玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

正倉院展

d0330311_14142078.jpg
d0330311_14144781.jpg今年も10月24日から始まった正倉院展。
友達からメールが入り 急遽、出かける事になった。
博物館への道で鹿がせんべいを欲しがっているのを見て友達が購入した。ちょっと食べてみようと二人で口に入れた。勿論味がないのは判っての事、でも湿気てパリッとしたせんべいでなかった。
8月末、白鳳展を観に行った時、何も言ってなかったので今年は行かないのかと思っていたが。
聖武天皇の遺愛品等々9000点ともいわれる宝物の内、本年は63点が出陳されている。
丁寧に観ると疲れるので1割程度、特に観たい物を絞りじっくり観るようにしている
琵琶、筆、石の横笛、塵尾(しゅび)など、観たい物は 皆さん同じなのか人だかりが凄い。
今回展示された筆は3管で 内1管は初出陳。私たちが特に気に入ったのは このキャップ(帽)。現在のものはプラスチック製で これは店頭に並べる時に筆が痛まないようにという程度の物であるから 使う時には捨ててしまう。
↑ このように竹製で隙間がある。これが良い!もう1管には先をくり抜いたのがあった。
売店で これを模して作られたものを見つけ「う~~ん」正直なところ筆は定価で購入しないし、細筆にしてはお高い。イタチ毛のようだが・・・でも、やっぱり家に連れて帰ろう、となった。

d0330311_15511841.jpg

琵琶は紫檀木画槽琵琶で 一緒に行った友達が特に気に入って「ルイヴィトンの柄に似ている」と大喜び。
人混みの中を 何とか潜り込んで説明にある山水人物図、景色を眺めながら詩や文章を作る人物は中々見え難い。
が、行けば それだけの値打ちがある。何か得て来られるように思う。

いつものことで ここだけで留まらない。
12月の展覧会のギャラリーと郵便局でも用事を済ませた。
d0330311_1559828.jpg この郵便局の前に こんなものがあった。
ずっと以前、友達がネットで見たのだと思うが 奈良の郵便ポストに鹿の彫刻が載ったものがあるから写真を撮ってきて!と、頼まれていたが 中々見つけられなかった。

これじゃないかとカメラと携帯で撮って 次の目的地で少し時間があったので写メールで送信。
「郵便は世界を結ぶ」と書かれた上にラクダと並んだ鹿の像があった。
1988年に奈良で開催されたシルクロード博を記念して設置されたものらしい。
この郵便局の前は何度も通っているのに 今まで全く気が付かなかった。
やっと約束が果たせた気分。頼まれればずっと気になるもので・・・


[PR]
by souu-3 | 2015-11-01 05:55 | イベント | Comments(18)
Commented by totte at 2015-11-01 09:51 x
souu先生! 鹿せんべいは一度きりでお願いします!
衛生基準が 人間用になってないそうですよ。
でも、ときどき見かけるんですよ。
鹿せんべいをくわえて 食べさせようとする中学生が!
それをまた ちゃんと食べる鹿もいて 見てる分には
楽しいんですけどね。 
正倉院展、あと一週間。。。ちょっと焦る。。。
Commented by asayannj at 2015-11-01 11:24
正倉院展へは全国から見学に来られて 奈良は一段と観光客が
増えますね。9000点もの宝物の中から毎年数を決めて展示
するのですね。筆のキャップこのような形は初めて見ました。
私はヴィトン柄風を見てこのような布があったら欲しいな~と
思いました。
ご当地ポストのモニュメントも時々見かけますが
鹿とラクダは国際的で良いですね。
Commented by おせっちゃん at 2015-11-01 16:41 x
正倉院展ですか。日本の宝物ですよね。地元に暮らされてお幸せ。
ずっと以前に今は亡き姉と言ったことがありますが、ガラス製品(不純物の混ざった濁ったものでしたが)があって印象に残っています。その後制作方法が不明になってしまっていたというのも不思議だと思ったことでした。
Commented by souu-3 at 2015-11-01 17:24
totte さま
ご心配おかけしました。ホンのひと欠片です。味は判っていたのですが
あんなに湿気ているとは・・と思いましたが衛生面は考えませんでした。
鹿せんべいの「たけだ」で直接買ってもダメですか?
今年の正倉院展は是非見たいのがなかったのですが誘って戴いたので行きましたが
例年より待ち時間が少なかったような気がしました。日によるでしょうね。
Commented by souu-3 at 2015-11-01 17:28
asayannj さま
最近、観光客が増えていますが思ったほど正倉院展を見る外人さんは少なかったです。
現在の筆のキャップは保管するとは考えられていないのでしょう。それにあれ程
長く使う人はいないのではないでしょうか?でも、良いでしょ!?
シルクロード博のラクダとご当地鹿らしいですよ。
Commented by souu-3 at 2015-11-01 17:33
おせっちゃん 様
ここに住んでいるから誘われれば すぐにも出かけられますね。
正倉院のガラス製品もたくさんあるのでしょうけれど瑠璃坏は綺麗ですね。
当時のガラス製品は日本製ではないのではと思いますが、そうなのですか。
Commented at 2015-11-02 19:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2015-11-02 19:19
souu先生   こんばんHA

鹿せん  拙も未経験ですが、 たまたま湿気ていたのか、ou 濡れせん なのか?    下らぬことを・・・^^;

誰か、宮内庁あたりが ルイ・ヴィトンを訴えたりしないのですかねぇ?
また アホなことを~ 
Commented by 風懐 at 2015-11-02 22:00 x
正倉院展、やっぱりいいですよね。
私もいくつかに絞ってじっくり拝見する派です(笑)。

実は、今年はどうしようかと迷っています。
螺鈿の琵琶には心惹かれるし…、でも、たくさんの人に混じって見るのは苦手だし…。
Commented by souu-3 at 2015-11-03 05:59
鍵 さま
有難いお言葉ですがプリントの出来が悪くガッカリなのです。
それでも小さくすると?? 用紙には気を付けたのですが何が悪いのでしょう?
Commented by souu-3 at 2015-11-03 06:07
amamori さま
道端で売られているものですから保管状態も悪いのでしょうか?
製造元ではパリッとしているかも?
ヴィトン柄は日本の家紋の影響を受けているそうですね。パリで家紋の本が
ベストセラーになっているとか。
日本人がヴィトンを好きなのは親しみを感じるからでしょうか?
Commented by souu-3 at 2015-11-03 06:12
風懐 さま
博物館は いつも最後の方を見る頃にはクタクタです。おまけに混雑しているので疲れます。
どうしても見たいのは少ないでしょうか?でも、行けば感動してきますよね。
まぁ混雑しない正倉院展は頼りないかも?
Commented by usatyu4 at 2015-11-03 13:16
こんにりは 正倉院展は出展されているものが毎年違うのですね。
行きたくても思うように行けれないのでまだ1度も行ったことがなく
テレビなどのニュースで知るだけです。
Commented by souu-3 at 2015-11-03 19:34
usatyu さま
毎年違ったのを出陳されますが 初出陳もあり数年に1度出てくるものも
あります。遠くからも大勢来られますよ。新聞やTVで報道されるので
お好みのものがあれば出かける人が多いのではないでしょうか?
Commented by 由乃 at 2015-11-04 07:46 x
おはようございます
ポストの上の鹿
かわいいですね~~
私も奈良に行ったら探してみようっとw

駅伝東洋大学と青山学院の差
私の見た区間ではそんなに離れてなかったので
逆転できるかと思ってたのですが残念でした
Commented by souu-3 at 2015-11-04 09:24
由乃 さま
このポストは奈良中央郵便局の前です。JR奈良駅の東口には建物のがあります。

駅伝の応援ご苦労様です。全身全霊で頑張る若者は素晴らしいですね。
Commented by totte at 2015-11-04 20:05 x
souu先生! やっと正倉院展 行って来ました。
いやはや 。。。4回目の正倉院展ですが 一番混んでました。
そんな日。。だったんですね。
ところで あの写経筆! ビックリ。。。やっぱり書道の先生です。
会場でみて あら、すてき。。。と思って売店に行ったのですが。。。
とんでもない!。。。でした。
今回は 琵琶もこの筆も 絨毯も その他もデザイン性の高い
ものが多かったと思いました。 
Commented by souu-3 at 2015-11-06 06:21
totte さま
頑張りましたね。ゆっくり見るなら一人で行く事ですね。楽しくお喋りしながら
見るなら友達となんですが逸れないように見る物を初めに決めて要点だけになります。
筆や紙は つい手が出てしまいます。まぁ手間を考えると・・・
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30