玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

鰥寡孤独

d0330311_916972.jpg

大型でゆっくりの台風11号が日本列島に接近している。
お天気が良い間に 洗濯、買い物、諸々の用事を済ませてと・・ 昨日は1日バタバタした。
今朝は台風に合わせて ゆっくり。
ブログ更新には何もない。
写真もない。
庭に出ると 蝶がひらひら
蝉の声も聞こえない。
子供たちは学校へ行ったのだろうか?

d0330311_9164290.jpg

皆さん、家の中で何をしているのだろう?

夫とお茶を飲み
TVを観て・・・

こんな日があっても良い。
とは申せ この台風が抜けるのは明日か明後日?

先日、新聞のコラムに天平735年聖武天皇が「鰥寡孤独・かんかこどく」の制度をおこなったと書かれていた。
鰥は老いて妻のいない人、寡は老いて夫のいない人、孤は幼くして親のいない人、独は老いて子のいない人、
孤独でいたい人もいるかもしれないが 孤独でないに越したことはないだろう。
私が生れた時、それから数年経って弟が生まれ 姉が嫁ぐまで10数年は7人家族だった。
最近、TVなどの報道でも災害時、避難世帯数と避難者の数に あまり差がないという事は一人暮らしの家庭が多いということだろう。
回りを見回しても そんな家庭が実に多い。我が家も私がこの世から消えたら 夫は一人暮らしになる。逆も然りだ。
昨日、友達から電話があり「2か月ほど前、足首を骨折した」という。彼女も一人暮らしである。が、常日頃、車に乗れるのでお買い物や病院へ行く ご近所さんのお手伝いをしているようだ。
こんな時、それらのご近所さんが何かと助けてくれたようだ。ご自分の子供さんには 骨折したことは言ってないという。
だが、このコラムには鰥寡孤独・貧窮・老疾で自存出来ない人は 近親が引き取る。近親がいなければ坊や里、つまり地域社会が面倒をみる。80才および重度の病や障害のある人には「侍・じ」1人をつける。侍は90才には2人、100才には5人とする。という規定もあった、という。
奈良時代には身寄りのない人や高齢者をひとりで放置しておくという考えはなかった。とも書かれている。
病気に対する細々とした決まりまであったようだ。
現在の長寿国では無理かもしれないが こんな救済規定があったらしい。今の政府は 昨日のようなやり方で良いのだろうか?
[PR]
by souu-3 | 2015-07-16 10:57 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30