玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

舘鼻則孝という人

d0330311_6261098.jpg

昨日の夕刊に永井路子さんのコラムが載っていた。「10年ほど前 この近く(奈良市)に住んでいた。相変わらず見渡す限りの原っぱだ。6年前の平城遷都1300年祭に大極殿が復元された。・・・・」
あ~~あれから6年!私の人生 あと6年あるのだろうか?ふと そんな事を思うこの頃である。

起床後 一番にTVをつけるのはEテレ。テレビ体操から始まる。
その為に就寝前 チャンネルを合わせておく。

その時、番組に見入ってしまう事がある。
d0330311_756587.jpg

オダギリジョーのインタビューで舘鼻則孝というデザイナーが出演していた。
SWITCHインタビュー 達人達(たち) =オダギリジョー×舘鼻則孝=
翌朝、ネットで検索すると昨年放映されたようだが この日は再放送だったのか?番組表にはそんなことは書かれていなかったが まず、気になったのはバックにあった文字だ。こんな事はよくある。
d0330311_7545926.jpg「アイアムソーハッピイトッーハウアフレンド・・・」かな?
簪をモチーフに 漆に貝殻を埋め込む螺鈿(らでん)細工でカタカナ文字が埋め込まれている。外人さんが 読めないけれどと。 この美しさは理解出来るようだった。

舘鼻則孝という人は あのLady Gagaが履いている「ヒールレスシューズ」を制作している人だ。東京藝術大学の卒業制作として制作した底の厚い靴。
偶々Lady Gagaが見出したという訳ではなく 番組の中で彼が言ってたが 100通ほどもあっちこっちにメールを出し、Lady Gagaのスタイリストから注文が来たらしい。そして彼女の専属シューメイカーになったという。余すところなく敷き詰められたスワロフスキーが照明の光を反射して、きらきらと輝く鮮やかなシューズ。
そのお値段もスゴイらしい。d0330311_8501185.jpg

私は これを履きたいとか これを履ける若さが羨ましいという事ではない。
花魁の高下駄からインスピレーションを受けたという。
何かを見たとき、これを!
と、思う事。
デザイナーだけではない 書の作品を書く時もである。

娘の美容学校は大阪北の繁華街にあった。学校の行き帰りに ウインドウショッピングをしなさい。と言われていた。お洒落もして月1回 一番センスの良かった人は表彰される。「美」を見出し美を身につける、
それはどんな世界にも必要なことだろう。
[PR]
by souu-3 | 2016-02-07 08:58 | 雑記 | Comments(20)
Commented by iwa_gonta at 2016-02-07 13:55 x
永井路子さんは、私の住む古河市にも縁があります、幼少期を過ごしたようです
古河市にはあまり有名人がいない分、とても大切に扱われています。

アイアムソーハッピイトッーハウアフレンド・・・
画面で見る限り、黒板にチョークでいたずら書きしたみたいに見えますが
芸術品なのですね、テレビの座談会で、話は聞きますが、バックに
飾ってあるものなど気にしないですから、こういうものもセンスがないと
いけないのでしょうね、自分を磨く!なかなか難しいものです。
Commented by にゃんころりん at 2016-02-07 15:32 x
この螺鈿の文字は、文字でありながら芸術作品
何かsouuさんと共通するものがあるのですね!
朝のひとときのテレビから、ピカッとするものを発見するsouuさんの感性が素晴らしいです。
見習いたいです。
Commented by midori at 2016-02-07 16:37 x
奈良にも住んでいたことがあったのですね。
iwa_gontaさんが仰るとおり永井路子さんは母親の郷里 古河へ移り、
結婚するまでの20年間過ごされました。
住んでいた旧宅が今は記念館として残っています。
作家で有名なのはあと小林久三さんでしょうか・・

カタカナも文字が螺鈿細工になっているなんて キレイですね。
背後に飾ってある文字に注目されるsouuさん、流石です。
書の先生ですものね。
私だったら 何となくTVを見てしまうかもしれません。
Commented by おせっちゃん at 2016-02-07 16:52 x
ハッとひらめいたことから感覚を磨く、大切なことなのでしょうね。
むやみにおしゃれをするというのではなく、センス良くということなのでしょうか。
そういう意味のおしゃれなら歳とってもしたいものですね。
Commented by amamori120 at 2016-02-07 22:01
souu先生   こんばんHA

I am so happy to have a friend
でせうか 

後は目がチカチカしてぇ  ^^;

思わぬところに 美 を発見するのも一つの才能なの鴨ぉ ♪
Commented by usatyu4 at 2016-02-07 22:42
大極殿ができて8年になるのですか。そしたら私は8年前に
奈良旅行をしたようです。永井路子さんの小説を読んで
歴が好きになりました。
Commented by souu-3 at 2016-02-08 06:11
iwa_gonta さま
そうなんですか。存じ上げなかったのですが平城宮跡から出土した木簡のことを
書いていらっしゃいました。今も昔も変わらないだだっ広い野原だとも。
その通りかもしれません。90才にしてお元気で魅力イッパイの文章に魅かれます。
ドラマを見ても後ろのお軸や額が気になるのです。
Commented by souu-3 at 2016-02-08 06:14
にゃんころりん 様
この作品は展覧会にも展示されていたようです。番組の中でチラッと制作風景も
出ていたのですが あっという間でした。
長年の癖のようなものでしょうか?いつも「これは作品になるかな?」なんて♡(ˇ◡ˇღ) 
Commented by souu-3 at 2016-02-08 06:20
midori さま
コラムにはそう書いてありました。どのくらいの期間だったのか何かを書く為
だったのか?判りませんが 当時色々調べられたのでしょう。
でも10年前って80才ってことですね。見習わなければ!と思います。
螺鈿は見る角度によって色が変わり綺麗ですね。
Commented by souu-3 at 2016-02-08 06:24
おせっちゃん 様
閃きだけではないのでしょうけれど常に感性を磨くことかな?と思います。
そうそう思い付くものではないですものね。ここ一番というのを逃さないように、と。
お洒落は齢を重ねるほど必要でしょうね。それが難しいです(-_-;)
Commented by souu-3 at 2016-02-08 06:26
amamori さま
thank you!です。
全体には何を書かれているのでしょう?それも知りたいですが外人さんと同じで
感覚で見れば良いのでしょうか?
花魁の履物やコッポリにヒントがあるんですね。
Commented by souu-3 at 2016-02-08 06:29
usatyu さま
光陰矢の如しですね。6年くらいアッと言う間に過ぎ去る、恐ろしい!
永井路子さんのように書いて戴くと興味もかわりますね。
奈良も少しは変わりました。又お越し下さい。
Commented by すみれ at 2016-02-08 07:11 x
souuさん  おはようございます。
何でも見る、感動する。
これは、何をするにも大切ですねぇ。
自分の感性を信じて「あら  おや」これが大好きな私です。
下手な写真でも、先ず楽しむ。

暫く、コメント欄を閉じさせていただきます。
殿の抗がん剤治療が毎週2日間と気忙しくなり、私も疲れが出てきたようです。
まぁまぁのお年。
休み乍らボチボチと・・・。
再開しましたら、よろしくお願いします。
Commented by souu-3 at 2016-02-08 08:28
すみれ 様
だから素敵な写真なんですね。お忙しくってもそのお気持ちがあれば
好転しますね。一瞬を楽しんで・・・ユックリしなければならない時もありますね。
コメントの事判りました。疲れてくる頃です。姉も病人を抱えて4ヵ月
疲れもピークです。何だか重なってみえます。ゆるゆるとネ
Commented by KawazuKiyoshi at 2016-02-09 11:56
時のたつのは、早いものですね。
六年でしたか。
自分の周りの時も分からなくなりそうです。
お元気で。
今日もスマイル
Commented at 2016-02-09 14:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by totte at 2016-02-09 17:06 x
多分違う新聞だと思いますが 昨日、私も永井路子さんの記事を見て
さっそく図書館に予約をしました。女帝の話らしいので
ちょっと楽しみと 少しの「お勉強」のつもりです。
今日の奈良新聞には souu先生のだと思うのですが
作品が。。。4枚組です。2枚目しか読めませんでした!
Commented by souu-3 at 2016-02-10 05:30
KawazuKiyoshi さま
夕方 雨戸を閉めながら「今日もお終い?」なんて思いながら日を過ごしています。
1日が早いと1年も・・・そんなに急いで何処へ行く。そんな心境です。
Commented by souu-3 at 2016-02-10 05:37
bh2005k さま
TVで動かないと認知症になり易いなんて放送が多いと止められません。
体操でその日の体調は判り易いですが 身体の堅さには呆れるほどです。
世に中 知らない事だらけなので考えることも多くなるだけですよ。
寒い時も元気一杯なのは totteさんじゃないかな?お水取りも近くなりました。
Commented by souu-3 at 2016-02-10 05:50
totte さま
永井路子さんのコラムは日経の夕刊です。奈良に住むと歴史ものは読むと
楽しいですね。奈良新聞はそうです。締切日を大きく遅れていたので
載らないと思っていたのですが。17日~21日ですからお時間があれば実物を。
本文と訓読で同じ歌を2首書いています。上2枚は御存じの通り、下2枚は
倭建命が亡くなる直前に詠んだと言われる歌です。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30