玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

郡山城石垣整備工事

d0330311_1049919.jpg平成29年3月末の完成を目指して郡山城天守台展望施設整備事業が進められている。
現在、石垣が膨らむなど崩壊の恐れがある北西面の一部を解体し、破損部分を組み直す工事を実施中である。400年前の石垣を可能な限り残すため、解体は最小限にとどめる方針で、解体面積は石垣全体の13%になるようだ。昨年5月、6月と 9月にも説明会があったことは既に記載済みである(夫々にリンクあり)。d0330311_1124572.jpg
石垣の表面にある大きな石(築石)の解体数は236個。石垣を支える四隅の石は特に重要で、北西角に積んであった石(角石)は最大2・8トンあった。
郡山城は大和・紀伊・和泉の3ヶ国に河内国の一部を加え、約110余万石の大名だった豊臣秀吉の弟、秀長が居城とした。
明智光秀や藤堂高虎らが普請に携わり、筒井順慶や秀長らの主導によって改修された。
奈良は良質な石材が乏しかったため、奈良一帯の各戸に五郎太石の提供を義務付け、寺院の石地蔵や墓石、仏塔なども徴発され石垣石として使用された。中には、平城京羅城門のものであるといわれる礎石が使われていたり、8世紀ごろの仏教遺跡である 頭塔の石仏が石垣の中から見つかっている。

d0330311_11193727.jpgd0330311_1120266.jpg

今回の解体でも 左写真の矢印辺りから 右のお地蔵様が出てきたそうだ。(このお地蔵さまは痛みが酷く元の所には埋めないということだった)

d0330311_11335155.jpg
こうして割れた物は取り除かれ同じような形に作られた石と交換される。割れていても接着剤で補修出来るものは元の通りに積むそうで それらには黄色いテープが張られていた。

d0330311_1526297.jpg
築石、裏込め(栗石・砂利層)、盛土の三層から成っている。角部分は直方体の石を使い長い面と短い面を交互に積む算木積みの手法で積まれている。盛土部分が層になっているのは 下から順に積み上げたために出来たものだとのことだった。

また、今回は石を割る実演があった。
d0330311_11463494.gif

ノミで矢穴をあけ 矢を差し込み水をかけて矢の頭をかけやでたたく。これが中々難しいのか時間が掛かった。 石が割れた時は回りから拍手が沸いた。

この日は裏込め石に想いを書く事も出来た。
d0330311_11563133.jpg
「平和のシンボル金魚が泳ぐ城下町」
「再生祈願 400年後の〇〇〇」
「御先祖様に感謝」
「無限」
などと書いた人もいるが
私は・・・
事前に書くことは判っていたのに 中々良い言葉は浮かばなかった。
今度、修理が必要になる?400年後の人々が こんな人が居たのだと思ってほしい。
なんて考えると短い文章に纏める難しさを痛感した。
でも、遠くへ行かなくっても ここで楽しい生活が出来る今、幸せだと思っている。それはここに住んでいるから。そんな思いをつづった。

これらの裏込め石は多分、大きく解体された北西辺りの中へ入れられるだろうということだった。
[PR]
by souu-3 | 2015-11-16 00:10 | 奈良 | Comments(14)
Commented by おせっちゃん at 2015-11-16 08:34 x
400年後まで、souu様の存在は石垣の中に埋もれて保たれるのですね。どんな人が見つけてくれるのでしょうね。
それにしても重機もない時代に、よくも大工事をしたものですね。
Commented by souu-3 at 2015-11-16 08:40
おせっちゃん 様
見つけてくれる人が400年前の夢を見てくれると嬉しいですね。
タイムカプセルのような気持だったのですが短く説明は出来ませんでした。
大変過酷な作業も大名の命令に従ったのでしょうけれど犠牲者も多かった
のではないかと思うのは私だけでしょうか?
Commented by totte at 2015-11-16 15:12 x
こういうイベントは楽しいですね。
自分で確認、見ることは出来ないけど 「託す」感じでしょうか。
私も東大寺や興福寺の瓦に寄進しましたが 屋根のどこにあるのやら
わかりません。この次の修復の時に 誰かが見てくれるのですよね。

一ヶ所、逆さになってるお地蔵さまが見えていましたよね?
そのお地蔵さまは またそのまま使われるのかしら。
出来れば 別に祀って欲しい様な気がします。
きっと ほかにも眠ってられるような。。。
Commented by souu-3 at 2015-11-16 17:45
totte さま
薬師寺の玄奘三蔵院伽藍建立の時も石に書いて基礎部分に入れてもらっている
のですが何処の誰かは判りませんよね。でも元興寺さんの屋根裏見学で
工事をした人が落書き?したのを見ましたが あれも想像が膨らみますね。
逆さ地蔵の所は今回修復していませんのでそのままです。その上の方で
もう少し西の方に似たようなお地蔵様が見つかったのです。これからも
耐えられる石は元に戻し展望台を完成させるまで1年4ヵ月ほど掛かります。
逆さ地蔵の側にあったお地蔵さまは供養して保管しているそうです。
Commented by asayannj at 2015-11-16 19:42
souu様の想いがこもった文 素晴らしいですね。
中々咄嗟には浮かばないものですが
とても意味深いと私は思います。
石垣が整備されて 天守台が完成するのは
時間が掛かりますね。
Commented by souu-3 at 2015-11-16 20:59
asayannj さま
正直なところ家を探すとき気に入って決めたのではないのですが最近
やっと良かったと思えるようになりました。
元のように積み直すのは新しいものを作るより手間が掛かるでしょうね。
やっと発掘や調査が終わり これから再現されるので時間が掛かりますね。
Commented by amamori120 at 2015-11-18 00:13
souu先生    こんばんHA

お城の好きな拙としては興味深い記事でしたぁ (^o^)

完成を楽しみにしています ♪


裏込め石に想いを書く    良い企画です (^_^)/
Commented by souu-y at 2015-11-18 05:34
amamori さま
忍者の街のご出身ではなかったですか?お城は身近なのでしょうね。
郡山城は まぁよくこれだけの石を集めたものだと思いました。
完成の暁には 私の書いた裏込め石の上に立って下さい。
Commented by midori at 2015-11-18 16:38 x
私のところでも昔 東西500m 南北1800mほどの城郭内に
本丸 二の丸 三の丸と古河城があったそうです。
消滅してしまったことは残念です。
復元するには莫大なお金が必要だとか・・

昔の人は きちんと石を積んでお城の石垣を造られたのですから
凄いですね。
お城の石垣に石が不足していたのでしょうか、
墓石や石地蔵が出てくるとは驚きです。

石垣の工事で裏込め石に文字を書き込むのは いい記念になりますね。
あっ、400年後では本人は確認できませんね。
でも生きた証になるでしょうか・・
Commented by souu-y at 2015-11-18 18:39
midori さま
古河城も立派なお城だったのでしょうね。郡山城の天守台はそれほど
広くはないのですが 当時、秀吉の権力は凄かったのでしょうね。
この周辺の墓石はなかったと言われる程 集めたのでしょう。
裏込め石は後の世の人が見てくれるのか判りませんが残すものがないので
せめてもと書いておきました。
Commented by usatyu4 at 2015-11-18 22:32
お城の石垣が膨らむ・・・・やはりあるのですね~
7・8年ぐらい前に岡山城の石垣の補修工事をしていて、
ガイドさんが石垣が膨らむ話をされていました。
いま、その時のことを思い出しました。
Commented by souu at 2015-11-19 05:31 x
usatyu さま
重みで下がってしまうだけでなく膨らみになることもあるようですね。
崩れる前に修理をしないと危険ですものね。何処も修理をしながら
何百年も保存しなければ後世の人に伝わりませんね。
Commented by すみれ at 2015-11-19 14:08 x
souuさん  今日は。
驚きというか、なるほど。
石垣にも・・・。
なんだか、タイムカプセルのような?
郡山城へ行く機会がありましたら、これは又別の感激を味わえそうですねぇ。

今日は、暖かですから、ちょっと遠出の散歩を二人で楽しんで来ました。
順番に慣れるように、暖かな日は散歩です。

名古屋城の石垣も奉納された「藩」の家紋があり、それを探すのも楽しみです。
Commented by souu at 2015-11-19 17:11 x
すみれ 様
説明の時も小学生の時のタイムカプセルと違って生きている内には見られませんが
ということでした。でも、ここら辺に・・と思うと感激するでしょうか?
お二人でちょっと遠出!良いですね。寒くなるまでに あっちこっち行けると良いですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30