玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

秋に備える

d0330311_8523254.jpg

今朝、5時半ごろ台所の窓から 又また朝焼けが見えた。
カメラを持って飛び出すと犬の散歩のご夫婦に出会った。髪の毛がクシャクシャだから逢いたくなかったが・・・
あれ!大粒の雨が降り出した。

今日もヘンなお天気なんだろうか。

d0330311_8572520.jpg

1ヶ月後にはグループ展が始まる。
朽ちた木を眺めていると 羊の身体に見えてきた。これを使って頭だけ描けば良いかな?
文字じゃないって?文字も初めは絵のようなものだった。印には肖生印というのがあり図像を刻した印のことである。
d0330311_9273684.jpgd0330311_92748100.jpg 肖生印があれば刻字もOKではないだろうか?
例によって自分流の解釈で しかも朽ちた部分を胴体にし頭の部分を線彫りにして 5分で出来上がり。
勿論、これで出来上がりではない 胡粉を乳棒で磨り潰し(膠液と混ぜ 器に入れて叩いても良い=私はこちらで何百回も繰り返す。)適当な硬さにしたもので着色したり。柿渋で木肌に色を付けたりしなければならない。
遊びが過ぎる?「楽しく」がモットーとは申せ こんな事ばかりではねぇ
はい!もう1点は真面目に書きましょう。
先日の墨型に触発され千字文から・・・
千字も書かないけれど「天地玄黄 宇宙洪荒 日月盈昃 辰宿列張 寒來暑往 秋收冬藏・・・」最初の部分から ホンの一部分ではあるが この中から抜粋して作品に仕上げようと思う。

来年は「未年」だから

d0330311_107255.jpg甲骨文字では 大方の動物は横の姿を象った文字が多いが牛と羊は正面からみた姿である。大きな角が一番の特徴であろう。
羊を部首とする漢字には 美・義・羨・羹・羞・群・等々がある。
[PR]
by souu-3 | 2014-09-04 10:23 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30