玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

風に立つライオン

d0330311_5551523.jpg

奈良だけではないが「春」が来た!
クリスマスローズに水を撒いたら 春の光がキラキラ!!!
つい、先日まで氷点下だったのが信じられない程。

d0330311_20492059.gif

娘の出張のお伴でアイのオネエチャン「もも」が来た。

ももの眼には何が見えているのだろう。東京の家には庭もない。道端の草もない。
お城の枝垂れ桜は咲き出しているだろうか?
昨日、近くの獣医さんへ行ったが未だのようだった。
(お水取りの時に行った奈良の獣医さんと地元の獣医さんの2軒に掛かっている)

d0330311_1432530.jpg


ももが来る前に映画を観ておくことにした。
d0330311_1442642.jpg

d0330311_146459.jpg1987年に発表されたさだまさしの歌、2013年に同名小説が発表され 今回、映画化されたもので実在の医師の話が元になった小説らしい。
「何処の国に生まれても皆が安心して暮らしていけるようにならないのだろうか」
色々考えさせられた。
日本は災害など大変な事はあるが 地球上にはまだまだ大変なことが沢山ある。

地雷・小型武器・子ども兵。
何も知らず呑気に平和に暮らしていることが恥ずかしくなった。
子供たちは地雷原を一列になって歩かされた人間地雷発見器スイーパーであったり麻薬を打つことで恐怖心を取り去られ銃を持たされた少年兵だったり 身体だけでなく、心にも傷を負った子供が沢山いることを。
映画の中で「ガンバレ!」と叫ぶシーンがある、 自分自身に言っているというのがあった。

ガンバレは「人に向かって贈るエール」ではない。頑張って生きている人に もっとガンバレなどと他人が言うべきではない。
心に残るシーンが幾つかあった。

これを見て最後に流れる さだまさしの「風に立つライオン」
見るまでに聞いた歌とは全く違って聞こえた。
[PR]
by souu-3 | 2015-03-18 05:59 | ペット
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30