玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

イボタ蝋

d0330311_2012799.jpg

12月に入り2日~3日開催の仮名書展を見に大阪・高槻へ行く。
d0330311_2075110.jpg

26年前に亡くなった師匠の作品。この方も私も同じ師に手ほどきを受けた。懐かしい作品である。
d0330311_2012943.jpg

仮名作品は 額や軸ばかりでなく屏風、衝立、巻子、帖など料紙が華やかで 漢字作品より書く文字の数が多いので大変かもしれない。大作70点が並ぶ。

高槻へ大阪駅より新快速で17分、そこから京都へ13分、一度に用事をする方が良いかと時間設定をしたが昼食の時間がない。駅でホットドックを購入し電車の中で食べる。この歳になると こんな恥ずかしい事が出来る。
京都から地下鉄で四条へ。
d0330311_20431291.jpgクリスマスの飾り付けもされている地下街を大急ぎで歩き 目的地へ。

この日は 料紙の講習会に参加する予定だった。
書道用の用紙には蝋箋という紙がある。
これは、具引きした紙を版木の上にのせ、猪の牙で擦りだして文様を透かし出す。
これを年賀状用に加工する講習である。実は11月の予定だったが このような講習会への参加希望者は少なく取止めになったので 他の講座の時間に特別教えてもらえることになった。
猪牙(ちょき)を使って加工するのだが イボタ蝋という蝋を使って模様を浮き出す事も出来る。d0330311_20575829.jpg
イボタ蝋とはカイガラムシの一種・イボタロウムシの雄幼虫がイボタノキの枝の周囲に群生して分泌した棒状の蝋塊より得られる蝋だそうだ。
本来はロウソクの原料や家具の艶出し、碁石の艶出しなどに用いられるようだが これを使ってハガキに応用することが出来る。
下地は唐紙と同じように胡粉を引いてつくり、下地の出来上がったハガキの表を上にして模様を彫刻した木版の上に乗せ文様が出るように「イボタ蝋」で摺り出す。その上から、顔料を引き染めすると、文様部分が防染され、文様が現れる。

d0330311_2151148.jpgd0330311_2162171.jpg
蝋箋の新しい手持ちがないので 昔使ったものの一部分が右側のものである。 左は帰宅後ハガキに加工した物。

d0330311_2195753.jpg

この日は 雲母や胡粉なども使って可なりの枚数作ることが出来た。
ここへ年賀のご挨拶を書く。

もう12月!頑張らなければ・・・


【追記】
今年は手書きの年賀状を50枚ばかり書きました。これが最後になるかもしれません。ご希望下さる方がいらっしゃれば僭越ですがお送りします。非公開コメントに入れて頂ければと存じます。
[PR]
by souu-3 | 2015-12-04 21:32 | 書道 | Comments(16)
Commented by やいまの住人 at 2015-12-05 11:21 x
本当に月日のたつのは早いですね、もう師走!!
SOUU先輩のブログは専門的で私には知らないことばかりですが
今日も大変勉強になりました、あり難い事です。それにしましても
超多忙な毎日ですね、体調には十分と気をつけてください。
Commented by rabbitjump at 2015-12-05 15:02
流れるような書の数々、実物を拝見したい思いです。
これだけ素晴らしい作品が並ぶと
華やかな凛とした雰囲気を感じる会場になりますね。

日本画と同じように雲母や胡粉をお使いになるのですね。
souu先生のお便りは
心のこもった暖かい年賀状になるでしょうね。
Commented by おせっちゃん at 2015-12-05 16:49 x
へ~え、こんなものを使って、こんな手法で作品が出来上がるのですね。初めて聞いた手法です。
何事も奥が深いですね。
それにしてもsouu様の賀状が一度戴いてみたい!!
Commented by すみれ at 2015-12-05 22:16 x
souuさん  今晩は。
師走ですよね。
来年は殿の年ですワ。
以前は、全部手書きで殿が絵を描き、全ておまかせ。
私は、どうもじーっとが苦手。

弟さんが、写真を?
souuさんも高校生の時に・・・?
びっくりぽんですヨ。

今日、抗がん剤治療第一回目が終わり、副作用全くなし。
いえ、分からないのかも?
全く、不思議なお人ですからねぇ。
抗がん剤治療のため入院する方が多いです。
勿論、日帰り治療の方も多いです。
何だか、誰もがかかる病気のように思えて来ました。
Commented by souu-3 at 2015-12-06 07:53
やいまの住人 様
一昨日までは突っ走りましたが昨日からノンビリ年賀状を書き出しました。
とは申せ 最近PCさんのお世話になるズボラを覚えると手書きは疲れます。
今日は自治会の総会です。例年同じ日に書道の総会があるのですが
今年は自治会が早く毎日曜お出かけです。師走ですものね。
Commented by souu-3 at 2015-12-06 07:58
rabbitjump さま
関東と関西では特に仮名作品が違います。師匠の考えの違いでしょうか?
仮名作家は料紙も自作する人が多いです。私は料紙研究家でもあった
師匠に習いましたので年賀状は手作りしていましたが疲れるようになり
もう、無理かもしれません。
Commented by souu-3 at 2015-12-06 08:02
おせっちゃん 様
平安時代にも沢山使われている手法ですが 蝋箋は中国から入ってきた
ものですね。新しいものではないですが方法を知らなかったので習いに
行きましたが受講する人はなかったようです。物好きですね。

追記しましたので 良かったらどうぞ!
Commented by souu-3 at 2015-12-06 08:09
すみれ 様
ご主人様は絵も描かれるのですね。写真は絵心が必要ですものね。
びっくりポンでしょ。昔は暗室に籠っていたのですよ。
抗がん剤の後遺症がなければ良いですね。我が夫は飲み薬でしたが
念の為と何年か飲んでましたが何事もなかったです。
珍しい病ではないですね。だから私はいつどこへ?と。そりゃ不安ですけど。
Commented at 2015-12-06 18:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souu-3 at 2015-12-06 20:27
鍵コメさま
了解しました。ご期待に添えるものではないかもしれませんが
お正月に私の住所と一緒にお届け致します。
Commented by usatyu4 at 2015-12-06 21:50
こんばんは 展覧会といってもいろいろあるのですね。
それもあちこちの会場へ行かれて大変なことだと思います。
私はただ、見せてもらえるだけで何か知ったような気分になります。
Commented at 2015-12-07 01:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by syo-kunin at 2015-12-07 06:47
SOUU先生、こんにちわ。。。

大阪、京都、割りと近いんですね~!
通勤圏に住んでると動き易くてイイですね??
蝋の葉書、面白い加工なんですけど、書くのに問題は無いんですか?
蝋の上にまた加工してるから大丈夫なんでしょうか?
Commented by souu-3 at 2015-12-07 09:11
usatyu さま
書の展覧会ばかりでなく紙を見せるものもありますし追っかけると限がない
ですね。必要最低限とお付き合いで行く事は多いです。それが殆どかな?
出掛けるのは良いのですが 夫がねぇ嫌がりますから。
Commented by souu-3 at 2015-12-07 09:12
鍵コメさま
了解しました。そちらへ伺いました。
Commented by souu-3 at 2015-12-07 09:19
syo-kunin さま
大阪ー京都 京都ー奈良 大阪―奈良は府県境ですから場所によっては通勤、通学圏です。
高槻はどちらかと言うと京都寄りです。それに京阪神は新快速は早いですね。
蝋は確かに弾いて墨は載りません。イボタ蝋はOKなんですが使う量によりますね。

line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31