玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

大盂鼎

d0330311_16402888.jpg

西周の金文を読み解く講習会に出席した。今更と思われそうだが大盂鼎の中に書かれている この文章は書道をやるものにとって読めなければならないものだとは思うが つい、素通りしたくなる。
こういう機会があってこそ難しい文字も判り内容もある程度理解出来る。
例によって又忘れるのだろうけれど知った上で忘れるのと初めから知らないのでは違うだろうと思う。
今まで この鼎との接し方は作品を書くために文字を集字する程度だった。
何年 書道をやっているのかと言われそうだが・・・

ここに出席される人は関心のある人ばかりだとは思うが 同じ学校の同窓生(私はよそ者だが)の催しである。中には楽しい人が居て 全く知らない者とも仲良く接して下さる。
d0330311_16564100.jpg会場の近くにお住いの人が 「トネリコの木 要るか?」と、いや「トリネコの木」と確か言われ大きな立派な花ではないが咲くということだったので何気なく「はい」という感じだった。
そこで3人がご自宅まで付いて行くことになり おまけにお家まで上がり込んでお茶まで頂いた。
急な厚かましい客を3人も連れて来られたのに 奥さまも気持ちよく招き入れて下さった。

そこで頂いたのが この木。⇦ 成長も早く大きくなるそうだから小さめのを戴いた。
名前もアヤフヤだったので検索すると どうやらトネリコで「樹皮に付着しているイボタロウムシが分泌する蝋物質があり・・・」
え?イボタロウムシ!去年、年賀状を加工する時に使ったイボタ蝋だ。
d0330311_17375014.jpg
こんなところで 繋がりがあるとは!
急に昨年の事が蘇った
動きの悪くなった敷居の溝にこの白蝋を塗って滑りを良くすることから「戸に塗る木」とされたのが転訛して「トネリコ」と発音されるようになったものと考えられているそうだ。

この日、会場へ行く前
d0330311_1746484.jpgd0330311_17494238.jpg

大阪で こんなことをやってるよ。と誘っていただきランチを楽しんだ。
500円ランチパスポート。期間はあるがお安く食事が出来、お喋りも出来た。
思いがけない良い時間だった。





[PR]
by souu-3 | 2016-10-25 06:15 | 文字の成り立ち・漢字 | Comments(8)
Commented by おせっちゃん at 2016-10-25 15:33 x
偉いなあ。書道をやるものの必需のものとはいえ、この漢字ばかりのものには拒絶反応を起こしそう。
本当に集中力も、向学心もうせてきています。
朝日新聞の「猫」さえも強いて心を励まさないと読み続けられません。
Commented by souu at 2016-10-26 09:11 x
判れば面白いのですが 取っつきが遅くなりましたね。
でも、出来るだけ楽しいんだと思うことかと思っています。
なるだけ楽しくをモットーにしたいと思います
Commented by すみれ at 2016-10-26 17:08 x
souuさん  今日は。
とねり木?(とねりこ)
大昔のことですが、田んぼの縁に植えられていて、稲刈りが済むと、その木に刈り取った稲をくくりつけ、芯になる木と教えてもらいました。
実際にあるんですね、知らなかった。

叔母の家も整理を済ませ、解体のご挨拶の日も決まりました。
涙が溢れ、これでよかったのか?苦悩とは大げさかもしれませんが・・・。
Commented by souu-3 at 2016-10-27 04:54
すみれ 様
トネリコというよりとねり木という方が判り易いですね。
稲を掛けた木らしいですものね。それほど綺麗な花でもなさそうですし
とっても丈夫らしいので出てきて成長すれば役に立ったのでしょうね。

叔母様んちもいよいよ姿を変えるのですね。寂しいですね。
お気持ち判ります。そうする必要があるのに気持ちは複雑ですね。
Commented by rabbitjump at 2016-10-27 06:01
難しそうですね、私だったら、素通り^^
前向きに勉学に励まれるsouu先生、さすがですね。

変わった名前と思いましたが、なるほど納得の木。
想いもかけないところに繋ががあるのですね。
Commented by usatyu4 at 2016-10-27 07:27
おはようございます。きょうもむつかしそうです。
トリネコの木はネムの木というのですか。
ネムの木は聞いたことがあります。
大きくなったらまた見せてください
Commented by souu-3 at 2016-10-27 15:41
rabbitjump さま
当時は皆が文字を読めた時代ではありませんので この鼎を手渡された人には
こんなことが書かれているので それを守るようにと言われたのではないかと
言うことでした。
トネリコの木は案外 何処にでもあるのかもしれません。
調べると 思いがけないことがありました。
Commented by souu-3 at 2016-10-27 15:44
usatyu さま
一文字ずつ読んでひも解くしかないのでしょうけれど判ると楽しいです。
トネリコの木は合歓とは葉っぱの形が違うようです。
成長が早いそうですが さて、どこまで伸びるでしょうか?
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30