玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ペット( 34 )

17才になりました

いつものウオーキングの
対岸d0330311_16194882.jpgに咲くミモザが色づいてきた。
と、思ったが近くへ行くとまだ殆どが蕾で陽の当たるところが少々開いている程度だった。
行きつ戻りつの気候に花も迷っているのだろうか。

夫が珍しく展覧会を見に行くと言い出したので 午前中の出稽古から帰って 出かける事になった。
会場でお弟子さんもご主人と行かれていてバッタリ。
最近、マスクに帽子の人は判り難い。声を掛けられるまで気が付かない。
久しぶりにお逢いしたご主人ともお喋り出来て出会えたことに感謝!

このところ、奈良へ行く機会が多いのに会期も終わりに近づいてやっとではあるが、ここから興福寺を通り三条通りへ出てブロ友さんが出品されている写真展へ行く。
d0330311_16521090.jpg
彼女の写真の大ファンなのだ。期待通り、いやそれ以上に素晴らしい写真だった。
桜の花びらが舞い落ちる 一瞬を捉えることが出来る写真は動画とは違った魅力がある。
d0330311_16193967.gif
JR奈良駅へ歩き出し、ちょっと一休みしようかと話していると「ふくろうカフェ」が目に留まった。以前はこんな店ではなかったが1年半ほど前に新大宮から移転したという。
大きい子や小さい子など17羽くらい居る。夫々名前が付いていて白梟のケンちゃんはカメラを向けると横を向く。アフリカワシミミズクのしんちゃんは賢くお客さんには嚙んだりしないなど説明も聞きながら楽しい時間を過ごした。

d0330311_16191259.jpg
25日、リクは17才になった。毎年、何とか誕生日まで元気で居てほしいと願いながら この日を迎える。
クリスマスに注文しておいたケーキの前で写真を撮るのに座らせると勝手に食べ、お腹の調子を崩したので今回はさつま芋で手作りした。
これを冷凍にしておいて何日かに分けて食べさせよう。

娘が送ってきた写真のビーマはリクと誕生日が1日違い。
d0330311_16192349.jpg
3年前 思いがけない事故(自分で落下した)で6年の命だった。我が家では珍しい短命だったが娘は今居たら9歳になっていると我が子を亡くしたような気持ちでいるようだ。










[PR]
by souu-3 | 2017-02-25 19:29 | ペット | Comments(20)

車椅子のマレくん

d0330311_13543957.jpg
犬の話が続きますが リクは月に一度尿の検査をして膀胱結石が出来ないように薬を調整しながらの生活です。
膀胱内が汚れて来ると洗浄したり肛門嚢の炎症が起こらないように時々は連れて行きますが それ以外は尿だけを持参します。
そんな日は序でに寄り道をする事も出来るので 夫と車椅子のマレくんに逢いに行きました。「いつここ」というお店に居ました。

d0330311_13544910.jpg
d0330311_17134659.jpg

素敵なベットでお休みでしたが すぐお目覚め、車いすにと飼い主さんが言われたのですがそのままにしていただきました。だけど家の息子や娘より大人しく静かです。リクも こうして車椅子があるのですが これに乗ったまま「抱っこ!」と申します。リクは椎間板ヘルニアで後ろ足が動かなくd0330311_17112382.jpgなったのですが3月で12年。その頃、誂えた物ですが 殆ど使っていません。マレ君も車椅子に乗ってお店の中も動いているそうですが 寝ている時はそのままが良いですよね。
ママが傍に居てくれるからマレ君は落ち着いて安心して眠ることが出来るのでしょう。
リクの前に居たジョアンという子の母親パピも2年間寝たきりになりましたが こんな素敵なベットではなく段ボールに毛布などを敷いただけでした。

d0330311_17393135.jpg
ケーキセットをいただきオーナーさんとお喋りしたりマレ君と遊んだり楽しい時間を過ごしました。
我が家の2匹には内緒!知ったら僻むでしょうね。

早めに獣医さんへ行き 混雑していたのに主治医が気を利かせて早くして下さったので思ったより時間に余裕があり久しぶりに高畑界隈を散策することしました。









[PR]
by souu-3 | 2017-02-19 21:08 | ペット | Comments(12)

春隣

d0330311_16032645.jpg
墨に秘む色さそひだす春隣 柿沼盟子

春になると あっと言う間に嫌な夏がやってくるのではないかと取り越し苦労をしてしまう。
でも、今日のお天気に庭の手入れをし、みんなで公園まで散歩に出かけてみると何と気持ちが良いのだろう。
後ろ足の立たないリクも支えて貰って土を踏みしめた。
2週間前休診日前日の夜に 肛門嚢炎になり慌てさせたことなど忘れたように元気になった。

d0330311_16035566.jpg
公園まではリクを乳母車に載せて行ったが・・・
アイは歩けるのだから歩いて行こう。
が、甘ったれさんは往復は無理だろうと一応抱っこ紐は持って行った。

ホンの少し歩いて・・・

「お兄ちゃんは楽チンやん!私も抱っこして!」
殆ど歩かず。

誰の為のお散歩??







[PR]
by souu-3 | 2017-02-16 16:35 | ペット | Comments(20)

来年のカレンダー

d0330311_1514999.jpg先日、カメラ屋さんに依頼していた義妹の作品で作ったカレンダーが出来上がり 本人に送付した。
留守中に電話があったようだが喜んでいたのか 主人には も一つよく判らなかったようで 撮影し直したり手間が掛った割には頼りないけれど 何年かの色紙の纏めになった筈だから1年でも楽しんでもらえるのではないかと思っている。

d0330311_15102793.jpg表紙と12か月の13枚の作品がなかったので 中にはネズミの置物を撮った月もあるが概ね 彼女の絵である。

最近、頂き物のお返しも難しくなってきた。余命が少なくなると物は増やしたくないだろうし 妹の夫は糖尿病を患っている。元々甘いものが好きなので 今まではお菓子を送ることが多かったが それも控えるべきだろうし佃煮類も食べるようで食べないことが多い。

d0330311_15173962.jpg

お弟子さんたちへのプレゼントも 皆さんの作品のカレンダーをと昨年は考えたが外注に出すと結構な金額になる。自分で作るには手間が掛る。
今年は色紙にカレンダーが付いたものにし 干支の酉・鳥・鶏・隹などを書いた。

それでも カレンダーを作りたくなり犬の写真入りを少量プリントした。
犬の写真は沢山あるから こちらは選ぶのが大変なほど。娘に送ったら懐かしい写真もあるね〜と喜んでいた。夫も部屋に掛けておきたいという。犬のカレンダーは1年早く作り過ぎたかな?再来年は戌年だから。

d0330311_15384556.gif


d0330311_15395766.jpg

もう、数日前の事だが「災害アーカイブ」という記事があった。濃霧の瀬戸内海で紫雲丸という船が沈没した。このすぐ後、修学旅行で別府から大阪へ船で帰った。
父兄によっては船でなく列車で帰らせてくれるように学校へ連絡された人もあったと聞く。

死運丸などという人もあった。記事によれば当時泳げなかった児童が多かった為、被害が拡大したので 学校にプールの設置や水泳の授業が進んだとある。そして瀬戸大橋が建設されたそうだ。
古い話だ。





[PR]
by souu-3 | 2016-12-18 06:04 | ペット | Comments(14)

13日の金曜日

d0330311_13555644.jpg


13日の金曜日でも この朝日を見ていると今日も無事に過ごせるような気持ちになる。

d0330311_6152467.jpg

今月15日がアイの誕生日  13才!

d0330311_621353.jpg

15日も14日も予定があり 13日は公民館のお稽古。
ちょっと早めにお祝いを!また元気でいてね。

d0330311_6173693.jpg

犬嫌いの方は見たくもない写真でしょう。
我が家の子たちは寝起きを共にし 多分この子達も自分が犬だとは思っていないだろう。
だから、災害があると・・・
困るなぁ (;一_一)


=サミット=

d0330311_1443519.jpg

伊勢志摩サミットの開催が近づき 近鉄も21日から28日までの鵜方~賢島間が運休になるらしい。
行きたい訳ではないので関係ないけれどたいへんなんだなぁ

郵便を出しに行ったら こんな切手が発売されていた。







[PR]
by souu-3 | 2016-05-13 06:23 | ペット | Comments(18)

ご近所のワンちゃん

d0330311_826353.jpg


先日、隣の隣のとなりから電話があり「昨日、我が家にワンちゃんが来たの。ダックスなんだけどピョンピョン飛び跳ねる。ヘルニアにならない?」ということだった。
「すぐ 行く!」実物に御対面したい。
すっ飛んで行った。

カワイイ!ジッとしていない。

う~~ん(*^▽^)/★*☆♪
可愛い!!

すぐ、ヘルニアになるわけはないと思うし そこまで心配しなくっても大丈夫だと思うけれど・・・

その後、
元気か訊ねると「入院している」と。
ヘルニアではなく 咳をするので病院へ連れて行って不安だから入院したらしい。
それからも 感染性の病気とかで暫く入院していたらしい。
この度、ワクチンも済み3日目、初めてのお散歩に出てきた。
元気になって良かったねぇ

名前は「アイちゃん」
え?うちの子と同じ名前や(^。^)y-.。o○

うちは本当の名前は「アイアイ」なんだから。
アイちゃんどうしの御対面をさせたいけれど 焼きもち焼きのアイアイは如何かな?
リクの方が大丈夫かな?


d0330311_8544512.png


今、一番気になる事
一番話題になること

「地震」ですよね。

熊本の大変さは元より 次に起こるであろう南海地震の不安。
取り越し苦労であれば良いが。
d0330311_93955100.jpg
21年前、阪神淡路大震災の時は奈良も震度4だったが 確か最初の震度より余震で「4」だったと記憶している。刻々と入る情報にジッとしておれず行けるところまでとオムスビを持って西宮まで出かけた。震災から3日目か4日目だったと思う。
阪急電車が西宮まで動いていた。車中から見ていると川を渡った辺りから建物の損傷が目立つ。マンションが崩れ 下の車がペッシャンこに壊れて挟まれている。
国道を市役所まで歩く。マンションのガラスが散らばり怪我をした人が行き交う。国道は渋滞した車が動かない。サイレンがけたたましく鳴り響く。
やっと到着した西宮の市役所は壁に亀裂が走り足元はガタガタになっている。ボランティアが集まる部屋へ行き 「〇〇が出来る人」と呼ばれると前に出る。「公民館で救援物資を配る」というので数人の人と春風公民館へ行った。
d0330311_943116.jpgその辺りもペッチャンコに倒れた家があったり傾いた家も多数あった。
自衛隊の車が到着すると救援物資を公民館の事務所へ運び入れ 係りの人が仕分けし そこにある体育館で避難している人たちは班分けされていた。集まって来られた班長さんが物資を受け取っていかれる。
当時は 今回ほどの大きな余震ではなかったので半壊した自宅に居られる人にも配って歩いた。
「怪我をしているので〇〇が欲しい」「こんな物はないのか?」と様々な要望があった。
d0330311_9495230.jpgこの日は ここで夜を明かすと家に連絡をした。
が、夜の食事が済み 後はそれ程用事もなさそうなので そこから歩いて阪神電車の甲子園から梅田まで電車が動いていると聞き そこまで歩いて帰宅した。

その後、半壊した家の中の片づけに行った。2階へ上がるのは勇気がいったが そこにはガラスが粉々に壊れた本箱が2つ、その間に子供さんが寝ていたと言う。よく助かったものだ。
また、ある時は各家にお水を配るボランティアがあった。「私は欲しいのだけど施しを受けてはいけないと主人が言いますので」と遠慮がちに言われるお年寄りがあるかと思えば「お風呂いっぱいにしといて!」という人など 様々だった。
この時 見た光景は生涯忘れられない。

あれ以上の災害が起こり得るという南海地震。
あの時より高齢になった私に何が出来るのだろう?






[PR]
by souu-3 | 2016-04-23 10:09 | ペット | Comments(8)

お家(うち)ピクニック

d0330311_18542928.jpg

随分 日の出の位置も時間も変わってきた。

d0330311_18555786.jpg

何もかも例年より早いようには思うが 日なたでは暑い程になったかと思うと最低気温が1~2℃という日もある。そんな日でもお昼には20℃にもなったり、風邪を引かないのが不思議な程だ。

d0330311_18583664.jpg

良いお天気だけど ドライブ(乳母車で?)よりも家でユックリ のんびりしているのが一番!と思っている二匹。勝手に思っているだけかもしれないが きっとそうだと思う。

いくら犬でも家の中に閉じ籠っていては面白くないだろう。晴れた日は・・・
お八つも持って出たけれど 写真を撮る前になくなってしまった。結構 暑いらしく人間のようにビールではないが お水もよく飲む。

d0330311_194454.jpg

お水 美味しいよ!

d0330311_1952861.jpg

暑い!寒がりのアイも この日ばかりは日陰を求めて。
でも、お外は気持ち良いねぇ

あ~~!眠くなってきた。

d0330311_19101423.gif


去年暮れに 父上が亡くなった人が居て整理をしていると 短冊が沢山出てきた。
何かに使えませんか?と持って来られた。
最近、展示用には少々小さく 俳句などをされている方は使われるが書道の作品に使う人は減っているようだ。
d0330311_19142193.jpg良いチャンスだから これを活かして勉強をし直すのも良いか、と使わせていただくことにした。
まず、サイズを
懐紙版を1/8に裁断したものが短冊のサイズである、
短冊には決まりがある、      
仮名の場合、三つ折れ半字がかりという規定があり 上から1/3下がったところを基準にして半字か1字程上から書き始め 和歌の第3句までを1行に第4,5句は2行目に収める。題を書くときは上から4分の1に書く。
墨つぎは 1、3、5句のはじめに。
自詠歌を書く場合 行頭を揃える。他詠の歌を書く場合第2行目を半字下げて書き ○○書 ○○かく とする。
また
短冊用料紙は無地もあるが 雲形などの模様のあるもの 絵が描かれているものなどにも規定がある。
雲形のものは藍、青を上に 紫、茶は下に。模様または砂子等がある場合 多く空いた方が上、狭い方を下に。追悼、仏事等の時は紫を上にする。

仮名以外の場合
漢字や調和体など あまり拘らずに書いて良いと思われる。用紙も無地を使う事が多い。

d0330311_19261189.jpg 
そこで   
現代風に 前衛調に短冊も使ってみるのもありだろうと思うので新しい感覚で制作してみては如何だろうか

ここには手本用に書いたものを使ったので朱で書いているが 皆さんには勿論 墨で それも墨色は工夫してもらいたいと思っている。

一字書なんて短冊に書く人あるかな?「創」とした。この縦線は紙が凸凹になったので写真では真っ直ぐに引けていないように見えるが思い切って線を引いてほしい。 
縦に長い短冊に横書きにするのは可なり無理がある。と思いながら書いてみた。

何しろ私のモットーは楽しく書くことだから 何でもアリ。(*^▽^)/★*☆♪







[PR]
by souu-3 | 2016-04-14 05:52 | ペット | Comments(18)

今日はボクの誕生日★*☆♪

d0330311_1858482.jpg

今日でボクは15才!

d0330311_1859697.jpg

d0330311_18593215.jpgこのケーキはボク用のケーキだよ。
だから 食べても良いんだ。
でもね。アイも欲しいっていうから 半分こ。

カワイイ妹だから分けてあげるんだ。
ボク優しいだろ!?

怒ったりしないんだ。

だって、アイの誕生日にもきっと買ってくるだろうから その時はボクも欲しいから・・・

仲良しだったトシくんが去年11月のお誕生日の1週間前にお星さまになったから 同じようになるんじゃないかとカァさんは心配したんだって。でも無事15才になったよ。
[PR]
by souu-3 | 2016-02-25 19:07 | ペット | Comments(18)

足の向くまま

d0330311_1726146.jpg

太陽が西に傾き始めると アイはお散歩に行こう!と急かせて来る。
こちらの都合などお構いなし。その上、今日はこっち、明日はあっちと 門を出た時から好きな方向へ一目散に走り出す。
犬は決まったコースを散歩するものだと思っていたが何を考えているのだろう。好きなようにさせると自分で考えるのだろうか?
d0330311_17263418.jpg

公園の木々も色付きはじめ夕陽に輝く。
足元の落ち葉が色とりどりで美しい。
50年ほど前、大台ケ原から大杉谷へ行った時、この美しい落ち葉に感動していると 横をすり抜けるように進む人たちが急いでいる事に何も感じなかった。
次の山小屋までの距離を考えなかった私たちの団体は迂闊だったのだ。当時、あの道は木こり道といわれ足場が悪く片側は崖だった。所々に吊り橋があり大変なコースだったのにノンビリし過ぎていた。
そのうち、陽が傾き・・・真っ暗になってしまった。みんな黙りこくって黙々と歩いた。リーダーが「ビバークしよう」と言い出した、
その時
遠くに山小屋の灯りが「点」と見えた。幻ではない。本当に見えたのだ。
その点に向かって歩いた。

小屋に着いたときの気持ちは忘れられない。
それからは山ばかりではなく 日暮れには敏感になった。

私の青春時代の忘れられない想い出だ。

d0330311_17264978.jpg
チョッピリ冷たくなった公園の滑り台。

誰も遊びにも来ない。


もうすぐ立冬、
今年は8日。

この日から暦の上では冬になる。



d0330311_2025687.jpg

【今月のカレンダー】

スセリヒメ(須勢理毘売命・須世理毘売命)
スサノオの娘、オオナムチ(大国主)が根の国へ来た時、お互いの一目惚れで結ばれた。
根の国での説話は、結婚相手の父から試練を与えられて、結婚相手の助言や手助けによって克服するという課題婚と呼ばれる神話の形式である。
オオナムジはこの試練をスセリビメの助けを得て乗り越え、正妻としたことにより、真に大国主になることができたといわれる。

春日大社の末社である夫婦大国社に祀られている。

[PR]
by souu-3 | 2015-11-04 17:54 | ペット | Comments(12)

にゃんこ物語

d0330311_622191.jpg

ダイヤモンドリリーかアルビフローラが スッと伸びて蕾が少し開きかけてきた。名札が薄くなり読みづらいので古いブログを探すと 一昨年の9月26日に開花している。しかも白花だが この蕾では赤い。
名前も花の色も ???

我が家には いつもペットと呼ばれる可愛い小動物がいる。
幼少の頃は人間も食べるのが大変だったから犬も猫もいなかったが 戦後、毛糸を得るためだったようだがアンゴラ兎を飼っていた。これはペットではなく 毛を刈って毛糸と交換してくれる所へ母が持って行ってたようだ。
何時頃だったか斜め前の犬が 父が出勤した後、夕方まで我が家に入り浸っていた。その後、猫が・・・
当時は今のような飼い方ではなかった、絶えず数匹居たように思う。
母は 若い頃、猿や鳩なども飼っていたらしい。夫の実家でも義父は亡くなる直前まで犬の散歩をさせたり兄弟の中にはペットショップを経営していた人も居た。そんな環境の二人が結婚して出来た子供が 又、無類の動物好きになるのは 極当たり前だったかもしれない。 

d0330311_10203075.jpgこの映画が近くの映画館で上映されることを知ったのは いつだったか?
この日を ずっと待っていた。

「今まで気付かなかったことに気付くきっかけになるような映画になったらいいな」と監督さんが言われるように この主人公・元校長先生は堅物で偏屈、人付き合いが下手な先生、何か夫とダブる。猫は大好きだから この主人公とは大きく違うけれど 一人暮らしになったら あの世から「お父さん!大丈夫?」って叫ぶんだろうか?気になって成仏出来そうにない。生き方が スゴク不器用だ、と思う。
その頃には リクもアイも居なくなっているかもしれない。

たった一人で・・・
ちょっとシンパイ。

大好きだったヤンがいなくなって 一番ショックだったのは夫だ。20年も居た猫とは別れなければならないのは判っていても 自分との絆の深さは人一倍だった。

この映画の主人公でもある猫は この元校長の家ではミイと呼ばれていたが 朝ドラ「あまちゃん」で夏ばっぱの飼い猫カツエ役でデビューしたドロップ(メス・5歳)らしい。
猫が演技をするのかは判らないが 大した女優らしい。
こんなことは出来なくっても 家ネコはどこの子より可愛い!
そう思うから 大枚を叩いて獣医さんへ通い 常に様子を見ながら飼える?いや、飼っているのではなく一緒に暮らせるのだろう。

3日間の展覧会は あっと言う間に過ぎてしまう。
d0330311_80125.jpg12月に出品予定の奈良の画廊へ行った時、翌日から始まる展覧会の花の事を話題にしてしまった。そこに飾ってあった椰子を「使って!」と言って下さって お借りすることになった。
正直、持って行って持って帰るのは大変だった。おまけに「大きな球根持ってきたんセンセやったん」なんていう人が。ケッタイな仲間なんだから。球根やない、ヤシ!

d0330311_6143969.jpg片づけに行く前、「徹子の部屋展」を観に行った。こちらも最終日。大勢の人で賑わっていた。
あの方は 私より高齢であるが若い時と変わらない。机に置かれた原稿も眼鏡なしで読め、相手の声もよく聞こえているから あんな風にインタビュー出来るのだろう。スゴイなぁ!
1976年スタートした頃の事は よく覚えている。確かNYから帰国した徹子さんは活き活き活動を始められたように思った。私は子育て真っ最中だったように思う。
その番組が同一司会者によるテレビトーク番組最多放送のギネス世界記録になった。
続いたことも凄いが あの若さを40年間保ち続けるのも大したもの。それなりの努力があるからだろう。やっぱりスゴイ人なんだ。

[PR]
by souu-3 | 2015-10-13 06:25 | ペット | Comments(20)
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31