玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

古事記のまつり

今年の「古事記のまつり」には出場しなかったので 皆さんを動画で撮影。
いつか そうしてみたいと思っていたのが実現した。

最初の桂文我さんの落語は撮影、録音等禁止だったが その後は自由に撮影できた。
落語は勿論古事記の話であるが時々、脱線する話が面白かった。
国生みの話で 最初に生まれた子供であるヒルコを葦舟に乗せて流してしまった。この子が恵比須様になった。
その証拠があるんです。
漫画家の蛭子 能収(えびす よしかず)さんは蛭子(ヒルコ)と書いてエビスと読むでしょ。と何処までホントの話だか?
須佐之男命のハチャメチャぶりから 6代目笑福亭松鶴師の話になり・・・
師匠の家には九官鳥が居た。家を空けたまま出かけた時にクリーニング屋が来た。九官鳥が「誰や!」と言ったので「クリーニング屋です」と。何度か繰り返している間に クリーニング屋は熱射病か何かで倒れてしまった。そこへ帰宅した師匠たちが その倒れている人を見て「誰や!」というと 九官鳥が「クリーニング屋です」と言ったなんて ホンマかいな!?という話。
こんな風に古事記も覚えると興味が湧くのではないだろうか。


市長などのも撮ったが お仲間のをYouTubeにUPしたので ここに公開。



翌日は 会の総会があり大阪へ。その前に会場近くであった叔母のお葬式に行き久しぶりに従妹たちとも逢った。
もう、梅が咲いていた。
d0330311_20241844.jpg

今年度の展覧会の事などを決める。

その後、懇親会があり
d0330311_20273669.jpg

お喋りをしながらの会食は・・・
少しずつの筈が いつの間にか満腹!
また、1年計画に沿って頑張らなければ。

古事記のまつりに行く前には獣医さんへ寄り、この日、大阪までの電車の中で このブログを書こうと出かけたら駅でお喋り好きなご近所さんに逢って 予定通りには行かなかったが久しぶりにノンビリした生活から何時もの生活に戻った2日間だった。








[PR]
by souu-3 | 2017-01-23 06:04 | イベント
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30