玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

父の日

d0330311_545354.gif

google を開くと こんなのだった。
否が応でも 父の日であることを認識しなさい。と言われている気分になる。(*^▽^)/★*☆♪

昨日、友達に「婦人画報」はいつ創刊されたか知ってる?と聞かれた。
相当、古くからある、明治かな?
d0330311_5531665.jpgやっぱり!
明治37年創刊号が 付録?として付いていたという。
う~~ん 懐かしい、とは言えないが母が生れる前だから しる筈もない。
右から左に書かれていることには 意外に抵抗はないけれどルビがいっぱいフラれていて空間が少ないので読み難い。
新しく作られたのでも 当時の印刷のままでもなく スキャンされたものかコピーか鮮明ではないので 少々疲れるが当時を彷彿とさせる。

母が居たら・・・その年齢から考えると110年ほど前だ。
当時の人は どの程度の学力があったのか?
どんな人が 購読していたのか?
1冊 35銭とは・・・
また、ググってみた。
『「うどん・そば」は明治37年には2銭だったので、今でいうと約400円。カレーライスは明治35年頃で5~7銭だったそうですから、1000円以上ということになります。新聞購読料(朝日・朝刊のみ) 28銭 JR普通運賃(大阪-東京) 明治22年、3円56銭
朝ドラ「花子とアン」の 当時、上野-甲府間の運賃は、片道1円39銭ぐらいだったそうで、往復金額の2円78銭を現在の貨幣価値にすると、40,000~60,000円程度と言われています。8~10時間程度かかったそうです。』
当時は1銭が43円~100円と開きがあるので 判り難いけれど1400円~3500円って庶民には高くないかな?読んでいた人は庶民ではない?

【訂正】
この本は1冊25銭、送料2銭でした。35銭は「都新聞」の値段でした。

d0330311_7352185.jpg

第1巻第1号の目次
華族女学校の運動會、襷掛けの着物に袴、靴を履いた妃殿下や宮家の内親王などの写真が載っている。

d0330311_7504566.jpg

これからだろうけれど 蓮の花が咲き出した。=唐招提寺=

今朝の二匹
d0330311_7521850.jpg

新しくなったプリンターは 無線だから離れた所で操作すれば良いのだが パソコンとプリンターの用紙設定などが違うと 動いてくれないので何時も同じ用紙にプリントする人には良いのだろうけれど 写真や両面など使いたいものは 結局近くへ行かなければならない。

そんな時、2匹は側で眠っている。
梅雨が大暴れする今日、美術館へ行かなければならない。
う~~ん ちょっと・・・  ね!
[PR]
by souu-3 | 2015-06-21 08:01 | 雑記 | Comments(26)
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-06-21 11:39
今日は父の日。
私は父の記憶が、余り、残っていません。
だから、自分がよい父かどうかも分かりません
ははは
明日、サプライズ。
今日もスマイル
Commented by iwa_gonta at 2015-06-21 13:30 x
こんにちは、婦人画報三十八年発行となっていたので
私より新しいじゃないのなんて思ったら、あれ!明治ではないですか
私の父くらいの頃です、表紙はモダンで今でも通用しそうな
デザインですね、昔の人は勉強熱心だから、一生懸命読んだのでしょうね。

私も最近プリンターを替えて、無線ランにしました、設定が
大変でした、パソコン関連の機器は新しくなるのはいいけど
せっかく覚えた操作が変わるのは、老婆にとっては
辛いです。
Commented by fuchan_k at 2015-06-21 17:07
知りたい事がすぐに調べられる。
便利な世の中になったものですね。

母の日ほどの華やかさもなく、可哀そうなお父さんたちですが
静かに祝われるのも良いでしょう。

いつでも仲良しなワンちゃんですね。
梅雨寒で、ひっつき虫さんしてるのでしょうか?
Commented by yocco at 2015-06-21 19:11 x
ご無沙汰しておりました
久しぶりの投稿にさっそくコメントを頂き
ありがとうございます
先日、小耳にはさんだ父の日の話題ですが・・
最近は、(色々な事情で)シングルマザーが増えたので
父の日に「父親参観日」をしなくなった学校が多いそうです
そういえば、父の日自体も以前ほど話題にされなくなりましたね
Commented by usatyu4 at 2015-06-21 22:22
父の日・・・・1週間前のsouuさんの記事を
思い出しました。最近は本やさんにも縁がないけど、「婦人画報」「家庭画報」20年ぐらい前までは
見たことがありましたが、今もあるのですか?
最近はカタカナ文字などの雑誌が多いですね。
なんだか懐かしくなりました。
Commented by syo-kunin at 2015-06-21 22:33
SOUU先生、こんばんわ。。。

母の日は贈り物とか多いんですけど、
父の日は静かですね(苦笑)
父は35年前に他界してしまいましたが、
義理の父がいますので(汗)
Commented by souu-3 at 2015-06-22 05:39
KawazuKiyoshi さま
先生もですか?私も10代の時でしたし企業戦士だった父は
殆ど家に居ませんでした。家では本を読んでいる姿しか
覚えていません。
Commented by souu-3 at 2015-06-22 05:44
iwa_gonta さま
明治は遠くなりにけり、ですね。中身は真面目にこの程度の
話?という内容ですが ちょっと庶民的ではないようです。
パソコンも新しくなる度に抵抗があります。今もWindows10入手出来ますと表示されますが壊れて買い換えるまで
使いたくないです。
Commented by souu-3 at 2015-06-22 05:48
fuchan さま
便利過ぎてアホになる、ちょっと心配しながら楽な方へ靡きます。
こんな時、お父さんは影が薄いですね。
今年の梅雨はよく降り肌寒い日が多いですね。2匹で助け合ってます。
Commented by souu-3 at 2015-06-22 05:56
yocco さま
圭太君の通院でお忙しかったのですね。
シングルマザーねぇ あまり協力してくれないお父さんでも
居てくれるだけで助かるのですがね。父親参観日も
なくなってますか?
Commented by souu-3 at 2015-06-22 05:59
usatyu さま
父の日は娘も何も送ってこなかったし私も展覧会で出かけて
いました。考えると可哀そうでした。
これらの本も殆ど美容院で見るだけです。カタカナ名の本は
題名も覚えられません。
Commented by souu-3 at 2015-06-22 06:03
syo-kunin さま
和菓子も母の日の方が売れますか?
実父は元気で居てほしかったですね。でも、義父だって…
お宅は楽しいじゃないですか?我が家は義父が55才、実父は53才でした。
Commented by おせっちゃん at 2015-06-22 16:18 x
本を読むのは好きな母でしたが、きっと婦人画報など縁がなかったのではないでしょうか。生きていれば115歳ですが。
Commented by souu-3 at 2015-06-22 20:31
おせっちゃん 様
婦人画報や家庭画報は今も写真が多いですが この創刊号は
とっても写真が多いので高いのかもしれないし内容が庶民向きで
ないような気がします。お母様は」もっと高度な本だったかも。
Commented by 月草 at 2015-06-23 07:27 x
souuさん おはようございます。

婦人画報は美容院で見るだけですが 写真が多くてこのお値段。
なんだかお得感がありますよね^^

ふふぅ souuさん 私は父の日 夫にご馳走を作りましたよ^^ エヘン♪・・・って いつもわがままで世話のやける女房ですからね。

先日ね 時雨亭(嵐山の)でかな展をやっていて souuさんにお知らせしなくちゃ・・と思ったのですが 気がついたら会期は終わっていました^^;

Commented by すみれ at 2015-06-23 19:56 x
souuさん  今晩は。
夏ですね。
蓮が例年より2週間早く咲き始めたようです。
毎日の天候にはひやひやですよ。

婦人画報、長い歴史があるんですね。
昔は、貸本で読んだり、立ち読みなんて・・・。
古いのか、どうも電子書籍は苦手です。
地図も、地図帳が好き、時刻表も・・・。

昔の本の挿絵って、好きでしたねぇ。

Commented by souu-3 at 2015-06-23 20:49
月草 さま
私も美容院で読むだけです。この本を貸してくれた友達は
息子のお嫁さんが美容師さんなので貰ったそうです。
月草さんはご馳走を!いつもご馳走だと思いますが それ以上に?
ご主人様お幸せですね。私はあの日展覧会の打ち上げで
自分だけご馳走を・・・夫にはお寿司を買っておきました(/_;)
Commented by souu-3 at 2015-06-23 20:50
すみれ 様
今年は雨がタップリで花にとっては良いのかもしれませんね
紫陽花も蓮も元気よく咲いてくれましたね。
私も検索して読むことはあるのに電子書籍を読みたいとは
思いません。まだまだ古い人間です。
Commented by amamori120 at 2015-06-23 23:04
souu先生  こんばんHA

多分 高女卒以上のご婦人が読んでいたのでせうねぇ

物価の優等生と云われる玉子は如何だったのか、ちょい調べてみるか

DBでは矢田寺の紫陽花が盛んに取り上げられていますが?
Commented by 月草 at 2015-06-24 07:47 x
souuさん おはようございます。
あぁ~私、 本当にそそっかしくてすみません
時雨殿ですhttp://www.shigureden.or.jp/
以前からあったでしょうか? 展示物 確かめもしないですみません。 こんな時期も大変な人でした^^;


Commented by souu-3 at 2015-06-24 08:47
amamori さま
当時は一般家庭でなく それなりの婦人が読んでいたのでしょうね。
卵の事も載ってましたよ。
矢田寺の紫陽花は結構有名です。私も去年、youtubeに載せています。
https://www.youtube.com/watch?v=cKivdLez1vQ
Commented by souu-3 at 2015-06-24 08:53
月草 さま
2006年に出来たのですね。昨日、溜まってきたパンフレットや
写真を整理していたら時雨殿のが出てきました。
ゆっくり時間を掛けて行きたい所ですよね。繁昌しているのですね。
28日は塩鯛さんの落語があるのですよね。仕事で行けませんが。
Commented by rabbitjump at 2015-06-24 08:54
父の日、私はいつも今は亡き父の愛を感じます。
いつも厳しかった父でしたが、
この年になって父の優しさを感じています。

表紙の絵、今見ても新鮮ですね、
この時代に、古さを感じませんね。
ミュシャの絵に似ているようで、素敵です。

リクちゃん、アイちゃん、寝姿も、なんてかわいい~~
Commented by souu-3 at 2015-06-24 09:25
rabbitjump さま
お父様の厳しさも後で判るものなのですね。親の立場で考えると
何時か判ってくれると有難いですね。
表紙の絵は何方なのか?口絵はとありますので表紙もという事でしょうか?
ルプラン夫人だそうで1755年~1842年の佛国の画家だそうです。
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-06-24 10:37
サプライズ
に、ならなかったですね。
ははは
今日もスマイル
Commented by souu-3 at 2015-06-24 14:04
KawazuKiyoshi さま
父は ちょっぴりお気の毒ですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30