玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

逢瀬を楽しむ

d0330311_6134325.jpg

山の木々は色濃くなってきた日
d0330311_614671.jpg

嘗て「ふたかみやま」と呼ばれた二上山(にじょうざん)へ登る。

奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町に跨がる山で 金剛山北部に位置し、北の雄岳(517m)と南の雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰である。約2000万年前の大噴火により形作られたと言われている。

d0330311_6185948.jpg実は大津皇子のファンなのだ。
歴史書を読んだり万葉集を読んで好きになったのではなく、30年以上前 娘が宝塚の大地真央のファンで チョクチョク付き合って観に行っていた。当時 「あしびきの山の雫に」が上演され その主人公・大津皇子が心に引っ掛かっていた。宝塚では石川郎女(いしかわのいらつめ)とのラブロマンスだったと思うが 自己犠牲をしても国を守っていこうという大津皇子の精神というか 国家を守り、都造りを進めたいという大志を抱いていたのだろうか。
その心根に魅かれた。

万葉集には大津皇子の辞世として
磐余(いわれ)の池の堤にて皇子が涙を流して作った歌とされる
「百傳 磐余池尓 鳴鴨乎 今日耳見哉 雲隱去牟 ももづたふ 磐余の池に 鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ」がある。
藤原宮朱鳥元年冬十月
(磐余の池に鳴く鴨を見ることは今日までか。私は死んでいくんであろうな)

d0330311_10475285.jpg

雄岳には大津皇子の墓がある。(大津皇子の墓ではないとする説もあるが)

d0330311_1048199.jpg

大津皇子の屍(かばね)を葛城(かづらき)の二上山に移し葬(はぶ)る時、大来皇女(おおくのひめみこ・大津皇子の姉)の哀しび傷(いた)む御作歌(みうた)二首の内
「うつそみの人にあるわれや明日よりは 二上山を弟背(いろせ)とわが見む」

山の辺道を歩く度、お天気の良い日 我が家から遠くに二上山 見ながら この歌が気になっていた。

d0330311_10485073.jpg

雌岳山上より大和三山を望む。
やっと ここへ来ることが出来た!
いつも下から眺めて 何時かきっと大津皇子に逢いに行こうと思っていた。
暫しの逢瀬を楽しみ満足!満足
d0330311_1049746.jpg

当麻寺を経て帰途に付いた。良き一日だった。
[PR]
by souu-3 | 2014-11-21 11:37 | 奈良 | Comments(22)
Commented by totte at 2014-11-21 12:51 x
souuさま、こんにちは!
お久しぶりです。
二上山へ行ってきたのですね、紅葉が素晴らしい時期だったんですね。 私は4月の桜の頃に行ったのですが
不思議なことに 桜は大阪側にしか咲いていなかったんですよ。あとから植林したのでしょうか。
電車を乗り継いで 登山口まで行くのがちょっと大変でしたが きっと慣れていないからですね。
それにしても soouさんが 初めてとは!
案外 地元の人ってそうですよね。
無事、登頂、おめでとうございます!
Commented by yocco at 2014-11-21 16:39 x
二上山はどこか神秘的で物語性にも富んだ山ですね
茜色に染まった西の空に浮かぶ二上山のシルエットに魅了されて以来
二上山のファンです
それにしても、その語感が何となく気に入って
(=^・^=)につけた「さらら」という名・・
後の持統天皇が、ここでは実の甥・大津皇子の、
壬申の乱では異母弟・大友皇子の失脚に関わるのですから
これら一連の話題になると、ちょっと苦笑してしまいます

souuさんのひとことで奈良まで日帰りで行って来ました
ありがとうございました
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-11-21 17:44
飛鳥のむかし
色んな人が思い浮かびます。
<大津皇子のファン>
分かる気がします。
京都も楽しかった。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by souu-3 at 2014-11-21 20:21
totte さま
少し傾きかけた陽に照らされた紅葉が綺麗でした。
奈良に住むようになって登った山は矢田山と若草山?
あ!玉龍雪山4506mまで登りました。富士山より高いでしょ。
いつでも行けると思うと行けないですね。
足だけは丈夫なんですが歳を考えると今登ったのは正解でしょ?
Commented by souu-3 at 2014-11-21 20:29
yocco さま
日帰りでいらっしゃったのですね。私は逆に東京は日帰りですから
yocco さんならOKですね。古事記展だけでなく楽しく散策も
出来たようですね。
鵜野讃良皇女もさららちゃんならOKだと言われていますネ。
Commented by souu-3 at 2014-11-21 20:30
KawazuKiyoshi さま
大津皇子は素晴らしいですね。先生もお好きですか?
京都は混雑も楽しまれたのですね。
Commented by asayannj at 2014-11-21 23:23
大津皇子に縁のある二上山なのですね。山に登られて大津皇子に触れることが出来 念願かなったのですね。
2000万年前に大噴火があったのですか・・・
Commented by マロン at 2014-11-21 23:49 x
「あしびきの山の雫に」大地真央さん、黒木瞳さんも出ていましたね。懐かしいです。
このところ良いお天気が続いて山に登るのは気持良かったことでしょうね。
大和三山を見ながら大津皇子に逢えて良かったですね。
Commented by souu-3 at 2014-11-22 06:10
asayannj さま
は~~い!私の片思いの彼氏です。
1328年も前に亡くなった方ですからズレがあり過ぎですね。
大昔に噴火してドンズルボウとして火山岩屑が沈積したものが
残っているのですよ。でも、二上山は死火山なんですって。
Commented by souu-3 at 2014-11-22 06:13
マロン 様
懐かしいですね。黒木瞳も大抜擢され初々しく綺麗でしたね。
もっと古いのでは扇千景がラインダンスを踊っていたのも
知っていますが あの方も綺麗でしたね。
奈良は最低気温が低いので暖かくして行って汗びっしょりでした(-_-;)
Commented by rollingwest at 2014-11-22 08:46
関西在住時に家族で金剛山に登ったのですが、今から思えば葛城山とニ上山に行っておけばよかったと後悔しています。当時は日本古代史にそれほど嵌っていなかったのでここにまで登ろうという意識がなかったです。いつかリベンジしようと思っています。
Commented by すみれ at 2014-11-22 09:53 x
souuさん  おはようございます。
拝見させていただきながら、コメントを失礼してしまい、申し訳ないですワ。

二上山の読み方、やっと分かりました。

「逢瀬」
いい響きですね。
最近、日本の言葉使いというか、絵手紙に添える言葉が、まるでパソコンの例文のような気がしていました。
ウーン、私が求めていた添える言葉はこれだったのかも?
嬉しかった、学ばせていただけました。
Commented by souu-3 at 2014-11-22 13:46
rollingwest さま
何でもそうでしょうけれど興味を持つと見る所が変りますね。
RWさんの気持ち判ります。また、そんなチャンスは
ありますよね。これからだから見える楽しさがあるのでは?
Commented by souu-3 at 2014-11-22 13:54
すみれ 様
そちらのコメント欄はいつ開かれるのですか?
私も素敵な写真楽しませていただいているのですが
ちょっぴり寂しいです。お喋りしたい日もあるのですが。
Commented by rabbitjump at 2014-11-22 19:03
紅葉がすばらしいです。
眺めの良い風景に私も大津皇子に思いをはせました。
良い日になりましたね(^_-)-☆
天井画もステキですね。
Commented by souu-3 at 2014-11-22 19:49
rabbitjump さま
今年の紅葉は綺麗ですね。
大津皇子は素晴らしいです。お蔭様で念願が叶い良い日でした。
当麻寺も久しぶりでした。
Commented by midori at 2014-11-22 20:49 x
紅葉がちょうど見頃だったようですね。
こんな日の山歩きは気持ちがいいでしょうね。
頂上からの眺めも素敵です。
Commented by souu-3 at 2014-11-23 06:07
midori さま
今年は紅葉が綺麗ですね。
今朝の新聞に京都の東福寺が出ていますが3連休初日
スゴイ人出のようです。
奈良の景色は田舎でしょ(*^▽^)/♪
Commented by hemi-kame2 at 2014-11-23 11:14
古代はロマンを感じますねぇ。
飛鳥も奈良も・・・。
奈良のお寺さんの紅葉は良いのでしょうね。
Commented by souu-3 at 2014-11-23 17:26
hemi-kame さま
古代は判らない事もイッパイですが 夢に浸れて良いですね。
3連休は京都は もっと混雑しているのでしょうけれど
いつも静かな奈良もスゴイ人出です。それだけ今年の
紅葉は綺麗なのでしょうね。
Commented by usatyu4 at 2014-11-23 22:13
こんばんは 山上りされたのですね。
文章を読んでいて難しいことはわからないけど、
奈良はどこに行っても歴史が
感じられますね。
Commented by souu-3 at 2014-11-24 06:11
usatyu さま
二上山の姿は毎日のように見ているのですが登ったのは
初めてだったのです。二つの山を登るのは大変かと思った
のですが昔登ったアルプスのような上り下りはなく楽でした。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30