玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

伝統をつたえる

d0330311_1763463.jpg

先日、日の出の少し前、東の空が真っ赤だった。
朝焼けは湿度が少し高くなりつつあり どんどん湿度が増して雨になることを知らせる現象だという。
d0330311_17203856.jpg
先日のラジオ体操は 普段ラジオを殆ど聞かないので どんな風に放送されているのか判らなかった。 TV体操をしながら(時間がダブるので)ラジオもつけておいた。

巡回生中継であるから その地域の紹介は違っても 粗、毎日同じであろうからと聞いてみた。
大和郡山の次は福井の永平寺町で 21日、22日は福岡の行橋市、うきは市であるが ラジオ体操の歌を歌って 第1、第2体操と同じだった。
これで当日の事は聞けなかったが 想像は付いた。

最近は TVを見ながらスマートなお姉さんたちに合わせて体操するだけで ラジオは聞かなかったが 昔はこうだったなぁ なんて妙に懐かしい。


d0330311_17375472.jpg


d0330311_17391381.jpg8月20日から始まった
「それぞれの…
夢のかたち展」
-伝統をつたえるー
墨型彫刻
切り絵
津軽こぎん刺し

9月6日まで 奈良・新大宮駅すぐの「ギャラリー風と心」で。

実はこぎん刺しの先生のお知り合いから案内を戴いて知った展覧会である。
津軽地方の農民の智恵から生まれたもので 擦り切れた農良着を繕ううちに幾何学模様になったという。
細かい模様が素晴らしい。

大和の風景や伝統のお祭りの様子などを切り絵にされている。
これも細かい作業である。

これらは私には出来ない根気と手先の素晴らしい作業で出来る作品である。
是非、伝えていきたい、伝えられる後継者が育つことを願いながら拝見した。

d0330311_5182011.jpg


そして、墨型の彫刻をされている中村雅峯先生。
過去に何度か拝見したことはあるが 今回はNHKの取材の最中だったにも係わらず 親しくお話させていただけ お元気なうちに私用の墨を作って頂きたいと思った。

d0330311_5185783.jpg
d0330311_5201833.jpg是非、見たいと出かけた「千字文」
この千字文は 四字句が25で千文字あり、いろは歌と同じように同じ字を使っていないので千字全て違う漢字なのだ。
文字を学ぶ子供の手本用に作られたものである。 書を嗜む人も一度は書くが これは小さな墨に 3ミリほどの文字が彫られている。書くのも大変なのに 彫る、しかも逆に掘らなければならない。
大変な作業である。
この方は江戸時代から守り続けてきた7代目さんで 今では日本で唯一人の彫刻師である。

4代目さんが彫られた「硯池尚不乾」は この家の宝だと言われるほど細かく美しいものだ。

d0330311_520445.jpg
百人一首を散らしたものなど、数々の作品が並べられ 素晴らしい展覧会となっている。
[PR]
by souu-3 | 2014-08-22 06:05 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31