玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

公民館まつり

d0330311_19351045.jpg

16日、1日だけの展覧会、公民館まつりに出品した「発泡スチロール刻字」作品。
甲骨文字や篆書体、隷書体、草書体、行書体の1文字から4文字程度の作品である。
発泡スチロールは粗いので余り細かい文字は書き難いのと練習しておくとは言え 一発勝負のようなものだから 字数の多い作品を好まない人が多い。

この作品の他、例年通り軸や額の作品も展示している。

そして
d0330311_20699.jpg

出前授業で皆さんが教えた小学生の作品。
墨で書いた甲骨文字を並べた後に色付きの文字などを賑やかに並べられ 文字が沈んでしまったように思ったが 写真に撮るとそうでもなく面白い作品になったと思う。
これは子供たちが楽しんで描いたようだ。

d0330311_2110561.jpg
学校での授業では見たままが漢字となった象形文字の他、会意文字も書いたので会意文字にも親しんでもらいたいと 誰も知っている文字で飛び出すカードを作ってみた。
「木」を並べ「林」になり 更に飛び出す「木」を組み合わせて「森」となるように作成した。
他に「好」など。そして、
d0330311_635482.png左右の足跡の形と阝(神梯)を組み合わせて「陟」チョクと読み「のぼる」こと。
d0330311_20325423.png「降」は この足跡を逆さまにした形と阝(神梯)を組み合わせた形。
左右の足跡を交互に動かすと「歩」となることは何度か書いた。
左足の足あと止+右足のあしあと少、左右の足あとを連ねて歩行の意。
陟と降は 足跡の形を変えて こんな風に漢字を作った。
これが古代の人の漢字の作り方だったのだ。

d0330311_20541860.gif


d0330311_2194248.jpgd0330311_5505580.jpg

ご近所さんが大安寺へ行かれたと その すぐ傍にある『大安寺伽藍絵図』に描かれているという推古天皇社の写真と奈良大芸術祭参加作品「足場の塔」の写真を送って下さった。
そう遠くない場所で色んな催しが開催されているが中々行けない。





[PR]
by souu-3 | 2016-10-16 06:17 | 文字の成り立ち・漢字 | Comments(6)
Commented by amamori120 at 2016-10-16 18:32
souu先生   こんばんHA

小学生の作品 仰るやうに なかなか面白い物に成ってますね♪
かういふ行事を通じて 小さい連中が漢字や書 に関心を持ってくれるといいですね 
Commented by souu-3 at 2016-10-16 19:18
amamori さま
公民館と小学校の交流でお互いに刺激を貰い合っていると思います。
小学生が関心を持ってくれるだけでなく教えることは学ぶことですね。
こちらにも収穫はありますね。
Commented by rabbitjump at 2016-10-17 13:02
発泡スチロールの、、とっても面白そうです。
私も彫ってみたいです。
子供さんたちもきっと楽しく、
よい勉強になったでしょうね。
文字も華やかで楽しく心弾んで踊っているようですね(*^^)v
Commented by souu-3 at 2016-10-17 20:44
rabbitjump さま
これはシンナーと油性のペンキを混ぜて 筆で書いています。
シンナーは中々入手し難いのですよ。
小学生との交流はお互いにプラス面が多く良い体験です。
Commented by おせっちゃん at 2016-10-17 22:34 x
子どもたちの作品面白いですね。
漢字の成り立ちをこんな工夫もして指導なさるのですね。
漢字に親しむきっかけに、きっと大きな力になることでしょう。
それにしても、私の頭からは漢字がどんどん消えてしまっています。手紙など書いていると、まだるっこしいこと!
Commented by souu-3 at 2016-10-18 05:57
おせっちゃん 様
いつも有難うございます。子供たちばかりでなく指導者が楽しめる
ようになりました。当日も見て下さる方に文字の成り立ちを説明出来る
ようになり楽しんでいたようです。
漢字を忘れるのはPCで変換すればよくなってドンドン退化するように思います。
人間楽をするとダメですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30