玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

素子さんへ

d0330311_8254882.jpg

あなたが 逝って10日が過ぎました。
11月、お腹の調子が悪いと言い病院へ行ってから まだ、2か月余りです。
丁度、1年前 私も同じ臓器の数値が悪く落ち込んでいた時 「検査し過ぎよ」と言われたけれど あれから1年経って 私は元気になりました。
d0330311_83111.jpgなのに、貴女は如何して?
・・・・

私が病気になったら毎日来てくれると言ったよね。
掃除は文句を言われそうだからしないよ。
料理も作らないよ。
でも、毎日顔を見に行くから。
って言ってくれたよね。

それなのに
先に逝ってしまうなんて・・・

                        約束を破るような人ではなかった筈なのに。

d0330311_8391377.jpg

あの日から 奈良にも雪が舞った日もありました。

いっぱいお話しましたね・・・

訃報を聞いた夜は ずっとその言葉が次々思い出されて眠れませんでした。

全て自分で段取りして息子さんに託したのね。お通夜もお葬式も拒否され残された者は如何すれば良いのか狼狽えました。
お葬式の日、斎場の方に向かって手を合わせました。
有難う!
この世で巡り合えて
良かった。
ありがとう!

d0330311_8494134.jpg

庭の梅も咲き始めました。
[PR]
by souu-3 | 2015-02-15 08:55 | 雑記 | Comments(11)
Commented by yocco at 2015-02-15 14:24 x
今日は青空が広がっています
それだけで心弾むときもありますが
なぜ、こんな時にきれいな青空なのよ!と
恨めしく思える時もありますね
大切なご友人のご冥福をお祈り申し上げます
Commented by oss102 at 2015-02-15 17:27
これからは訃報を聞くことが多くなります。
でもそんな惜しむ友がいたということ。財産でしたね。
勿論、お互いの。
Commented by fuchan_k at 2015-02-15 22:17
悲しみの癒えることはないと思いますが
お友達の安らかなることをお祈りいたします。
どうぞご自愛ください。
Commented by おせっちゃん at 2015-02-15 22:44 x
親しい方を失われたのですね。
私もつい先日、それこそ急に友を亡くしました。
思い出というよりも、いまだに信じられない思いです。
でも残されたものは精一杯生きなければいけないのでしょうね。
Commented by souu-3 at 2015-02-16 05:41
yocco さま
oss102 さま
fuchan さま
おせっちゃん様
コメント有難うございます。私だけがこんな思いをしている
とは思えません。ずーと以前母がお正月早々続けて不幸があり
落ち込んでいたのを思い出します。亡くなった姿を見ていませんので
信じられませんが月日が解決してくれるのでしょう。
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-02-16 15:44
友との別れは辛いですね。
わが師が逝ったとき、本当に哀しかった。
まだ傍にいるみたいです。
元気になってください。
今日も・・・・
Commented by souu-3 at 2015-02-16 17:22
KawazuKiyoshi さま
避けて通れない事ではあるのですが段々身近に多くなります。
主人の兄弟も私の兄弟も全員健在ですが何れ別れもあるのです。
解っていても寂しいものですね。
Commented by すみれ at 2015-02-16 19:04 x
souuさん 今晩は。
悲しみの時は、かける言葉もなく申し訳ありません。

今日は、とても暖かく、春そのもの。
明後日から熱海へ行って来ます。
今年こそヨーロッパへと思っていましたが、殿の腰痛がひどく、湯治。
私も、しびれがひどくて、同じく。

二人で、近くなって来ましたね、なんてね。
私の籍は天国にあります。
聖書の一文だそうです。
信じて 希望を持って一日を静かに、大切に過ごします。

ファイト!!
Commented by souu-3 at 2015-02-17 11:31
すみれ 様
今はヨーロッパより熱海の方が安全で良いのでは?
腰痛とシビレ 湯治で良くなりますように祈っています。
≫籍は天国にあるって??すみれさんは元気でいて下さいネ。
Commented by kattyan62 at 2015-02-23 12:32
心が通じ合う友は、時に伴侶を超えるものがありますね。同輩、或いは自分より若いのにどうして? と思う年齢になってしまいました。
母の享年を過ぎ、51歳の妻、依り若い二人の甥っ子。幼い頃の養父に猫を飼うと言ったら「やめろ」と言い、死に目に遭いたくないと付け加えたが、好きでなかっただけで「やめろ」を恨んけど、本当は優しい人だったんだけど表現下手だったんだろう〜なぁ〜と思えます。
ご冥福を
Commented by souu-3 at 2015-02-23 16:58
kattyan !
長く生きるという事は良い事ばかり経験できるわけではありませんね。
時間が経って優しさが判るって事ありますね。忘れないことが供養になるでしょうか?
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30