玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:雑記( 135 )

平和を祈念する日

8月15日は、公式名称では「戦没者を追悼し平和を祈念する日」というそうだ。
人の思いは様々だろう。敗戦の日、終戦の日、等と言われるが、日本が戦争に負けた日だ。
あの日から68年 戦争を知る人は少なくなった。

この日を迎える数か月前3月13日、私が生れた家は戦争の為、焼けてしまった。
当時、その家には祖父母だけが住んでいて戦火の中、命からがら私たちが疎開していた所へ来た。来た筈なんだけどどのようにして来ることが出来たのか?何も聞いたことがなかった。

d0330311_15102611.jpg

今年の3月13日 ふと、聞いておけば良かった!と思った。祖父母どころか両親にさへ聞いておかなかったのは何故だったのだろう。子供には聞かせたくない辛い思いをしたからだろうか?d0330311_16475219.jpg
このところ、憲法のこともあり あの戦争の事を言い伝えるべきだと思っている人が多いような気もする。

そんな時、又々ネット検索すると「大阪大空襲」の体験が書かれた本があることを知った。
これは40年も前に発行されたもので当時、ここへ原稿を寄せられた人たちも現在は高齢になられているかいらっしゃらなくなった人も多いだろう。
終戦後 28年ほどであるから未だまだ生々しく 気の重い文章に中々読めなかった。それは戦争程恐ろしいものはないという内容だ。8月15日までには読み切ろうとは思っていたが 随分長くかかった。
私が覚えている戦争は霞が掛かった如くではあるが 空襲の夜、生駒の山の向うの空が真っ赤だったこと、焼け野原となった我が家の焼跡へ行ったことくらいだろうか。焼け跡には埋められていた陶器の器にガラスの融けたコップがくっ付いて使い物にならないものがあった。おぼろげな記憶だけである。

その後10年以上も経っていたが 大阪環状線(当時の省線、城東線)の車窓から見える砲兵工廠の焼け跡。
ここで繰り広げられた凄まじい出来事を実際に経験された人たちの話が載せられている。
大阪の戦災地域図 ↑ によると中心部は殆ど被災していたのだ。
それも昭和20年1月から終戦前日まで数回の空襲で大阪はこんなに罹災した。日本人の犠牲者は310万人(中学校社会科教科書に記されている第二次世界大戦等の戦争犠牲者数)と言われる。

数日前の新聞に奈良県では殆ど戦争の被害がなかったと思っている人が多いが十数回の空襲もあった、と出ていた。いつだったかJR法隆寺駅が新しくなる前 戦争の爪痕があったと聞いたように思う。

戦争を知らない多くの人に伝えられるほどの体験はないが その後60年程は平和に暮らしてきたように思う。
この平和が永久に続きますように!!

More =配給制度=
[PR]
by souu-3 | 2013-08-15 07:29 | 雑記

お盆

d0330311_9113237.jpg

例年、お盆のお参りは12日。本来、13日~15日がお盆ではあるがお参りの都合で1日早く準備するのが習わしになっている。
d0330311_914448.jpg何時に来ていただけるかは判らないので 粗、1日待つことになるが今年は珍しく 電話があり10時から12時にという。
前日、お墓参りをして「明日、来て下さい」と言ってきた。
それでも煙でお迎えして 迷わず来ていただこう。
おがらを焚いて その煙に乗ってご先祖様がいらっしゃるのだと母は言った。
実母は 娘には実家の事を教えず 姑さんに習えと言った。
が、姑はあまり拘る人ではなく何も伝えてはくれなかった。
亡くなった時、お葬式屋さんやお寺さんに全て教えてもらったり 法事の時は仏壇屋さんにも 随分教えられた。

d0330311_9225387.jpg


義母が亡くなって お逮夜(タイヤ)に住職さんが お膳をつくるように言われ その後、お盆と法事にはつくってきた。
7種類か9種類の炊き合わせ。これには山の物、海の物、里の物を組み合わせる。
豆、お汁、ご飯、香の物をおままごとのような小さなお膳で供える。蓮の葉の上に夏野菜などとホオズキも供える。
蓮の葉は この暑さではお盆の間どころか1日で丸まってしまうが いつもの通りにお飾りをした。何もかも最低限で形ばかりである。


8月11日は 実は私の誕生日、
face bookに誕生日を書いていたからか数人の方や友達、姉、娘から電話やメールをいただいた。
私の生まれる前ではあったがベルリンオリンピックがあった日らしい。
1936年8月11日、ベルリンオリンピックの女子200m平泳ぎ決勝で、日本の前畑秀子が優勝した日だそうだ。NHKの河西三省アナウンサーによる「前畑がんばれ!」と連呼した実況中継が日本中を沸かせた有名な日だったのだ。

そして 12日は日航機が墜落した日。あれから28年、
友達の姪御さんの旦那さんが犠牲になられた。御巣鷹山へ登った話を何度も聞いた。

そうそ、
おまけに
d0330311_10452988.jpg

中々 色付かないと思っていたがDel monte フルーツルビーEX 中玉トマトが こんな色になった。
ウィルス病に強いCMワクチン接種苗と書かれている。自然界にある植物ウィルスを用いて 苗に抵抗力を付けているんだとか。
先日、中々色付かないと話していたら 水をやり過ぎてはいけないとか たっぷり水を欲しがるものがあるとか 野菜作りは難しい。それらを何気なく並べて植えたら如何なる?
生り物は楽しみだけど 私には無理かも。
[PR]
by souu-3 | 2013-08-12 11:11 | 雑記

風立ちぬ

d0330311_16435396.jpg

久しぶりに爽やかな朝だった。
4時に目覚めたとき アイが起き出しお散歩に行こうという。2匹一緒に散歩出来るのだったら良いが・・・
d0330311_16245870.jpgいつもはリクを先に出し その次がアイ。
今日はアイのお散歩を優先した。
この時間のお散歩では 草を食べたがるだろうから 綺麗な草のありそうな場所へ行く。

東の山からは まだお日さまは昇っていない。
奈良の最低気温は 20.5℃だという。これくらいだと こんなに気持ちが良いのか、d0330311_16381148.jpg     すれ違う人もなく 逢うのは空を飛ぶ鳥だけ。

ずっと このままだと良いのに。

帰宅後 昨日書きかけた作品を また、1枚。
思い付いて 画仙紙のサイズを替え 構成を替えること何度目だろう。
いよいよ これでお終いにしよう。
朝書く作品が一番 興に乗る。
何だか気分よく。

8月23日~25日の展覧会、図録を作り 表具をする。もうタイムリミットだ。

いつもの通り テレビ体操、朝食、ウォーキング、シャワーのあと新聞を読む。ずっと読んでいた新聞小説「アトミックボックス」が今日でお終い。久しぶりに熱中した小説だった。

この後、友達と映画「風立ちぬ」を観に行く。

昭和11年雑誌に掲載された堀辰雄の中編小説。作者本人の体験をもとに執筆された代表的作品。
作中にある「風立ちぬ、いざ生きめやも」という有名な詩句は、ポール・ヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節“Le vent se lève, il faut tenter de vivre”を、堀辰雄が訳したものである。

大体、一緒に行く夫は アニメーションというだけで敬遠した。が、初日ということもあるし 今日から夏休みでもある、 何時もより早めに出かけたが席は粗、埋まっていた。
大正の終わりから昭和の初めの話であるから 子供には理解し難いかもしれない。当時は知らないまでも その時代に近い頃に生まれた私たちには 感動の映画だった。
先日より 何かと話題に上り 宮崎駿さんが涙したというだけあって ラストシーンは特に感動した。

主題歌「ひこうき雲」は 当時 恥ずかしながら知らなかった。調べてみると丁度子育て真っ最中の頃らしい。
あれから40年。良いものは残るんだ。
昨年発売された松任谷由実40周年記念「日本の恋と、ユーミンと。」で、「ひこうき雲」を聴き、「これ、主題歌だよ、ぴったりだね」ということで決まったそうだけど 美しい歌声を聴きながら「生と死」を考えさせられた。
[PR]
by souu-3 | 2013-07-20 17:41 | 雑記

文枝フェスティバル

d0330311_1028286.jpg

三枝改め六代桂文枝襲名1周年記念「文枝フェスティバル in なんば花月」が開催された。
文枝師匠の古希の誕生日であり 襲名から1年経った7月16日 18時半の開演前から大勢の人が集まった。

d0330311_1034306.jpg

なんばグランド花月は何時もながらの賑やかさだが 劇場内はそれにも増して大賑わい。

d0330311_10365842.jpg

挨拶状には「自分でも信じられないことですが 年を重ねていけばこのような時を迎えられるのだなぁと感慨深い心地です。この1年は本当に充実した年でございました。日本各地で、またパリでも襲名公演させていただき 多くの方に足を運んでいただきました。」と書かれているように 1年間の主だった情景の映像から始まり 林家笑丸、桂きん枝の落語の後、ご本人の登場で新作「友よ」を口演。
d0330311_11103740.jpg中入りの後、浅丘ルリ子との対談、次の演目の主人公である石原裕次郎のことを聞くつもりだったと思われるが 浅丘ルリ子の元ダンナさまの話が長くなり 時間がなくなった。途中で もう一人のゲスト鶴瓶が加わり3人での話だったが 鶴瓶が持って出た花束をスペシャルゲストに渡す為だったのか文枝へのお祝いだったのか判らないが どちらにも渡さず 最後まで横に置いていたのは気になった。

「嵐を呼ぶ男~石原裕次郎物語~」の落語があり・・・ 
ショータイム!
ここにはあの世から裕次郎さんという訳にはいかないが ものまねタレントゆうたろうが登場し懐かしい歌などが披露された。
文枝の裕次郎ソングなど あっと言う間の3時間半が過ぎた。
因みに7月17日は裕次郎さんのお命日である。

今回は 記念品付き
d0330311_1111331.gif

[PR]
by souu-3 | 2013-07-17 13:26 | 雑記

はじめに

d0330311_9352593.jpg


2005年より7年8ヵ月記載して参りました「文字を楽しむ」は 本日より「玉響記」と変更し 書道の事、文字の事、ペットたちのこと、そして古都奈良の情報など相変わらずですが発信して参る予定です。

玉響とは 石が揺れて触れ合う微かな音のように ほんの僅かな時間の事ですが その一瞬のきらめきを求めて永く楽しみたいと名づけました。
文字を楽しむ」で交流戴いた皆さま 今後ともよろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。
今日は 夫の誕生日です。この日を記念して  souu
[PR]
by souu-3 | 2013-07-11 00:07 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31