玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

サクラサク

d0330311_1557567.jpg

「サクラサク」
入試に受かったわけではない。
さだまさし原作の映画でもない。

d0330311_16164769.jpg


当地では お城の枝垂れ桜が最初に咲き 暫くしてソメイヨシノが咲き出す。
今年は そのソメイヨシノも咲いた。

d0330311_16193421.jpg


なんだ!
そんな事、と言われそうだが。

d0330311_16224690.jpg


朝焼けの日は お天気が悪くなり桜は咲かなかったが その後、蕾が膨らみチラホラ咲き出したと思うと アッという間に咲いた。

明日から消費税が8%になる。
踊らされないよう無駄なものを買わない心算でも せめて2,3日は買い物をしないで済むようにし 特に犬の予防接種は済ませておきたいと早くから予定していた。
しかし、アイは体調が良くなるまで延期。リクも連れて行く間がなく ギリギリになった。
最終日の今日、リクはフィラリア抗体検査と一般血液検査(肝臓の数値が悪かった) 8種混合ワクチン、フィラリア予防の薬、フロントラインの薬で消費税は1790円、
8%になるといくらになるのか?
リクは獣医さんの餌を食べていることもあり 3月は2匹で99,295円の支払いがあった。
勿論、毎月こんなことはないが 5月までにはアイの8種混合ワクチンもしなければならない。
多頭飼いされている方は 余程セレブなのだろうか?我が家は身分不相応なのだろうか?
癒しの値段は高い。

d0330311_16571753.jpg


お城まつりにはたくさんの屋台が出る。朝早くから開店している所もあった。

この日は 公民館のロビー展の搬入日だ。

d0330311_16575554.jpg


今回のロビー展は 急に決まったので表具の間がなく 全員色紙に書き額にも入れず そのまま展示した。
貧弱になるだろうかと思ったが 何とか小さく纏まった。

お城近くにある獣医さんにリクを預け 作品の展示をして戻ると検査もワクチンも済み 待ち時間なし、すぐ連れて帰ることが出来た。時間的に上手くいった。
「サクラはサイタ」ということだろうか。






 
[PR]
by souu-3 | 2014-03-31 17:46 | 奈良 | Comments(18)

花会式

d0330311_1529125.jpg奈良にも桜の開花宣言が出された27日、薬師寺での修二会「花会式・はなえしき」に出かけた。

アイのことがあったので半分以上諦めていたが 日に日に快復してくれているので 予定通り、夫と自転車を走らせた。

サイクリングロードの桜並木は 2,3部咲きというところだろうか。
俄かに活気付いてきた。

修ニ会といえば二月堂と思われるだろうけれど 奈良の大寺が国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事である。薬師寺では旧暦の2月末の行事で 今年から日程が少し早くなった。
薬師寺修二会には十種の造花(梅・桃・桜・山吹・椿・牡丹・藤・百合・杜若・菊)がご本尊に供えられるところから「花会式」といい、最終日の3月31日の夜には「鬼追式」が催される。

d0330311_15551948.gif

薬師寺が見える辺りは 思った以上に咲いている。

d0330311_1556457.gif

薬師寺のお写経道場の前の「淡墨桜」は もう満開。淡い桜が風に揺れる。
平成10年に植えられた方は 少し色が濃く(こっちは薄墨桜と書かれている)華やかだ。

d0330311_16111228.jpg
この日は 午後1時より「焱太鼓」などの催しがあった。

日によって催し物は替わる。 人形浄瑠璃、お能、オーケストラ等がある。
行ってみたい日もあるが いつも時間のある日に出かける事になる。

人出が多く 野点席や昼食も長く並ばなければならない。
女同士で行かれている人は お喋りしながら待たれているが 夫は並ぶのが苦手。
2か所も並んではくれない。

d0330311_16243181.jpg結局、お茶席には寄らず、帰り道、和菓子屋さんで買い物をし 
一服することになる。

お昼代を浮かせようなんてサモシイ気持ちで出かけたのがいけなかった。結局 高い物になった。イヤいや美味しかったのだから良い!
こんな時間も作っておきたい。


薬師寺は次々新しいものが増える。
時々行ってる積りでも日が経っているのかもしれない。
d0330311_16492219.jpg

d0330311_16391535.jpgd0330311_16394075.jpg
玄奘三蔵院の前に「大遍覺三蔵」「大唐三蔵聖教序記」が建立されていた。
=この碑は 2010年11月大慈恩寺の釈増勤方丈が提案され建立されたらしい。高さ約3.5メートルの花こう岩製で、亀の台座に乗る。中国で製作して薬師寺に運ばれたそうだ=

玄奘三蔵院伽藍は平成3年(1991)建立され、平成12年(2000)平山郁夫画伯が「大唐西域壁画」を入魂されているが この中に大雁塔が描かれている。
西安を旅した時のことが蘇る。
今回、気が付いた この「大唐三蔵聖教序記」は褚遂良(ちょ すいりょう・初唐の三大家の一人)の書である。
これは勿論 本物ではないけれど 長年慣れ親しんだ者にとっては嬉しいものだ。
「雁塔聖教序」は、同大同型の二つ黒大理石の碑で「大唐三蔵聖教之序」と「大唐三蔵聖教序記」からなり、この二碑は、建碑当初より左右対称に並べて置くことが意図されていた。

「大唐三蔵聖教序」(序碑)は太宗の撰文で、仏教の伝来や、三蔵法師こと玄奘三蔵の功徳について述べられ、序記碑には、皇太子(後の高宗)が父太宗への理解と、玄奘の事業の意味とを述べている。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-28 00:27 | 書道 | Comments(22)

春の花 咲く

d0330311_16132793.jpg

何時の間にか 家の前の桜が膨らんでいる。
もう、間もなく開花するだろう。

d0330311_1653112.jpg



d0330311_1616983.jpg
こちらは例年、お水取りの時に四月堂に飾られる椿 二月堂の西にある開山堂の椿だ。

これが「糊こぼし」と言われているものであるが 我が家の椿と似ていないだろうか?
白い部分が違う?
椿の種類は日本産の品種だけでも2000種以上あるらしいから判らないが。

ふと、そんなことを思った。

結構、大きな花を付ける。

d0330311_16313183.jpg
     四月堂



実は 私が一番好きな「椿」は これ!
d0330311_1635862.jpg


More=アイは・・・=
[PR]
by souu-3 | 2014-03-25 17:16 | 雑記 | Comments(20)

バタバタした1日

d0330311_22352731.jpg

珍しく早朝、娘から電話が掛かった。
娘の所には3匹の犬が居たことは既にご存知の方もあるかと思うが その内の1匹アイが我が家に来て1年3ヵ月。
3匹の長女はモモといい 11歳、次女がアイで10歳、三女はビーマといい リク(13歳)と1日違いで先月誕生日を迎え6歳になったばかりだ。
その6才のビーマが 突然 天国へ旅立ったのだ。
元気だった子が突然に。

主人に その話をしていたらアイの様子がオカシイ。
何時もの元気がない。

聞かせたわけではないのに。

人間の様子で察するのかもしれない。

そんな時、散歩に行くと後ろ足がふらついている。
モツレテ居るような変な歩き方だ。
元々、ダックスはヘルニアになり易い体型ではある。

急いで獣医さんへ。
「ヘルニアだと思います」と。血液検査をし点滴と注射と朝夕飲ませる薬で明日まで様子を見ることになった。
今日は久しぶりに ゆっくり出来る筈だったので ずっと様子を見ている。
リクのようにならないように早めに対処しなければ。

明日は公民館へ行かなければならないが 行く前に獣医さんへ寄りもう一度血液検査をして その結果で手術になるかもしれない。
東京に居る時に掛かった獣医さんに関係ある先生が奈良にいらっしゃるようなので そこへも行く事にしている。お稽古の合間に連れて行ったり帰ったり 明日もバタバタの1日になりそう。

夫や私が具合悪くなっても不思議はない年齢だ。
こうして私たちの代わりに犬が痛い目に合ってくれているのかもしれない。
精一杯のことをしなければ罰が当たる。

お薬が効きますように!
[PR]
by souu-3 | 2014-03-23 23:09 | ペット | Comments(10)

氷室神社

d0330311_2020273.jpg

先日、ネットで注文しておいた災害用の ウォータープルーフマッチ(濡れても拭けば使用可能な燐寸)をスポーツ用品屋へ取りに行った。
そのすぐ近くにある氷室神社の枝垂れ桜が膨らんできた頃だろうと寄ってみる。
氷室神社は 和銅3年 春日山に鎮祀され、平城氷室とも御蓋氷室とも春日の氷室とも言われた貯水を起こし冷の応用を教えられ平城京に氷を献上された。

d0330311_20291969.jpg

おーー!
やっぱり 咲いている。

この日は日本冷凍事業協会65周年奉告祭があるというので 雨の中にも係わらず出かけたのだ。

奉告祭より2時間ほど早く 氷が到着するということだったが・・・
d0330311_20372088.jpg


予定の時間が過ぎても 一向に現れない。
TVや新聞の記者さんたちも 待っている。
神社へ連絡があったようだ。

神戸を出発した車は 天理まで行ってしまったらしい。
ナビを頼りに という事だったが。

天理にも氷室神社がある。
ここは奈良市。国立博物館の真ん前。
判り難い所だとは思えないんだが・・・
もう、着く頃かと 思うと 今度は行き過ぎて引っ返してくるという。
どこまで行き過ぎたのだろう?

d0330311_20452214.jpg

来た!きた、
やっと
到着!

d0330311_2046296.jpg


氷は神社へ運び込まれる。

そして

d0330311_2049435.jpg


今年の干支「馬」が彫刻された氷が四角い氷の上に乗せられた。
氷の文化に縁深い神社へ奉献し 報恩感謝と今後の繁栄を祈願して奉告祭が行われた。

到着が遅かったお蔭で 色んな人の話を聞くことが出来た。
ここの枝垂れ桜は 奈良で最初に咲くと言われている。樹齢400年とも100年ともいわれる(エライ開きがある。どっちやねん?!)古木であるが 所々にコブのようなものが出来、そこに栄養分が取られ花に栄養が行き渡らなくなるので 大分枝を切ったとか、以前の樹形とは変わっていると言われていた。

こんなに長く滞在したことはなかったので 歌碑を見たり 俳句を作る人に あそこに桜が開花してますよ、なんて老婆は余計なお喋りまでして 作り置きして来なかった主人の食事の事を気にしている割には楽しい時間だった。

高さ約1メートル重さ約90キロの氷像は 協会員で姫路の本田冷蔵の社長が制作したもので、神馬が一歩を踏み出す姿をイメージしたそうだ。

例年、この催しとは違い5月1日には献氷祭がある。今回のような干支の彫刻を奉納されるのは珍しいそうだ。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-20 21:33 | 奈良 | Comments(16)

地上300mの空へ

d0330311_21203845.jpg

HARUKAS 300の予約日 曇りのち雨、という予報。
日頃の行いの悪いこと。
まぁ 晴天でも春霞が掛かっている季節、アホは高い所へ、と出かけたが乗った電車が途中の踏切で何かあったらしい。遅れると言うアナウンスが。この展望台は予約時間を15分過ぎると入れなくなると 中々厳しい。
それでも4分遅れで到着。ヤレヤレ!

d0330311_2132558.jpg

先日、行った美術館のある16階へ。
そこで別のエレベーターに乗り換え、60階まで一気に昇る。
d0330311_21371223.jpg

早い!はやい!
耳が痛くなるかと思ったが 大丈夫。(降りは暫く聞こえ難かったが)

d0330311_21373575.jpg


d0330311_21382062.jpg

生駒山、その向こうに我が家が・・右に高安山、二上山、葛城山、金剛山、=東方面

d0330311_21383356.jpg

東京のようなビルはないけれど 霞んだ街並みは幻想的だ。=北方面
この一帯が焼け野原だった大空襲から69年。その時の事を今日のお天気のように霞んでいるが知っている。
何と長く生きているのだろう。

遠く西方面には天保山、海遊館、その先には神戸、明石、淡路島
南は住吉大社、長居競技場、ぐっと手前には毎月審査に行くあべのベルタがよーく見える。


d0330311_21501438.jpg

d0330311_21525919.jpgここ限定の ソフトクリーム
冷たい物に弱い私は 滅多に食べない。

でも、限定と言われると

つい、
やっぱり頭にキーーーンとくる。

でも、美味しかった (*^▽^)/★*☆♪

d0330311_21565581.jpg
季節によるが この間に夕日が沈む時がある。

そんな日に また、上って夜景も楽しみたい。

再入場は出来ないが 入場時間には制限がない。
朝から1日遊んでいても良いらしい。

そんなに長時間は無理でも 夕方から夜までなら居られるだろう。
夕日が ピッタリになるのは何時かな?
[PR]
by souu-3 | 2014-03-18 22:09 | 大阪・京都 | Comments(22)

東大寺・二月堂修二会の満行と松明の行方

d0330311_17513586.jpgd0330311_17515916.jpg


東大寺二月堂の修二会(お水取り・お松明)が満行を迎えた。
12日~14日には二月堂内陣の中で、直径60cmほどの松明(この松明についてtotteさんが詳しく書かれている)に火がつけられ韃靼帽と呼ばれる帽子を被り 火天と水天に扮した練行衆が、法螺(ほら)や鈴、錫杖(しゃくじょう)の音にあわせて飛び跳ね 松明をかかえた火天は、そのまま松明を引きずりながら内陣を一周する、
この時の韃靼帽を被せる行事が15日朝から行われた。

d0330311_18481428.jpg


この日は無病息災を願う親子連れが大勢集まる。
二月堂南の階段を上ったところで子どもたちに帽子をかぶせ健康でよい子に育つようにという行事が行われる。「だったん帽いただかせ」という。
d0330311_1853393.jpg幼い子たちは 何事かも判らず 驚いて泣き叫ぶことが多い。
写真に収めようと 親や祖父母たちは 必死になだめ賺(すか)しているが中々カメラの方へ顔を向けてくれない。

d0330311_1857383.jpg


それでも 大きくなると この通り、立派に健康祈願が出来るようになるようだ。


お松明のクライマックスは12日の長さ8m、重さ80kgもある籠松明だ。
d0330311_1931446.jpgこの松明が出番前に並べられている様子を撮影された totte さんこころは青空のブログで 近くの小児科医の名前を見つけた。(←写真はtotteさんよりお借りしています)

「修二会」と題した歌を作詞・作曲されたことのある さだまさしサンの名前もあったが 8日夜、自身が奉納した真竹で作られたお松明がともされた様子を見学されたそうだ。翌日、トラックに載せてコンサート会場に運ばれ 日本中が応援しているという気持ちを届けるという。
昨年のお松明も持ち帰ってあり お箸に加工して 気仙沼市で配るらしい。

前述の小児科医 黒田先生のご自宅の前を通ると あの松明が置かれていた。
まだ、運ばれたままビニールに包まれていた。

d0330311_602072.jpg


黙ってブログに載せて良いものか?ちょっと迷ったけれど病院へ行って許可を得ることにした。
先生には驚かせたいと言う周りの人達のサプライズだったらしく 当日までご存知なかったという。
totteさんが撮られた写真を持参したが お昼間には見ていないのでと大層喜んで下さった。
その上、お昼には包装を解いておいて下さるとの事 二月堂からの帰りには この通り↓ 黒々と焦げた籠松明が姿を現していた。
d0330311_1929188.jpg


火を点ける前は・・・
d0330311_19381217.jpg

  こんな姿だった。  (東大寺ミュージアムにて)

d0330311_19402781.jpg


こうしてお役を終えた松明は奉納者の元へ戻され そこに展示されているのをよく見かける。
先生も以前にも奉納されたものも 吊るしてあるそうで 今回もそうされるとの事だった。

さぁ
奈良には「春」がやってきた。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-15 19:54 | 奈良 | Comments(22)

大切な命を守るために 2

3.11 
あれから3年。あの日、公民館でお稽古をしていて フラフラするので「脳梗塞か唯の目眩か?」なんて思いながら添削していた。
誰からともなく「地震!」と。
携帯でニュースを見ると 震源地は東北だと。みんな遠くにいる子供のことが一番に閃く。
こんなに離れた奈良でも こんな揺れ、東京は如何なっているのかと娘にメールを「大丈夫!」たったこれだけの返信でホッとした。生きていてさえくれれば何とかなる。

d0330311_855597.jpg

d0330311_8562241.jpgそこから より大変な事が・・・
いや、今も大変な人が大勢いらっしゃるのだ。
この3年は早かった?
そんな3年ではなかっただろう。

長い長いトンネルの中から抜け出せずにいる方が まだまだいらっしゃる。
個人の力では解決出来ない事がイッパイあるだろう。

居ても立ってもいられない
そんな気持ちになるけれど 19年前に阪神大震災の時のように行動出来ないのは年齢の所為?
それともやはり遠方だから?
d0330311_944022.jpg
神戸は如何にかして行ける。
どんな方法でも帰って来れるという気持ちがあった。
行くのは良いが泊まる所もなく日帰りは無理となると 行動出来なかった。
僅かばかりの義捐金しか 私に出来ることが思い浮かばなかった。

今、思えば何か出来なかったのだろうか?
イヤ、今でも出来ることがあるのではないだろうか?


こんな折、
奈良にある航空自衛隊幹部候補生学校へ見学に行った。
d0330311_981025.jpg

幹部候補生学校は全国で唯一 ここ奈良県にある。
「自ら考え 判断し 行動する」ことを学ぶ。
この日は 人気メニュー「黒米カレー」の昼食の日だった。
d0330311_9311575.jpg
 
白米に10%の黒米ご飯、 ヨーグルトとカレー粉に漬け込んだタンドリーチキンの細切れを人参、生姜、ニンニク、トマトと一緒にじっくり煮込んだカレーとこんがり焼いたチキンを添えたものだ。
幹部候補生は1日3,400Kcal、1日の食費は867円と決められているそうで この日の昼食代は382円だった。

d0330311_9432074.jpg

平城宮址の北、小奈辺古墳と宇和奈辺古墳のすぐ近くにある。

昼食を共にした候補生たちと話していて「災害があったら来てくれる?」というと「任して下さい!」と力強い返事が 即座に返ってきた。
いつも家の上を訓練だろうかヘリコプターが飛んでいるが すぐ助けに来てくれそうな気がした。

d0330311_9562458.jpg ←瓦礫の中を モニターを見ながら このファイバースコープ(胃カメラ)のようなもので人を探し出すそうだ。

d0330311_9564820.jpg

この強烈なもので 瓦礫や鉄の棒など切っていく。

頼もしい機械が準備され 見学者にも体験させてくれる。

d0330311_9594678.jpg


人を運ぶ担架など ここには展示されていた。

奈良は救助がないと聞いた後だけに より一層有難味が身に染みた。










 
[PR]
by souu-3 | 2014-03-12 10:08 | 奈良 | Comments(8)

大切な命を守るために

d0330311_175233.jpg

行きつ戻りつの気候も 寒さが少こ~し緩んだかに感じる日曜日、d0330311_17432747.jpg農道を通り 例年、一足早く土筆が出る場所へリクのマイカーで散歩に行ってみた。
雨の後 ちょっぴり暖かな陽気になり、未だ短いけれど沢山の土筆が顔を出している。
リクも春の香りを楽しむように辺りを嗅ぎまわる。
d0330311_17472996.jpg
草木の新芽が伸びるのは早い。

それでも
土筆を見ると「春だなぁ」と思う。

遠くの山が春霞の中で厳しかった冬に「さようなら」をしているようだ。

d0330311_20134892.jpg


土筆煮て飯くふ夜の台所 子規

よしあしを地に並べけりつくつくし 千代女

まま事の飯もおさいも土筆かな 立子


先日、防災についての話があった。
以前、市役所の市民安全課防災係の人の話を聞いたことがあるが 災害があっても市は手が回らない(当然だとは思うが)から自主防衛をするように、というだけの話だった。
今回は「まちづくりアイデアサポート」補助事業「チーム防災」代表者の話であった。
これから先 いつ起こっても不思議はないと言われる南海、東南海地震。東日本大震災では余震活動地域外での地震が長野県、静岡県、秋田県内陸部で起こっている。南海地震が引き金になって起こり得る奈良盆地東縁地震が起これば住宅の全壊は119,535棟と想定されるらしい。勿論 奈良県内の断層帯は他にもあるが 身近な断層帯だけを取り上げての話である。
ところが国からの支援は、東京初め13府県に派遣される予定はあるようだが、物資調達の予定は 奈良県はない=【2007年内閣府】
わが市の指定避難所は一人当たり1.65㎡(静岡は3.0㎡)市の防災担当課正規職員は2名、公民館にある「防災倉庫」には食料品は入っていない。
私たちの自治会では自主防衛が出来る組織は まだない。
指定されている避難所は小学校、中学校、公民館が比較的近くにあるが 何処へ行けば良いのか判らない。

私は 当座必要と思われる物を庭にストッカーを置き衣類、履物、七輪など生活用品、飲料水、アルファー米、缶詰などを入れてあるが 充分ではないだろう。

「死んだらアカン!」他人に迷惑をかけるな。 自分の命は自分で守る。
「生きるのだ」と。

とは申せ 何を如何すれば良いのか よくみえない。

明日は東日本大震災から3年。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-10 06:05 | 雑記 | Comments(18)

あべのハルカス・グランドオープン♫

d0330311_16363912.jpg

d0330311_16372399.jpg今朝7日あべのハルカスで全長3000メートルの「日本一長いテープカット」が、ハルカス展望台を拠点にホテルや美術館、隣接する「あべのキューズモール」など全8カ所で一斉にテープが切られた。
ハルカスの名称は、「人の心を晴れ晴れさせる」を意味する古語「晴るかす」に由来するという。
奈良の我が家にも大きなチラシが入った。→

ハルカスだけでなく周辺も巻き込んでのオープンであっちこっちのお店で300に掛けたハルカスパフェ、ハルカスワッフル、あべのハルカスびっくりバーグセット、春かす焼きうどん、300ミリ パンケーキタワー等々みんな一緒にオープン気分。

夫と10時過ぎに到着したがマスコミの人達が脚立を持ってウロウロしていた。テープカットも済み大混雑という感じではなかった。
近鉄限定のお菓子などを求めて 私たちもウロウロ。
しかし、先に買い物をすると動き難いので 16階にある
あべのハルカス美術館へ行く。

d0330311_1723583.jpg

この日から3日間「お披露目展示」ということで近鉄グループの所蔵品の展示が無料で鑑賞出来る。
大和文華館所蔵の重要文化財「扇面貼交手筥」「染付山水文大皿」を含む59点。松伯美術館の上村松園、松篁、敦之さんの絵、シェラトン都ホテル所蔵の東郷青児の絵、藤本鉄石の赤壁図に出会えて非常に嬉しかった。

d0330311_1738591.jpg

美術館から庭に出ることが出来る。ここから通天閣や大阪市立美術館が見えるのは当たり前だろうけれど 18日には展望台ハルカス300の入場予約があるので 雨でなければ当日の写真に譲ろう。

d0330311_17442277.jpg

この日の一番乗りは前日の22時30分から並んだ埼玉県から来たという人だったそうだ。
ここで話しかけてきた人があった。東京からという女性はこの日の為に日帰りで来たと言う。地元は元より遠くからの来客者も多いようだ。
4月から当日券で入場出来 1500円になるらしい。3月中は予約した指定日時に行かなければならないし2000円だった。そんなに早く値下げするとは・・・
今回は朝からの予約なので 又夜景も見に行けば良いか!

d0330311_18738.jpg

後からの買い物は疲れる。ハルカス限定品をゆっくり探すつもりが 可愛いから、というだけでこれを。夫は和風の洋菓子?を購入。
買い物は夫と一緒でない方が良い(*^▽^)/★*☆♪
[PR]
by souu-3 | 2014-03-07 18:18 | 大阪・京都 | Comments(24)
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31