玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

福豆 変身!

d0330311_15575795.jpg

相変わらず 朝は日の出と共にウォーキング開始。
東の山から太陽が昇ってくるのを見ながら歩くのは爽快だ。

このところ、色んな事があるけれどお喋りしながら歩いていると何もかも忘れて「今日も元気で1日過ごせそうだ」と思える。
先日、豆撒きを忘れたことは報告済みであるが 年の数以上には中々食べ難いものだ。
残ってしまった豆を捨てるのもなぁ
戦後の物のない時代を過ごした者には抵抗がある。

岩谷時子さんの「愛と哀しみのルフラン」に
<小学生時代、夏になるといつも西宮の海に行った。そのころ、海辺では、煎ったそら豆ひと握りほど、晒木綿の袋に入れたのを売っていて、大人も子供も、これを腰に下げて泳いだ。
 今考えるとゾッとするような非衛生な話だが、海の中で遊んだあと、熱い砂の上にすわって、袋から、そら豆を出して食べるのがまた、海水浴の楽しみのひとつだったのである。そら豆は、海の水に浸されてやわらかくなり、適度の塩味までついていておいしかった。
その頃の海は青く、そら豆を食べて病気になったという話しも、聞いた覚えがない。
みんな同じ型の黒い粗末な水着で、そら豆を腰に下げて泳いだ・・・、 幸せだったのではないだろうか。西宮の海も、もう泳げないそうである。>

豆撒きの豆ではない。ソラマメだけど 私もこの経験はある。西宮の海でなく南海沿線の二色浜や助松だった。
だから、捨てられない。

こんな時
検索!検索
わぁ~~ 豆が残る人っていっぱいいるらしい。
豆ごはん、野菜と一緒に五目豆、ヒジキ煮、かき揚げ、豆菓子などお菓子も・・出てくる出てくる!
皆さん 残るんだ!去年までは残さないよう全部豆撒きに使って翌朝の掃除が大変だったが。
チョコロッシュ風というのを作ることにした。

d0330311_15583735.jpg


電子レンジでというが バアサンは湯せんすれば良いのじゃないかと、PC通りでなく何時ものように適当にやった。超簡単! (言葉だけは若作り?)

これを夫のバレンタインのプレゼントに?
d0330311_1559933.jpgイヤイヤ もう用意したのだ。
当日まで内緒にしてあるが 皆さんにはお見せしよう。
(*^▽^)/★*☆♪


中身は・・・

d0330311_15592967.jpg

こんな物⇒

d0330311_15594924.jpg

最近、殆ど飲まなくなったが これなら大丈夫。
夫へのプレゼントは私の好みで良い。
どうせ 私も食べるんだから。



  ↓
「More」あり










先日、姉が「お父さんは何の年(干支)だった?お父さんって私たちのよ」と電話で聞いて来た。
「辰年生まれ」である。明治37年、今、居たら110才。でも、53才なのだ。この世から居なくなってからの年月の方が長くなった。
母は未年生まれだった。母が生きた年月と私は今日で同じ長さになる。
明日から母より長生きしたという事になる。母の年齢はいつも気になっている。親より長く生きられることは幸せなんですよね。
[PR]
by souu-3 | 2015-02-10 05:18 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31