玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

初めての行事

d0330311_11153162.jpg奈良には何千年も続く行事が沢山ある。

今回 平城宮跡で開催された「大立山まつり」は こういう形では初めて催されることになったが 奈良の都が京都に遷ってからも寺社や その神事、儀式などは受け継がれている。

紅しで踊り、ススキ提灯献灯行事、戸閉祭、鬼踊り、立山祭等々が大極殿の前でくり広げられる。

そして高さ7mを越える四天王が巡行。

個人的には広目天が好きだ。西方を守護する。筆と巻子を持つ。
梵名はヴィルパークシャで異なった目を持つということらしい、「ヴィ」に「広く多い」という意味があるため
広目天と訳されるそうだ。単に筆を持っているので親しみを感じているだけだが。

d0330311_1141113.jpg

どの順番に並べるべきか迷ったが 東、南、北、西とした。従って左から持国天、増長天、多聞天、広目天。

d0330311_1145458.jpg

1月29日から始まったが その日は雨が降り行くのを止め、30日家事を済ませ夕飯をかき込んで出かけた。
その日はススキ提灯献灯が催された。
【動画でも撮ったが失敗、検索して頂くとyou tubeにUPされたのがあったが7分弱 興味がある方はご自分でお願い】

鴨都波神社(かもつばじんじゃ)で7月16日と秋季大祭宵宮で催されるもので 旧御所町の氏神さんの行事で、五穀豊穣・家内安全・無病息災を祈願し、氏子地域から4.5mほどの「ススキ提灯」が奉納されるそうだ。

d0330311_1244217.jpg

朱雀門と大極殿の間には こんな展示もあった。

d0330311_13124525.gif


d0330311_13104521.jpgこの日は朝からバタバタ用事を済ませ 午後、粗1年に1度の桂文枝独演会に夫と出かけ、一旦帰宅して平城宮跡へ行った。

何時もながら 真ん中のかぶりつき。舞台が低いので首も怠くなく よく見える。
数人の知り合いに逢ったが ここ数年 近くの人は意外に行かないものなんだと思う。

弟子の三弥、三幸が一席ずつ、文枝師匠は二席。
最後の上方落語四天王(桂春団治、桂米朝、桂文枝(五代目)笑福亭松鶴)が亡くなり 文枝師匠たちが頑張らねばならない決意の挨拶もあった。
[PR]
by souu-3 | 2016-02-01 13:29 | イベント | Comments(14)
Commented by yo-koyo-kosan at 2016-02-01 21:39
行動的でいらっしゃいますね!!
落語の後、お祭りも・・・。
すごいお祭りですね。
奈良時代のお祭りが、ずーっと続いているのでしょうね。
7mもある四天王は、車に乗って曳かれるのでしょうか?
スケールが大きいです。
ススキ提灯献灯というのも珍らしいです。
冬なのに、外で、こんな大掛かりなお祭りがあるとは、
奈良県はお天気がいいのですね。
石川の冬のお祭りは、牡蠣とか鰤(今年は不漁で中止)とかお魚が主役のものが多いような気がします。
Commented by おせっちゃん at 2016-02-01 23:08 x
まあ、色彩豊かな光の出し物ですね。
四天王もこうして色彩で見せられるとまた違った魅力ですね。
奈良は古くて新しい街ですね。
Commented by amamori120 at 2016-02-02 00:01
souu先生    こんばんHA

DBでも早速、 2、3作品が出ていますよ
「四天王が現れる」なんてタイトルのも

さすが古都  スバラ・イヴェントですね (^o^)
Commented by souu-3 at 2016-02-02 07:33
yo-koyo-kosan さま
ジッとしたりのんびりするのが苦手なんです。だから病気になってベットで
1日過ごす事になると・・((+_+))如何しましょう!
北陸は海の幸が豊富で良いですね。奈良には海がないのでねぇ、山に囲まれ
夏暑く冬は冷えますが天災は少ないです。ここに都を置いた昔の人は偉かった!
古いものを見馴れていると新しい催しには馴染めず「こんな事遣るの」って
感じでしたが 結構良い催しでした。
Commented by souu-3 at 2016-02-02 07:38
おせっちゃん 様
夜の催しは夏のものだと思っていたので如何かと思いましたが 1週間前の寒波も
去り良かったです。古い四天王とまた違った感じですね。でも、2億も掛かっている
のですよ。税金の無駄遣いという声も大です。新しくしようとしているのでしょうか?
Commented by souu-3 at 2016-02-02 07:42
amamori さま
DBにUPされているのですか?写真をイッパイ撮ってくると そうしたいですね。
地元の人がまず見て宣伝しないと広まりませんよね。私の回りは無関心な人ばかり
でも、雨上がりの平城宮址は老人が行ける所ではないです。
Commented by すみれ at 2016-02-02 17:22 x
souuさん  今日は。
まぁ、なんて華やかな色具合なんでしょう?
春を告げる行事が、これからいっぱいですね。

今日は、ウレシイお知らせです。
昨日、内分泌外来を受診。
副腎は、良性でしょう?経過観察で一年後の受診となりました。
一安心でした。
稀な病気だけに、望みが薄いと聞いていましたので、やれやれ。
術後の検診も、異常なし、クリア。
ご心配いただき、いつも感謝の念でいっぱいです。
有難うございました。
Commented by asayannj at 2016-02-02 18:37
奈良に住んでると毎日のように何らかの行事が
あるのでしょうね。興味を持ってお出掛けが出来て
いいな~とこちらのブログで思います。
奈良の行事が放映されるとsouu様を思いながら
見てます。
Commented by rabbitjump at 2016-02-02 19:42
広目天と訳される、、私もsouu先生を通しているせいか^^
筆を持つその姿に何とも言えない親しみを感じました(*^_^*)
奈良の都にふさわしいお祭りになりましたね。

↓、リクちゃん、アイちゃんのお世話は
それぞれに大変でしょうけれど、、モモちゃんも飛び入りで^^
仲良く3人、お幸せだな~とつくづく思います。
我が家のクロも寝ている時間が多くなりました、
癒しをたくさんもらってきたので、できる限り
看ていきたいと思います。もう16歳と8か月です。
Commented by souu-3 at 2016-02-02 21:45
すみれ さま
このカラフルな四天王は あのセントくんの作者・籔内佐斗司さんがデザインされた
ものなのです。節分やお水取り続きますね。

1年後の受診で良いのですか?良かった!ですね~~
これからはお二人でカメラを持って楽しめますね。長く長~~くお元気で。
Commented by souu-3 at 2016-02-02 21:48
asayannj さま
粗、毎年同じことの繰り返しですから こうして新しいのがあればブログには
都合が良いのです。もっと遠出が出来れば良いのですが夜など旅行者のように
泊まれませんので帰宅時間を考えなければならず案外行き難いのです。
いつもお心に留めていただき光栄です。
Commented by souu-3 at 2016-02-02 21:53
rabbitjump さま
あ!文字を書いているのでなく絵かも知れませんね。立山のことは旅行好きの方の
方がご存知なのかもしれません。私は知らなかったのですよ。

クロちゃんは16才と8ヵ月ですか?リクの前の犬は19才でしたし猫は20才
頑張って貰いましょうね。本当に癒しはいっぱい、夫との話題もイッパイくれますね。
Commented by rollingwest at 2016-02-03 05:45
持国天、増長天、多聞天、広目天などインド系密教の祭りが奈良にあるとは意外!これら天台・真言仏教は主に平安時代以降ですから京都のイメージなのいですが、奈良も色々な行事があるのですね~
Commented by souu-3 at 2016-02-03 06:29
rollingwest さま
四天王は東大寺戒壇院にあるからじゃないでしょうか。
行事が途切れる この時期に観光客を呼ぶためらしいですが 色々言われています。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30