっぱり女の人が多いのかなぁ?

先日、新聞に「年寄りの冷や水」に付いての記事が載っていた。
この冷や水は冷水か冷や水かという話だったが「年寄りの・・・」は江戸系の「いろはかるた」は戦前までは定番だったが「時は金なり」や「灯台もと暗し」に代っているという。
この「年寄りの・・・」は昔の江戸は衛生状態が良くなかったので 胃腸の弱った老人が冷たい生水を飲むのは避けた方がよいということから無謀なことの例えになったらしい。これも時代の流れで使われることが少なくなった。

d0330311_20141228.gif


d0330311_20145097.jpg

6月にグリーンカーテンにと植えた「琉球スズメウリ」
思ったようにはカーテンとしては茂らなかったが ドンドン伸び上の方に沢山の実が出来ている。
緑だったものが黄緑、黄色、オレンジ、そして真っ赤になった。
その変化が面白い。赤い実から種を取り出し 5月頃に植えれば良いらしい。
但し、根と実に毒性分があるので種を採った時は よく手を洗うようにとの注意書きがある。
あまり増やして良いものか?判らないが 今年は種を採ってみよう。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-12 20:54 | 雑記

秋らしく・・

仲秋の名月も過ぎ 今夜が満月。
d0330311_623254.jpg

涼しくなるのが早かった今秋に些か戸惑いながら・・・

先日の花展「大和未生流・いけばな展」では 撮影禁止だったが出品者が沢山の写真を送って下さった。
d0330311_6243048.jpg

その方の作品は「ブルーベリーと金茶こでまり」
食い気ばかりの私は実は知っていても こんな綺麗な葉っぱだとは知らなかった。丁度色付き初め美しい。
七日までの前期に続き 八日から十日までの後期は また違った花が活けられているようだ。
近鉄百貨店奈良店・近鉄奈良ホール
又、10月3日~8日まで近鉄上本町店・9階催会場でも開催される。

d0330311_8391175.jpg

会場には 秋らしい花が並んでいた。

d0330311_8395777.jpg

中でも 早くも色付き始めた葉っぱの色が印象的だった。

d0330311_8404414.jpg
d0330311_5524912.jpg
今夜の満月が一番真ん丸なのだろうけれど 十五夜も晴れ渡って綺麗な月が輝いていた。
設定の仕方で クレタ―まで写るようだが私の腕ではノッペリした只の丸。日の丸の色違いだ!

満月になったお月様を撮り直した。
輝いているように今度は見えない。

これでも色々替えて何枚か撮った中の1枚。
まだまだ判らない事だらけ。
だから 面白いのだろう。
思い通りにならないから
又、挑戦しようという気になる。

仲秋の8日は例年の采女祭が奈良・猿沢池の畔にある采女神社で開催される。
アイを病院へ連れて行き 大分良くなってきたので病院でならとシャンプーをしてもらった。ひと夏シャンプーも我慢させたが 診察して慎重にシャンプーをして下さると言うことだった。
これも何事もなく出来、上を向くことが辛かったのも大丈夫になったようで 痛み止めの薬の服用をしながら様子を見ることになった。
ヘルニアは線維輪に亀裂が生じ、髄核が線維輪を押し上げたり破って飛び出してしまう状態をいうそうだが ある程度は自己治癒力で症状は改善されることもあるようだ。
唯、いつどこに又出てこないとも限らないので これからもずっと見守り続ける必要があるらしい。自己の力で治るまで痛みが出ないように痛み止めの薬は当分飲ませることになりそうだ。

こうしてシャンプーしている間に三条通りまで買い物に行った、数時間後には采女祭の花扇奉納行列が JR奈良駅を出発し、猿沢池まで練り歩く。
采女祭管弦船に乗船したことも以前掲載した。

d0330311_911221.jpg

9月9日は重陽の節句だった。お月様に気を取られ菊の節句を忘れていた。菊を浮かせたお酒を飲みながら月を愛でる。なんて事が出来れば良かったんだけど。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-09 09:25 | 奈良

気になっていた事

今朝の新聞に あの広島の土砂災害で近くの学校へ避難していた人が 新しく出来た病院が移転した後 その旧病院を避難所として移転されている様子が掲載されていた。

d0330311_9413131.jpg


これを見て 私が釘付けになった先は・・・
右端のワンちゃん!
この子は これまで如何していたのだろう?
でも、家族に抱かれて一緒に避難することが出来るようになって・・・
嬉しいことだ。

豪雨被害でボイラーが故障したため入浴はシャワーだけだが、冷暖房完備でバリアフリーの配慮も行き届いているという。

このワンちゃんも辛い思いをしたのだろうけれど 他人に迷惑掛けないでお利口さんでいてね。

今回のようにグットタイミングに移転した病院は そうそうないだろうけれど 我が自治会の話し合いでは災害時のペットたちの事は中々纏まらない。1ヶ所に纏めて居れる部屋を準備して解決できる筈はない。
弱者の事も考えてほしい。

d0330311_1042126.gif


d0330311_10102821.jpg国宝 醍醐寺のすべて 
―密教のほとけと聖教―
7月から始まっていたもので 残り期間が10日を切ったが 
やっと行ける気持ちのゆとりも出来た。

丁度、友達が行こうと言ってくれたので 久しぶりのデート?
d0330311_10173575.jpg
その足で 案内を戴いた花展にも寄ってきたい。 
こんな時間を作りながら過ごせると良いなぁ d0330311_722459.jpg

ちょっぴり秋を感じる。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-06 09:57 | ペット

秋に備える

d0330311_8523254.jpg

今朝、5時半ごろ台所の窓から 又また朝焼けが見えた。
カメラを持って飛び出すと犬の散歩のご夫婦に出会った。髪の毛がクシャクシャだから逢いたくなかったが・・・
あれ!大粒の雨が降り出した。

今日もヘンなお天気なんだろうか。

d0330311_8572520.jpg

1ヶ月後にはグループ展が始まる。
朽ちた木を眺めていると 羊の身体に見えてきた。これを使って頭だけ描けば良いかな?
文字じゃないって?文字も初めは絵のようなものだった。印には肖生印というのがあり図像を刻した印のことである。
d0330311_9273684.jpgd0330311_92748100.jpg 肖生印があれば刻字もOKではないだろうか?
例によって自分流の解釈で しかも朽ちた部分を胴体にし頭の部分を線彫りにして 5分で出来上がり。
勿論、これで出来上がりではない 胡粉を乳棒で磨り潰し(膠液と混ぜ 器に入れて叩いても良い=私はこちらで何百回も繰り返す。)適当な硬さにしたもので着色したり。柿渋で木肌に色を付けたりしなければならない。
遊びが過ぎる?「楽しく」がモットーとは申せ こんな事ばかりではねぇ
はい!もう1点は真面目に書きましょう。
先日の墨型に触発され千字文から・・・
千字も書かないけれど「天地玄黄 宇宙洪荒 日月盈昃 辰宿列張 寒來暑往 秋收冬藏・・・」最初の部分から ホンの一部分ではあるが この中から抜粋して作品に仕上げようと思う。

来年は「未年」だから

d0330311_107255.jpg甲骨文字では 大方の動物は横の姿を象った文字が多いが牛と羊は正面からみた姿である。大きな角が一番の特徴であろう。
羊を部首とする漢字には 美・義・羨・羹・羞・群・等々がある。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-04 10:23 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー