玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

板絵神像&桂文枝独演会

d0330311_13335678.jpg
d0330311_13341694.jpg薬師寺南大門を出た南に薬師寺を守護する休ヶ岡八幡宮がある。
社殿の西、前庭の西側にある座小屋は社殿とほぼ同じ時期の建物で、中世に始まった宮座が受け継がれている貴重な歴史文化遺産である。
寛平年間(889~898)に大分県宇佐神宮から現在地に勧請されたもので その脇殿に伝わる「板絵神像」は国立博物館に預けられているが、文化庁が復元模写したものを一般公開された。

14日は秋季大祭が開催され、今年はその日に合わせて座小屋「板絵神像」が初公開された。
この板絵は地元の22柱の男女の神々が 八幡大神をお迎えしている構図で やまと絵の技法で描かれている。
縦51㎝、横191.5㎝の板6枚に22柱(女神像6柱)が描かれ その背後には紅葉や松、柳、藤などが描かれている。

この日は大祭が厳かに執り行われ、子供たちによる奉納相撲がある。
d0330311_14102481.jpg

d0330311_14103964.jpg


その後、この板絵が一般公開された。
d0330311_14114236.jpg

d0330311_14115655.jpg

例に依って ゆっくり出来ないので 横からガラス越し(公開時はガラス戸は開けるそうだが上には上れない)に写真だけ撮ってきた。
実物は剥落や退色が進んでいるようだが 永仁3(1295)年の絵師法眼堯儼(ぎょうごん)が描いた当時の鮮やかな色彩で復元されたものだ。

d0330311_14242599.gif


この前日 13日、大和郡山では三枝時代から13回目となる桂 文枝独演会(師匠のブログにリンク)が催された。
d0330311_14262761.jpg
13回皆勤賞である。
今年も一般の販売日より早くメイト会員の発売日、誰よりも早く並んで 一番前の正面(A列 14番15番)のチケットを手に入れた。
弟子の三実、三語、三扇の後、文枝師匠の落語二席「友よ」「ハワイの夜」
ウクレレ落語といわれる「ハワイの夜」はウクレレを奏でながら歌の披露もあった。

丁度、郡山城の発掘のことが新聞に載った日で 豊臣秀吉の弟、秀長の話などがあった。
こちらは今週末に 又説明会がある。

昨年、古希を迎えた師匠の落語も年寄りの話が多くなった。
川柳のことも話していたが「万歩計 半分以上探し物」「体調が良いので 医者のハシゴする」など 年齢の近い私たちには共感が持てるが 若い人にはどんな風に聞こえているのだろう?
[PR]
by souu-3 | 2014-09-14 15:32 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31