玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

春日大社 1

d0330311_117735.jpg

d0330311_1173166.jpg展覧会で すぐ近くまで行っても一度に済ますことが出来ず 改めて税務署まで確定申告に行った。


県庁東の交差点の道標には西面に右大坂[大阪] 者(は)せ[初瀬] 
左うぢ[宇治] 京 
横(南面)には 右 かす可[春日] 大ぶつ とある。
この日は 春日大社を目指して只管歩く。

ずっと気になっていたお詣りをするため春日さんへ・・・

序で詣りはいけないのだろうが 改めてということにしてもらって 最近の不幸事などを払拭したいとお詣りした。
直会殿で瞑想し神への手紙を書く。

今年から来年にかけて第60次式年造替の年であるから 3月20日まで御蓋山浮雲峰遥拝所参拝、後殿御門の開門、藤浪之屋で万燈籠が特別公開中だ。


d0330311_12594480.jpg

御蓋山浮雲峰遥拝所は奈良時代の初め平城京守護のため、鹿島の武甕槌命が白鹿の背に乗って天降られた神蹟、御蓋山の頂上浮雲峰の遥拝所で神護景雲2年(768)に本殿が創建される前に神奈備として崇められ 現在も禁足地として入山制限されている。
d0330311_13153159.jpg

d0330311_13155290.jpg

後殿御門は 明治維新以来 閉ざされたままになっていたが約140年ぶりに開門されている。
御本殿の真後ろにある庭で 災難厄除けの神々がお鎮まりになっている。

d0330311_13251946.jpg

江戸時代まで神職の詰所だった藤浪之屋で 2月の節分とお盆(8/14,15)に点される万燈籠を体感出来るようにしてある。

d0330311_1330192.jpg

桜も蕾を膨らませはじめた。
d0330311_13303735.jpg

鹿たちも 春の訪れを心待ちにしているようだ。

=お水取り=

1264回目を迎える東大寺修二会は 昨年12月16日参籠の練行衆交名発表があり、毎年お松明用の竹送りなどが行われ、2月12日に新入称揚習礼、新入さんのみ15日別火入り 18日には 二月堂にて修二会で使用する灯明油の「油はかり」があった。
そして20日、戒壇院別火坊にて試別火が始まる。
この日、午後6時半過ぎ僧侶10名が集まり(練行衆は新入とで11名) 道具の準備や声明の稽古などに励む。
俗世と区別した火を用いる意から別火という。25日までを試別火、26日から総別火となる。
3月1日から14日まで本行、15日で満行となる。
[PR]
by souu-3 | 2015-02-21 14:26 | 奈良 | Comments(18)
Commented by かっちゃん at 2015-02-21 15:34 x
しめしめ 一番乗りゲット
春日大社は正倉院展毎に歩きましたよ。宝物館の日本刀にも惹かれてたし、みたらし団子にお休み処の藤棚も懐かしいです。
Commented by souu-3 at 2015-02-21 16:53
かっちゃん !
いらっしゃい!!ようこそ大歓迎です。
関西のこと又思い出させてしまいましたが良かったのか?悪かったのか?
みたらし団子。ちょっとお腹が空いてきました。
Commented by susatan at 2015-02-21 20:04
こんばんは souuさん!!
神様へのお手紙 いいですね。
お写真を見て 今すぐにでもお参りに行きたくなりました。
後殿御門が開けられているのですね。
いつも背伸びしながら 見たくてたまらなかったところ…
などというと 「めっ!」とお叱りうけるかもしれませんが
お写真見るだけで ドキドキいたしました。
さっそく お参りに行ってきます!!
Commented by おせっちゃん at 2015-02-22 00:22 x
春日大社の朱塗りの御殿、いいですね。万燈会も見たいものの一つですが写真で見せていただきました。ありがとうございます。
悲しいこと続きのお払いができるといいですね。
3月のお水取りが終わらないと本格的な春にはならないのでしょうか。
Commented by souu-3 at 2015-02-22 06:02
susatan さま
この特別公開は昨年末と1月8日からで結構長いですのに
やっと行きました。こんな時しか見られませんので是非!
後殿御門は140年ぶりと言いますから絶対いらして下さい。
Commented by souu-3 at 2015-02-22 06:02
おせっちゃん 様
何時もは年にたった3日の万燈籠ですが今回はホンの
ちょっとだけですが雰囲気だけは感じられます。
春日さんも造替の費用集めもあるのでしょうが色んな
企画があり今年から来年まで行く機会も増えそうです。
勝手な時だけの神頼みですが皆さんの無事を祈念してきました。
Commented by usatyu4 at 2015-02-22 08:35
ご無沙汰しました。 春日大社 すばらしいですね。
以前観光で行ったときは、ガイドさんの説明で
駆け足で参拝したので、いつかゆっくりと
参拝したいと思っているところです。
Commented by asayannj at 2015-02-22 11:59
灯りの中に浮かぶ万燈籠の文字が幻想的で良いですね。
先日ローカルニュースでお水送りに使うお松明作りを
地域の小学生が取りかかってる様子を見ました。
お水送りの行事一度でいいから見に行きたいと
思いながら叶ってません。



Commented by rabbitjump at 2015-02-22 14:09
日本の書展、素晴らしいですね。
長い年月を感じます。
souuさんのようにお元気でご活躍していらっしゃること
素晴らしいです。
お水取り、、この言葉を聞くともう春ですね。
Commented by souu-3 at 2015-02-22 15:49
usatyu さま
退院おめでとうございます。これからもご無理のない程度に
ブログも拝見させてください。
今年の春日大社は行事が色々。足を運ぶことが多くなりそうです。
Commented by souu-3 at 2015-02-22 15:57
asayannj さま
お元気になられ良かったですね。
息災延命をお願いに行きましたので丁度ピッタリの灯籠に
出会えホッとして帰ってきたら asayannj さんもusatyuさんも
退院されたという事で一安心しました。
お水送りの松明も小学生が・・?お水取りの松明も子供も手伝う
様子が報じられました。子供時代から馴染むのは良いですね。
Commented by souu-3 at 2015-02-22 16:00
rabbitjump さま
昨日は春の陽気でしたが今日は雨。こうして春は近づいてくるのですね。
二月堂も準備が進んでいるようです。
日本の書展は今日までですが次の作品を書かなければ…
Commented by midori at 2015-02-22 16:07 x
確定申告の時期になりましたね。
毎回主人に任せているので 私はノータッチです。
ずーーっと元気で主人には いてもらいたいですね。
私、書類って面倒で苦手なんです。
Commented by souu-3 at 2015-02-22 16:27
midori さま
僅かな還付金の為に時間を掛けて頑張っています。医療費の領収書が
多いので送るのならと出かけていたのですが明細だけで自宅に保管すれば
良いとの事で来年からPCにしようかと思っています。
Commented by jamagin at 2015-02-22 21:53
身辺にいろいろあると、厄除けをしたいな、と思うようになりました。
奈良の地というのも御利益がありそうですね。特別な年のようですから、
なおさらに。
燈籠のつなぎ文字がうつくしいですね。
姪が書で推薦をうけて大学に入るようです、
僕の老後は姪に弟子入りでしょうか。
Commented by souu-3 at 2015-02-23 05:57
jamagin さま
春日大社にはたくさんの神様が祀られていますので
何かと頼りたくなります。初詣に行けなかったので
ず~~と気になっていました。
20年後の造替は私にはないと思います。
今年は出来るだけ行きたいと思っています。
姪御さんは書道を。嬉しいですねぇ長く続けていただきたいです。
Commented by kattyan62 at 2015-02-23 12:19
思い出させて良かったに決まってます。僕のアイデンティティの根源は大阪です。6年目に入り、ジワリジワリとローカル&カントリーが足元に忍び寄ってきている時に関西話を見聞きさせてもらうと暗雲にキラリと光りが差し込んでくれ、かっちゃんアイデンティティを取り戻せるんです。
光に向かって「へんし〜〜ん」
ありがとうございます。
ご主人にバカチョンカメラじゃなく考えないとってマニュアルしか存在しないのをプレゼントしません?
Commented by souu-3 at 2015-02-23 15:49
kattyan !
良かったです。大阪の話、遠慮なく書かせていただきます。
主人に?機械に弱いと自分で思い込んでいるところがあります
まぁそれ以上に「お任せ!」が好きなのかも。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30