玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

「徹子の部屋」放送10000回 !

d0330311_17442553.jpg

お昼ご飯を食べる時、チャンネルを回して(今は押すのに何故か回すという、切り替えると書くべきだろう)いると「徹子の部屋」をやっていた。
あの方は 私より年上なのに皺もなく美しい。
私の方が よっぽど皺くちゃバアサンだ。
10,000回を迎えた「徹子の部屋」12時からの放映になって見られない事が多い。この日は何時もと違い
1時間の放送だったらしい。
最初の頃から よ~く覚えているが40年前だったらしい。

ずっと元気で続けられるということは簡単なようで とっても難しいことだ。
しかも 人前に顔を見せるという事は疲れた顔も出来ない。今日のゲストは・・・なんて思う日はないんだろうか?

d0330311_18495558.gif


暑くなった!
夕方のTVで京都・祇園一力の前から中継していたが京都の最高気温は34℃というけれど 手元の温度計は35℃を越えていると言っていた。
まだ5月なのに!

d0330311_18502442.jpg

アイの散歩も 行きは良いよい 帰りは抱っこ。
目的地まで元気に歩いても帰りのエネルギーを残しておいてよ!

公園で 一服しても抱っこされて帰る方がラクちんだって?

もう!

そろそろ、あっちこっちの田圃では田植え前の準備が始まっている。

先日、奈良県のメールマガジンに 吉野川分水のことが出ていた。
「6月1日、吉野川分水の通水が始まると、みるみる大和平野の田んぼに水が入り田植えモードになっていく。
奈良北部はもともと降水量が少ないところ。以前は田んぼが干上がって米が収穫できないなんてこともたびたびあったわけだけど、いまのように安心して米作りができるようになったのは、この吉野川分水ができて、吉野川の水が大和平野に運ばれるようになってからなんだ。
大和平野の農地はざっと 7,300ヘクタール。大和川の水量ではとてもまかなえず、昔から渇水対策として、たくさんのため池を作ったり地下水を利用したりしていたんだ。
300年前、名柄村(ながらむら、いまの御所市)の庄屋・高橋佐助が水量豊富な吉野川から水を引けば、、、と考えはしたものの、工事の規模の大きさやら、吉野川の下流・紀州藩の反対もあって、夢と消えてしまった。

そんな分水構想が動き出したのは戦後の食料増産と資源開発の一環として今度は国の肝入りで計画されたんだ。
大和平野内の用水路約330kmを含むすべての工事が完成したのは1987年。工事開始から35年もかかった」と。
d0330311_19134474.jpg

農家の方から この水の事は聞いていた。道路にも こんな ↑ マンホールがある。
もうすぐ通水が始まるんだ。それに向けて皆さん頑張っていらっしゃる。

きっと 蛙も待っていることだろう。
[PR]
by souu-3 | 2015-05-27 19:21 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30