玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

にゃんこ物語

d0330311_622191.jpg

ダイヤモンドリリーかアルビフローラが スッと伸びて蕾が少し開きかけてきた。名札が薄くなり読みづらいので古いブログを探すと 一昨年の9月26日に開花している。しかも白花だが この蕾では赤い。
名前も花の色も ???

我が家には いつもペットと呼ばれる可愛い小動物がいる。
幼少の頃は人間も食べるのが大変だったから犬も猫もいなかったが 戦後、毛糸を得るためだったようだがアンゴラ兎を飼っていた。これはペットではなく 毛を刈って毛糸と交換してくれる所へ母が持って行ってたようだ。
何時頃だったか斜め前の犬が 父が出勤した後、夕方まで我が家に入り浸っていた。その後、猫が・・・
当時は今のような飼い方ではなかった、絶えず数匹居たように思う。
母は 若い頃、猿や鳩なども飼っていたらしい。夫の実家でも義父は亡くなる直前まで犬の散歩をさせたり兄弟の中にはペットショップを経営していた人も居た。そんな環境の二人が結婚して出来た子供が 又、無類の動物好きになるのは 極当たり前だったかもしれない。 

d0330311_10203075.jpgこの映画が近くの映画館で上映されることを知ったのは いつだったか?
この日を ずっと待っていた。

「今まで気付かなかったことに気付くきっかけになるような映画になったらいいな」と監督さんが言われるように この主人公・元校長先生は堅物で偏屈、人付き合いが下手な先生、何か夫とダブる。猫は大好きだから この主人公とは大きく違うけれど 一人暮らしになったら あの世から「お父さん!大丈夫?」って叫ぶんだろうか?気になって成仏出来そうにない。生き方が スゴク不器用だ、と思う。
その頃には リクもアイも居なくなっているかもしれない。

たった一人で・・・
ちょっとシンパイ。

大好きだったヤンがいなくなって 一番ショックだったのは夫だ。20年も居た猫とは別れなければならないのは判っていても 自分との絆の深さは人一倍だった。

この映画の主人公でもある猫は この元校長の家ではミイと呼ばれていたが 朝ドラ「あまちゃん」で夏ばっぱの飼い猫カツエ役でデビューしたドロップ(メス・5歳)らしい。
猫が演技をするのかは判らないが 大した女優らしい。
こんなことは出来なくっても 家ネコはどこの子より可愛い!
そう思うから 大枚を叩いて獣医さんへ通い 常に様子を見ながら飼える?いや、飼っているのではなく一緒に暮らせるのだろう。

3日間の展覧会は あっと言う間に過ぎてしまう。
d0330311_80125.jpg12月に出品予定の奈良の画廊へ行った時、翌日から始まる展覧会の花の事を話題にしてしまった。そこに飾ってあった椰子を「使って!」と言って下さって お借りすることになった。
正直、持って行って持って帰るのは大変だった。おまけに「大きな球根持ってきたんセンセやったん」なんていう人が。ケッタイな仲間なんだから。球根やない、ヤシ!

d0330311_6143969.jpg片づけに行く前、「徹子の部屋展」を観に行った。こちらも最終日。大勢の人で賑わっていた。
あの方は 私より高齢であるが若い時と変わらない。机に置かれた原稿も眼鏡なしで読め、相手の声もよく聞こえているから あんな風にインタビュー出来るのだろう。スゴイなぁ!
1976年スタートした頃の事は よく覚えている。確かNYから帰国した徹子さんは活き活き活動を始められたように思った。私は子育て真っ最中だったように思う。
その番組が同一司会者によるテレビトーク番組最多放送のギネス世界記録になった。
続いたことも凄いが あの若さを40年間保ち続けるのも大したもの。それなりの努力があるからだろう。やっぱりスゴイ人なんだ。

[PR]
by souu-3 | 2015-10-13 06:25 | ペット | Comments(20)
Commented by usatyu4 at 2015-10-13 08:49
おはようございます。育った環境は大切ですね。私の実家の両親は犬も猫も嫌いだったようで、・・・・しかし戦後物がない時代にニワトリは飼って
卵を産ませていたし、ウサギを飼って、肉やさんへ持って行って
肉にして食べた記憶があります。なんだか戦後を思い出してしまいました。
Commented by 由乃 at 2015-10-13 12:31 x
こんにちは
私の子供の頃も
犬や猫、鶏、牛、豚を飼ってました
なので子供の頃から、動物は大好きでした
娘達にもその血は流れてるみたいですw
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-10-13 14:33
人づきあいが下手で、偏屈。
ははは
難しすぎると抗議を受けても、大学はこうなんだと
頑固者呼ばわりです。
上手く教える人もいるのですが、不器用ですね。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by souu-3 at 2015-10-13 19:35
usatyu さま
戦後は食べるのさえ大変だったのでしょう。親は私たちの為に頑張って
くれていたのですね。そういうことを今出来るだろうかと思います。
必死になれば何でも出来るとは申せ大変だったでしょうね。感謝しなければ
罰が当たりますね。
Commented by souu-3 at 2015-10-13 19:43
由乃 さま
牛や豚もでしたか?子供の頃に親しんだ動物たちは可愛いと感じますね。
勿論、大人になってから初めて接してもでしょうけれど。
子供たちにも受け継がれるのは 環境でしょうか?
Commented by souu-3 at 2015-10-13 19:45
KawazuKiyoshi さま
(*^▽^)/★*☆♪ 先生も そんなところがおありですか?
Commented by amamori120 at 2015-10-13 23:13
souu先生   こんばんHA

アルビ・・・だから 白 のハズですねぇ ^^;

この映画 観に行く予定に入ってます ♪
Commented by おせっちゃん at 2015-10-13 23:36 x
ペットのいる生活。それをしない私は、情に欠けるような気がします。
田舎で、鶏、ウサギ、ヤギなどは、ペットとしてではなく、実用で飼っていました。
Commented by souu-3 at 2015-10-14 05:40
amamori さま
過去に遡って調べるとダイヤモンドリリーは去年も赤く一昨年のアルビフローラは
白か薄い黄色でした。2種類植えたのですが やっと判明しました。
Commented by souu-3 at 2015-10-14 05:44
おせっちゃん 様
ペットは安易な気持ちで飼うものではないですよね。昔と違い家族の一員と
いう感覚ですから留守にも出来ません。が、昔の家畜でしょうか?
鶏などが居ても留守には出来ないでしょうね。
Commented by oss102 at 2015-10-14 12:24
5人兄弟姉妹で、私だけが超動物好きでした。戦後引き揚げて来てからは、父母は羊・にわとり・ウサギも飼いました。食べるためです。
この映画DVDになったら見て見たい。今ホームページでのぞいてきました。ペット禁止の規約のあるMCで、気が引けながら2匹を飼います。迷惑を掛けないのに、どうしていけないの?という気持ちですが、やっぱり内緒ごとは・・気が小さいのです。;;;
Commented at 2015-10-14 17:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souu-3 at 2015-10-14 19:21
oss102 さま
兄弟でも違うのですね。戦後は色んな面でやむを得ないことはありましたね。
映画はDVDで観られる時代なんですよね。ストーリーは兎に角ネコちゃんが
可愛い!賢いですね。
お引越しでしたね。娘もそうでしたよ。規約があっても連れて行かない訳には
参りませんね。ご近所が良い方でありますように願っていましょう。
Commented by souu-3 at 2015-10-14 19:24
鍵コメ さま
お忙しいのだと思っていましたが そうでしたか?
元気だった方の子が・・・そんなことってあるのですね。
Commented by asayannj at 2015-10-14 19:28
夕方のニュースで千葉だったと思うのですが 動物病院の裏にバッグに入れて25匹の捨て猫があり ネコ好きに全て引き取られたとかの
ニュースを見ました。遠くは九州からも来られたとか。ホットしましたが何故?このような事を・・・・
連れ合いの子供の頃も綿羊を飼ってセーターにしたと聞きました。
鶏はペットとは違いますが子供の頃には何羽も飼ってました。
Commented by souu-3 at 2015-10-15 06:23
asayannj さま
そのニュースには気が付きませんでしたが 今回は引き取られて良かったけれど
何時もそうとは限りませんから 味を占める人がない事を願うばかりです。
こんなに大量なのは業者かもしれませんが飼う前によ~~く考えないと・・
生き物の命を何と思っているのでしょう。
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:31
この赤い蕾が白い花になるんて想像もできないですね。名前はダイヤモンド、眩しく光るのでしょうか?花を愛で映画を楽しみ展示を観賞、まさに文化の秋ですね!
Commented by souu-3 at 2015-10-16 08:16
rollingwest さま
2種類植えていたので赤い花が咲く方だったようです。
白いのも咲くのを待ちましょう。花の名前は如何して付けるのでしょうかね。
はい!秋ですね。ちょっと悲しいお葬式も入りましたが。
Commented by rabbitjump at 2015-10-17 11:17
猫ちゃんでもワンちゃんでも一緒に日々生活をしていると
ステキなかわいい家族ですね。
主人もシロが逝ってからは、寂しいと言っています。
充分したはずヨット行っても、あの時はこうだったな~、
もっといろいろしてやりたかったな~、と。
今でも愛おしく思い出しております。

日々努力、毎日を精一杯生きた行きたいと
今頃になって目覚め^^そう思うようになった私です。
Commented by souu-3 at 2015-10-17 16:56
rabbitjump さま
女は直接 看病や介護をするから案外諦められるのかもしれません。
我が夫も何時までも そんなことばかり思っているようです。
だから、精一杯生きて行けば自分も最後の日が来ても後悔はしないのでしょう。
頑張りましょう。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30