玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

古事記ゆかりの地を行く

d0330311_6102839.jpg

前日の雨が上がり秋晴れの1日、古事記輪読会から6回目になる「ゆかりの地への旅」が開催された。     (写真は三輪山)
d0330311_6134036.jpgJR万葉まほろば線 柳本駅から 黒塚古墳へ。
古墳時代前期のものと推定されている黒塚古墳は 当初の姿が 粗、留められている。
展示場では再現された竪穴式石室と副葬品である三角縁神獣鏡を多数見ることが出来る。

d0330311_6243339.jpg













崇神天皇陵へと進む。


d0330311_6273656.jpg

崇神天皇陵
山邊道勾岡上陵・行燈山古墳
龍王山の斜面の先端を利用して造られており、平野の方に前方部を北西に向けている。後円部がより高い山側にある。 三輪山の山麓に築かれた古墳群の中でも、渋谷向山古墳(現景行天皇陵)に次ぐ大きさである。

以下 青色部分は その場所で輪読した箇所。
〔初国知らしし天皇〕
「尓して天の下太平らかに 人民冨み栄ゆ。是に初めて男の弓端の調、女の手末の調を貢らしめたまふ。故其の御世を称へて 初国知らしし御真木天皇と謂ふ・・・・・」


d0330311_6275577.jpg

伊射奈岐神社
楊本天神、楊本天満宮と称し、かつては南東の山田垣内にあったといわれる。文明年間には現在地に鎮座し楊本の総鎮守とされていた。境内には『大和天神山古墳』がある。

〔特別な天つ神と神世七代〕
次に成りませる神の名は 宇比地迩神、次に妹湏比智迩神。・・・・・次に伊耶那岐神。次に伊耶那美神。上の件、国之常立神より以下、伊耶那美神より以前を 并せて神世七代と称ふ。・・・〕

d0330311_6282077.jpg

景行天皇陵
景行天皇は日本武尊(やまとたけるのみこと・小碓尊(おうすのみこと)の父。
山辺道上陵。天理市柳本町渋谷にあるので渋谷向山古墳とされる。
全長約300mの前方後円墳で、典型的な古墳時代前期の前方後円墳で  回りを周濠が取り囲み、10ヶ所に渡り堤があり、水を溜めている。
〔后妃と皇子女〕
大帯日子淤斯呂和気天皇、纏向の日代宮に坐して 天の下治らしめしき。・・・・
此の大帯日子天皇、御年 壱佰参拾漆歳。御陵は山の辺の道の上に在り。


d0330311_6284684.jpg

檜原神社
崇神天皇の時、宮中で祀っていた天照大神を笠縫邑に遷して豊鍬入姫命に奉斎させた磯城神籬。
垂仁天皇の時、天照大神をこの地から伊勢神宮へ遷した後も、引き続き天照大神を祀ったため「元伊勢」と呼ばれている。大和国中が一望できる絶好の場所に位置し、眼下に箸墓の森が見え、ここから見る二上山の姿が美しい。
〔崇神天皇〕
御真木入日子印恵命、師木の水垣の宮に坐して 天の下治らしめしき。此の天皇、木の国造、名は荒河刀弁が女、遠津年魚目々微比売に娶ひて 生みませる御子、豊木入日子命、次に豊鉏入日売命。二柱


d0330311_629347.jpg

この碑の裏には「昭和47年1月27日 故川端康成先生はこの場に佇たれて大和国原の暮色を眺められた。「日本の美しい私」の中から御筆跡を撰んで「国偲び歌」を建てる」と記されている。
思國歌
倭は国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭し 麗し


d0330311_19521454.jpg

川端康成が眺めた景色は これ!
桧原神社から少し西にある井寺池の中ほどを仕切られた堤にある碑の辺りから南の方向を見渡せば、畝傍山と耳成山が手前に、二上山、葛城山、金剛山と大和平野をぐるりと囲む山々が見える。
ここから夕暮れ時に うっすらと青くなる景色を眺めたのだろうか。

この後、皆さんは 狭井神社、久延彦神社、大直禰子神社、大神神社、秋の大神祭宵宮祭と巡られたが 残念ながらリクのこと、夜のお稽古もあり ここで失礼した。
 
[PR]
by souu-3 | 2014-10-24 17:34 | 奈良 | Comments(8)
Commented by おせっちゃん at 2014-10-25 00:07 x
高尚なお勉強の一日ですね。戦後歴史はすべて墨で塗りつぶされた時代の私とて、天皇の名を覚えることもなく、大学時代古事記は講読で読んだはずなのにほとんど忘れてしまっている劣等生。
いやお恥ずかしいことです。
Commented by souu-3 at 2014-10-25 06:11
おせっちゃん 様
どんな部分に墨を塗ったのか全く記憶にないのと 当時、一人1冊はなかった
ように思うので勿論残っていません。天皇の名前が書かれていたのでしょうか?
こうしてみんなで輪読しないと面倒な名前は飛ばして読んでいましたので
今頃になって四苦八苦です。
Commented by rabbitjump at 2014-10-26 19:41
美しい風景にはっと胸高鳴りました。
お写真からその地の素晴らしい時代がまた想像できました。
ありがとうございます、souuさん(*´▽`*)
皆様熱心でいらっしゃいますね。
Commented by souu-3 at 2014-10-26 20:08
rabbit さま
この辺りの風景は楽しみながら歩けますね。遠望は変っていないような
気がします。皆さん楽しみながら読んでいるのですよ。
Commented by usatyu4 at 2014-10-26 22:11
こんばんは さすが奈良県ですね。 私たちのところもバス会社が
新しい企画で古事記ゆかりのツアーが始まりました。
第1回目は今まで行ったことがあるところばかりだったので
、2回目から参加してみようか・・・・と思っているところです。
Commented by syo-kunin at 2014-10-26 22:36
SOUU先生、こんばんわ。。。

奈良は見所が多いですね!歴史は詳しくありませんが、
まだ行った事が無いので、名所巡りをしてみたいです☆
Commented by souu-3 at 2014-10-27 08:13
usatyu さま
そちらは出雲が近いですね。古事記もあっちこっちに所縁がありますね。
私は遠くへ行けないので近場だけです。
そちらの話 聞かせていただくのを楽しみにしています。
Commented by souu-3 at 2014-10-27 08:18
syo-kunin さま
古い事は色々ありますが それらに興味がない時は面白い所だとは
思えませんでした。大阪へ帰りたいとずっと思っていました。
でも、自分の置かれた事を楽しむと気付くのに何年掛かったでしょう(^_-;)
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31