玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

大和な雛まつり

d0330311_10164838.jpg

郡山城の追手門近くの梅の花が咲き春遠からじの季節になってきた。
19日頃から3月5日の啓蟄までの雨水といわれる時期に御雛様を飾る。
水は生命の源であり子宝の神様ともいわれ雨水にひな人形を飾ると良縁に恵まれると言われる。

d0330311_1034348.jpg

そんな時に 大和郡山でも「大和の雛まつり」が催される。

d0330311_10354852.jpg

旧市内のお店や民家でも今日20日から3月6日までお雛様の展示や催し物が開催される。
享保時代のお雛様や一刀彫、陶芸など様々なお雛様と豆パン屋さんのパンで出来たお雛様。
今年のお内裏様とお雛様が 若い店主ご夫妻によーーく似ている、と思うのは私だけだろうか?

d0330311_1050216.jpgひと足早く 19日は快晴だった。
この日はこおりやま城ホール展示室で開催される 公民館フェスティバルの展示の日だった。
少し早めに 夫と出かけ市役所で「マイナンバー」のカードを受取りに行き 元弟子だった人のお店で昼食を。

店の名前は「翁」という。先日 修二会の映像上映会の時、お花を送られていたので そんな話になったが黒田先生はお水取りの間もよーく来られていたという。
あれだけ精力的に撮影する前に ご馳走を食べて行かれたのだろうか。


d0330311_1131444.jpg


市内全部の公民館の芸術関係が一堂に集まっての展示であるから ぎゅうぎゅう詰めである。
以前は公民館も 4クラブ担当していたが 1ヶ所は人数が減り合併した。もう1ヶ所は弟子に任せることにしたので 2ヶ所のクラブの展示であるが あっちへ走りこっちへ行っては中々忙しい。
おまけに狭い場所への展示は工夫が必要だ。
作品は出来るだけ小さい物にしたが それでも窮屈な展示になる。

d0330311_7311834.jpg


年末に亡くなられたお弟子さんのご主人さまの遺句集より 
「千代紙に 夢折りたたむ 内裏雛」を



ちょっと耳よりな話を ↓ More で





いや、それほどお得な話でもないかな?

1、先日よりコメントが送信し難かった・・・返信がきた。
  現在エキサイトブログでは、サービス改善のための大幅なシステム改修を行っております。
  改修後は、表示速度の改善やより安定した運用を実現できる予定でございます。
  こちらの改修作業に伴い、以下の不具合が発生しておりました。
  ・コメントボタンを押せない
  ・一部のブログへのアクセス不可
  ・一部のデザインスキンでの画像表示崩れ
  上記の不具合は既に解消されておりますが、システム改修の完了は2月末を予定しております。
  改修作業に関しては、細心の注意を払って参りますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします

2、先日 開催中の展覧会を見に行って下さった方からのメールです
  帰宅中、一人の青年が「JRに乗りたいのですが何処でどのバスに乗ったら宜しいでしょうか?」と聞いて来ました
  「私もJRに乗りますからここでこのバスに・・・」
  バスの中で青年は「横浜から来ましたが家もお金もないのです。お宅に連れて行ってください」
  吃驚ポン!!!でした
  「私は介護施設で暮してるので貴方を連れて帰れないの」と嘘をつきました。
 この方は咄嗟の判断で何事もなかったようですが 色んな人が奈良にも来ているようです。
 ご用心!ご用心
[PR]
by souu-3 | 2016-02-20 11:30 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30