玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

古事記

d0330311_5571911.jpg1週間後から始まる「日本の書展」の作品が奈良新聞に掲載されたので早めの報告。
最近、非常に横着になってこの展覧会の出品依頼がきて 出品するか しないかの返信ハガキ、協賛金の支払い、新聞掲載用の作品提出(メールで送信)全て締切日を忘れ大幅に遅れる。それでも載せてくれた。

今回は先日の古事記のまつりで朗唱した部分の歌4首にしようかと思ったが これらの歌は今でも天皇の葬儀の時に歌われると言われるので その前の思国歌(くにしのびうた)を書くことにした。
倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠(やまごも)れる 倭しうるはし
大和は、日本の中でもっともすばらしいところだ。長く続く垣根のような青い山々に囲まれた大和は、本当に美しい。

命の またけむ人は たたみこも 平群(へぐり)の山の 熊白檮(くまかし)が葉を 髻華(うず)に挿せ その子
命の無事な者は、幾重(いくえ)にも連なる平群山の大きな樫の木の葉を 簪として挿すがよい。

*思国歌(くにしのびうた)=望郷の歌
*かんざし=当時は魔除けとして使われた。

その後
はしけやし 我家(わぎへ)の方よ 雲居立ちくも
ああ、懐かしい。私の家の方から雲が立ち上り、こちらへやってきているではないか。  
嬢子(おとめ)の 床のべに わが置きし 剣(つるぎ)の太刀(たち) その太刀はや
私がミヤズヒメの寝床(ねどこ)に置いてきた、草薙の剣。ああ、あの太刀はどうしただろうか。
病が重くなり 死の直前には このように歌って亡くなられた。
そこで 早馬の使いが妻や子に知らせ 駆け付けた妻たちが歌った4首の歌を 先日のまつりで歌った。
白鳥になった倭建命は能褒野から大和の琴弾原(ことひきのはら・御所市)、河内、古市邑と飛んで行った。

夜 麻登波 久 爾能麻本呂婆 多々那豆久 阿袁加岐 夜麻碁母禮流 夜麻登志宇流波斯
伊能知能 麻多祁牟比登波 多多美許母 幣具理能夜麻能 久麻加志賀波袁 宇受爾佐勢 曾能古
この漢字ばかりの原文と現代文を 書き並べて作品にした。

d0330311_9182479.gif


ちょっと堅苦しくなったので 一服して・・・

d0330311_9195047.jpg

先日の山焼きが 小雨の中で8割程度も焼け残ったので この月曜日(8日)焼き直しされた。

d0330311_9203153.jpg


d0330311_920476.jpg

出掛ける前は まだ普段と変わらない姿だった。
その日の奈良は 氷点下5℃近くまで冷え込み霜で真っ白だった。そんな日はとても良いお天気になる。
よく晴れ上がり 山焼きにはちょっと風がなく一気には燃えなかったようだが 公民館のお仕事を終え帰宅す
る道中、真っ黒になった若草山が見えた。

これで又 行事がひとつ終わり そろそろ修二会が始まる。
11日は竹送り、12日には新入習礼。15日新入・新大導師別火入り。18日油はかり。20日戒壇院別火坊にて試別火がはじまる。今年は閏年だから 27日惣別火(そうべっか)がはじまる。

お松明の期間だけが修二会ではない。

この時期になると静かだった奈良も動き出す、そんな気がする。
[PR]
by souu-3 | 2016-02-10 09:40 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31