玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

グループ展 輪書

d0330311_19312248.jpg

d0330311_19314260.jpg
このところ 快晴の日が続く。朝刊を取りに出ると空には星が煌めき あんなに真ん丸だったお月様が三日月になっている。
10月10日から始まる展覧会は 本来なら8日~13日であるが数年前から会期を3日間にしている。
場所は 大阪・道頓堀松竹座の前、ギャラリー香である。この建物の北側には道頓堀川が流れている。この4階での開催で こちらの都合で会期を短くしているが搬入日は決められた日にしなければならないので 本日都合の付く者で展示を終えた。

d0330311_19412436.jpg
今回は この2点。
今年も来年の干支を書くことにしたが「猿」は12年前にも探したが 中々題材が見つかり難い。谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」から「さる」を書いた。
この「ことばあそびうた」はメチャクチャ面白い。が、書くと同じ言葉、似た言葉ばかりなのでウッカリすると間違ってしまう。
その上、今回は筆に拘った。七面鳥の羽の筆で柔らかく書こうと淡墨で滲みを多くしてみた。
次に狸とイタチに羊毛が入った筆や固い山馬で書いてみた。結局、後の方になった。何だか諦められず七面鳥の筆も使いたい! 淡墨をパッパと飛び散らして模様にした。

もう1点はコリンスキーというシベリヤにいるイタチの毛の筆で観音経の一節を書いた。般若心経を書く人は多く「悟り」のお経といわれる。 観音経は「救い」のお経だとか。救われたい一心で、と言う程ではないが 40年程も前、私の仮名の師匠である桑田笹舟先生が作って下さった料紙、たった1枚残っていたものに書いた。普通、加工紙は置いておくと墨が乗らなくなる。ちょっとおマジナイをして。

最近、道頓堀界隈は外国の人がイッパイ。
d0330311_20414299.jpg

歩いていると 判らない言葉が飛び交っている。
d0330311_2045118.jpgたこ焼きも あの手この手で変わった物が作られている。
イイダコを丸々1匹入れた たこ焼きらしい。少し前、他のを食べたので味わってはいないが お味は如何なんだろう?

ここにも日本語でない文字が書かれている。

賑やかな道頓堀筋から 少し横道に・・・

d0330311_20544731.jpg
法善寺横丁。
夕方近く 路地には水が撒かれ夜の街にと準備が整った時間帯。

水かけ不動さんにお詣りして 夫婦善哉は食べなかったが その前を散策した。

最近の心斎橋筋や道頓堀は 私には落ち着かないが法善寺辺りは 昔とそれ程変わらないような気がして ちょっと歩いてみたくなる。

d0330311_211754.jpg ← こんなものがあった。

「吾唯足知」
全ての文字に「口」が付く。
京都・竜安寺にある蹲踞(つくばい)に刻まれている。それの現代版だろうか。
デザインが素敵だと思う。何だか気に入った。

[PR]
by souu-3 | 2015-10-07 21:30 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31