玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

ぶらり中之島

d0330311_14233594.jpg

遠来のブロ友さんのお蔭で 久しぶりに大阪は中之島界隈をブラブラすることになった。
OLだった頃は お昼休みにお弁当を持って時間いっぱい駄弁り捲くった所。
何時だったか社内報が大阪特集号というのを発行したことがあった。大阪は八百八橋。あっちこっちの橋を写真部で撮ることになり 私は中之島担当になった。
出勤前、お昼休み、退社後と出かけたのも つい、昨日のことのような気がするが 飛んでもないほどの年月が経過している。この中央公会堂では労働組合の集会などもあった記憶がある。

d0330311_14391777.jpg

当時、正面アーチ屋根の上に このようなものがあったなど気が付かなかった。
ローマ神話の像で、右側がミネルヴァという学問や芸術の女神で、左はメルキュールという商業の神らしい。
戦争中に金属類は供出され数年前に保存再生工事で復元されたというから 当時はなかったのかもしれない。

その下には
d0330311_1445728.jpg

鳳凰と大阪の市章である澪標(みおつくし)を基調にデザインされた特別室のステンドグラスがある。

中之島には明治・大正の面影を残す重厚な歴史建築がいくつも立ち並んでいるが 中でもこの公会堂は赤レンガの壁に青銅のドーム屋根が美しく重要文化財に指定されている。

d0330311_14531350.jpg

予定では この船に乗る心算だったが お喋りタイムが長引きぶらぶらするだけになってしまった。

その後も大阪駅まで歩く、歩く。勿論お喋り付き。
梅田新道の交差点は 国道一号線と二号線の分岐点である。嘗てブログにも載せたことがあるのでリンクしておこう。
その交差点の すぐ近くにあるお初天神(正式な名前は露天神社)
d0330311_14593857.jpg


もうすぐ7月。
関西では祇園祭が始まり、天神祭を初めとして愛染さん、生国魂祭り、伏見稲荷の本宮祭、堺大魚夜市、住吉さんのお祭りと続く。
この露天神社の夏祭りも7月の第3金土にある。宵宮には、拝殿横の特設舞台で地車囃子が奉奏され、境内に舞獅子や傘踊りが入って、役太鼓の宵宮打ちが披露され、本宮では、神事、役太鼓、舞獅子、地車囃子が御祓いを受けて宮出しされ、大阪駅周辺のディアモール、ハービス大阪、ヒルトンプラザ、曽根崎各地を巡行する。
d0330311_17181042.jpg

早くも山車の準備もされていた。
d0330311_17174883.jpg

また、「茅の輪くぐり」も行われていた。基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われるものだが、正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願する。

露天神社は「お初天神」という方がピンとくるのだが・・・
d0330311_17301383.jpg元禄16年(1703年)に神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書いたのに因んで「お初天神」と呼ばれるようになった。
「曽根崎心中」は、堂島新地の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が心中した。「曽根崎心中 お初 徳兵衛 ゆかりの地」という石碑が建立されている。
大阪の人には親しみのある神社だ。


今回のオフ会は この程度で満足していただけたか?些か不満足なものだったようにも思うが ブログを通して数年、お喋りしている感覚は不思議なものである。

お一人は2度目、もう一人は奈良在住のため数回お逢いしているが年齢も違うお二人なのに旧知の人のような気がする。話も弾み 何の違和感もない。
不思議な関係だ。
ブログを初め、 こうして続けることが出来、本当に良かったと思う。

今後、まだまだ続ける心算だが元気でありたいとつくづく思う。
[PR]
by souu-3 | 2015-06-29 17:50 | 大阪・京都
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30