玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

グランフロント1億人

d0330311_1621521.jpg2013年4月26日にオープンしたJR大阪駅北側の「グランフロント大阪」の来場者が6日午前、1億人を突破した。
開業時に2割強だったオフィスの入居内定率が7割になり、商業施設やオフィスが入る北館と南館、ホテル、高級マンションの計4棟の高層ビルが並ぶ。
最近、何処へ行っても外国人観光客が目立つが ここでも今年は大幅に増えたようだ。また、話題の近大マグロは何度か行ってみたが中々食することが出来ない。
(先日、近くの回転ずし屋で近大マグロが食べられるというので食べたが マグロが「近大です」というわけでなし 疑うと本当か判らないが)
来場者数は北館と南館の入り口にあるセンサーで数えているそうだが 私でも何度か行ったので何人に数えられているのだろう。この日は 1億人突破を祝って記念品のノート1千冊が配られたらしい。

           **************

今朝、3時過ぎに目が覚め 作品締切まで10日余りになった作品を書くことにした。

d0330311_16431243.jpg

先日も ここにチラッと載せたが・・ いつものこと乍ら 朝 書くことしている。
も一つ、気に入ったものは出来なかったので もう少し書くつもりであるが。
「斅」
「斅は教える也 教ふるは学ぶことの半ばなり ひとはなぜ学ぶのか職を得るため 出世のためでもない 己を磨き己がこの世ですべきことを知るために学ぶ 吉田松陰の教えを爽雨かく」

もう、一つ 次の展覧会はテーマが「恋」
d0330311_1648755.jpg

こんなん 如何でしょう?
ふざけてる?

アカンかな?

「恋」って何だったかなぁ もう、すっかり忘れてる。万葉集や古今集にはいっぱい恋の歌はある。
そういうのを書くのが良いのか?

まぁ こちらはまだまだ時間があるから色々やってみよう。



こんな映画観ました ↓




題名も よく覚えていないで お金を一切使わず生活していくという内容であることだけで ジヌって何?という感じで観に行くって如何なんだろう?

前回、「風に立つライオン」で感激した後だけに 些か物足りなさはあったが こういう映画もありかな?
如何すればお金を使わず暮らして行けるのだろうと思って観たことは確かだが 多分、無理だと思う。
[PR]
by souu-3 | 2015-04-06 16:55 | 書道 | Comments(18)
Commented by すみれ at 2015-04-06 21:12 x
souuさん  今晩は。
素敵な発想ですねぇ。

色々、想像してしまいました。
赤い糸の縁も切れた 甘い言葉も・・・etc
この一枚から、面白いほど思いを巡らしてしまいました。
嬉しいです、こんな作品を拝見させていただけ、学ばせてもらいましたよ。

今日も、散る桜を愛でることができ、いい一日でした。
更に、このような柔軟な発想に出会え、ラッキー!!
Commented by midori at 2015-04-06 21:41 x
銀座にも近代マクロを食べることが出来るお店が
あるようですが並ばないと食べられないようです。

souuさんの書かれた「斅」素敵です!
芸術って感じです。
流石です。

「ジヌよさらば」TVで宣伝してますよね。
主演の松田龍平、なんとなく雰囲気が好きなのですが
阿部サダヲや西田敏行が出ているので面白そうですね。
Commented by かっちゃん at 2015-04-07 00:05 x
あかんやん!! 古い日(文字)の恋をバッサリなんて嫌や〜〜
恋の定義? 会いたい人に直ぐ会えない時の切なさ。これどうでしょうか?
映画はですね、1〜3本/日 観とります。古くは1920年頃のから昨年ロードショーのまで。邦画は殆ど観ることはないけど「トイレット」は二度目。「カモメ食堂」で触発されたんですよ。
Commented by おせっちゃん at 2015-04-07 00:09 x
「恋」(旧漢字が出てきませんのでお許しを)面白いのではないですか。すっぱりバッサリ切って捨てましたね。
これをびりびりと破れたようにしたならどんな恋の終わり?
こんな風に面白がって語れるのは歳とった証拠?
Commented by rabbitjump at 2015-04-07 06:49
学ぶ、改めて思いました。
いくつになっても学ぶ心忘れないようにと思いました。
恋、素晴らしい発想ですね。いいな~
souuさん、頭がとてもお若いと感じました(*^^)v
Commented by souu-3 at 2015-04-07 09:17
すみれ 様
この婆さんに「恋」を書けって言われても・・「愛」ならベルバラ?
うたかたの恋というのもありましたね。思い浮かばない事が恐ろしい!
散る桜も良いですね。咲くのを待って散るのを楽しみ、良い花です。
Commented by souu-3 at 2015-04-07 09:30
midori さま
銀座となると並ぶでしょうね。お昼食べるくらいでこんなに並ぶ?
並んでも ここまでですって言われると中々食べられません。
人気と言うか話題性でしょうね。
この映画 どう評価したら良いのか?面白かったですが。
Commented by souu-3 at 2015-04-07 09:36
かっちゃん
恋に年齢はない!?そうですね。いつでも横に居る人には恋は感じませんね。
逢えないから、食べられないから、良いのですね?
切ない気持ち!そんな気持ち何処へ忘れてきたのかなぁ?
今は映画館へ行かなくっても観られるのですね。
Commented by souu-3 at 2015-04-07 09:40
おせっちゃん 様
有難うございます。ふざけているように見えません?
ビリビリ破る それも良いですねー!
もう、恋をすることもなくなったかと思うとちょっと寂しいですが。
Commented by souu-3 at 2015-04-07 09:45
rabbitjump さま
松陰は29歳で亡くなっているのに こんな言葉残すって
歳だけではないと思い知らされた感じがします。ずっと学ぶ心持っていたいです。
恋 こんなんで良いですかね?遊び過ぎでしょ。
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-04-07 17:37
恋とは好いですね。

今日もスマイル
Commented by rollingwest at 2015-04-07 22:47
梅田駅周辺は本当に変わってしまっちょうですね。阪急梅田から降りてJR大阪駅経由で肥後橋まで通勤したものですが途中に狭い路地に犇めいていた昭和の食堂・喫茶店はもうなくなっちゃったのでしょうね。
Commented by CarolineIngalls at 2015-04-07 23:55
父が、生涯勉強とよく言ってましたけれど
最近その言葉が、妙に胸に響きます^^

大阪、小さいころに、父の仕事の関係で、2年間だけですが住んでいました。
小さかったので、記憶もおぼろげなのですけど
↓の昔の大阪のお話にあった、阪神阪急への歩道橋は、よく覚えています。
「てんろく」というところでバスに乗り換えて、ライオンのついた橋を渡って、都会にある小学校に通っていました。
今でも、橋に差しかかったところの風景が目に浮かんできます。
赤い昔のレンガのような建物が左に見えて、右下には中ノ島公園がありました。
今でもその小学校の担任だった先生と、年賀状のやり取りが続いています^^
Commented by souu-3 at 2015-04-08 08:25
KawazuKiyoshi さま
先生に そう言っていただくと頑張れます。
夏の展覧会なんですが 先生のお顔を思い浮かべながら
書くと きっと良いのが出来ますね(^_-)-☆
Commented by souu-3 at 2015-04-08 08:31
rollingwest さま
私が退職してからでしょうけれど西梅田に会社はありました。
路地に入れば案外 懐かしいお店は残っているかもしれません。
桜橋口(昔の西口)から少し南へ行った焼売太楼ありますよ。
Commented by souu-3 at 2015-04-08 08:41
CarolineIngalls さま
学生時代 それ程勉強しなかったのですが今になって
学ぶ楽しみを知りました。残り少ないですが楽しみたいです。
難波橋ですね。あの辺は昔の面影の残る所ですね。私はそこから
もう少し北の方で生まれ幼稚園までいました。
Commented by usatyu4 at 2015-04-09 09:49
おはようございます。大阪へはよく行かれて
いらっしゃるのですね。大阪のことは知らないですが、こちらに来て時々知ることができます。
朝、まだ暗い時に一心に筆を動かされる・・・・
想像がつきます。
Commented by souu-3 at 2015-04-09 15:24
usatyu さま
大阪生まれの大阪育ちで奈良では余所者なんです。でも大阪より
奈良の方が長くなりました。
昔は作品を書いたり練習したりはラジオの深夜放送を聞きながら
でしたが 夜はさっぱりダメ、早く起きて書くしかないのです。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31