玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

卒哭忌(そっこくき)

d0330311_17334454.jpg

近畿地方も梅雨入りし 何となくスッキリしない天気になりました。
〔送られてきた広告メールに こんなクッキーの写真がありました。雨も楽しく?〕

そんな日、義妹の卒哭忌を迎えました。
卒哭忌の「哭」は声をあげて泣きさけぶこと、字通に依れば 口を横に並べた(けん)と犬。口は(さい)祝祷を収める器の形。犬は犬牲。哭は葬に臨んで哭泣することで、 「卒」は、終わる、という意味です。故人を思い、泣き悲しんでいた親族や近親者たちも泣くことをやめる頃、それが百箇日を迎える頃だ、ということから卒哭忌といわれるようになったようです。

我が家はこのすぐ後、入院中だった私の姉の連れ合いがホスピスに転院し最期を迎え ずっと看病をし満中陰まで頑張った姉が倒れました。

この3人があまりにも引き続いた為、卒哭する間もありませんでしたが せめてもとお稽古に行く前 既に両親の元に埋葬したお墓へ参りました。
重忌喪(ちょうきも・忌服中に別の近親者が亡くなり忌服が重なること)となりましたが 我が家は59年前にも こんなことがありました。父方の祖母、母方の祖父、そして父と続きました。
何か悪い事をしたのでしょうか?

姉とは10日も声を聞かなければどちらかが電話を掛け「元気?」「如何している?」などという姉妹でした。
小さい頃も一人一部屋などという部屋数もない家で一緒の部屋で過ごしていました。学校も同じ所へ通学し、一時は反発もあり勤め先は全く違っていました。
入院中、もう助からない病であることを知った時、「私の勝手で悪いけれど このまま逝かせて。我が儘なことは判っているけれど・・・」と申しました。
駆け落ち夫婦だった姉たちです。やっぱり妹より夫の方が良かったのでしょう。
完全に負けました。






[PR]
by souu-3 | 2016-06-07 05:45 | 雑記 | Comments(24)
Commented at 2016-06-07 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souu-3 at 2016-06-07 16:40
totte さま
あんなに頑張ったのですが力尽きたようです。
今年の初めには主人も私も兄弟が夫婦揃っていることが
自慢できるほどだったのですが。あっと言う間に3人も減りました。
私はまだまだ主人や犬の為にも頑張りたいと思っています。
Commented by すみれ at 2016-06-07 17:12 x
souuさん  今日は。
悲しみが重なるとは・・・。
おかけする言葉もなく、東の彼方より合掌させていただきました。

寂しくなる話題ばかりですね。
叔母も苦しんでおりますが、叔父の元へ行ける日を望んでいるようです。
Commented by souu-3 at 2016-06-07 17:19
すみれ 様
あちらにも知り合いが随分増えました。
治るのなら何とでもしてやりたいと思いましたが
無理でした。それを望んだのですからこちらは辛抱するしか
ないのでしょうね。
Commented at 2016-06-07 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rollingwest at 2016-06-07 22:55
いよいよ梅雨入り宣言となりました、じめじめと鬱陶しい季節ではありますが草木の育ちや農業には必要不可欠な恵みの雨。カビや食あたりに気をつけて毎日を健康に過ごして行きましょう。
Commented by souu-3 at 2016-06-08 06:04
midori さま
お母様も大変ですね、でも、よくして下さる施設や病院には
頭が下がります。昔は家で全てみたのですからね。
3年は大変でしょうけれど「居て下さる」それがどれだけ
嬉しい事か、頑張ってほしいです。
Commented by souu-3 at 2016-06-08 06:06
rollingwest さま
雨が降らないと・・カンカン照りの日がないとお米も稔りません
判っていても勝手なことを思います。それなりの対処をして
元気に過ごしたいです。
Commented by おせっちゃん at 2016-06-08 17:44 x
姉上様、逝かれたのですね。お寂しくなりましたね。
ご冥福お祈りいたします。
このままで・・・とは、ご自分の最期を、きちんとご自分で決められたのですね。
夫とお互いに言い合っています。延命はしないようにと。
お悲しみとお疲れと、ご回復お祈りいたします。
Commented by yo-koyo-kosan at 2016-06-08 20:58
お辛いことですね。
忘れないこと、思い出すことが一番の供養になる・・・。
父が61歳で亡くなった昔、
住職さんの言葉で救われました。
お寂しいことでしょうが、
お健やかで・・・。
Commented by oss102 at 2016-06-08 21:46
私も30年前ころ、義兄が・姉が・夫が・愛猫が、次々に逝ったことがありました。昭和の最期のころでした。
人生観が変わるほどの衝撃でした。
仲良しお姉さまとのお別れ、お悔やみ申し上げます。
Commented at 2016-06-08 21:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 06:12
おせっちゃん 様
両親の時より 姉が望んだとは申せ辛いです。
あんなに何もかも話していた人ですから これから如何すれば・・・
主人と頑張ります。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 06:16
yo-koyo-kosan さま
今は色んな事が頭から離れず その時より1週間経って
却って辛くなっています。でも残された使命があるようですから
ガンバリマス。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 06:22
oss102 さま
昭和の最後の頃、私も母と別れました。大変だったのですね。
ご主人様やネコちゃんまで?私にはこの子達がいますので
頑張れると思っています。有難うございました。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 06:23
amamori さま
そうですね。夫を大事に残る人生を楽しみたいと思います。
今は無理ですが来年は間違いのないカレンダーを作りますので
皆さんによろしくお伝えください。thank youです。
Commented by asayannj at 2016-06-09 09:09
おはようございます。悲しみに耐える日が続きどんなに
お辛いかったと胸中を察します。
仲良しだったお姉さまとの別れでしたね。
やはりご主人様を追うように・・・運命を感じます。
souuさまお疲れさまです。元気を出してくださいね。
Commented by iwa_gonta at 2016-06-09 11:07 x
こんにちは、お姉さまのことお悔やみ申し上げます。
私は男兄弟で、もし姉がいたらいろいろ相談したり、旅行したり
出来たのにと思ってしまいます。
兄たちは年も離れているし、嫁さんの言うままで、何の手助けも
してくれません。
薄情ですが、もし兄が死んでもさほど悲しみはないと思います
悲しいお別れをしないで済む分私は幸せなのでしょうかね複雑です。
Commented at 2016-06-09 12:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by totte at 2016-06-09 13:39 x
シロちゃん!
紹介されてますよ!
ご覧になりましたか?
とてもきれいに映ってます。
さすが~NHK!って 思いました。
送ってくれて どうもありがとう!
Commented by souu-3 at 2016-06-09 15:25
asayannj さま
二人はある程度以前から判っていたのですが姉はそこまで悪いとは
思っていなかったのでショックでした。
1日も早く元の生活に戻ります。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 15:29
iwa_gonta さま
話し相手が居なくなると寂しいものですね。
姉の子供たちも気を遣ってくれます。これからは若返るかも
しれませんね。私も弟が居ますが この度久しぶりに
いっぱい話をしたように思います。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 15:33
bh2005k さま
有難うございます。姉とはよく笑いました。仰る通り
そんな私であることを望んでいるでしょう。
大丈夫です。
Commented by souu-3 at 2016-06-09 15:34
totte さま
有難うございました。古い写真もこんな風に・・・
教えていただいて有難うございました。
目下、ネタがありませんので この事を・・
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30