玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

22年前

d0330311_5552042.jpg


あれから22年。
あの時は まだベットの中に居た。大きな揺れに飛び起きた。阪神淡路大震災だ!
今のリク・アイではなくパピ・ジョアン・ヤン(猫)と娘もまだ家にいた。
地震の時はドアを開けておく、そんなことが頭を過ぎった。揺れる中 玄関のドアを開けに降りることは出来た。「そんな所へ行ったら危ない!」娘が叫んだのを覚えている。玄関は吹き抜けになっているので頭の上に吊るしたシャンデリアが大きく揺れていた。
随分、長い揺れだった。

揺れが収まりTVをつけると各地の震度が出た。
が、神戸の情報が届かないと。
震源地は明石辺りらしい。

姫路の姪は大丈夫だろうか?
その時点では電話も通じた。大丈夫だと、怖かったね~~ お互いの無事が確認出来 姉たちにも連絡は出来た。
連絡しなかった下の姪は 当時、マンションの9階に住んでいてエレベーターは動かない、揺れも大きかったらしい。相当、怖い思いをしたらしい。その後、すぐ引っ越した。

当時も朝のウォーキングをしていたが 見合わせることにした。
が、時間が経って 歩けるかな?と友達と歩き出して暫くすると「ゴーーー」と地鳴りと共に又揺れ出した。
大急ぎで引き返した。
そんな日が 2日  3日と。
TVは被害を映し出す。

ジッとしていられず 私たちに出来ることがあるかもしれない。
「歩く」こと以外には取り柄もないけれど 出かけよう。
友と二人 当時はお互いの夫も22才若かった。留守を託して阪急電車が西宮北口まで動いている。
川を渡った辺りから 潰れたマンションに車が圧し潰されている。被害の凄さが見えるようになってきた。
北口から歩いて市役所まで行った。
ここもヒビが一杯入った階段を上り ボランティアが集まるようになっていた。
「届け物を出来る人」「炊き出しを出来る人」「公民館へ行って救援物資を運べる人」呼び出されると出来るかと思う人が前へ出る。
我々は数人の人と 春風公民館という所へ行った。
体育館には避難している人でイッパイだった。その頃には自衛隊の大きな自動車で色んな物が運ばれてきた。その荷物を降ろし仕分けをする。
役所の人か 音頭を取る人の指示に従って それらの物を渡したり傾いた家に残っている人もあり それらの家々にも台車で運んだ。
「怪我をしているから〇〇が欲しい」とか これは如何すれば良いのかなど尋ねられたことを聞きに戻ったり・・・
何しろ今より22才若かった。姪とは21才違いであるが今の あの子くらいの年齢だったんだなぁ
私の方が元気だったような気がする。

その後、何度か出かけたが 壊れた線路を直し復興に頑張る人を見ていると 不謹慎かもしれないが蟻んこが壊された巣を修復しているような気がした。みんな必死だったように思う。
持って行ったおにぎりを食べながら 地震の時単車に乗っていて飛ばされたという人の話も聞いた。震度7ともなると、それも高速道路やビルの倒れたのを見ると本当に大変な地震だったのだと思う。
この22年の間には大きな地震も東日本や熊本、台風や水害も こんなに起こるのかと思うほど起こっている。
「災害は忘れたころにやってくる」嘘!何も忘れてはいない。

その後 ボランティアには何度か。お水を運んだり 壊れた家の片づけなどにも行った。

必ず起こると言われている南海地震。その時私は何歳になるのだろう?立ち直れるだろうか?






[PR]
by souu-3 | 2017-01-17 05:46 | 関西 | Comments(14)
Commented by syo-kunin at 2017-01-17 06:07
SOUU先生、こんにちわ。。。

早いですね~関西淡路大震災から22年、
朝、TVを付けるとヘリから中継で所々から煙が上がってる
映像を見て、最初は映画かと思いました。
地震は怖いですね、南海トラフや関東直下型地震もいつ
起きるか解りませんが準備だけはしときたいですね。
Commented by souu-3 at 2017-01-17 08:22
syo-kunin さま
書き込んで頂いたときは まだちゃんっと綴っていなかったでしょ。
失礼しました。でも、言いたいことを代弁して頂き有難うございました。
これからの災害が心配です。準備は必要ですね。
阪神の時は全く予期なしでしたものね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2017-01-17 10:56
22年
やっと22年。
山口にいたので揺れはありませんでしたが
あの大震災はよく覚えています。
今年は酉年。落ち着かない年になりそうで
心配をしています。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by souu-3 at 2017-01-17 20:14
KawazuKiyoshi さま
手術もご無事で良かったですね
あの時 山口は揺れなかったのですか?
酉年はやはりバタバタですか?特別良い年になるとは思っていませんが
落ち着かない何かが起こるのは困りものですね。
Commented by usatyu4 at 2017-01-17 22:27
22年前の阪神淡路大震災のことは今も思い出します。
災害の少ない岡山県ですが、明け方、ひどい揺れに驚きました。私たちのところも相当揺れましたが、souuさんの
ところはもっとひどかったようですね。余震もあった
のですか。それは気がつきませんでした。
ボラいいティアもされてご苦労様でした。
あの時、私たちのところは震度4の揺れでした
Commented by souu-3 at 2017-01-18 06:17
usatyu さま
岡山は震源地に可なり近いですが その程度でしたか?
災害は少ないのですか?奈良も少ないと言われていますので
南海地震の準備もノンビリしていると思います。それでも自治会で
災害対策の要綱なども決め準備をしています。もっと訓練も必要ですね。
Commented by おせっちゃん at 2017-01-18 09:44 x
22歳今より若かったとはいえ、救援に出かける、素晴らしいフットワーク、感心します。
何処にいつ起こるかもしれない、でも確実にその可能性は高まりつつある毎日、準備は…と思うけれどもなかなか。
Commented by 由乃 at 2017-01-18 10:33 x
震災の日のことは、今も覚えています
娘たちも小さかったので、ひとつの部屋に皆で寝てたのですが
大きな揺れを感じ目が覚めました
長い揺れに不安を感じてました
テレビをつけて、高速道路が壊れてバスが落っこちそうな場面を見た時
びっくりしました
南海トラフ地震、近いうちに起きるって言われてますね
我が家は海に近いので津波が心配です
火事も怖いですが、津波は何もかも飲み込んで行きますから
Commented by rabbitjump at 2017-01-18 21:01 x
22年も経つのですね~
主人の親戚のお寺が神戸にあり、
その後電話で話したことが昨日のように思い出されます。
災害はいつやってくるかわかりませんが、私も年をとりました、
本当にその時に動けるかしらと思います。
Commented by souu-3 at 2017-01-19 06:04
おせっちゃん 様
あの後、大阪で展覧会の審査会があり陸続きで行ける者は良いですが
船などで来られた方もあり 会員さんにも亡くなられた方もありました。
それ以上の災害が近づいていると思うと不安ですが何をしておけば
良いのか?そちらは随分準備出来ていらっしゃるようですから又教えて下さい。
Commented by souu-3 at 2017-01-19 06:07
由乃 さま
日頃は海に近いのは良いなぁと憧れますが 津波は怖いですね。
和歌山に友達が多いのですが皆さんの話を聞くと本当に大変です。
自分がこの世から消えてから、と思う反面起こるのなら動ける間に
とも思います。不安ですね。

Commented by souu-3 at 2017-01-19 06:12
rabbitjump さま
私の友達は尼崎のお寺だったのですが電話が通じず心配しました。
そんな知人は多く。あの頃のことは忘れられません。
だから備えられるかというと中々難しいですね。
それにしても年月はドンドン過ぎていきますね
Commented by rollingwest at 2017-01-19 06:12
阪神大震災を体験されたのですね。今から15年前に宝塚に住んでいましたが六甲山から淡路にかけての断層の峰を歩き神戸の地形を確認し地震が起きるのは当然なのかなとあらためて思いました。風光明美な地形は地層のぶつかりから生み出されたものですから
Commented by souu-3 at 2017-01-19 06:18
rollingwest さま
六甲山には毎週のように登っていた時期がありますが見る所が
違いますね。成る程!自然は良い事ばかりではないのですね。
古代から考えると当然起こりうる事なのでしょうけれど 情報が
ある分 不安もいっぱいです。老いると尚不安なものです。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31