玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

アイの闘病

数年前、まだ東京に居た頃、ちょっと触っても「キャン!キャン」言うので何軒かの獣医さんへ連れて行ったが やっとたどり着いた所で処方された薬で よくなっていた。
その後、そんなことが又起こる可能性があるのは判っていたが 奈良へ連れてきた。
それから1年3ヵ月、元気に田舎道を散歩していたが、ちょっと歩き過ぎたかもしれない。歩き方がヘン!
すぐ、近くの獣医さんに連れて行った。
点滴と注射、飲み薬で様子をみることになった。娘に知らせると以前掛かっていた先生に連絡すると 奈良市のリクがお世話になっている獣医さんに 知った先生が勤務されているので そちらへ行ってほしいという。
近くの獣医さんは その奈良市の病院へ今まで処方した薬も連絡して下さった。
若い先生だったが リクの主治医?にも相談しながら 処方された薬で一応よくなった。

それから3ヵ月。今度は東京に居た時のように 抱っこしても、リクが触れただけで「キャン!キャン」いう。触ってないのに横を通っただけでも・・・ 前回は近くの獣医さんに掛かっていたのも奈良市まで連れて行ったのも同じような治療だったので 近くで良いかと思った。
今回は薬だけでは中々良くならないし、早めのお盆休みになり電話で事情を話すと奈良市の病院へ連れて行くように言われた。
今度は リクの主治医であり ずっと以前の犬も世話になっているベテランの先生が直接診て下さり 頚椎にヘルニアがあることが判った。
d0330311_5502873.jpgすぐ、手術しても良いが内科治療をし、良くならなかったら外科治療ということで 少々強い薬を飲ませることになった。
勿論、飲ませる回数は限られる。その薬が23日で終わった。
リクは尿道結石(膀胱結石?)が出来ないように朝晩2種類の薬を飲み月1検尿している。高齢になり硬いフードは食べ難そうなので ふやかして缶詰と混ぜての食事である。
アイは 6日間毎日、その後12日間一日おきに朝は3種類、夜は1種類の薬を飲ませる。
こちらもフードを柔らかくふやかすことにし 太らせないように満腹感があるようにオカラダイエット(娘の言うまま、卯の花を焚いて、私は勝手にキャベツを一緒に)をしているので 2,3日に一度作り置きをして一緒に食べさせている。
フードも2匹は全く違う。リクは獣医さんで購入する療養食だ。
間違っては大変。神経が可笑しくなることがある。
ストレスが溜まる。
頭の体操だと思えば良いのだろう。

買い物や近くの催しに出かけるのが 唯一ストレス解消になっている。これも一人では大変だけど夫が協力してくれるので 大助かりだ。
夫婦は老いて良くなるとは言うけれど 二人でやっと一人前の生活である。
助け合って生活が成り立っていることをつくづく感じる。
[PR]
by souu-3 | 2014-08-25 06:20 | ペット
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30