玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

久しぶりに漢字の話

d0330311_16581712.jpg

随分、色付いた桜の木は ちょっと吹く風にたくさんの葉っぱを舞い上がらせる。
その木の間に 月が薄っすら。
これぞ、「朝」の文字。
日の出が遅くなってはいるが この時間には日は昇り明るいのに月が見える。
d0330311_175728.jpg甲骨文字で見ると一目瞭然。
月と日の文字の周りにあるのは艸(草)で桜の木ではないけれど・・・
この時期だから 色付いた木の間の太陽と月であっても良いかな?
文字が出来た古代に桜があったかは知らないが。

先日、NHKへ行った時、
d0330311_17144156.jpg
こんなセットがあった。
確か、これは2006年の朝ドラ「芋たこなんきん」のセットだと思う。⇒
「名前が出ている」と教えてくれた人が居た。
私の本名は「眞千子」といい「眞」は旧字体。この字の上の部分「ヒ」に点を付けると「亡」だと。
d0330311_17242280.jpg
いや、ちょっと違うけれど 匕(か)+県(けん)。匕は化の最初の字で人を逆さまにした形、人の死をいう。県は首の倒形で倒懸の象。顛死(てんし)者をいう。

d0330311_17284188.jpg「亡」ではないが そんな話が出た序に書いておこう。
この字は手足を折り曲げている死者の形。匕も亡も あまり嬉しい字ではない。
ここに「忄・リッシンベン」を付けると「忙」。「忄」は心。だから忙し過ぎると心を亡くすと言うが本来の成り立ちとは違うようで 列子・楊朱(春秋戦国時代の思想家)の頃には「ぼんやり」の意味に使われていた。「忙」は他のものに心を奪われるので「わすれさせられる→それほどいそがしい」ということか?
「偏」でなく下に心を付ける「忘」は説文解字に「識らざるなり」とある、識は記憶にあることなので 忘れることとなるのだろう。また、一説には自分で自分の心をなくしたので「わすれる」と、
女を付けた「妄」目を付けて「盲」そして壬(背伸びして立つ人)を付けて「望」などがある。
この「芋たこなんきん」の作者は学校の先輩だけど 昨日、亡くなられた司馬遼太郎さんの奥様みどりさんも。段々寂しくなる。ボチボチ来る喪中の葉書も兄弟というのが多くなってきた。そんな歳だと思うと ちょっと心細くなる。年末って切ない時期なのだろう。



今週末(15日~17日)天皇皇后両陛下が第34回全国豊かな海づくり大会ご臨席及び地方事情ご視察のため、来県される。海のない奈良県だが、海なし県での開催は滋賀県、岐阜県に続く3県目。
15日午後、奈良県立万葉文化館、
16日の午前中、大淀町での第34回全国豊かな海づくり大会式典等に臨席されるそうだ。
17日の午前中、桜井市の大神神社へ、国道165、県道105、国道169を通過されると言う。周辺道路は交通規制が行われると1週間ほど前からチラシが入っている。
今回のテーマは「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」 山・川・海の豊かな自然の恵みを未来に引き継ぐため、山・川・海を巡る水循環に光を当て、山の恵み、川の恵みに感謝する大会らしい。
式典行事を大淀町文化会館あらかしホール、放流・歓迎行事を川上村のおおたき龍神湖で行うそうだ。
[PR]
by souu-3 | 2014-11-13 05:57 | 文字の成り立ち・漢字
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31