玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:イベント( 29 )

春節

d0330311_19524038.jpg

日本ではすっかりお正月気分が抜けた28日ではあるが この日は旧暦の元日でアジア諸国(中国、台湾、韓国、等)では春節を祝っている。

今年は大阪・天王寺公園/てんしばで 27日から春節祭 in大阪天王寺が催された。
d0330311_2165977.jpg

ステージイベントや出展されている50の飲食店のブースは長蛇の列が出来る賑わいだ。
d0330311_209083.jpg

公園内には 芝生に座って飲食している人や これからの出番であろう人々が練習をしていたり 人・人・・・・
d0330311_20143497.jpg

飲食店の中には こんな物も・・・
何でしょうか?
答はMore に


27日から始まった この催し、最終日の29日は近くで朝からあった仕事を終え 午後、漢字の勉強会へ行くまでの2時間ほどの間に 少し覗いてみただけだから獅子舞や龍の舞、雑技団など興味のあるものには行き合わなかった。

d0330311_2016746.jpg

飼い主がお食事中、外でお行儀よく待っているワンちゃん。お利巧さんネ。

勉強会

S高校の同窓会の催しで私は該当者ではないが 何処へでも参加する。
今回は8回目の漢字会で「西周の金文」前回の大盂鼎に続いて 散氏盤に書かれている文字。
同じ金文でも 随分違うことが判る。

他に今年の十二支「とり」に因んで色んな鳥の文字があることを学ぶ。
これについては 後日、しっかり調べたいと思う。


・ 

More(答) ⇦ここをクリック!
[PR]
by souu-3 | 2017-01-29 20:37 | イベント | Comments(8)

古事記のまつり

今年の「古事記のまつり」には出場しなかったので 皆さんを動画で撮影。
いつか そうしてみたいと思っていたのが実現した。

最初の桂文我さんの落語は撮影、録音等禁止だったが その後は自由に撮影できた。
落語は勿論古事記の話であるが時々、脱線する話が面白かった。
国生みの話で 最初に生まれた子供であるヒルコを葦舟に乗せて流してしまった。この子が恵比須様になった。
その証拠があるんです。
漫画家の蛭子 能収(えびす よしかず)さんは蛭子(ヒルコ)と書いてエビスと読むでしょ。と何処までホントの話だか?
須佐之男命のハチャメチャぶりから 6代目笑福亭松鶴師の話になり・・・
師匠の家には九官鳥が居た。家を空けたまま出かけた時にクリーニング屋が来た。九官鳥が「誰や!」と言ったので「クリーニング屋です」と。何度か繰り返している間に クリーニング屋は熱射病か何かで倒れてしまった。そこへ帰宅した師匠たちが その倒れている人を見て「誰や!」というと 九官鳥が「クリーニング屋です」と言ったなんて ホンマかいな!?という話。
こんな風に古事記も覚えると興味が湧くのではないだろうか。


市長などのも撮ったが お仲間のをYouTubeにUPしたので ここに公開。



翌日は 会の総会があり大阪へ。その前に会場近くであった叔母のお葬式に行き久しぶりに従妹たちとも逢った。
もう、梅が咲いていた。
d0330311_20241844.jpg

今年度の展覧会の事などを決める。

その後、懇親会があり
d0330311_20273669.jpg

お喋りをしながらの会食は・・・
少しずつの筈が いつの間にか満腹!
また、1年計画に沿って頑張らなければ。

古事記のまつりに行く前には獣医さんへ寄り、この日、大阪までの電車の中で このブログを書こうと出かけたら駅でお喋り好きなご近所さんに逢って 予定通りには行かなかったが久しぶりにノンビリした生活から何時もの生活に戻った2日間だった。








[PR]
by souu-3 | 2017-01-23 06:04 | イベント | Comments(14)

凧揚げ

d0330311_628657.jpg
d0330311_6202922.jpgもう、すっかり新年の行事になった平城宮址での連凧揚げ。

出雲の高校の同窓生の行事に 同窓会には無関係の私も参加させてもらって もう数年になる。
これを始められて10年ほどになるようだ。
2010年平城遷都1300年の正月、この凧揚げが新聞を賑わした。セント君の絵が描かれた連凧が青空に揚る写真と・・・そこに笑顔のYさんが。前に住んでいた家の斜め後ろのお宅の奥さま。
早速、その話になり翌年から参加させてもらうようになった。

ここ平城宮は1998年(平成10年)12月、「古都奈良の文化財」として東大寺などと共に世界遺産に登録されたことはご存じの通りであるが ここには凧揚げには邪魔になる電線もなく空が大きく広がる。
いつも第二大極殿址辺りで揚げる。
第一次大極殿、三笠山、生駒山の遙か上空を凧が舞う。

d0330311_9392042.jpg

この日は晴れたり曇ったり。雲間から漏れる光が美しい。

長い連凧は揚げるのも大変だが 年々絡まないように色んな工夫もされドンドン上空へ上っていく。
風に乗った凧は重い。これを片づけるのも上手く箱に収めていく。
d0330311_9463471.jpgご苦労様会では 青竹に熱燗のお酒が配られて「カンパイ!!」
d0330311_952222.jpg同窓会の皆さんは仲良し!
素晴らしい。

帰路につく頃、
大きな虹が出た

d0330311_1013254.jpgd0330311_1015862.jpg

半円形だったが「見る間に三時!」なんて子供の頃に言ったように すぐ薄くなってしまう。
あ!写真の腕が悪い?  そうとも言う。

今日、5日は寒の入り
年末に喪中葉書を出したらご丁寧なお手紙やお葉書を戴いた。
その方たちに寒中見舞いを出した。
d0330311_10213562.jpg

年末に活けた桜が あっと言う間に開いている。
今年も この調子で時間は過ぎていくのだろう。

d0330311_10233947.jpg

時々、一服しながら時間を追っかけて行こう。





[PR]
by souu-3 | 2017-01-05 10:28 | イベント | Comments(14)

演奏会&絵本

d0330311_51957.jpg

d0330311_515497.jpg

クリスマスの日、地元の合唱団の演奏会がやまと郡山城ホールで開催された。
この中に 私のパソコンの先生も友達の友達も出演しているので いつも彼女と観に行く。
こんな機会がないと中々会えないので いい機会だ。
犬の調子が 気になるが思い切って出かけて 少しでもお喋りも出来たし何より夫が犬の様子を見ながら留守番をしてくれるので助かる。
開演時間直前に 行くと超満員で二階席の端っこだったが座ることも出来 楽しいひと時だった。



今回、YouTube へのUPに時間が掛かり途中で2度動かなくなったり 手間が掛った。
その間、最後のSMAP×SMAPを見ながらだったので 余計疲れた。
画像が大き過ぎたのだろうか?
このPCになって初めてだったかもしれない。5分余りの動画なのに中々タイヘンだった。

d0330311_5184833.gif


今、話題のお笑いの にしのあきひろの著書「えんとつ町のプペル」を購入した。
絵が細かく綺麗だから見たいというと 夫が買ってくれた。人気があるのか書店へ行くと「昨日、入ったのですが売り切れたようです」と言われ他の本屋へ行こうと店を出て 暫くすると「1冊ありました!」と追っかけてきて下さった。

d0330311_525464.jpg


著者は吉本の芸人さんで キングコングという漫才コンビでネタ担当らしい。絵本やエッセイも書いているらしい。芥川賞の又吉くんにしてもお笑いの人が頑張っている。
絵本は 中々面白く考えさせられる内容でもあったが この画像の場面が一番好きだった。
壊れた船にたくさんの風船をくっ付けて えんとつの煙で見えない空の上まで上ると星がイッパイ輝いているシーンだ。


年内 余日少なくなりました。今年はこれまで。
皆さま 良いお年をお迎え下さい。
喪中の為、新年のご挨拶は失礼しますが 明年も何卒よろしくお願い申し上げます。





[PR]
by souu-3 | 2016-12-27 05:35 | イベント | Comments(24)

彦八まつり

d0330311_16302469.jpg

9月3日、4日と例年通り「彦八まつり」が大阪のいくたまさん(生國魂神社)で開催された。
江戸時代、この神社の境内で大道芸人が技を競い合い賑っていたが 中でも米澤彦八は人の足を止めて注目されていたようで大阪落語の始祖と言われている。
彦八が活躍した生國魂神社で毎年お祭りが催され 今年で26回目である。

d0330311_16452158.jpg

今年は文枝師匠が出演していた大河ドラマ「真田丸」の千利休の扮装でお茶を点てられるというので 朝からの仕事を終えて直行した。お点前の設えの前の床几で30分ほど前から待機し お点て出しを断り粘った。その甲斐あって最初に点てられたお抹茶を頂いた。
d0330311_1791016.jpg

パンフレットに「味わえた貴方は幸福、気分は至福」と書かれていたが将にその通りだった。

d0330311_1658837.jpg

落語はてなの茶碗でのお点前。
このお茶碗で頂いた友達。司会のあやめさんに「自己主張の強い方に・・」と。持ってきて下さった。
こんな時、大阪のおばはんはスゴイ!頑張りました。彼女は午後にはコーヒーもお茶も飲むと眠れない人なのに飲んでしまった。今夜、大丈夫かな?
この茶碗は 桂米朝師匠の箱書きの桐箱に収められている大切な物である。

d0330311_17174915.jpg

文枝師匠が扮した千利休はドラマ上で だいぶ前に切腹し画面上には出てこないが 三谷幸喜さんが もう一度、と言われているとかいないとか??亡霊で?なんて話も飛び出したり 楽しいひと時だった。





[PR]
by souu-3 | 2016-09-04 17:29 | イベント | Comments(10)

リオ五輪

d0330311_16235344.jpg

6日は朝から大忙し!と、言ってもTVで広島の原爆の日の中継を見、引き続いてのオリンピックの中継を。
途中、暑くならない内に、いや朝から暑いけれど ここ数日午後は雨が降ることが多いので早めに買い物に行く。
d0330311_16292475.jpg

開会式はいつも その国のその時を精一杯の演出で華々しく。今度の聖火はどんなんかな?みんなの期待を裏切らない新しい試みがなされている。
今回も 昔の東京五輪で坂井青年が駆け上がったように聖火台まで一気に駆け上るのかと思いきや ちょっとユックリ あのサンバのリズムのようではないなぁと思っていたら そこから華やかな演出になっているではないか。
日本団の入場を見てから買い物に出たので 良い所もあったのだろうけれど帰ってから この聖火の場面が見られた。

途中、カンボジア国籍を取得しオリンピックを目指した猫ひろしの笑顔がTVに映し出された。目的の為 頑張る人は多いが こんな形で頑張る人もいるのだ。

いろんな頑張り方はある
d0330311_16421154.jpg

リクだって 益々調子が悪くなっている足を引き摺ってでも家の中では一生懸命歩いている。
少しは立つことも出来ていたが 最近 特に右足はブラ~ンとして全く力は入っていない。
d0330311_16482284.jpgd0330311_16483346.jpg

1日中、大方 二匹ともエアコンの効いた部屋で こんな調子だけど。

d0330311_20551169.jpg

この日は 当市の「やまとの夏祭り」があり20時から500発と規模は小さいが花火大会が催された。
d0330311_21212815.jpg
大和郡山と云えば「金魚」そんな花火も3回ほど上がったが上手く撮れず これは?ミッキーのようなネズミにも見えるが・・・
d0330311_21215025.jpg
こっちは何?まさか「筆」じゃないよね??
態々出かけるのではなく家の前でご近所さんとワイワイ楽しく見られるのも良いものだ。






[PR]
by souu-3 | 2016-08-07 05:21 | イベント | Comments(10)

早春譜

d0330311_6104269.jpg


 春は名のみの 風の寒さや
  谷の鶯 歌は思えど
  時にあらずと 声も立てず
  時にあらずと 声も立てず 

d0330311_6131134.jpg
3月3日 お雛様の日
JR郡山駅前にあるグランドサンピア奈良のチャペルで 
~音deつなぐ 大和な雛まつり~のイベントが開催された。
いつも私が聴かせてもらうのはホールであるがチャペルでは随分雰囲気が違う。
1曲目の「ハレルヤ」素晴らしかった。動画は ここに 

このJR郡山駅は 大和郡山市にあり福島県にも同名の駅がある。駅はこちらが古いと聞くが「(関)郡山」福島県は「(北)郡山」と区別されているようだ。

アベマリア、フォスターメロディー・夢路より、草競馬、懐かしのケンタッキー、夕焼け、聞こえる他
最後に会場の人も一緒に 早春譜を。
季節にぴったりのこの時期に 懐かしいこの歌声は遠くまで響いたことだろう。


d0330311_7321552.jpg

福島県郡山市と違い小さな城下町である大和郡山の駅は古いものだったが 数年前橋上駅になり東出口が出来た時 このオーベルジュホテルといわれるこじんまりしたホテルとスーパーマーケット、マンションなどが出来た。
そのホテルの中にソフィ・バラ教会がある。

2月20日から開催されている「大和な雛まつり」このホテルにも展示されている。
d0330311_89419.jpg

d0330311_810573.jpg








[PR]
by souu-3 | 2016-03-04 08:17 | イベント | Comments(12)

長谷寺

d0330311_7591672.jpg

弥生三月
お雛様、卒業式、修二会本行、確実に春に向かっている、そんなことが実感出来る明るい空!まだ寒さが消えるまでには日は掛かるだろうけれど。
d0330311_835350.jpg
長谷寺と聞くと 鎌倉?奈良?
どっちのお寺が浮かぶだろうか?

初瀬山の山麓から中腹にかけて伽藍が広がり、仁王門から本堂までは399段の登廊がある あの奈良の長谷寺の話を書こうと思う。
初瀬の山中の巨木で二体の観音像を刻み、奈良の初瀬に一体。もう一体を海に流し15年後に三浦半島に流れ着いたものを安置したのが鎌倉の長谷寺だと言われている。

あべのハルカス美術館では「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」が開催中。
ご本尊観音様は現在 奈良の長谷寺で特別拝観中で 両脇侍が ここに展示されている。

d0330311_83047100.jpg
長谷寺といえば天正16年(1588年)豊臣秀長の援助で新しい本堂を竣工した。この長谷寺には秀長の供養塔がある。

秀長!といえば郡山城!!勝手に親しんで反応してしまう。その秀長が寄進した 銅釣燈籠が展示されていた。

展示品を見学後 出てくると法螺貝の音が辺りに響いている。
青木博芳僧正による法話が始まった。
「長谷寺よもやま話」
20分では話きれない楽しいお話。

その後
長谷寺僧侶による 「声明」が続く。

d0330311_9353651.jpg

d0330311_83011.jpg
d0330311_9234047.jpg長谷寺といえば「牡丹」だろう。
が、もう一つ思う浮かぶものは「だだおし」
2月8日から7日間行われる法要「修二会」の締めくくり14日に行われる行事。
長谷寺では この日だけの牛玉符(ごおうふ)のお札を購入して法要を聞く。「だだおし」の「だだ」とは、閻魔大王の持ち物で、悪人の罪を罰し穢れを祓う杖とか 厄病神を駆逐する「難押し(だおし)」だとも言われている。この時、松明と鬼が現れる。
美術館の前には これらの展示もあった。


d0330311_9332935.gif


d0330311_9335789.jpg
4月12日から 大阪市立美術館で「王羲之から空海へ」が開催される。
空海の「風信帖」をはじめ 高野切、寸松庵色紙、石山切、そして王羲之、祝允明など これは見逃すわけにはいかない。


d0330311_9341493.jpg

先月、こんな記事が1面のトップに出ていた。「漢字とめ・はね 柔軟に」
翌日のコラム「余禄」に細かく教えられトラウマになっているからか・・・云々の記事があり あまり厳しくするのも良くないのかもしれないが 書を指導する立場からは こんなことは許せない。

長く書くべき線や はねるべきものが曖昧なのは 如何なのだろう?







[PR]
by souu-3 | 2016-03-01 09:50 | イベント | Comments(18)

にゃんにゃんにゃんの日

d0330311_1561640.jpg

寒かったり暖かかったり不安定なこの時期。
ニャンコたちは敏感である。今朝の猫窓は またまた1匹だけが日向ぼっこ。イヤ陽が射していないので日向ぼっこじゃない。
外を眺めるのが好きな子なのだろう。
d0330311_1565779.jpg

中では猿団子ならぬ 猫団子になっている。

先日は
d0330311_15261094.jpg

4匹が所狭しと窓にくっ付いて 燦々と輝く陽を浴びていたが こんな日はガラス越しには撮り難い。
ヘンなオバサンがカメラを向けているのが写っている。

2月22日がネコの日というのは日本だけらしい。
ロシアは3月1日、アメリカは10月29日、インターナショナルは8月8日、
11月1日が犬の日。
まぁ 何でも良いけれど TVでも色々な番組で放映されている。イヌの日より賑やかなのではないだろうか?
ネコ好きの方が多いという事だろうか?経済効果も結構なものらしい。

d0330311_15395870.gif


d0330311_15444285.jpgd0330311_15451583.jpg20日から始まった「大和な雛まつり」の宣伝。
駅前で立ち話をしていると近づいてきたが 中に入っている人は若い女性らしいが見え難いのかお伴の人が2人。
「ハイ!撮ってください」
「こっち行くよ」って感じだった。

どこまで行くんだろう?

d0330311_162443.jpg

大和郡山には遊郭があった。
洞泉寺と東岡町の2ヶ所、その洞泉寺にある旧川本邸は市が買い上げて雛まつりなどには一般公開している。
今年も大階段には雛が並び 1階のひと部屋全体を使った流しびなの展示などがある。
d0330311_1622518.jpg

年々展示されるものが多くなり賑やかになっている。
この川本邸に入る前に「耐震構造になっていないので 住所、氏名を書いて下さい」と言われる。地震に遭遇して下敷きになったら 身元が判るように?なんて婆は言う(>_<)
こんな時、2階までしか上れないが 3階は可なり床が危ない。入る時は自己責任かな?

d0330311_1624440.jpg

この催しの最も東に位置する場所にある赤膚焼の窯元には こんなお雛様が展示されている。

More=ドラマ 海底の君へ=
[PR]
by souu-3 | 2016-02-22 17:26 | イベント | Comments(19)

初めての行事

d0330311_11153162.jpg奈良には何千年も続く行事が沢山ある。

今回 平城宮跡で開催された「大立山まつり」は こういう形では初めて催されることになったが 奈良の都が京都に遷ってからも寺社や その神事、儀式などは受け継がれている。

紅しで踊り、ススキ提灯献灯行事、戸閉祭、鬼踊り、立山祭等々が大極殿の前でくり広げられる。

そして高さ7mを越える四天王が巡行。

個人的には広目天が好きだ。西方を守護する。筆と巻子を持つ。
梵名はヴィルパークシャで異なった目を持つということらしい、「ヴィ」に「広く多い」という意味があるため
広目天と訳されるそうだ。単に筆を持っているので親しみを感じているだけだが。

d0330311_1141113.jpg

どの順番に並べるべきか迷ったが 東、南、北、西とした。従って左から持国天、増長天、多聞天、広目天。

d0330311_1145458.jpg

1月29日から始まったが その日は雨が降り行くのを止め、30日家事を済ませ夕飯をかき込んで出かけた。
その日はススキ提灯献灯が催された。
【動画でも撮ったが失敗、検索して頂くとyou tubeにUPされたのがあったが7分弱 興味がある方はご自分でお願い】

鴨都波神社(かもつばじんじゃ)で7月16日と秋季大祭宵宮で催されるもので 旧御所町の氏神さんの行事で、五穀豊穣・家内安全・無病息災を祈願し、氏子地域から4.5mほどの「ススキ提灯」が奉納されるそうだ。

d0330311_1244217.jpg

朱雀門と大極殿の間には こんな展示もあった。

d0330311_13124525.gif


d0330311_13104521.jpgこの日は朝からバタバタ用事を済ませ 午後、粗1年に1度の桂文枝独演会に夫と出かけ、一旦帰宅して平城宮跡へ行った。

何時もながら 真ん中のかぶりつき。舞台が低いので首も怠くなく よく見える。
数人の知り合いに逢ったが ここ数年 近くの人は意外に行かないものなんだと思う。

弟子の三弥、三幸が一席ずつ、文枝師匠は二席。
最後の上方落語四天王(桂春団治、桂米朝、桂文枝(五代目)笑福亭松鶴)が亡くなり 文枝師匠たちが頑張らねばならない決意の挨拶もあった。
[PR]
by souu-3 | 2016-02-01 13:29 | イベント | Comments(14)
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31