玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

ジャカランダ

d0330311_1718182.jpg

今年も 来週火曜日から会の展覧会が大阪市立美術館で始まります。
2年前 近くの一心寺に咲くジャカランダを見に i さんに連れて行ってもらいました。
今年は花が密集して薄紫色が濃く見えるらしい。会期中に 姪と この一心寺へ行く約束をしました。
一週間ほど先になるので ちょっと盛りを過ぎるでしょうか?
この花は別名“青い桜”といわれ薄紫色の花が枝の先端にうっすらとヴェールを掛けたように咲く。
南米などの暖かい地方では街路樹などに植えられているらしいが 気候の変化が激しい日本の屋外では成育が非常に難しいらしい。
一心寺では三千佛堂から道路向かい側の塀沿いに3本、境内の日想殿入り口付近に1本あります。

d0330311_17291899.gif


『ならシカ』

d0330311_6101054.jpg先日、大昔の写真を ここに載せた時、NHK ONLINE 奈良放送局のHPに」投稿したらと totteさんに教えてもらい 送信しました。
「載ってますよ!」と又また教えて下さった。
2016年06月09日 (木)に totteさんの新しい画像の次に昭和30年ごろの「シロちゃん」の画像が掲載されています。

検索すると「シロちゃん | ならシカ | ならシカ | NHK奈良放送局ブログ」出てきます。ビックリ!

1954年に産まれ1972年7月11日交通事故で命を落としました。
生涯、たった1度だけ子鹿を生みましたが16日目に交通事故で亡くしています。シロちゃんのお母さんは人間が捨てたゴミを食べて亡くなったようですし このシロちゃんはその容姿が奇妙に映ったのか警戒心を持たれ、仲間はずれだったようです。
その後、この鹿には別の友達と行った時にも逢っています。

d0330311_10514888.png


『こわくてゆかいな漢字』

d0330311_528410.jpg先日、紹介した張莉さんの著書「こわくてゆかいな漢字」が発売されました。

書店に予約しておいたら 早速、連絡がありました。
初めから順に読めば良いのに 気持ちが急くときは ついバラバラと見て興味のある部分を先に読んでしまいます。
最後に、というページに載っている「笑う門には福来る」を先に。
先日、若い弟子が雅号を決めるのに「笑」の字が好きだけど「咲」を入れた雅号にしたいと言い、私の雅号「爽雨」から 雨を入れ「咲雨」とすることになりました。
この本にもあるように「咲」は古くにはなく 初文(最初の字)は「笑」でした。巫女が両手を上げて舞い 楽しみ笑う形です。
「花が咲く」という表現は 咲くに口がついているから おそらく口元のほころびる様子を花の開くことに喩えたのでしょう。花が咲くことは花が笑うことだったのでは、と書かれています。
「神と人との世界は この笑いにおいて相接し 相楽しむのである」と白川先生は解説しています。とも書かれています。日本人の感性は素晴らしい、とも。
張莉さんは中国天津市生まれで 1996年に日本に留学された人ですが 日本人以上に日本の事を知り日本語が上手い!私の娘ほどの年齢ですが笑顔の素晴らしい人なのです。







[PR]
by souu-3 | 2016-06-10 06:31 | 大阪・京都
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31