玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

信貴山

d0330311_18363801.jpg
お彼岸を忘れず ちゃぁんと彼岸花が咲く。
環濠集落の村外れの畦道に並んでいる。

d0330311_18471439.jpg
私もお彼岸を忘れず実家のお墓参りに行った。
金剛生駒紀泉国定公園の中にあり生駒山と続く信貴山の高安山と言われる所に墓地はある。奈良と大阪の境目で西側(大阪府側)は急傾斜であるが東側(奈良県側)は比較的傾斜もゆるく、侵食の進んだ樹枝状の谷が稜線近くまで発達している。
ここは488mで7世紀後半には高安城が築かれていた。


d0330311_18391128.jpg
      
この日は地区の方々と信貴山の頂上へ登ることになっていたので 皆さんが来られる場所で待っていた。ここは「開運橋」といい、片持ち梁は梁の一端が固定され、他端は動くことができるカンチレバー橋という珍しいもので昭和6年という日本では最初期のものだそうだ。

d0330311_18394245.jpg
ここで待っていると向こうの橋に皆さんの乗るバスがやってきた。

信貴山は聖徳太子が物部氏を攻めた時、この山で毘沙門天が現れ太子が「信ずべし 貴ぶべし」と言ったことに由来すると伝わる。

外観は雄岳と呼ばれる北峰(437 m)と雌岳と呼ばれる南峰(400.5 m)の二峰からなる。

d0330311_18401215.jpg
南側山腹には朝護孫子寺があり、山頂(437m)には空鉢護法堂があり、ここから見える二上山、葛城山、金剛山(写真2枚目)が我が市から見えるのとは違った並びに見えた。そこには松永久秀が築いた山城である信貴山城址があり、更に進むと松永屋敷跡がある。

d0330311_18464405.gif
石垣などは見当たらなかったが 梯郭状に築かれた曲輪、土塁、城道かと思われる
痕跡があり、どなたかが作られたと思われる写真の物があった。






[PR]
by souu-3 | 2016-09-25 06:36 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30