玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

大正時代

ここ数年前は平城遷都や古事記が1300年というので 随分、昔に浸っていた。
昨年はわが市が60周年、企業や学校など100周年というのを よく聞く。
100年前は大正という時代。昭和は64年、平成も もう27年、それに比べると大正は1912年から1926年と短いが その間に企業や学校が多く創業したのだろうか。
序ながら「大正」の由来は『易経』の「大亨以正、天之道也」(大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり)からだそうだ。天の徳が支障なくゆきわたり、政が正しく行われるという意味のようだ。

序で、ついでであるが・・
「明治」は「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)ひて治む」 これは判り易い。聖人が南面して政治 を行えば、天下は明るい方向に向かって治まる。漢字の成り立ちでも判るように 大昔から聖人は南面して政治を行っていたのだな。

昭和は「百姓(ひゃくせい)昭明にして、萬邦を協和す」人々が、それぞれ徳を明らかにすれば、世界の共存繁栄がはかられる。

平成は「地平かに天成る」より。家の中は穏やかで、世間も平和で安定しているという意味。そんな世界にならなければ!

横道にそれたが100年前・大正と言う時代には第一次世界大戦が勃発したり関東大震災が起こったりしたが 今年で100年と言う東京駅が出来たり 宝塚歌劇も昨年で100年。奈良県では野球のグローブが初めて製造されたのも この頃らしい。
時代の流れがあったのだろうか。それから100年経ち100周年の行事が目につくのだろう。

d0330311_9183497.jpg


久しぶりに映画を観た。
d0330311_14324460.jpg
ブロードウェイの名作ミュージカル
新たに映画化されたもので「携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女 を偶然助ける。その少女の名前はアニー。4歳の頃、レストランに置き去りにされ、今は、横暴なハニガン(キャメロン・ディアス)が営む 施設で暮らしている。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニー の境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第にふたりの心に絆がめばえていく」
感動場面もあり とても良かった。
が、雨の日で平日、チラホラの観客だったのが気になった。
[PR]
by souu-3 | 2015-01-31 06:10 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31