玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

対談

d0330311_19264597.jpg

福井へ行った。
このところ、リクの調子が芳しくないので前日の夜まで迷っていたが 主人の一声「行ったら良いがな」に背中を押され出かけた。
福井へは何度も行かせてもらったが何年ぶりだろう?駅前の恐竜はTVなどで見ているが以前は無かった。これを見て、「あ!あのホテルに泊まった」「あの病院へ行った」何時だったか泊りでの漢字普及の仕事の時、体調が悪くなったことがあった。そんなことを思い出しながら会場と反対の方に歩いてしまった。

d0330311_19235063.jpg

急いで戻り開場時間の少し前に到着。
白川先生のご長女・史さんと時代小説作家宮城谷昌光氏の対談と元NHKアナウンサー加賀美幸子さんが聞き手となり朗読もされた。~写真撮影はご遠慮下さいと言われたように思うのに撮影した(#^.^#)~
前半は白川先生の著書「漢字・生い立ちとその背景」あとがきの部分を朗読され 先生のご自宅でのご様子などが話された。
d0330311_2093115.jpg
十代の半ばまでに詩経とは出会い、同時に万葉の研究をする内に漢字をひも解く必要があったことなど これらに関することを深く深く研究されたことが窺えた。
甲骨文字をトレースされていたことは知っていたが その数の多さ。我々が書の臨書をする数とは比べられないほどである。
何事も継続が大切。こつこつと努力された様子が判る。
d0330311_2011698.jpg
⇒ 史さんが ご自分に名付けられた「史」の字について説明された。
祝祷を収める器である口(さい)を木に著けて捧げ、神に祝告して祭る意で 祭祀を意味する字であったことは最初から話されたのでなく徐々に教えられたと。以前、史さんから聞いたのは 誕生日が23日だから「ふみ」と。その後に本来の意味を教えられたということだった。

加賀美アナウンサーもご自分の名前「幸」はしあわせで良い字だと思っていたのに
d0330311_619093.png両手にはめる刑罰の道具である。と知ったときは驚いたと言われていた。手かせだけの刑罰で済むのは「さいわい」だという。
私の名前に付く「眞」も行き倒れの形だと聞いたときはショックだった。でも、これらを良い解釈に持って行くのが白川説かな?

d0330311_20224382.jpg

先生のノートには白川の白〔頭顱(とうろ)の形で、その白骨化したもの、されこうべ。雨露にさらされて白くなるので、白色の意となる=字通より)の甲骨文字一字が書かれていた。その中身には綿密に多くの事が書かれていたと ホンの一部分であるが披露された。

後半は宮城谷氏の「沈黙の王」
暫く読んでいなかったのですっかり忘れていたが出かける前 本箱から取り出し往きの列車で読みながら福井まで行ったが その本が偶然に 沈黙の王だった。
読んだばかりの本が朗読され 親しみが持てたのはラッキーだったかもしれない。

のちに高宗武丁となった子昭に、幼児のころから言語障害があったという伝承。
武丁は甲骨文字の時代の王である。
「文字をつくった王」と帯に謳っていたらしいが 何故か帯は紛失していた。
子昭は商の国に戻るが小乙はすでに死んでいて、子昭がそのあとを継ぎ、武丁を名のった。武丁は人が喋るだけで消えてしまうのではない言葉「目に見える言葉」をつくろうと決意した。武丁は百官の部下に「文字」づくりを命じ、貞人がその役目をした。『高宗武丁の言葉は、いまだに甲骨文でみることができるのである』と、とても感動的な締めくくりになっている。
著者は「小説です」とは言われたが作家の博識には驚かされる。

d0330311_2040591.jpg

この会場は「AOSSA」という。「会おうさ」という方言からきているという。
この名前を聞いたとき、わが市にも この名前のレストランがある、と。福井のソースかつ丼とお蕎麦を供する店であった。過去形に書いているのは 嘗てあったからで今は閉店している。が、この通り看板は今もある。






[PR]
by souu-3 | 2016-10-31 06:14 | 文字の成り立ち・漢字 | Comments(14)
Commented by rabbitjump at 2016-10-31 07:16
吸い込まれて(^_-)読みました^^
幸の字、眞の字にはそんな意味があるのですね、
驚きました。
この年になっても初めて知ることが沢山、
souu先生に感謝です。
Commented by usatyu4 at 2016-10-31 11:09
おはようございます。↑の方と同じで、
漢字にもそれぞれ意味があることを初めて知り、
改めて意味の深さに驚いています。
Commented by souu-3 at 2016-10-31 15:38
rabbitjump さま
有難うございます。下手な文章をお読みいただき恐縮です。
怖い漢字というテーマで1冊の本が出来るほど 古代は恐ろしいこと
だらけだったのだと思います。自然災害も現在は色んな事を紐解いて
教えてもらえる、逆に心配な時もありますが用心も準備も出来ますね。
暗中模索での生活は大変だったでしょうね。
Commented by souu-3 at 2016-10-31 15:41
usatyu さま
漢字は表意文字ですから 見ることで判断できる便利さがあります。
雨・飴・天・糖など見るだけで違いが判る便利さ。だから私は好きです。
Commented by おせっちゃん at 2016-10-31 16:31 x
幹事の成り立ちは、教えていただくと面白いと思います。
でも思いがけない厳しい意味があるのですね。
古人が考えに考えているうちに、出来上がったものなのでしょうね。
Commented by iwa_gonta at 2016-10-31 18:20 x
こんばんは、福井は恐竜の骨が出るところなんですね
駅前の恐竜は実物大なのですか。

文字の世界面白いですね、全てに何かしら意味があるのですね
「眞」って行き倒れの形なんですか!!同じ名前の私もショックです(笑)
リクちゃん寒くなって調子が悪いのかしら、お大事に。
Commented by souu-3 at 2016-10-31 19:57
おせっちゃん様
のんびりした時代ではなかったのではないかと思うのです。
今以上に恐ろしいことも多く神を頼っていたのでしょうね
何人の人がどれ程の時間を掛けどんな風に考えたのか詳しい真相は
判りませんが簡単にはいかなかったでしょうね。
Commented by souu-3 at 2016-10-31 20:14
iwa_gonta さま
福井で生息していたフクイラプトル、フクイサウルス、フクイティタンの
3体を、実物大で動くモニュメントにしたものだそうです。
「眞」はショックでしょ。でも、「慎、鎮」のように真(眞)の部分を
持つ字は重要な理念としての意味が与えられるようになったというのが
白川説です。このような亡くなり方をした人は丁寧に鎮めるので
良い意味になったと言われています。リクは内臓も弱ってきているようです。
Commented by すみれ at 2016-11-01 05:55 x
souuさん  おはようございます。
気にかけながらのお出かけ、大変でしたね。
私の恩師のご主人が、白川先生のご長女とご縁があるとか?
もしかして、会場にいらしたかも?

素晴らしい時間だったご様子、何よりでしたね。
Commented by souu-3 at 2016-11-01 07:46
すみれ 様
いつも走ってのお出かけですが この日も大急ぎ。
近くだと連絡があると帰ることは出来ますが ここまで行くと
そうも参りません。皆さんには不義理な事ですが。
史さんのお知り合いですか?私たちと繋がりがあったりして??
世間は狭いですからね。
Commented by yo-koyo-kosan at 2016-11-01 09:34
お近くへいらっしゃったのですね。
「沈黙の王」のエピソードは、神がかりのような気がします。
幸の字が刑罰の道具から来たとは、びっくり!
眞の字も・・・。
世の中、知らないことが多いです。
Commented by souu-3 at 2016-11-01 19:43
yo-koyo-kosan さま
金沢も日帰りですが福井は更に近い?こんな大急ぎの旅は勿体ないですが
今の私には これしかありません。
沈黙の王は以前読んだ時と今回では印象が違います。
成り立ちを考えると 当時の生活が見えて来るようですが現代では
考えられないような恐ろしいことも多かったのでしょう。
Commented by asayannj at 2016-11-02 08:22 x
福井駅と恐竜だ!このように県外の方の写真に嬉しくなります。アオッサでアオッサしたかったです・・・・。
そして会場で対談や講演も聞きたかったです。
漢字は知らない事ばかりです 意外な意味があるのですね。
奈良にもアオッサというお店があったのですね。
かつ丼とおろしそば名物ですが やはり福井でなければ
ムリだったのですかね。
Commented by souu-3 at 2016-11-02 09:08
asayannj さま
ホンとaossa でお逢いしたかったですね。お蕎麦も食べたかったのですが
気が急いて電車の中で持参したお弁当(主人用に作ったのと同じ)を
食べて又大急ぎで帰りました。ゆっくり行けるときに又お会いしましょうね
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30