玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

樹木希林という女優

d0330311_964080.jpg

夫は美しい空が大好きだ。ひとりで見ていないで必ず呼びに来る。

西の空に沈む夕陽が まるで山の間に沈んでいくような錯覚を起こさせる光景だった。遠く山のように
見えるのは雲だが 明日は梅雨の晴れ間がくると叫んでいるかのようだ。

d0330311_9133389.jpg

やっぱり 良いお天気だ!
d0330311_9141869.jpg

雨をたっぷり含んだ紫陽花は美しい。

でも、太陽に元気をもらった紫陽花もイイ!



前回の映画「あん」の記事に皆さんがコメントを入れて下さったので その度に検索し樹木希林さんという人の事が段々判ってきた。
いや、判ったのではなく全く知らなかったことを ちょっと知ったという程度だが。
正直なところ、変わった女優さんだと思っていたが その生き方の素晴らしさに驚かされたということだろう。
鎌田實さんと樹木希林さんの対談が出ていた。
朝日新聞シンポジウム「がんに負けない、あきらめないコツ」というものだった。
何と柔軟な心の持ち主なのだろうと思いながら読み進んだが・・
中でも鎌田氏が 「ミスを生かすことがすごく大事で、私の顔はミス。だから、私はミスを前提にして、ミスを生かしながら生きてきたから生き残れたって。「あ、この人は、どんなことがあっても失敗がなくて、絶対生き残れるんだな」って僕は思いましたね。」という件、「お家をつくっている時だったのかもしれないんですけど、建築家に「ミスをしたらすぐに連絡してほしい」「ミスをすぐに直さないでほしい」ってお願いしているんですね。ミスを直してしまったら、ミスで終わってしまう。けども、ミスを連絡してもらって、もしかして面白いミスだったら、そこを生かして何か新しくつくり直しちゃえばいいんだって思ったというんですね」という調子だ。

また、こんな話も
「36億年の話というのは、地球が生まれて、地球には生物がいなかった時期があった。偶然、太陽との距離がちょうどいい距離、ほどほどの距離があって、水が地球にあって、その水の中から生命、単細胞の生物が生まれた。36億年前に。
それが徐々に徐々に進化を遂げて、水の中で生きていた生き物が陸に上がるわけですよね。その陸に上がったものから、また何千年も経て人間が生まれてくるわけです。
僕たちはその36億年の歴史をしょいながら、命をいただいて、そして、たった70年か80年か、うんと生きた人でも百数年ですよね、そういう時代の中でまた地球に戻っていく。」

これも鎌田氏の話だが 古事記を読んでいて面白いけれど有り得ない!と思うことはショッチュウある。
でも、この単位で考えれば 古事記の世界もあり得るかも知れない。
フッと そんなことを思いながら 潔さも必要だけど こうして発想の転換をするのも大事なんだと教えられた。
[PR]
by souu-3 | 2015-06-10 09:51 | 雑記 | Comments(16)
Commented by はなもも at 2015-06-10 20:22 x
souuさん、こんばんは。
こんな素敵な夕日が見られておしあわせ・・・
美しいと感じるご主人さまの感性もまた・・・

田植えの済んだ稲田の情景好きです。これからどんどん成長して花が咲き。秋にはもう収穫できるのですね。
新米が・・・待たれます~
Commented by souu-3 at 2015-06-11 05:33
はなもも 様
自然が作り出す光景、人が作り出した景色が共演しているようです。
我が家は 田圃の埋め立て地に出来た新興住宅ですから
近くには田植えをする人たちが見られます。ここが真っ赤に
染まる事もあるのです。何年に一度かな?
Commented by すみれ at 2015-06-11 12:28 x
souuさん  今日は。
昨日久しぶりに友人とランチして、映画を見に行こうという話しになり、この映画が話題になったのですよ。
そして、彼女が着ている服は彼女自身の手作り、そして「断る」「もらわない」という話しにも、それからそれへ。
次は何を言ってくれるのか?
興味イッパイの方だと、二人で盛り上がったのよ。
結局、映画どころかお喋りで終わり。

夕焼けどころか、空が段々狭くなってしまった我が家付近。
おこぼれの夕陽を見ながら、ジジババ二人で夕飯です。
これもまた、静かでいいものです。
Commented by やいまの住人 at 2015-06-11 17:05 x
西空に沈む夕陽!!
良いですね、堺ではわざわざ見ることは殆ど有りませんが
八重山諸島竹富島に滞在中は毎夕、カメラ持参で
島一のスポットの西桟橋にて西表島に沈む夕陽を撮っていました。昨日我が家の愚息 長男、次男が休暇を利用して久し振りに奈良に出かけ、春日大社、東大寺、猿沢の池他いろいろ散策
可愛らしい小鹿のバンビーの写真も撮ってきていました。
Commented by おせっちゃん at 2015-06-12 00:01 x
夕日も雨上がりの紫陽花も、美しいもの見つけるのがお上手ですね。
樹木希林さん、全身癌ですよと言いながら笑って生きていらっしゃいますね。
Commented by souu-3 at 2015-06-12 05:41
すみれ 様
映画より楽しいお喋り。これも「あり」ですね。
私は毎朝、お喋りしながら歩き、お稽古に来た人と喋り
夫とお茶を飲みながらお喋りの日々です。
大阪の友達が空が狭いと言ってたことがありましたが
ここは大空が見渡せます。田舎の良い所かもしれません。
Commented by souu-3 at 2015-06-12 05:57
やいまの住人 さま
先日の同好会でお名前をお見かけしましたが写真に入ってない?
沖縄の夕日は素晴らしいでしょうね。海に沈む夕陽、海からの朝日
海なし県に住んでいると憧れです。
小鹿の公開ご覧になられたのですね。その場で小鹿生まれませんでしたか?
Commented by souu-3 at 2015-06-12 06:08
おせっちゃん 様
出かける事が少ないと身近に何かないかなぁと見回しています。
樹木希林さんは ご自分で「死ぬ死ぬ詐欺みたいだけどね」と
仰ってる。とに角、前向きな人だと思いますネ
Commented by rabbitjump at 2015-06-12 08:54
美しい空を一人で見ないで、、なんて素敵なご夫妻でしょう。並んで空を見上げている姿は輝いていますね、きっと!

人は気持ち次第で、美しくも醜くもなるのだな~と思います。
私も顔は不美人でも心は美人でいたい!願望です^^
この女優さん、とても素敵な人ですね。
Commented by usatyu4 at 2015-06-12 15:09
こんにちは 映画のことはわからないですが、
夕日がとてもきれいに撮れていますね。
すばらしいです。樹林さんという女優さんの
家族の方はやはり芸術家ですね。
Commented by souu-3 at 2015-06-12 15:13
rabbitjump さま
それは ちょっと恥ずかしいのですが頼り合って生きているのです。
二人でやっと一人前ですね。
樹木希林さんは特に贔屓に思っていた俳優さんではなかったのですが
人は思いがけない面を持っているものだと知りました。
色んな人が居るから面白いのですね。
Commented by souu-3 at 2015-06-12 15:20
usatyu さま
私も映画通という訳ではないのですが 近くに映画館が出来
数十年ぶりに観るようになって・・観ると又、次となる不思議な
ものですね。30年も別居しているロックンローラーの御主人と
お子さんは本木雅弘と結婚されて その子が今回の映画に
出ておられましたね(俄か情報ですが)
Commented by oss102 at 2015-06-12 15:42
36億年の時間の中で偶然と言うのか必然なのか、我々が出会ってこうして・・・ミスの中から面白いものが生まれる・・・souuさんのブログ、感性と佇まいの美しさ。尊敬です。
Commented by 月草 at 2015-06-13 07:27 x
souuさん おはようございます。
いいお話をありがとうございました。 
うちの母は何でも否定的で消極的です。年齢のせいだと思っていたのですが性格でしょうか・・・もっと見方を変えれば もっと楽しく暮らせるのにと思ってしまいます。
そういう私も最近 ヨガをはじめました。ちょっとした瞑想の時間があるのですが インストラクターの方がかけてくれる言葉が心に響きます。 からだもこころもあたまもゆるめて 生きていきたいです。
Commented by souu-3 at 2015-06-13 09:45
oss102 さま
こんな単位で考えると生かされている期間の短い事!
何てチッポケな事にクヨクヨして、と思います。
本をいっぱい読まれている oss102 さんには負けますが。
Commented by souu-3 at 2015-06-13 09:50
月草 さま
齢と共に消極的になるのも自然かなぁと思ったりしています。
樹林さんのような考えで居られる人の方が稀でしょうね。
ヨガは良いでしょうねぇ。カチカチになっているのは身体だけ
ではなく心も頭もですものね
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30