玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

足の向くまま

d0330311_1726146.jpg

太陽が西に傾き始めると アイはお散歩に行こう!と急かせて来る。
こちらの都合などお構いなし。その上、今日はこっち、明日はあっちと 門を出た時から好きな方向へ一目散に走り出す。
犬は決まったコースを散歩するものだと思っていたが何を考えているのだろう。好きなようにさせると自分で考えるのだろうか?
d0330311_17263418.jpg

公園の木々も色付きはじめ夕陽に輝く。
足元の落ち葉が色とりどりで美しい。
50年ほど前、大台ケ原から大杉谷へ行った時、この美しい落ち葉に感動していると 横をすり抜けるように進む人たちが急いでいる事に何も感じなかった。
次の山小屋までの距離を考えなかった私たちの団体は迂闊だったのだ。当時、あの道は木こり道といわれ足場が悪く片側は崖だった。所々に吊り橋があり大変なコースだったのにノンビリし過ぎていた。
そのうち、陽が傾き・・・真っ暗になってしまった。みんな黙りこくって黙々と歩いた。リーダーが「ビバークしよう」と言い出した、
その時
遠くに山小屋の灯りが「点」と見えた。幻ではない。本当に見えたのだ。
その点に向かって歩いた。

小屋に着いたときの気持ちは忘れられない。
それからは山ばかりではなく 日暮れには敏感になった。

私の青春時代の忘れられない想い出だ。

d0330311_17264978.jpg
チョッピリ冷たくなった公園の滑り台。

誰も遊びにも来ない。


もうすぐ立冬、
今年は8日。

この日から暦の上では冬になる。



d0330311_2025687.jpg

【今月のカレンダー】

スセリヒメ(須勢理毘売命・須世理毘売命)
スサノオの娘、オオナムチ(大国主)が根の国へ来た時、お互いの一目惚れで結ばれた。
根の国での説話は、結婚相手の父から試練を与えられて、結婚相手の助言や手助けによって克服するという課題婚と呼ばれる神話の形式である。
オオナムジはこの試練をスセリビメの助けを得て乗り越え、正妻としたことにより、真に大国主になることができたといわれる。

春日大社の末社である夫婦大国社に祀られている。

[PR]
by souu-3 | 2015-11-04 17:54 | ペット | Comments(12)
Commented by oss102 at 2015-11-04 19:59
アイちゃんを散歩に連れ出す時、リクちゃんは行きたそうにしませんか?落ち葉ふみふみの散歩も、もう終わりですか。
あのかさこそはたまりませんね。
Commented by syo-kunin at 2015-11-04 23:12
SOUU先生、こんばんわ。。。

アイちゃん、お散歩をおねだりするなんて可愛いですね??
急に冬になった気がしますが、
もう少し秋らしい感じが欲しい所です!
Commented by souu-3 at 2015-11-05 05:34
oss102 さま
リクは一緒に行けない事 知っているのだと思います。獣医さんからの指導で
多頭飼いの場合、序列を決めてリクを1番にと決めているのですが中々ねぇ
落ち葉のシーズンは もう少し続くと思います。あの感触は良いですね。
Commented by souu-3 at 2015-11-05 05:37
syo-kunin さま
2匹とも色々要求してきます。リクはオシッコなども訴えます。外でないと
ダメだと判っているようです。ここ2,3日は寒さも緩みましたが その後は
本格的な寒さが来るのでしょうか?
Commented by おせっちゃん at 2015-11-05 18:49 x
日暮れが早くなりましたね。夕方の気のせくこと。
souu様もそんなとき、遭難寸前の経験を思い出されたのですね。
若いころ少し山をやった夫は、「朝は早く出発。午後は早く目的地に」と寝坊の私を叱りました。
Commented by souu-3 at 2015-11-06 05:46
おせっちゃん 様
夕方は気忙しくなりましたね。
これってやっぱり遭難寸前だったのですね。よく崖から転落しなかった
全員無事に帰ることが出来たと50年以上経った今も思います。
リュックを担いで出かける時とお茶会など着物を着て出かける時の母の
顔の違いを思い出します。ご主人様の仰る通りですね。
Commented by rabbitjump at 2015-11-06 08:52
アイちゃんもお散歩を、とせがむのですね。
老犬クロ、我が家も同じです。
かわいいですね。
同じ道、同じ場所でもその時、その年齢によっての
感情は異なるものですね。
早いものです、今年ももう~少し。
カレンダー優しい雰囲気に包まれて、ホッとします。
Commented by usatyu4 at 2015-11-06 14:27
私は山歩きをするほどの歩きはしませんが、山の日暮れは早いですね。
特に秋はそれをつくづく感じます。souuさんは若いころは登山に行っていたので、いろいろな思い出があるでしょうね。
Commented by jamagin at 2015-11-06 22:43
無事というのがありがたい事ですよね。山の夜は月がないとこれ以上ない暗さで、ありがたい灯りだったのがよくわかります。
散歩でも少し遠回りして後悔する事が多くなりそうです、つるべ落としの頃は。
Commented by souu-3 at 2015-11-07 09:32
rabbitjump さま
はーい!毎日、お散歩、ご飯、日向ぼっこもせがむ様になりました。
テキサスで生まれ関空に2週間、主人の病気の間は奈良、そして東京と
転々とさせられたからかお散歩も転々と彷徨うのでしょうか?
古代のお姫様もホッと出来る方ばかりではないようですね。
Commented by souu-3 at 2015-11-07 09:34
usatyu さま
秋は特に日暮れが早く感じられます。山をあまくみてはいけませんね。
当時はリーダーの意のまま 何も考えなかったのですが若気の至りですね。
老いると余計な心配が多くなります(>_<)
Commented by souu-3 at 2015-11-07 09:37
jamagin さま
何事も「無事」が一番でしょうか?都会の明るさは昼夜を忘れさせられますが
郊外の我が家でも夜更けは身に沁みますが 山はそれ以上ですね。
つるべ落とし 実感の季節です。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30