玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

秋来ぬと・・・

d0330311_14175252.jpg「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」
そんな歌が浮かんでくる頃になった。

秋になると展示会などが続く。
6日は 地域の「ふれあいまつり」が催され、昨年まで展示されていた JA女性の会の作品が間に合わなくなったそうで、公民館のクラブの人たちの作品を出すようにということになり 急遽準備することになった。
押し入れや納戸の中から引っ張り出して来て・・・
 
数年前の干支を書いたものがあったが これはちょっとマズイ。「秋」と書き直して入れ替えることにした。

「秋」
d0330311_14271252.jpg正字はで、禾(か)+龜(亀)+火。は穀物につく虫の形である。
イナゴなどが発生して穀物を食い荒らすので 火で焼き殺し豊作を祈る儀礼をしたのだろう。
この甲骨文字は虫の類を火で焼く形だと思われる。

d0330311_1448473.jpg

d0330311_1449252.jpg場所は公民館の 会議室だから いつもと大した変りはない。
搬入時に 持って来れる人の作品だけで 少々淋しいが 何とか形を付けることが出来た。
 この行事は 22回目で地区の社会福祉協議会、自治連合会、JAなどの催しで ミニミニ運動会や地元中学校の吹奏楽、太鼓、カラオケ、歌謡ショーなどがあり 模擬店や餅つきなどもある。

餅つきには市長も参加され 搗きたてのお餅が販売された。
お天気があまり良くなかったので 夫は出かける気配もない。
何か、昼食になる物がないか?
焼そばは 多分お腹の調子がよくないと言うだろうから・・かやくご飯とお餅を購入して お雑煮を作ることにした。
一度、帰宅して作品の片づけに出かけたり、ちょっと落ち着かない一日を過ごした。

翌、7日は
d0330311_1531772.jpg

別の公民館のロビーに 先日 制作した刻字を展示した。
額に収めたり パネル仕立てにしてきた人など こちらも何とか形が付いた。
19日まで、中央公民館ロビー
[PR]
by souu-3 | 2015-09-07 15:45 | 書道 | Comments(6)
Commented by rabbitjump at 2015-09-07 22:19
甲骨文字は面白いですね、
その文字の持つ意味がよくわかります、
いつも興味がわいて楽しめます。
souu先生ありがとうございます。
いつのまにか9月に。
芸術の秋はお忙しそうですが、
お体どうかお大事になさってくださいませ。
Commented by jamagin at 2015-09-07 22:58
秋らしい忙しさですね。
複雑な書ですが、意味の深さ祈りの深さが作る形なのですね。
虫と対決してこその収穫、餅つきの姿はいつも喜ばしいですね。
Commented by おせっちゃん at 2015-09-07 23:01 x
地域のお祭りに大貢献ですね。素晴らしいご活躍。
我が地域では、来月第一日曜日に「町ぐるみ運動会」というのがあります。お弁当係を拝命しています。

秋という字はそんな成り立ちなのですね。「火」が使われているわけがよくわかりました。
Commented by souu-3 at 2015-09-08 06:22
rabbitjump さま
昔の人は偉かった!つくづく そう感じます。
老夫と老犬の為にも家に居る時間を多く取るようにしているのですが
9月~11月は行事が多くなりますね。でも、こうしていられることが
健康に繋がるのでしょう。良い季節を楽しめると良いのですが。
Commented by souu-3 at 2015-09-08 06:25
jamagin さま
お蔭様で・・・なんですが遠くへは出かけ難く近場でバタバタとしています。
文字も複雑に作ったり簡単にしたり 人の作ったものですから改良しながら
続いているのですね。お百姓さんの大変さも知る機会になったでしょうか?
Commented by souu-3 at 2015-09-08 06:27
おせっちゃん 様
お手伝いしなければならない事は沢山あるのでしょうけれど充分なことは
出来ません。 おせっちゃん さんには頭が下がりますよ。お弁当係りも
大変でしょう。こうした影の力があってこそ成り立つのですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31