玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

上映会と展覧会

d0330311_16335738.jpg

d0330311_16343220.jpg去る15日、わが市の小児科医院の院長だった黒田先生が平成18年から平成27年まで10年間撮り続けられた
200時間以上に及ぶお水取りの記録映像が編集され上映会が催された。
黒田先生は娘が生まれる前、地元の病院に勤務され昭和 52年に開業された。当時、幼かった娘は当然のように世話になった。何時だったか付き添っていた私も その場で調子が悪くなり診て頂いたこともある。
その子が幼稚園へ通っていた時、育友会の広報係りをしていた関係で 運動会の映像を残す為、市内の映像クラブのHさんのお世話になり その後もずっとお付き合いが続き クラブの発表会に何度も伺ったことがある。
その中に黒田先生もいらっしゃって 能登だったと思うが揚げ浜式製塩だったか 塩田の映像を発表されていたのを思い出す。これはビデオ大賞を受賞されている。

d0330311_16323029.jpg

修二会は、練行衆が五体投地などの荒行で二月堂本尊の十一面観音像に過ちを懺悔し、国の平安や五穀豊穣を祈る行事であるが 女人禁制であるから残念ながら私たちには絶対入れない場所がある。d0330311_1934247.jpg
ご招待で見せていただいた時も 男性だけが外陣まで立ち入ることを許されたが 女性たちは「局」にこもり、内陣でとりおこなわれる勤行を見守る。
ハイビジョンのデジタルビデオカメラで撮られていると言うが堂内も見せて貰えた。
初めの挨拶でも言われていたが 映像撮影はプロではないと。だからなのか より身近に感じ大変判り易いものだったように思う。
この映写会は 最初、小ホールで300名の予定だったが 1000名入れる大ホールに変更され、それでも入りきれず小ホールでも粗同時上映された。
これで新たな修二会ファンも増えたのかもしれない。

d0330311_1913213.jpg


d0330311_1915112.jpg

d0330311_1914525.jpg

17日から 奈良県文化会館では日本の書展が始まった。
例年通り テープカットからパーティーと一連の催しがあった。 主催者である奈良新聞社が今年70周年と言うこともあり何時もよりお料理も多く賑やかだった。
d0330311_19193555.jpg


その後、すぐ近くの税務署で確定申告を済ませ霰交じりの小雨の中帰路に着いた。

d0330311_19211552.jpgd0330311_19313740.jpg

奈良県庁には 先日の大立山で使われた多聞天が、近鉄奈良駅には広目天が展示されている。
他の2体は今のところ格納されているそうだ。


18日は土筆も顔を出した 
[PR]
by souu-3 | 2016-02-17 19:33 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31