玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

秋に咲く桜

d0330311_17313042.jpg

急な冷え込みに銀杏はすっかり色づいた。

昨年から体調を崩していた友が 快復したというのでお喋り付きランチをと言うことになった。
彼女とは会社の同期生で現在の大阪環状線、当時は城東線といい砲兵工廠の焼け跡がむき出しになっていた頃 この電車で通勤していた。
d0330311_1747876.jpg

d0330311_174729100.jpgその後、この辺りは整備され小さなヒョロヒョロとした木が植えられ 公園になった。

あれから50年 いや60年近くなるだろうか?
立派に成長した樹々が並ぶ。
そんな思い出話に花が咲き楽しい時間が過ぎた。

彼女はほっそりとした綺麗な娘さんだった。
結婚して立派な体格になったが この度の病で15K も体重が減った時期があったという。少しずつ回復しているようではあるが まだ可なり細く娘時代に戻ったようね。などと昔を思い出すことが多かった。両親のこと、兄弟の事、お互いに知り尽くしている間柄。話は尽きない。

d0330311_182442.jpg

大川の桜も すっかり紅くなっている。
そんな中に
d0330311_1831851.jpg
八重桜「松月」が咲いていた。
松月と言えば造幣局の通り抜けで見た八重桜。
今頃も咲くのだろうか?十月桜など秋に咲く桜もあるが この種類の開花は検索しても見当たらない。
桜は本来、夏の間に翌春の花芽を作ってから休眠に入るが葉で作られ花芽に届く「休眠(成長抑制)ホルモン」によって、咲くことを「待て」の状態にされる。そして、葉が落ち冬の寒さで休眠から目覚め、次第に春の暖かさを感じて、つぼみが成長して開花を迎える。とネットには書かれていた。d0330311_1843514.jpg
そういえば 川沿いの桜の木は紅葉しているが 花の付いた木には葉っぱが殆どない。
何らかの理由で葉が機能しなくなり、十分な休眠ホルモンが花芽に届かず涼しくなった後、春のような暖かい日が何日か続くと開花するらしい。
それなのか この時期に咲く品種なのかは判らないが 寒風に揺れながら花は咲いていた。

日本には四季があるから こうして楽しめる。ちゃぁんと四季のある日本であってほしい。













喪中はがきを出してから 最初はメールを頂いた。次に電話が沢山掛かるようになった。この時が一番忙しかった。序でにお喋りすることになるので長電話になる。久しぶりに話をする人が多い。そしてお葉書をいただく人が多くなった。数か月の間に3人の兄弟が・・と驚かせてしまったようだ。
50数年前、父方の祖母、母方の祖父、父と続いた年もあった。2度目のことである。
もうこんなことは要らない!





[PR]
by souu-3 | 2016-11-15 05:26 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31