玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

聖徳太子の愛犬

d0330311_17241269.jpg

d0330311_17243492.jpg先日、ゆきま~るというケーキを買ったことを載せた。
このモデルである聖徳太子の愛犬「雪丸」の像がある達磨寺へ。
「大和名所絵図」に描かれている(赤い矢印)雪丸
d0330311_19391882.jpg








聖徳太子が飢人を助け埋葬したという説話を創建由緒とする臨済宗南禅寺派の寺院で、飢人は達磨大師の化身とされ 達磨寺3号墳が達磨大師のお墓だと言われている。
ここに あの雪丸が「達磨大師のお墓の丑寅(北東)に葬って下さい」と遺言したと「達磨寺略記」にも記されているそうだ。

その雪丸は何犬なのだろうと このお寺に行ったのだが・・・
王寺の駅からの陸橋には雪丸のイラストや足跡が続く。
お寺には土日は説明をして下さるボランティアさんもいらっしゃるそうだが平日は人っ子ひとり居ず何犬か聞くことは出来なかった。帰途、町役所で聞いてみたが「問い合わせは よくあるのですが伝説ですから判りません」とのこと。雑種かもと 小声で言われたけれど結局日本犬なのか洋犬なのかも判らずだった。

が、このお寺には

d0330311_2051488.jpg

上記の 飢人(達磨大師)を埋葬したとされる古墳(達磨寺3号墳)の上に本堂が建立されているようだ。
そして、
片岡八郎公、片岡春利公の墓所と 戦国大名・松永久秀の墓所がある。
以前、UPした奈良坂の眉間寺山と呼ばれていた標高115メートル、比高30メートルの山に多聞城を築城し、信貴山城で自害した あの松永久秀のお墓(写真右)が(京都にも墓所はあるらしいが)こんな小さいのに些か驚いた。

古墳が3基ある。本堂の3号墳の他に
d0330311_21164956.jpgd0330311_2117993.jpg

左、1号墳は横穴式石室(全長5.8m)が東向きに開口。
右は2号墳。1号墳のすぐ南側にある円墳、

d0330311_21184193.jpg

《薬師石》 目を閉じて近寄り、両手で抱けば病気が全癒すると伝えられる石である。
寛政三年(1791)「大和名所図会」に見える当時の境内絵図にも、「やくし石」が描かれている。

愛犬だけでなく 重要文化財など数々の見ものがあった。
[PR]
by souu-3 | 2015-05-21 00:22 | 奈良 | Comments(16)
Commented by 月草 at 2015-05-21 06:49 x
おはようございます。 いつもありがとうございます。
季節が急ぎ足で過ぎていますね・・・
booに薬師石を抱かせてみようかしら^^;
先日 学生時代の友人と 桜井の友達に会いにいく予定でした。
一緒に長谷寺で話そうと思っていましたが 大雨で断念しました。 
友と予定が合わなかったり 天気が悪かったり・・・なかなか叶わないものですね。 奈良は遠いです ふぅ~

Commented by 由乃 at 2015-05-21 07:08 x
おはようございます
ここは行った事があります
聖徳太子の飼い犬
何犬だったのでしょうね・・・

あれから、うん十年
遠い昔の思い出でしたww
Commented by rabbitjump at 2015-05-21 11:01
雪丸ちゃんは何犬だったのでしょうね~
できることなら日本犬であってほしいな、
と勝手な願望です^^
病気が治るという石も
本当にような気がしてきました^^
Commented by おせっちゃん at 2015-05-21 16:47 x
聖徳太子が犬を愛していたとは全く知りませんでした。
何犬か不明とのことですが、賢い犬だったことは確かですね。死後のことを言い置くくらいですから。
昔から犬は人とともに生きてきたのですね。
Commented by souu-3 at 2015-05-21 19:21
月草 さま
booちゃんは元気そうに見えますが 不都合な個所がありますか?
アアして山に登ったりパパママと一緒だと元気が出るのでしょうね。
お天気は中々定まりませんが皆さんお忙しいのですね。
Commented by souu-3 at 2015-05-21 19:28
由乃 さま
うん十年前とは駅周辺も変ったでしょう。
南出口へは久しぶりだったのですが 信貴山から旅館のバスで
送ってくれていた頃とは何だか違うように思いました。
真っ白い犬だったそうですが それだけでは判りませんね。
Commented by souu-3 at 2015-05-21 19:32
rabbitjump さま
聖徳太子といえば日本犬の方が似合いますね。そんな気がします。
薬師寺もあり 段々薬に頼りたくなる年齢になりました。
いや、薬ばかりでなく石でも何でも治るなら。
Commented by souu-3 at 2015-05-21 19:37
おせっちゃん 様
思いがけない事ですよね。古代より犬との共生はあったのでしょう。
が、遺言となると何処までホント?という気もします。
伝説も夢があって良いと素直になるのが良いのでしょうか。
Commented by milkshop-KT3 at 2015-05-22 08:15
おはようございます。御無沙汰しております、みっちゃんです。
今年1月にブログ更新してからというもの、すっかり遠ざかっていました。おかげさまでムスメはすくすくと大きくなっております。

今回のお話、とっても興味深いです。聖徳太子が犬を飼っていたなんて知らなかった!
聖徳太子が、昔の1万円札に描かれた人ではない、という事を知ったのもここ1、2年のことです。…って、関係ないか(汗)
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-05-22 12:18
勉強不足、無智丸出しの日本の総理。
すこしだけ不安を感じます。
大阪の礼がありますから、国民投票では
そんなに簡単に改憲は出来ないとは、思っています。
この年ですから、何もお役に立てないでしょうが
書き続けます。
ははは
今日もスマイル
Commented by にゃんころりん at 2015-05-22 22:06 x
聖徳太子がペットを飼っていたとは、初めて知りました。
雪丸という、名前も素敵ですね。
子犬の頃は、白くて丸っこいワンちゃんだったのでしょうか。
聖徳太子は、いろいろ伝説化していますが、
きっと優しい方だったに違いないと思いました。
Commented by souu-3 at 2015-05-23 09:44
milkshop さま
ずっと如何していらっしゃるかと思っていましたが便りがないのは
元気な証拠って ちょっと違ったようですが一歩ずつお元気に
なられることでしょう。モモちゃんを見ていると元気にならざるを得ません。
聖徳太子は入鹿なのか厩戸皇子なのか?
Commented by souu-3 at 2015-05-23 09:46
KawazuKiyoshi さま
何方が総理になっても 日本人みんなが納得出来るわけも
ありませんね。
先生が頑張って頂けると一番良いかもしれません。

Commented by souu-3 at 2015-05-23 09:48
にゃんころりん 様
ここには随分、昔から言い伝えられているのですが
最近、この王寺町が この雪丸をキャラクターにしたことから
話題になっているのです。聖徳太子は仰る通りだったと
私も思っています。
Commented by kattyan62 at 2015-05-23 19:30
聖徳太子 富田林市に十数年暮らし、車で少し東のその地名も太子町があり、聖徳太子の墓所とされている叡福寺があり、散歩できる範囲に小野妹子とされる墓所もあって、四天王寺さんを訪ねたりしていた時期があります。
聖徳太子、小野妹子共に古墳があります。

聖徳太子の愛犬が居た事、名前まで残っていたなんてもうびっくり!!
Commented by souu-3 at 2015-05-24 04:55
kattyan !
関西には そういった所が沢山ありますね。
富田林も古い街ですものね。太子町は南河内ですか。
この犬は王寺の人は本当だと信じたいでしょうが伝説ですよね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30