玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

父の日

d0330311_545354.gif

google を開くと こんなのだった。
否が応でも 父の日であることを認識しなさい。と言われている気分になる。(*^▽^)/★*☆♪

昨日、友達に「婦人画報」はいつ創刊されたか知ってる?と聞かれた。
相当、古くからある、明治かな?
d0330311_5531665.jpgやっぱり!
明治37年創刊号が 付録?として付いていたという。
う~~ん 懐かしい、とは言えないが母が生れる前だから しる筈もない。
右から左に書かれていることには 意外に抵抗はないけれどルビがいっぱいフラれていて空間が少ないので読み難い。
新しく作られたのでも 当時の印刷のままでもなく スキャンされたものかコピーか鮮明ではないので 少々疲れるが当時を彷彿とさせる。

母が居たら・・・その年齢から考えると110年ほど前だ。
当時の人は どの程度の学力があったのか?
どんな人が 購読していたのか?
1冊 35銭とは・・・
また、ググってみた。
『「うどん・そば」は明治37年には2銭だったので、今でいうと約400円。カレーライスは明治35年頃で5~7銭だったそうですから、1000円以上ということになります。新聞購読料(朝日・朝刊のみ) 28銭 JR普通運賃(大阪-東京) 明治22年、3円56銭
朝ドラ「花子とアン」の 当時、上野-甲府間の運賃は、片道1円39銭ぐらいだったそうで、往復金額の2円78銭を現在の貨幣価値にすると、40,000~60,000円程度と言われています。8~10時間程度かかったそうです。』
当時は1銭が43円~100円と開きがあるので 判り難いけれど1400円~3500円って庶民には高くないかな?読んでいた人は庶民ではない?

【訂正】
この本は1冊25銭、送料2銭でした。35銭は「都新聞」の値段でした。

d0330311_7352185.jpg

第1巻第1号の目次
華族女学校の運動會、襷掛けの着物に袴、靴を履いた妃殿下や宮家の内親王などの写真が載っている。

d0330311_7504566.jpg

これからだろうけれど 蓮の花が咲き出した。=唐招提寺=

今朝の二匹
d0330311_7521850.jpg

新しくなったプリンターは 無線だから離れた所で操作すれば良いのだが パソコンとプリンターの用紙設定などが違うと 動いてくれないので何時も同じ用紙にプリントする人には良いのだろうけれど 写真や両面など使いたいものは 結局近くへ行かなければならない。

そんな時、2匹は側で眠っている。
梅雨が大暴れする今日、美術館へ行かなければならない。
う~~ん ちょっと・・・  ね!
[PR]
by souu-3 | 2015-06-21 08:01 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30